今日の一冊バックナンバー

  • Mar

    01

    『きもの草子』田中優子(ちくま文庫)

    『きもの草子』田中優子(ちくま文庫)

    江戸文学者の田中先生の授業は、大学時代とても大好きな時間でした。大学では洋服ですが、公式の場では素敵な着物姿の田中先生にひそかにあこがれていました。着物に合うよう髪はショートにするも手、着物だって走れるのですと私の着物ハードルを大きく下げてくれたのも田中先生でした。この本は先生のお気に入りの着物が登場。特に表紙をかざるちょうちょお着物のお話がすばらしいです。

    (ミシマガジンサポーター 上杉恵理子さま)

  • Mar

    02

    『老師と少年』南直哉(新潮文庫)

    『老師と少年』南直哉(新潮文庫)

    生きるとは。自分とは。本当のわたしとは。少年と老師の幾夜に渡る対話が収められています。はたと気がつくと、いつの間にか僕たち読み手が、老師と少年の対話に巻き込まれてしまっている、そんな感覚になる不思議な本です。少年が老師に何かを見いだそうとするように、私たちは、この対話の中にいったい何を見いだすことができるのでしょう。

    (ミシマ社デッチ 江連旭)

  • Mar

    03

    『ルリユール』村山早紀(ポプラ社)

    『ルリユール』村山早紀(ポプラ社)

    紙の本は好きですか?いいですよねぇ、ページを捲る時のドキドキ感。しかし本の命は永遠ではありません。破けもするし、読まれていくうちに古くなります。「ルリユール職人」はそんな本を修理する、修復士です。あなたは、「大切な一冊」になった本がありますか?
    冒険や、恋や、驚き、感動、友情、挫折、迷い、怒り。今のあなたを作ってくれた本。
    この「ルリユール」を読むと、自分にとって大切な一冊を思い出し、まるで魔法にかかったように心が晴れます。

    (TSUTAYA 寝屋川駅前店 中村真理子さん)

  • Mar

    04

    『自殺』末井昭(朝日出版社)

    『自殺』末井昭(朝日出版社)

    いきなりですが、あなたのお住まいは「都会」ですか「田舎」ですか。私が都会に来て驚いたのは「電車のホームへの飛び込み自殺の多さ」と「それに対する周りの反応」です。「電車が遅れてる」「何線は飛び込み多い」という発言に田舎娘は大変ショックでした。
    この本は「どストレートに自殺を考える本」です。自殺する人の心情はそれぞれで私には想像もつきません。恐いのも痛いのも、私は全部苦手です。その心を少しでも分かりたくて、知りたくて読みました。死者を悼む。その心は、私は決して忘れず、持っておこうと、そう思えました。

    (TSUTAYA 寝屋川駅前店 中村真理子さん)

  • Mar

    05

    『終点のあの子』柚木麻子(文春文庫)

    『終点のあの子』柚木麻子(文春文庫)

    何回も何回もこの本が好き! と言い続け、作者にも気持ちを伝え(笑)それでもまだ足りないのでこちらでもまだ叫びたいと思います。
    いじめ小説でもなければスクールカーストの話でもない。今、学校に通っている子たちも、そしてかつて少女として学校に通っていた私も「この感じ」に身に覚えがある。
    あの狭い「学校」という世界の中で、もがいていた。
    自分の色は何色なんだろう。
    1章「フォーゲットミー、ノットブルー」このタイトルはとても美しくて胸に残ります。

    (TSUTAYA 寝屋川駅前店 中村真理子さん)

  • Mar

    06

    『神様のケーキを頬張るまで』彩瀬まる(光文社)

    『神様のケーキを頬張るまで』彩瀬まる(光文社)

    きちんとした生活を送っていても、うまくいかない、つまづいている感じがする。完璧になりたいのか? それとも愛されたいのか。「物足りなさ」「喪失感」を描いた彩瀬まるさんの作品を読んだときの「気持ちをわかってもらえた」という感じは独特です。全く共通項がないのに、そんな印象を抱くのです。
    だめなら、だめなりに生きてやる! この作品でを読んでそう思えた人、私もそのうちの一人です。

    (TSUTAYA 寝屋川駅前店 中村真理子さん)

  • Mar

    07

    『暗い夜、星を数えて--3.11被災鉄道からの脱出--』彩瀬まる(新潮社)

    『暗い夜、星を数えて--3.11被災鉄道からの脱出--』彩瀬まる(新潮社)

    小説よりも先にルポルタージュがデビュー作となったのは、著者が偶然にも2011年3月11日、あの大地震が起こったそのとき、福島県いわき市に居て、それから被災地を数日間彷徨うことになったからである。地震が起き、津波の恐怖、その後の余震の恐怖は鬼気迫るものがあるが、その後の原発の爆発。嘘で塗り固められた真実。「善意」と「差別」という、この圧倒的にやりきれない想い。町を捨てて出て行かなければならなくなったとき、もし自分であったら、そう考えるとそれだけで涙が止まりません。泣ける本として紹介したいわけではないのです。
    真実を見て見ないふりが得意な現代の(自分を含め)たくさんの人に、読んで欲しい一冊です。

    (TSUTAYA 寝屋川駅前店 中村真理子さん)

  • Mar

    08

    『偽善エコロジー』武田邦彦(幻冬舎)

    『偽善エコロジー』武田邦彦(幻冬舎)

    25年ほど前、交差点で左折してきた車にひかれそうになったときは、本当に肝をつぶした。
    本書に記載されている様々な分析は、無邪気な読者の頭に衝撃を与え、肝を冷やすような読書体験をもたらすこと間違いなし。

    (ミシマガジンサポーター いとみきさん)

  • Mar

    09

    『もう、家にかえろう2』藤代冥砂(ロッキング・オン)

    『もう、家にかえろう2』藤代冥砂(ロッキング・オン)

    「なんだ、ただの家族アルバムか」そう思ったあなたにお勧めします。
    写真家は常々刹那的に語りがちですが、この写真たちはちがいます。去っていく悲しみではなく、この瞬間を生きながらえるために。レンズ越しの目が見開かれるのが伝わってきます。「どんな創造や冒険よりも、君たち2人を守ることの方が尊い。」
    父は、いつでも孤独なのです。

    (ミシマ社デッチ 市道野愛)

  • Mar

    10

    『ビンゴ』西村健(講談社文庫)

    『ビンゴ』西村健(講談社文庫)

    元警察官で、新宿ゴールデン街のマスター小田健。街の人からのなんでもないような依頼を調査するうちに、いつのまにか区長とヤクザと土建屋が画策する新宿独立の陰謀に迫り、殺し屋軍団と全面対決するハメに。極限状態で芽生える美女との恋が気になりつつ、どこまでも荒唐無稽な展開に突っ込みどころ満載!?!いえいえ、突っ込んでいるヒマがないんです!圧倒的な勢いと面白さで駆け抜ける、アクションエンタテインメント!!

    (吉川紙商事㈱ 山本響さん)

  • Mar

    11

    『薬指の標本』小川洋子(新潮文庫)

    『薬指の標本』小川洋子(新潮文庫)

    「標本室」で事務員として働くわたしに、雇い主の標本技術士がプレゼントしてくれた靴は、あまりにも私の足にぴったりで......そこからミステリアスな愛の世界へ滑り込んでいく物語。標本室を訪れた靴磨きのおじいさんとの掛け合いが、闇をさらに色濃くしていく。フランスで映画化されているというのも頷ける、静謐な空気が流れる作品です。ホラーの要素もあり、夏に読むのがおすすめです。

    (吉川紙商事㈱ 山本響さん)

  • Mar

    12

    『楽園のカンヴァス』原田マハ(新潮社)

    『楽園のカンヴァス』原田マハ(新潮社)

    巨匠アンリ・ルソーによる幻の名画「夢をみた」の真贋を巡って、二人の研究者の人生が動き出すミステリー。この一枚の絵に込められた天才画家の秘密に誰もが引き込まれ、感動すること請け合いです!また著者がキュレーターとして勤務した経験から、美術館を取り巻く環境や運営を支える仕事についても知ることができ、美術の初心者にも十分楽しめる内容です。

    (吉川紙商事㈱ 山本響さん)

  • Mar

    13

    『瀕死の双六問屋』忌野清志郎(小学館文庫)

    『瀕死の双六問屋』忌野清志郎(小学館文庫)

    ロックそのものの人生を送った著者が、音楽への敬愛からいつもの社会風刺まで、幅広いエピソードを惜しげなく綴った問題作。この本が極めて秀逸なのは、ストーリーの虚実がない交ぜになりながら、伝えたいメッセージがきちんと読者に伝わるところで、これは歌の本質をとらえていた著者にしかできない芸当である。リズムミカルな文章が、独特なセンスを感じさせ、いつ読んでも痛快この上ない。

    (吉川紙商事㈱ 山本響さん)

  • Mar

    14

    『ねむりねこ』伊集院静(講談社文庫)

    『ねむりねこ』伊集院静(講談社文庫)

    著者の日常の出来事や、季節の草花や飼い犬の微笑ましい話、親しい友人とのかかわりを綴った随筆集。酒類会社の依頼で執筆した「新二十歳へ」「新社会人へ」の段で語られる渾身のメッセージは、著者らしい辛口で、徒党を組むな、孤独に慣れろ、抵抗しろ、改革しろ...と、まるで寺修行の警策のごとく、ビシビシと心に響きます。悩んだ時や不安になった時、何度でも読み返して、勇気をもらえる一冊。

    (吉川紙商事㈱ 山本響さん)

  • Mar

    15

    『遊動論 柳田国男と山人』柄谷行人(文春新書)

    『遊動論 柳田国男と山人』柄谷行人(文春新書)

    なぜ今、柳田国男論なのか? 著者の柄谷行人はそれを2011年の震災にあると言います。著者は柳田国男の"可能性の中心"をその山人論に見いだしていますが、それは山人が存在した云々の話ではなく、山人的遊動性が新しい交換様式に基づいたコミュニティ再生のヒントを与えてくれるからです。コミュニティデザインの先駆者としての柳田国男論、なかなかおもしろいです。

    (ミシマガジンサポーター 金山忠司さん)

  • Mar

    16

    『ジョーカー・ゲーム』柳広司(角川文庫)

    『ジョーカー・ゲーム』柳広司(角川文庫)

    この本は、陸軍に設立されたスパイ養成学校(通称「D機関」)を舞台としたスパイ小説です。スパイと聞いて激しい銃撃戦や派手なアクションを想像した方は、ぜひこの本を読んでみることをおすすめします。「死ぬな。殺すな」を掲げるこの本では、手に汗握る心理戦や、目を見張るとっさの行動、そして様々な事態に備えられた入念な作戦といった、本来あるべきスパイの姿が刺激的に描かれており、銃撃戦やアクションなどの小手先だけでは決して知りえない面白さがあります。映画化も決定しており、私のおすすめの一冊です。

    (ミシマ社デッチ 深澤竜弘)

  • Mar

    17

    『ペンギンハウスのメリークリスマス』斉藤洋/文、伊藤寛/絵(講談社わくわくライブラリー)

    『ペンギンハウスのメリークリスマス』斉藤洋/文、伊藤寛/絵(講談社わくわくライブラリー)

    いつかは自分の店を持ちたいと、あるきっかけで思うようになって思い出したのです。わたしが初めて自分のお金で買った本のことを。カウンター席に6人しか座れない、小さなレストランのことを。12月にはクリスマスツリーの代わりにペンギンの「おきもの」を飾る、あのレストランのことを。わたしが自分の夢を見つけるまでには、少し時間がかかったけれど、子どもの頃からこの本はいつもわたしに寄り添って、常にヒントを与えていてくれたのでした。いつか、ペンギンハウスのようなあったかい店を作ってやるんです!

    (LUPICIA自由が丘本店 長谷川彩(さい)さん)

  • Mar

    18

    『太宰治全集10』太宰治(ちくま文庫)

    『太宰治全集10』太宰治(ちくま文庫)

    もしも、歴史上の人物と出会えるのなら、迷わず太宰治を選びます。彼と銀座のバーなんかに繰り出して、大好きなお酒でも飲みながら「生きることって本当にしんどいね、大事業だね」って、2人でめそめそしてみたいのです。だって、わたしの気持ちを理解してくれるのは彼だけだから...太宰ファンは、誰だってそう思います。彼の作品に甲乙なんてつけられないけれど、津軽にある太宰の生家で見た生原稿の物悲しさが忘れられないから、この巻を選びます。原稿用紙2枚の名文『走ラヌ名馬』、ぜひ声に出して読んでください。

    (LUPICIA自由が丘本店 長谷川彩(さい)さん)

  • Mar

    19

    『きりこについて』西加奈子(角川文庫)

    『きりこについて』西加奈子(角川文庫)

    いろいろなことに行き詰まって落ち込んだとき、この本を読みます。すると、主人公きりこが「自分の好きなことさしてあげて何が悪いん? 人にどう思われたってええやん! さいちゃん(わたし)はさいちゃんのままやから、美しいんやで!」と声を大にしてわたしに言います。力強くて、一寸の曇りもない真っ直ぐなきりこの言葉は、いつもわたしの心臓をえぐるように鷲掴み、そうして、わたしはきりこの前でいつも泣きます。25年を生きてきて、心の底から出会えて良かったと思える本。わたしのバイブルです。

    (LUPICIA自由が丘本店 長谷川彩(さい)さん)

  • Mar

    20

    『ごはんのことばかり100話とちょっと』よしもとばなな(朝日新聞出版)

    『ごはんのことばかり100話とちょっと』よしもとばなな(朝日新聞出版)

    将来、自分のお店を持ちたいわたしは、お店の本棚にどんな本を置こうかしらと日々夢想します。この本は、本棚の一番目立つところにおきたい。「ばななさんが、わたしの考えていたごはんのこと、全部言葉にしてくれてる。」なんだろう...とっても救われたんです。わたしの「ごはん」に対する姿勢って間違えていなかったんだなって。「みんなでわけあって、ふだんの生活の中に、あたりまえにあるあたりまえの食事の場面として。それ以上でもそれ以下でもなく」...そんな素敵な食事の場を、人に提供できたらなと、わたしは今日もごはんを作ります。

    (LUPICIA 自由が丘本店 長谷川彩(はせがわ・さい)さん)

  • Mar

    21

    『東京百景』又吉直樹(ヨシモトブックス)

    『東京百景』又吉直樹(ヨシモトブックス)

    水曜日の太宰も、木曜日の西さんも、元はといえば又吉さんのおすすめがきっかけ。本の世界を広げてくれたのは、わたしにとって何を隠そう彼なのです。他者にはない絶対の感性をもつ人。何においても負のオーラを(わざわざ)まとわせる人。身に起こる出来事を面白おかしく、そしてなぜか哀しげに語る人。なんだか生きづらそうにしているのだけれど、その生き方を本当は嫌だとは思っていない人。わたしはそういう人がとても好きで、文化人としての彼に心底惚れています。又吉さんの感性、キラキラ光って...いや、ドクドクあふれています。

    (LUPICIA 自由が丘本店 長谷川彩(はせがわ・さい)さん)

  • Mar

    22

    『High and dry(はつ恋)』よしもとばなな(文春文庫)

    『High and dry(はつ恋)』よしもとばなな(文春文庫)

    この本は、中学生の女の子夕子と絵画教室の先生であるキュウくんとの初恋の物語です。
    2人はある不思議な経験をきっかけにどうしようもなくお互いに惹かれ合うことになります。私は、この2人の、かたちもゴールも求めることのなく、名前をつけることのできない関係に、人に惹かれるということの本質があるように思うのです。淡く、でもきらきらと輝く言葉で、水彩画のように書(描)くよしもとさんには、ただただ脱帽です。人を好きになるってすてきなことだ!

    (ミシマ社デッチ 谷野舞子)

  • Mar

    23

    『雲は答えなかった』是枝裕和(PHP文庫)

    『雲は答えなかった』是枝裕和(PHP文庫)

    読み終わったとき、体温があがって汗をかき、異様な喉の渇きをおぼえました。水俣病訴訟を担当していた一人の高級官僚の前のめりな生き方と20代の是枝さんのほとばしる熱情が重なり合い、圧倒的な勢いで迫ってきます。

    (ミシマガサポーターさん)

  • Mar

    24

    『六番目の小夜子』恩田陸(新潮文庫)

    『六番目の小夜子』恩田陸(新潮文庫)

    恩田陸のデビュー作。私は何度読んだかわかりません。懐かしさを感じさせてくれる作品です。学生時代にしか経験出来なかった懐かしい空気や匂いまでも間近に感じ取れる作品だと思います。さすがにデビュー作ということで多少荒削りなところもありますが、それを差し引いても読み応え充分。学園祭の芝居のシーンはいつ読んでも緊張感があります。これを読んで学生時代を思い出すのも楽しいです。ぜひ読んでみてください。

    (株式会社竹尾 羽生田恒明さん)

  • Mar

    25

    『本づくり大全』デザインの現場編集部(美術出版社)

    『本づくり大全』デザインの現場編集部(美術出版社)

    学生時代、アルバイトをしていたデザイン事務所で出会った本です。今勤務している会社の就職活動中に手にしたのですが、「紙の本」のめくるめく世界に触れ、ドキドキしたそのときの感覚を今でも覚えています。そして、その後無事内定をいただきき、めぐりめぐって現在ではブックデザイナーの方に紙をご紹介する仕事に就いています。
    中でも、とくに心を打った弊社元取締役の方の追悼記事は今でも度々読み返し、初心に返るきっかけとなっています。

    (株式会社竹尾 山根千春さん)

  • Mar

    26

    『るきさん』高野文子(ちくま文庫)

    『るきさん』高野文子(ちくま文庫)

    ちょうど私と同世代の女性2人の、なんてことのない日常を描いている漫画です。
    いつものびのびマイペースに暮らしている「るきさん」と、周りの目がついつい気になってしまうOLの「えっちゃん」。えっちゃんにシンパシーを覚えつつも、肩に力の入っていない、奔放に日々の生活を楽しんでいるるきさんにいつも憧れます。ちょっと意外? な展開を迎える最後のエピソードがとくに大好きです。

    (株式会社竹尾 山根千春さん)

  • Mar

    27

    『永遠の0』百田尚樹(講談社文庫)

    『永遠の0』百田尚樹(講談社文庫)

    すぐに物語に引き込まれた。主人公の祖父、宮部久蔵が凄腕の零戦乗りと言われながら、臆病者とののしられ、最後になぜ特攻を志願したかを解き明かしていくお話。戦友たちの様々な証言を聞かせてもらううちに宮部の真実の姿が明らかになっていく。戦時中という特殊な環境の中でも一人一人に物語がある。今の私達と何ら変わらない感情を持っていた彼らの物語を感じてほしい。

    (株式会社竹尾 川井裕子さん)

  • Mar

    28

    『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』リリー・フランキー(新潮文庫)

    『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』リリー・フランキー(新潮文庫)

    著者リリー・フランキーとその母親との半生を綴ったお話。子どもに無償の愛を捧げるオカンと気は使いつつ、なかなかそれがわからない息子。小さい頃からオカンが亡くなるまでのエピソードが盛り込まれている。なんてことのないお話のようだけど涙があふれ出た。年を重ねるごとにわかる親のありがたさ、大事な人に言葉で伝えることの大切さを改めて学んだ様な気がする。

    (株式会社竹尾 川井裕子さん)

  • Mar

    29

    『華氏451度』レイ・ブラッドベリ(ハヤカワ文庫)

    『華氏451度』レイ・ブラッドベリ(ハヤカワ文庫)

    本を読むこと、持つことを禁止された世界を描いたSF小説。考えることが制限され、機械に頼ってしまう人々や高度な文明社会は、どこか僕らが生きている現代に似ています。インターネットや雑多な情報に覆われた現代に、生きた言葉や詩や物語はどれほどの価値があるんだろうかと考えてしまいます。でも、この小説が描くのは絶望ではなく希望です。本を好きだということは素晴らしいことなんだと、単純だけど、真に迫った希望です。
    本を愛する人に、言葉の力を信じる人に読んでもらいたい一冊です。

    (ミシマ社デッチ 久保和眞)

  • Mar

    30

    『ヤンキー経済 消費の主役・新保守層の正体』原田曜平(幻冬舎新書)

    『ヤンキー経済 消費の主役・新保守層の正体』原田曜平(幻冬舎新書)

    2000年代になってヤンキーは変わった。ディズニーやサンリオのキャラクターを好み、ショッピングモールを夢の国と呼ぶ。なかには自分にもヤンキー的な趣向があると気づく一面も。若者論、幸福論、地方経済の実態に触れる一冊。

    (ミシマガサポーター 小松達哉さん)

  • Mar

    31

    『たのしい不便』福岡賢正(南方新社)

    『たのしい不便』福岡賢正(南方新社)

    去年、会社を辞めた。鹿児島の小さな出版社だった。小さいながらも、とんでもない本をつくるところだった。例えば、『たのしい不便』。ひとりの新聞記者が、「コメを無農薬で自給」「エレベーターを使わない」など、大量消費社会に背を向け、「不便」を選ぶ。遠回りや手間暇かける愉しさを読むごとに、その快適とスピード、ほんとに必要? って思えてくる。まさに3.11以降を生き抜くぼくらのバイブル。こんな本をつくる会社が、田舎にはある。

    (鹿児島県 燦燦舎 代表 鮫島亮二さん)