別冊への道

第8回 書店にけもの道が出現! MARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店(2)

2016.05.15更新

 昨日に続きまして、今日はフェア設営の様子をお届けします。
 猟師の千松さんと裏山に登り拾ってきた落ち葉を、このフェアを担当してくださっている書店員・平井さんと設営です。





 という感じで始まったフェア設営。なんだかとっても楽しそう。落ち葉が敷きつめられた後、これまた裏山で集めてきた動物の骨や、木、素材調達の様子の写真などを加えて、設営完了です。

 装丁の途中段階では、本に木が生えていたこの「0号」。森のなかで、生き生きしています。





 そして注目は、このどんぐりカプセル。


 なんと、森田さんが選書してくださった本のなかから、印象的な一行を選んでくださり、その一文が書かれた紙がこのどんぐりのなかに入っているのです。
 カプセルを開いてみて気になる一文がありましたら、ぜひぜひ本のほうもお手に取ってくださいませ。また、こちらの紙は持ち帰ることができます!


 落ち葉コーナーもご自由に入っていただけますので、いろいろな痕跡、そして落ち葉を踏む音を感じながら、書店の中のけもの道を楽しんでくださいませ!

【森田真生×千松信也presents 書店の中のけもの道】

場所:MARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店 2階踊り場スペース
期間:5月9日(月)〜6月15日(水)



 

お便りはこちら

みんなのミシマガジンはサポーターの皆さんと運営しております。

ミシマガ編集部

バックナンバー