ミシマ社サポーター募集!(2)

第1回

ミシマ社サポーター募集!(2)

2018.04.19更新

「みんなのミシマガジン」がリニューアルしたその日

 「みんなのミシマガジン」がリニューアル創刊して、3週間が過ぎようとしています。新しくなったミシマガ、お楽しみいただけてますか?「見やすくなった」「ついつい毎日見ちゃう」そんな声も寄せられ、嬉しいかぎりです。今日もミシマガを訪れてくださり、ありがとうございます。

 今日は、昨日に引き続きノザキが、201841日にミシマ社京都オフィスにて行われた、ミシマガのお披露目カウントダウンイベントをレポートします! この日はサポーターの方々も駆けつけてくださり、温かな楽しい会となりました。みなさんは4月1日の正午、どんなことをしていましたか? 少し前の日を思い出しながら、ぜひお付き合いください。

***

 鴨川に満開の桜がゆれる日曜日のお昼前、ミシマ社京都オフィスにはサポーターの方々、著者の方々がぞくぞくと集まってきてくださいました。

 まず行われたのは記念撮影。

「ふつう記念撮影って、会の最後にやるもんじゃないの?」

 そんな声が聞こえてきそうですが、ばっちりポーズをキメて、記念すべき今日の一枚が撮れました。

 その後は、ミシマ社オフィス見学やメンバーの自己紹介、この日から入社した私、ノザキの自己紹介、そして10周年記念パーティーでは参加者の脳裏に強烈な印象を残したトリイ・イケハタ・タブチの3人による営業コント。そうこうしているうちにミシマガの創刊時間、12時はまもなくです。

54321 !!!」

 全員で声を揃えて迎えた12時。表示されたミシマガのバナーには、先ほど撮影したばかりの写真が映し出されていました。この瞬間の感動、忘れられません!

 その後はみんなでお昼ごはんを食べながら、リニューアルしたミシマガの紹介やこれからのミシマガであったらいいなと思う機能や企画の話をしました。カウントダウンにいらしてくださったいしいしんじさん、神吉直人さん、あさひ高速印刷の岡社長からもお言葉をいただき、ミシマ社メンバー一同、この日を迎えられたことの喜びと、これから毎日「おもしろい」を1日1本をつづけていくこと、その思いを強く噛みしめたのでした。

 ちなみにこの日のお昼の献立は、おむすび、豚汁、卵焼き、お漬物、なめ茸。おむすびのお米は、サポーターさんからいただいたものを、お漬物はバッキー井上さんが営む「錦・高倉屋」さんのものを、そしてなめ茸は白山米店のおかあさんから教わった味を。豚汁も卵焼きも朝からミシマ社のキッチンで手作りしました。

 そして会の終わりには、なんとこの日のためにあさひ高速印刷さんが準備してくださった、特製カードがお土産として全員の手に。このカード、活版印刷でミシマ社ロゴが印刷されているんです。あさひ高速印刷さん、すてきな贈り物をありがとうございました!

0419-1.jpg

***

 「みんなのミシマガジン」は、これまでも、そしてこれからもミシマ社を支えてくださっているサポーターさん、著者のみなさん、読者のみなさんのおかげで運営ができています。もちろん、ミシマガだけでなく、ミシマ社の活動は常にサポーターの皆さんとともにあります。

 「おもしろい」という根拠のない世界で、気持ちよく泳ぎつづける。

 時間をかけて、「おもしろい」を追い求められる。

 「ミシマガ」から「おもしろい」本が生まれる。

 「おもしろい本」がさらに長く読み継がれる。・・・

 そうした活動を継続的に可能にするためにも、サポーターの皆さまの支えを切に求めております。2018年度ミシマ社サポーター、まだまだ募集中ですので、どうかお力添えをいただけたら幸いです。何卒よろしくお願い申し上げます。

サポーターについてもっと知る

ミシマガ編集部

ミシマガ編集部
(みしまがへんしゅうぶ)

 

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 尾崎世界観×寄藤文平 いま、表現者であるということ(1)

    尾崎世界観×寄藤文平 いま、表現者であるということ(1)

    ミシマガ編集部

    2018/9/26(水)に発売されたクリープハイプの新アルバム『泣きたくなるほど嬉しい日々に』。そのデザインを手がけた寄藤文平さんと尾崎世界観さんは、4月にミシマガで対談しています。ミシマ社とも縁の深いお二人の対談、この機にぜひお読みください。(実は、今回の新アルバムの特装版の詩集と、タワーレコード特典の豆本の編集をミシマ社がお手伝いしています!)

  • 西村佳哲×ナカムラケンタ 最近〝仕事〟どう?(1)

    西村佳哲×ナカムラケンタ 最近〝仕事〟どう?(1)

    ミシマガ編集部

    みなさん、最近、仕事どうですか? ナカムラケンタさんの『生きるように働く』と、『いま、地方で生きるということ』の著者でもある、西村佳哲さんの『一緒に冒険をする』(弘文堂)の2冊の刊行を記念して、2018年9月18日、代官山 蔦屋書店にてトークイベントが行われました。「最近〝仕事〟どう?」をテーマに、それぞれの角度から「仕事」について考え続けてこられたお二人が、自著の話、人が働くことの根っこについて、そして「働き方改革」までを語り合いました。そんなお話の一部を、前・後編2日間連続でお届けします。どうぞ!

  • 町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(1)

    町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(1)

    ミシマガ編集部

    2018年6月22日、編集者であり長年街場を見つめてきた江弘毅さんがはじめて「ブンガク」を描いた、『K氏の大阪弁ブンガク論』が刊行になりました。司馬遼太郎や山崎豊子といった国民的作家から、黒川博行、和田竜など現代作家まで縦横無尽に書きまくっている本作で、2章を割いて江さんが絶賛しているのが、作家・町田康さん。本書の刊行を記念して(そして江さんが熱望して!)、紀伊國屋書店梅田本店にておこなわれた、お二人の対談の様子をお届けします。

  • 凍った脳みそ

    特集『凍った脳みそ』後藤正文インタビュー(1)

    ミシマガ編集部

    『凍った脳みそ』。なんとも不思議なタイトルである。いったい何の本なのか? と題名だけ見てわかる人はかなりのゴッチファンにちがいない。ぞんぶんにお好きなように本書を楽しんでくださいませ! 実は、アジカンファンだけど「この本はどうしようかな」と思っている方や、必ずしもアジカンやゴッチのファンでもないけど音楽は好きという方や、ゴッチもアジカンも音楽もとりわけ好きなわけじゃないけど面白い本は好き! という方にも、本書はおすすめなのです。その理由の一端に迫ることができればと思い、著者の後藤正文さんに直接お話をうかがいました。

この記事のバックナンバー

ページトップへ