今日の一冊バックナンバー

  • Dec

    01

    『愛と欲望の雑談』雨宮まみ、岸政彦(ミシマ社)

    『愛と欲望の雑談』雨宮まみ、岸政彦(ミシマ社)

    薄い本だけれど面白すぎて、1時間もしないうちに完読した覚えがある。世の中の20代の若者はこれを読むべき! 「昔と比べて差別のあり方が逆転している」というところがMAXに引き込まれます! 私の名前も最後のほうに出していただいているので、ぜひチェックしてください。

    (センダイガールズプロレスリング 代表 里村明衣子さん)

  • Dec

    02

    『国のために死ねるか 自衛隊「特殊部隊」創設者の思想と行動』伊藤祐靖(文藝春秋)

    『国のために死ねるか 自衛隊「特殊部隊」創設者の思想と行動』伊藤祐靖(文藝春秋)

    著者とその父とのエピソードで父が著者に語る「暗殺なんて簡単だ。余計なことを考えるから失敗する」という言葉が強く印象に残っています。著者の父は軍隊にいた際、蒋介石の暗殺を命令され、蒋介石の死まで射撃の訓練を欠かすことがなかったと言います。他国との比較など、文化論としても読めるところもある、刺激的な一冊でした。

    (ミシマ社サポーターさん)

  • Dec

    03

    『伝説の序章 ――天才棋士 藤井聡太』田丸昇(清流出版)

    『伝説の序章 ――天才棋士 藤井聡太』田丸昇(清流出版)

    14歳で史上最年少デビューを果たし、わずか半年あまりのうちに29連勝して世間に鮮烈な印象を与えた藤井聡太四段。この大器の「序章」を、棋士・田丸昇九段が綴った。数多ある「藤井聡太本」と異なるのは、棋士の目線を通じて書かれているということ。田丸九段はかつて「将棋世界」誌の編集長を務めた方であり文章は非常に読みやすく、また棋界の事情通として藤井四段のすごさだけでなく、そこに付随する棋界の仕組みやエピソードの記述も豊富でそれも面白い。たとえば、過去現在の大棋士が将棋を指すようになったきっかけや、藤井四段の師匠筋である「板谷一門」の悲願についてなど。局面図もついているが、むしろ将棋のルールを知らない方への配慮と感じた。藤井四段をきっかけに将棋に興味が湧いた方にはぜひ手に取っていただきたい一冊。

    (ミシマ社 渡辺佑一)

  • Dec

    04

    『月夜とめがね』小川未明(あすなろ書房)

    『月夜とめがね』小川未明(あすなろ書房)

    月の光と、草木と、花の香りに満たされて、おばあさんは静かに針仕事をしています。夜更けにふいに窓の下から訪れた、めがね売りの男からおばあさんはめがねを買いました。さらに訪ねてきたのは、ばらの香りのする少女。指にけがをしたと、おばあさんに助けをもとめてやってきたというのです。おばあさんが先ほどのめがねをかけて見てみるとそれは少女ではなく、小さな蝶でした。これらは美しい月の光の魔法でしょうか。花々の香りがつたわってくる春の夜の夢のような物語です。

    (TSUTAYA AVIX 福知山店 能勢和子さん)

  • Dec

    05

    『エヴリシング・フロウズ』津村記久子(文春文庫)

    『エヴリシング・フロウズ』津村記久子(文春文庫)

    ヒロシを見ていると、勉強が苦手なことがなんだっていうんだと思う。ドキリとする、気づかされる、冷静や達観とも違うそれはヒロシの視点で、わたしは心にひとりヒロシを持ちたいと思った。ヒロシはそのほとんどを声に出さない。ふわりと思い考えている。この感性をどうか枯らさず美しく育ててほしいと思う。進学や就職先にもヒロシに似ている人がいたらいいと友達が言う。あなたに会えてよかった、ありがとう。

    (TSUTAYA AVIX 福知山店 太下由貴子さん)

  • Dec

    06

    『ルビンの壺が割れた』宿野かほる(新潮社)

    『ルビンの壺が割れた』宿野かほる(新潮社)

    人のメールを盗み読みしている様でドキドキしながら夢中で読みました。進むにつれ、どことなく不協和音が響き始め、先に何があるのか知りたい様な知りたくない様な・・・その何かを知った時、心臓が『ドクンッ』と鳴ったのを覚えています。数日はなんだか気持がザラザラしていました。

    (TSUTAYA AVIX福知山店 安達佐栄子さん)

  • Dec

    07

    『美しいものを見に行くツアー ひとり参加』 益田ミリ(幻冬舎)

    『美しいものを見に行くツアー ひとり参加』 益田ミリ(幻冬舎)

    帯にある『一回きりの人生。行きたいところに行って見たいものを見て食べたいものを食べるのだ。』本当!この言葉に尽きる! 気づけば、オーロラにクリスマスマーケット、リオのカーニバル。もう、ミリさんと一緒に旅した気分。ちょっとした失敗談など、どこを読んでも勉強になるしクスッと笑えて私の旅行の教科書です!

    (TSUTAYA AVIX福知山店 安達佐栄子さん)

  • Dec

    08

    『ひきこもらない』pha(幻冬舎)

    『ひきこもらない』pha(幻冬舎)

    もし、自分が男だったらこんな生活してみたかったな~と、ちょっぴり憧れの気持ちで読みました。お金がなくたって、あてがなくたって行き着いた所で、なる様になるさ精神。そんな中でも、自分なりのこだわりがあったり、少し冒険して未知の世界に一歩踏み込んでみたり・・・大人になっても、新しい発見や知らない事ばかり。私もこの本に出会って、長距離夜行バスで出掛けるという冒険の一歩を踏み出しました。

    (TSUTAYA AVIX福知山店 安達佐栄子さん)

  • Dec

    09

    『ニューヨークの解けない魔法』岡田光世(文藝春秋)

    『ニューヨークの解けない魔法』岡田光世(文藝春秋)

    ニューヨーク在住の著者によるエッセイ。街角で、メトロで、レストランで、家のバルコニー越しにニューヨークの人々との出来事をつづっています。ニューヨークの人はみんなおしゃべり好きで優しくて温かい。自分も家でゴロゴロしてないで出掛けて、道行く人とおしゃべりしたくなる、ウキウキしちゃう本です。

    (ミシマ社サポーターさん)

  • Dec

    10

    『泣き虫しょったんの奇跡 完全版 サラリーマンから将棋のプロへ』瀬川昌司(講談社文庫)

    『泣き虫しょったんの奇跡 完全版 サラリーマンから将棋のプロへ』瀬川昌司(講談社文庫)

    今月16日に、北野新太さんの新刊『等身の棋士』(ミシマ社)が発売になります。ゲラを読んで盛り上がった私、遅ればせながら本著を読みました。中学3年生で奨励会に入り、C級に上がれないまま年齢制限がきて、奨励会を退会。もう二度と将棋を指すまいと思った著者が、再び将棋を楽しみ、夢中になり、異例の編入試験を受けてプロになるまでを綴るノンフィクションです。もう、胸熱すぎて、何度心のなかで「しょったん...!」と泣いたことか。瀬川家のお父さんも素敵。好きなことをやり通す力をくれる本です。

    (ミシマ社 新居未希)

  • Dec

    11

    『四間飛車を指しこなす本 1(2・3)』藤井猛(河出書房新社)

    『四間飛車を指しこなす本 1(2・3)』藤井猛(河出書房新社)

    【紙でしか味わえない、四間飛車のDNA】
    飛車を振るという行為は、あなたの将棋の可能性を何倍にもしてくれます。その振り飛車のエッセンスを一冊にまとめた不朽の定番書。読んだらあなたも四間党になること間違いなし!
    (*編集部より:棋士たちの横顔に迫った北野新太さん渾身のノンフィクション『等身の棋士』、発売まであと5日です!)

    (丸善仙台アエル店 店長 中崎悠人さん)

  • Dec

    12

    『羽生善治と現代―だれにも見えない未来をつくる』梅田望夫(中公文庫)

    『羽生善治と現代―だれにも見えない未来をつくる』梅田望夫(中公文庫)

    【羽生さんはどれだけ凄いのかという本】
    将棋ファンは羽生善治という人の凄さをファン以外の人に説明するすべがない。言葉にしようとしても零れ落ちてしまう羽生さんの凄さを一冊の本にまとめた本。
    (*編集部より:棋士たちの横顔に迫った北野新太さん渾身のノンフィクション『等身の棋士』、発売まであと4日です!)

    (丸善仙台アエル店 店長 中崎悠人さん)

  • Dec

    13

    『大山康晴の晩節』河口俊彦(ちくま文庫)

    『大山康晴の晩節』河口俊彦(ちくま文庫)

    【昭和には「大山康晴」という怪物がいた】
    大山康晴、知らない人は知らないが、知っている人は知っている凄い人。勝負に勝つということだけなら羽生さんよりも強いかもしれない、昭和の大名人。ガンと闘いながらの最期のA級順位戦は壮絶の一言。
    (*編集部より:棋士たちの横顔に迫った北野新太さん渾身のノンフィクション『等身の棋士』、発売まであと3日です!)

    (丸善仙台アエル店 店長 中崎悠人さん)

  • Dec

    14

    『上達するヒント』羽生善治(浅川書房)

    『上達するヒント』羽生善治(浅川書房)

    将棋のコツを覚えるには、パターンや形を覚えると良い、というのは、一般によく言われることですが、この本はそれらとはちょっと違います。一見説明しにくそうな「構想について」「主戦場について」などの様々なテーマについて、将棋というゲームをどう捉えたらよいか、アマチュアが実際に指した将棋の内容に沿って羽生さんが丁寧に解説されています。羽生さんの言い回し「こうなるとまるで違います...」という表現を、私はすっかり気に入ってしまいました。ほんとうにまるで違うのが、私のような初心者にも伝わってくるのです。

    (ジュンク堂書店仙台TR店 店長 石原聖さん)

  • Dec

    15

    『やさしい・こども将棋入門』中原誠/監修(池田書店)

    『やさしい・こども将棋入門』中原誠/監修(池田書店)

    将棋入門の定番。刊行から25年近く経った今でも人気の一冊です。私も小学校1,2年生の頃に買ってもらい、これで将棋を覚えました。将棋の成り立ちから、駒の動きやルール、上手に指すための手筋、玉の囲い方、そして実戦の戦法まで、一冊にギュッと詰まっているのが魅力で、最初の一冊目として間違いなくおすすめです。そういう私は強いのかと問われれば、それこそ「ルールを知っている程度...」としか答えられないのですが、当時この本で覚えた棒銀戦法、振り飛車戦法で、それまで勝てなかった級友たちを負かしたときはめちゃくちゃうれしかったです(ドヤ顔していたらケンカになりましたが......危険な一冊です)。

    (ミシマ社 営業チーム 池畑索季)

  • Dec

    16

    『洞窟オジさん』加村一馬(小学館)

    『洞窟オジさん』加村一馬(小学館)

    日本国内でよくも数十年もの間、隠れていたものです。しかし、親も放置ですか......。

    (ミシマ社サポーターさん)

  • Dec

    17

    『働くことの哲学』ラース・スヴェンセン(紀伊國屋書店)

    『働くことの哲学』ラース・スヴェンセン(紀伊國屋書店)

    疲弊の原因は、労働よりもむしろ余暇にあり?
    仕事への過度の期待が、かえって不幸を招いている? 
    「仕事とはこういうもの」――人それぞれに思い描く仕事像や、仕事の位置づけがあると思うのですが、やはり、時代や社会の影響は大きいです。そうして出来上がった仕事観が、自分の首を絞めているのかも。著者と一緒に、昔の人の仕事観や、実際の労働時間、労働の質の変化を見ていくうちに、自分の「仕事観」の偏り具合がよくわかります。行き詰まったときに、部屋の換気をしたり、散歩に出かけて遠くを眺めたり、深呼吸したりするように、思考をフラットにしてくれる一冊です。

    (ミシマ社 営業チーム 池畑索季)

  • Dec

    18

    『将棋自戦記コレクション』後藤元気編(ちくま文庫)

    『将棋自戦記コレクション』後藤元気編(ちくま文庫)

    棋士は文章も書けてしまう人々であることを知る一冊です。ミシマ社さまは即刻『行方尚史自戦記集 棋士』を出版依頼をしてください。タイトルは『棋士』で。

    (『等身の棋士』著者 北野新太さん)

  • Dec

    19

  • Dec

    20

    『将棋の子』大崎善生著(講談社文庫)

    『将棋の子』大崎善生著(講談社文庫)

    映画化された『聖の青春』と合わせて、棋書界の新約聖書&旧約聖書です。どちらかを選べと問われたら、究極の選択でコチラになります。

    (『等身の棋士』著者 北野新太さん)

  • Dec

    21

    『棋士の渡辺くん 1~2』伊奈めぐみ著(講談社コミックス)

    『棋士の渡辺くん 1~2』伊奈めぐみ著(講談社コミックス)

    渡辺棋王の奥様による漫画。棋士の日常が楽しくかわいく分かります。バトルロイヤル風間さんの『オレたち将棋ん族』と合わせてどうぞ。

    (『等身の棋士』著者 北野新太さん)

  • Dec

    22

    『不屈の棋士』大川慎太郎(講談社現代新書)

    『不屈の棋士』大川慎太郎(講談社現代新書)

    羽生善治竜王、渡辺明棋王、さらには電王戦出場棋士らがコンピュータソフトやAIについて考えを語った本です。山崎隆之八段の章には『棋士とは何か』という神髄が込められているように思います。普段から親しくさせていただいている著者の大川さんは将棋界の書き手における絶対的エースです。でありながら、美しい旅をしながら美しい音楽を聴き、美食に舌鼓を打つ生活を日常的にしている世界一うらやましい人です。

    (『等身の棋士』著者 北野新太さん)

  • Dec

    23

    『女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと』西原理恵子(KADOKAWA)

    『女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと』西原理恵子(KADOKAWA)

    「長い人生、人は何回も転ぶ。そのとき腐らず立ち上がる方法。どうか、覚えておいて」大切にしたい考え方がたくさん詰まった一冊でした。

    (ミシマ社サポーター 三宅沙弥さん)

  • Dec

    24

    『森のノート』酒井駒子(筑摩書房)

    『森のノート』酒井駒子(筑摩書房)

    酒井駒子さんは、小説の挿画や、『よるくま』などの絵本でご存知の方も多いと思いますが、この『森のノート』は、酒井駒子さんの初めての画文集。森の奥の密やかな世界を、独特の文章と繊細な絵で描いています。表紙を見ているだけで不思議の世界にひきこまれそうで、駒子さんの描く森の中を歩いている気分になります。クリスマスイブの夜にキャンドルを灯しながら読む、なんていかがでしょうか。

    (ミシマ社 岡田千聖)

  • Dec

    25

     『この椅子が一番!』西川栄明(誠文堂新光社)

    『この椅子が一番!』西川栄明(誠文堂新光社)

    椅子に関わる専門家100人が、シーン別にベストな椅子を選んでランキング形式で紹介するという本書。それぞれの椅子の歴史やこだわりが面白く、隅々までじっくり熟読してしまいました。日々自分の身体を預けている椅子。調べてみると、なかなかにハードルの高いお値段のものたちですが、いつの日か、「これぞ」という一脚を見つけたいなと夢を膨らませられる一冊です。

    (ミシマ社 星野友里)

  • Dec

    26

    『働く女子の運命』濱口桂一郎(文春新書)

    『働く女子の運命』濱口桂一郎(文春新書)

    スキルに対して仕事を払う〈ジョブ型社会〉の欧米諸国とは違い、日本は企業へ忠誠を尽くす「態度」などが査定基準となる〈メンバーシップ型社会〉。その中において、女性はどう仕事をしてきたのか? なんだかたいそうなタイトルですが、しっかり日本の労働史を描いてくれていて、「運命」とかいう言葉は置いておいて、すごく勉強になりました。女性が30歳で定年だった時代があるなんて、ありえへん...うそやんなにそれ...と、ときには腸にえくりかえりそうになりながら読みましたが、新しい視点ももらいました。

    (ミシマ社 新居未希)

  • Dec

    27

    『音さがしの本 リトル・サウンド・エデュケーション〈増補版〉』R.M.シェーファー、今田匡彦/著(春秋社)

    『音さがしの本 リトル・サウンド・エデュケーション〈増補版〉』R.M.シェーファー、今田匡彦/著(春秋社)

    「サウンドスケープ」という、日本語だと「音風景」と訳される概念があります。日常生活や環境の中で音とどのようにかかわっているのかを考えるために生まれたそう。本書はそれを感じるためのワークブックです。なかでもハッとさせられたのは「街のなかで、一番遠くから聞こえる音に耳を澄ましてみる」というワーク。耳を澄ますことによって、意識していなかったけど実は聞こえていた音がこんなにもたくさんあることに驚きました。

    (ミシマ社 田渕洋二郎)

  • Dec

    28

    『きみは赤ちゃん』川上未映子(文春文庫)

    『きみは赤ちゃん』川上未映子(文春文庫)

    妊娠出産っていったいなんなんだ。なにがどうなってどうすればいいんだ。あーわからーん。っていう状態から、まあ不安なこともあるんやろうけどなんとかなるんかもね。っていう状態に連れてってくれる気がします。でもそんなんでいいんでしょうか。結局、自分の目の前にそのひとがこないとわからーん。

    (ミシマ社 鳥居貴彦)

  • Dec

    29

    『金曜日の本』吉田篤弘(中央公論新社)

    『金曜日の本』吉田篤弘(中央公論新社)

    明日からお休み。すきな本が思いっきり読める。そんなわくわくした気持ちがタイトルには込められています。「いかにも面白そうな本よりも、誰も読みそうにない本に、自分にとっての『面白い』があるように思う。」「誰も読みそうにない」というところはちょっと違うけれど、わたしにとって、吉田篤弘さんの本は、「金曜日の本」です。冬休み、みなさまは、どんな本を選びますか?

    (ミシマ社 長谷川実央)

  • Dec

    30

    『パンと人 仕事と人生』フィルムアート社編(フィルムアート社)

    『パンと人 仕事と人生』フィルムアート社編(フィルムアート社)

    パン屋さんはどうしてパン屋さんになったんだろう。そんな素朴な疑問に答えてくれたのが、この本でした。パン屋になるまでの経緯、一つのパンを作り上げるまでの葛藤、新しいパンづくりへの挑戦......。5人の職人がそれぞれの言葉で、「自分にとってパンとは何か」を語ります。「パン屋」の目線から描かれる仕事への姿勢は、まっすぐで繊細です。読み終わったら、心がほぐれ、きっとパンが食べたくなります。

    (ミシマ社 岡田千聖)

  • Dec

    31

    『初段になるための将棋勉強法』浦野真彦(白夜書房)

    『初段になるための将棋勉強法』浦野真彦(白夜書房)

    ありそうでなかった将棋の勉強法について網羅した本。私は本書をきっかけに上達を志し、ちゃんと初段になれました。

    (ミシマ社 渡辺佑一)