コーヒーと一冊の部屋

 去年から始まった『イナンナの冥界下り』プロジェクト。
 紀元前2,000年ごろのメソポタミア神話である『イナンナの冥界下り』を、原語(シュメール語)と日本語で、そして現存する世界最古の演劇形式である「能楽」をベースに上演するというプロジェクトです。

 イナンナというのはシュメールの女神です。天も地も統治していた女神イナンナが冥界に「心(原語では耳)」を向け、さまざまな霊力を身につけて冥界に赴くのですが、そこで待ち受けていたのは姉であり冥界の女王でもあるエレシュキガル。彼女の怒りに触れたイナンナは裸にされ、そして冥界の釘に吊るされてしまいます。その結果、地上は暗闇の世界になり、植物も生物も生殖活動をやめてしまいます。が、大神エンキの力でイナンナは甦り、地上ももとに戻るという神話です(後日談もあります)。

 東京と那須で4回の公演をし、来年度にはイギリスの大英博物館やリトアニアでの公演での話も進んでおりますが、この12月27日(火)には、これまでとはまったく新しい演出での上演を予定しています(演出に関しては最後にお話します)。
 このように公演を続けていくうちに、このプロジェクトを始めた時点でぼんやりと見えていたものが、その輪郭を徐々にあらわにして来ました。

 すなわち、文字によって生み出された「心の時代」はそろそろ終焉に近づきつつあり、「心の次の時代」が、もうそこまで来ているのではないかという実感です。そして、それに備えるためにも古代の神話や語り物を読み直すべきだ、ということもその確信を強めてきました。

 「心の時代」の終焉は100年後か、あるいはもっと先、1,000年後くらいかな、と思っていたのですが、どうもこのごろはそれが近いような気がしてききました...が、その話は今回は措いておき、まずは「心の時代」が終わるかも、と思ったきっかけなどをお話してみたいと思います。
 と、いっても学問的な話では全くないので、そのおつもりで。

「心の次の時代」のための『イナンナの冥界下り』(2)

2016.12.18更新

「心」の賞味期限切れの予感

 さて、人は「心」を得たことによって、「未来を変えることができる」というすごい力を手に入れました。その能力は科学を生み出し、文明を生み出すことになります。

 が、そんなバラ色の能力である「心」の裏には、おそろしい副作用が隠されていたのです。それは未来に対する「不安」や、過去に対する「後悔」、あるいはいつまでも付きまとう 「噂」や「レッテル」。そんな副作用を「心」は内含していました。

 そして、その副作用を何とかしようとしたのが孔子であり、釈迦であり、そしてイエスであったのではないか。そして、もしそうであるならば、「心」の時代(文字の時代)が続いている限り、この3人の力は有効なのです。

 さて、未来を変えるという心の「作用」と、不安や後悔という心の「副作用」。これらは3聖人のおかげで、苦しいながらも、まあまあいいバランスを取ってきました。

 が、産業革命をはじめとする時代の急激な変化の中で、この作用・副作用のバランスが崩れ始めてきました。いや、崩れ「始めた」というよりも、急速に崩れたといった方がいいでしょう。

 副作用が作用を追い越した、すなわち生存のために生み出した「心」によって生存を中断する(自殺)という行為が増加しました。これは、そろそろ「心」の賞味期限が切れているのではないか、そんな風に感じるのです。


文字ができた頃に書かれた神話の大切さ

 では、「心」に代わるものは何か、「心の次の時代」とはどんな時代なのか。残念ながら、それはわかりません。ただ、「ひょっとしたら」ということは見えますし、いくつかいえることもあります。

 いくつかいえることのひとつは、「心に代わる何か」が生まれる前に、まずは「文字」に変わる何かが発明され、そしてそれによって「心に代わる何か」の出現が加速するということです。

 あ、ここでいう「文字」には、絵画や音楽や数式やプログラムや、そういったもの(だからコンピュータやAI、VR、ARなども)を含みます。

 そういうものではない「何か」、それが発明されたときこそ、「心に代わる何か」が見えてくるはずなのです。で、この「何か」も、そしてそれ以降に訪れる「ひょっとしたら」の世界のほとんども言語化できません。だって、言語化した時点で違うものになっちゃうでしょ。どのような方法でもあれ、ここに記述したら、それは「文字」ですから、その途端に「心」の世界に属してしまうのです。

 そして「文字に代わる何か」とは何なのかということも、文字的な思考であれこれ考えても見えてはきません。水に棲む魚に水は見えず、僕たちに空気が見えないように「文字に代わる何か」も、今の僕たちの「目」では見えないのです。

 だからこそ、文字ができたばかりに書かれた神話や語り物を読む必要があります。文字ができた直後に書かれたものには、文字以前の記憶がうっすらと残っているからです。それを読むことによって、「文字以前」の世界と「文字」世界との間に起こったことが見えてきます。そこで起ったことを、頭ではなく身体で感じてみる。

 だから、「読む」といっても座って読んでいてはダメです。当時のものがそうであったように、祀りの場(にわ)のような空間で語られ、謡われたときに始めて見えてくるものがあります。自分もそこに参加したときに、はじめて見えてくること、感じることがあります。


温故知新で『イナンナの冥界下り』を演じる

 とはいっても、それはその場で「あ、これだ!」と見えるのではなく、僕たちの無意識にじわじわと蓄積され、それが沸点に達したときに突然、見えてくるものだと思います。
孔子は「温故知新」といいました。

 「温故」というのは、過去のことをぐつぐつと煮ることを意味します。性急さを捨て、ゆっくり煮詰めていきます。それが、たとえば『イナンナの冥界下り』を何度も何度も上演することです。

 すると「知新」が起ります。孔子の時代には「知」という漢字はありませんでした。あったのは「知」の左側の「矢」だけ。これが逆さまになった字が「至」です。ぐつぐつ煮ていると、突然、何かが到来するのです。

 それが「新」です。「新」という左が「立」と「木」、右が「斤(斧)」です。木の新しい切断面をいいます。いままで見慣れたものも、切断面が違うと全く違うものに見えます。
「おお、こんな見方があったのか」

 突然、それに気がつく。それが「知新」です。「心の次の時代」になっても、すべて新しくなるわけではありません。人は人であり、社会は社会です。でも、それがまったく新たな姿として見える。それが「知新」なのです。

 それを知るためにも、「温故」、すなわち『イナンナの冥界下り』を始めとする古代文字シリーズを、これからも上演して行きたいと思っています。「非文字世界(心の前の時代)」と「文字世界(心の時代)」のあわいで起ったことは、これから先に起ることと、その対処方法のヒントになるはずなのです。


★シュメール語と日本語による『イナンナの冥界下り』新バージョンのお知らせ


©️中川学

■日時 12月27日(火)18時15分開場 19時開演
■場所 セルリアンタワー能楽堂(渋谷駅より徒歩5分)
■料金 全席自由5,000円(てんらい会員は1,000円引き)
   ※指定ご希望の方は1,000円にて承ります。

■予約 てんらい事務局 
    event@inana.tokyo.jp
    080-5520-1133(9時〜20時)

■「イナンナの冥界下り」とは
これは、紀元前3500年ごろに起こった世界最古の都市文明、古代メソポタミアのシュメール文明、そこで語られ、楔形文字で記録された、現存する最古の神話のひとつです。

いったい、どういう神話なのか。ざっくりとお話しましょう。

(1)天と地を統べる女神イナンナは、唯一自分の手の及んでいない冥界に、7つの「メ(神力)」を身につけて向かった。

(2)イナンナの突然の来訪に怒った冥界の女王エレシュキガルは、イナンナの「メ(神力)」をすべて剥ぎ取って裸にし、冥界の釘にぶら下げた(地上は暗黒の冬世界となる)。

(3)大神エンキが差し向けたクルガラ、ガラトゥルの力によってイナンナは甦り、地上にも春が戻った。

■今回の上演の特徴
今回の上演は、今までにご覧になられた方にも楽しめる「新バージョン」です。これまでとどう違うのかを簡単に説明します。

●祝祭儀礼性が増す
古代の叙事詩は、薪の火によって妖しく彩られた祭りの場(にわ)で上演されたと思われます。これは、もう薪能そのものです。

薪能は、本来は春の神様をお迎えする祝祭儀礼でした。それは、イナンナの死によってもたらされた冬の季節が、その甦り・再生によって春の季節を再び迎える『イナンナの冥界下り』の神話にぴったりです。

今回の上演では、天地を統べる女神イナンナに奥津健太郎(能楽師狂言方)、エレシュキガルに杉澤陽子(観世流能楽師)を迎え、能楽の要素を前面に押し出すことにより、より祝祭儀礼性が増した上演になります。

●楽しさが増す
今回、新たに加わった場面は冥界の祭り、クル・ヌ・ギ祭です。

古代の祭りの場(にわ)では、人々は怪しい薬草の入った霊酒を飲み、生贄に捧げられたお下がりの肉を喰らい、酩酊、興奮状態で観た、というよりも参加したはずです。

実験道場(芝居×ダンス×お笑いの次世代最強集団)の皆さんをお迎えし、皆さまが酩酊、興奮状態になるような楽しいパフォーマンスをご覧いただきます。

※でも、これを再現するために貞観の大嘗祭や日本書紀などを参考にしました。

●音楽が多彩に
音楽は、能管の槻宅聡に加えて、今回は電子音楽のヲノサトルも参加します。能管は縄文の石笛(いわぶえ)を模したともいわれている笛。最古の笛の音に、最新の電子音楽が重なります。

●シュメールの竪琴が登場
大英博物館に収められているシュメールの竪琴を、アメリカのハープ作者に依頼して再現しました。チューニングや弦の問題もあり、今回はまだ使えませんが、象徴として舞台に出現します。紀元前2,000年の竪琴がどんなものか、とくとご覧ください。

■この舞台は発展途上です
「イナンナの冥界下り」はアーツカウンシル東京の長期助成を受け、イナンナプロジェクトとして2015年から3年計画で上演しています。2017年度には欧州ツアーも予定しており、シュメールの遺物をもっとも多く収蔵するイギリスの大英博物館やリトアニアなどでの上演を目指しています。


※おかげさまで満席となりました。

お便りはこちら

みんなのミシマガジンはサポーターの皆さんと運営しております。

ミシマ社 編(みしましゃ)

バックナンバー