トーキョーでキョートみつけたトーキョーでキョートみつけた

第2回

さば

2018.05.06更新

 バラエティ番組で、大の魚好きという宮沢りえさんが

「一種類だけこの世に残す魚を選ぶとしたらなに?」

 という質問を出演者にしていた。

 わたしも胸に浮かべてみた。揚げても、干物でも、お造りでも美味しい魚・・・鯵かな。鯖も好きだけど鯖の揚げものはどうだろう。鯖フライ。鯖サンドって揚げているものを挟んでいるんだっけ? でもフライなら鯵のほうがいいな〜なんて思っていたら、チュートリアルの徳井義実さんが「鯖です」と答えていた。他に挙がったのは「鮪」。鮪か。これを選ぶのが王道というものか? しかしわたしは中トロや大トロにたやすくテンションが上がらない。宮沢りえさんは「鯛」・・・納得。お殿様が召し上がる魚。なんといっても明石の鯛だそう。注目すべきなのは徳井さんが「鯖」を選択していたこと。徳井さんは京都出身である。京都のひとは鯖に馴染みがあるのだと思う。わたしなど居酒屋のメニューに〆さばがあると自ずと注文してしまう。

「〆さばつい頼んじゃうんだよね〜」

 というわたしの温度は、関東の友人たちとは随分差があることを、こちらでの食の経験が積み重なるにつれ知っていった。

「あれ? みんな〆さばってそんなですか?」

 最近好きな食べものを聞かれた際は、意識的に「〆さば」と答えるようになった。

 あと、お刺身をお造りというのも東京では聞いたことがない。通じにくそうなので、お刺身のことを話すときはお刺身と口にするが、わたしの頭の中では"おつくり"という音が鳴っている。

 京都ならではの〆さばの食べかたがある。千鳥酢と薄口醤油とおろし生姜を合わせたもので食べるのだ。この食べかたを供す店は東京にはない。京都の居酒屋だと【赤垣屋】。京都にきて京都らしいものが食べたいひとは赤垣屋に行ってみるといい。御品書きに値が書かれていないので、すんごい高かったらどうしよう、みたいなドキドキもおまけでついてくる。・・・京都の店紹介になってしまった。ふう、東京で京都見つからないよ菊さん。

0506-1.png

 そんなことだから銀座の路地裏にあるラーメン店【銀座 風見】で千鳥酢に鉢合わせたとき、わたしは思わず写真を撮った。名物の酒粕濃厚そばを半分くらい食べると、千鳥酢をとぱとぱかけた。・・・そこまで、要らなかった。トッピングに置かれていたおろし生姜をどばどばいれるのは、スープの味と調和してよかったけれど。あの千鳥酢特有の甘さと鼻へ抜ける香り、堪能するにはどうぞ〆さばで。

早織

早織
(さおり)

女優。1988年5月29日生まれ。京都市左京区育ち。立命館大学産業社会学部卒業。14歳のとき、河瀬直美監督と出会い女優を志す。スターダストプロモーションに所属し、京都に住みながら東京ではたらくという生活を15歳から始める。 三木聡監督のショートフィルム『臭いものには蓋の日』で主演デビュー。 アイドルユニット、バラエティ番組、テレビドラマ、CM、映画、舞台を経験し、2011年大学を卒業後に(やっと)上京。 趣味は読書と写真。近年の出演作 : 映画『百円の恋』『過激派オペラ』『キセキ ーあの日のソビトー』『光』『かぞくいろ』、WebCM 三菱UFJ信託銀行『心の資産 篇』

編集部からのお知らせ

ヨーロッパ企画20周年ツアー
第37回公演「サマータイムマシン・ブルース」
第38回公演「サマータイムマシン・ワンスモア」
早織さんが出演決定です! ツアーは7月よりはじまります。ぜひ劇場で!

詳しくはこちら

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 町屋良平さんインタビュー 言語的凝縮を解き放つ(1)

    町屋良平さんインタビュー 言語的凝縮を解き放つ(1)

    ミシマガ編集部

    祝・第160回芥川賞受賞!! 昨年末に「本屋さんと私」に登場してくださった町屋良平さんが、このたび「1R(いちらうんど)1分34秒」にて芥川賞を受賞されました。こちらのインタビューでは、小説を書くという営みについても、丁寧にお話しいただいています。町屋さんの小説をこれから読む方も、すでに読んだ方も、ぜひどうぞ!

  • 『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(1)

    『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(1)

    ミシマガ編集部

    11月22日、『銀河鉄道の星』(宮沢賢治・原作、後藤正文・編、牡丹靖佳・絵)が発売となりました。発売を記念して、この本の著者であり、12月5日にはNEW ALBUM「ホームタウン」を発表したASIAN KUNG-FU GENERATIONのボーカル&ギターを担当する後藤正文さんと、装丁を手がけてくださった名久井直子さんの対談を2日間にわたり、お送りします。昨日掲載した「あとがき」からさらに踏み込んで、後藤さんがなぜ、宮沢賢治を新訳しようと思ったのか、そして子どものころから宮沢賢治の作品に触れてきた名久井さんは、今回何を感じられたのか? たっぷりとお届けします。

  • くすみ書房店主・久住邦晴さんの本を発刊します

    くすみ書房店主・久住邦晴さんの本を発刊します

    ミシマガ編集部

    今月末に『奇跡の本屋をつくりたい〜くすみ書房のオヤジが残したもの』が発刊となります。多くの人に愛されながらも、2015年に閉店した札幌の書店「くすみ書房」の店主、久住邦晴さんの未完の遺稿を再編集し、書籍化したものです。この本にちなんで今日からミシマガ上でも「奇跡の本屋をつくりたい」のコーナーがスタートします。

  • 『うしろめたさの人類学』を読んでみよう(1)

    『うしろめたさの人類学』を読んでみよう(1)

    ミシマガ編集部

    こんにちは、京都オフィスの野崎です。突然ですが、今日はミシマガ読者のみなさんにとにかく早く伝えたい、大ニュースがあるんです! それは・・・

この記事のバックナンバー

01月08日
第10回 たまご 早織
12月04日
第9回 しょうよう 早織
11月02日
第8回 いちじく 早織
10月03日
第7回 ゆめ 早織
09月04日
第6回 みず 早織
08月03日
第5回 ニッキ 早織
07月03日
第4回 たまねぎ 早織
06月04日
第3回 さんしょ 早織
05月06日
第2回 さば 早織
04月03日
第1回 ゆりかもめ 早織
ページトップへ