ハセガワの仕掛け屋便り

第1回

2018.05.03更新

0503-1.png

 こんにちは。仕掛け屋チームのハセガワです。私はふだん、ポップやパネルを作ったり、本屋さんの棚を飾りつけしたり、おみくじ作ったり、小枝を拾ったり、ミシンをふんだりしています。(全部ちゃんと、お仕事です。)このコーナーではそんな日々の制作の現場から、お便りをお送りします。

 さて、今月ご紹介したいのが、現在京都で開催中の「益田ミリ『今日の人生』かもがわおさんぽ展」です。この展示は、うちから出ている益田ミリさんのコミックエッセイ『今日の人生』の発刊1周年を記念して、ミシマ社の本屋さん(ミシマ社京都オフィスの1階で、毎週金曜日にやってます)とご近所のお店の計4店舗で開催しています。

0503-2.png

 『今日の人生』展はこれまで内容を変えて、東京、大阪の本屋さんで3回開催し、たくさんのお客さまにご来場いただきました。今回の京都展はその集大成ともいえるような内容です。会場ごとに、テーマやディスプレイを変えて作品の世界観を表現するこの展示は、企画から準備、設営まで、ミリさんとみんなで一緒に作り上げました。今日は各会場の様子を、ちょこっとずつお見せします。

0503-3.png

 ミシマ社の本屋さんには、これまで各会場限定で展示していた描きおろし『今日の人生』が一同に集結!また、「出版社ならではの展示もしたいね」ということで、これまでこの本が紹介された新聞や雑誌の切り抜き集や、韓国語翻訳版『今日の人生』も置いています。

0503-4.png

0503-5.png

 ミシマ社の本をたくさん置いてくださっている、誠光社さん。ここには生原稿や、『今日の人生』のカバーデザインの元となった絵を飾っています。「本屋さんで一目ぼれしました」というコメントがとっても多いこの本ですが、その印象的なカバーの絵は、実は、ミリさんが子どもの頃に作った作品だったんです。

0503-7.png

 誠光社さんのすぐ近くにあるのが、内装もすてきなシャツ専門店、モリカゲシャツさんです。ここではいままでの『今日の人生』展にはない、ちょっと変わった展示をしています。上の写真に写っている、少し変わった形の黄緑や薄緑のパネルたち。これ、何の形かというと、シャツを作るときの型紙なんです。近くで見ると、本の中にでてくる言葉たちがちりばめられています。その上にあるカラフルなシャツはミリさんの手作りで、こちらもよく見ると、本物のお洋服のように、糸で縫い合わさっています。ミリさんの仕事机再現コーナーもあり、なんだかお部屋のような会場です。

0503-8.png

 最後はブックカフェ&ギャラリーのUNITEさん。毎日撮っているという「今日のごはん」や、日常や旅先でのひとコマなど、まさにミリさんの「今日の人生」が垣間見える写真が壁一面にずら~っとならんでいます。また、ふだんからお店に焼き物を置いているUNITEさんにちなみ、ミリさん絵付け小皿も特別に販売しています。(こちらのお皿は限定10枚、先着順です。)

0503-9.png

0503-10.png

 さて、展示のしめくくり。いっぱい歩いたので、ここでお茶するのはいかがでしょう?このカフェで「ミリさんセット」を頼むと、こんなかわいいクッキーがついてきます。ちなみにUNITEさんは、季節のチーズケーキも絶品です。

 ここには書ききれなったおもしろい展示や仕掛け、特典が実はまだまだたくさんあります。4つの会場、端から端まで歩いても15分。かもがわのご近所をのんびりおさんぽしながら、ミリさんワールド、たっぷり楽しんでくださいね!みなさまのお越しをお待ちしております~。

0503-11.png

益田ミリ『今日の人生』かもがわおさんぽ展 5月20日(日)まで

会場① ミシマ社の本屋さん
住所) 京都市左京区下堤町90-1
電話) 075-746-3438
営業時間)13:00~19:00(毎週金曜日のみオープン、今月は19日(土)もあけます)

会場② 誠光社
住所)京都市上京区俵屋町437
電話)075-708-8340
営業時間)10:00~20:00(無休)

会場③ モリカゲシャツ
住所)京都市上京区枡屋町362-1
電話)075-241-7746
営業時間)11:00~19:00(水曜定休)

会場④ UNITE
住所)京都市左京区新先斗町133番地サンシャイン鴨川1階
電話)075-708-7153
営業時間)11:30~19:00(水曜・第3木曜定休)

ミシマ社仕掛け屋チーム

ミシマ社仕掛け屋チーム
(みしましゃしかけやちーむ)

 

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 尾崎世界観×寄藤文平 いま、表現者であるということ(1)

    尾崎世界観×寄藤文平 いま、表現者であるということ(1)

    ミシマガ編集部

    2018/9/26(水)に発売されたクリープハイプの新アルバム『泣きたくなるほど嬉しい日々に』。そのデザインを手がけた寄藤文平さんと尾崎世界観さんは、4月にミシマガで対談しています。ミシマ社とも縁の深いお二人の対談、この機にぜひお読みください。(実は、今回の新アルバムの特装版の詩集と、タワーレコード特典の豆本の編集をミシマ社がお手伝いしています!)

  • 西村佳哲×ナカムラケンタ 最近〝仕事〟どう?(1)

    西村佳哲×ナカムラケンタ 最近〝仕事〟どう?(1)

    ミシマガ編集部

    みなさん、最近、仕事どうですか? ナカムラケンタさんの『生きるように働く』と、『いま、地方で生きるということ』の著者でもある、西村佳哲さんの『一緒に冒険をする』(弘文堂)の2冊の刊行を記念して、2018年9月18日、代官山 蔦屋書店にてトークイベントが行われました。「最近〝仕事〟どう?」をテーマに、それぞれの角度から「仕事」について考え続けてこられたお二人が、自著の話、人が働くことの根っこについて、そして「働き方改革」までを語り合いました。そんなお話の一部を、前・後編2日間連続でお届けします。どうぞ!

  • 町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(1)

    町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(1)

    ミシマガ編集部

    2018年6月22日、編集者であり長年街場を見つめてきた江弘毅さんがはじめて「ブンガク」を描いた、『K氏の大阪弁ブンガク論』が刊行になりました。司馬遼太郎や山崎豊子といった国民的作家から、黒川博行、和田竜など現代作家まで縦横無尽に書きまくっている本作で、2章を割いて江さんが絶賛しているのが、作家・町田康さん。本書の刊行を記念して(そして江さんが熱望して!)、紀伊國屋書店梅田本店にておこなわれた、お二人の対談の様子をお届けします。

  • 凍った脳みそ

    特集『凍った脳みそ』後藤正文インタビュー(1)

    ミシマガ編集部

    『凍った脳みそ』。なんとも不思議なタイトルである。いったい何の本なのか? と題名だけ見てわかる人はかなりのゴッチファンにちがいない。ぞんぶんにお好きなように本書を楽しんでくださいませ! 実は、アジカンファンだけど「この本はどうしようかな」と思っている方や、必ずしもアジカンやゴッチのファンでもないけど音楽は好きという方や、ゴッチもアジカンも音楽もとりわけ好きなわけじゃないけど面白い本は好き! という方にも、本書はおすすめなのです。その理由の一端に迫ることができればと思い、著者の後藤正文さんに直接お話をうかがいました。

この記事のバックナンバー

05月03日
第1回 ミシマ社仕掛け屋チーム
ページトップへ