みんなのださべん

第15回 困ったときの混ぜご飯弁当

2017.03.19更新

 毎日お弁当を作るも、レパートリーは増えず、おかずは単調になりがち。食材難も乗り越えなければいけない。ああもうお弁当づくりなんてさぼってしまおうか――そんな時、オカダ特製の「混ぜご飯弁当」が出現します。このお弁当は、「ごはんとおかずを分けて調理するのすら面倒な時」、または「余っている食材でおかず何品かを作るのが難しい時」に作ります。混ぜてしまえばなんとかなるだろうという、浅はかな考えから生まれたお弁当です。

 混ぜご飯弁当、もといチャーハン弁当。具材はたまねぎとほうれん草。2種類しか具材が入っていないということはよっぽど食材難だったのかもしれません。

 チャーハン弁当その2。具材はベーコン、しめじ、キャベツの三種類。
ちょっと炒め具合が失敗していますが、味は悪くありませんでした。

 ひき肉混ぜご飯。ひき肉とほうれん草を炒めて、そこにご飯を投入。
この時ご飯の量がそこそこあって、ボリューム感いっぱいでした。

 具材さえ変えていけば、意外といけるんじゃないか......?と思いながら、あまり見た目が美しくなく、"フォトジェニック"からは程遠い存在です。作るのは簡単なのですが、栄養面、彩り面では「ださべん」度がかなり高いお弁当に仕上がっています。

 それでも負けじとインスタグラムにアップしている日々。インスタグラムおなじみの「ハッシュタグ」を使い、「#ださべん(=ダサい弁当)」と投稿していると、なんと「#おしゃ弁(=おしゃれな弁当)」というタグがありました。そのタグで投稿されているお弁当は、食材の豊富さや盛り付けはさることながら、お弁当箱からランチクロスまでどれも細やかに考えられていて「こんなお弁当作ってみたい!」と思うような素敵なお弁当が並んでいます。
 そして振り返る我がお弁当。......。
 ひとまず、この混ぜご飯弁当を作っている時点では、「おしゃ弁」への道のりが長いことはわかりました。このお弁当の登場回数がこれから減ることを願います。

 インスタグラムへの投稿、細々と続けた結果、写真の投稿数が400を越えました! 500を目指して更新していきます。

お便りはこちら

みんなのミシマガジンはサポーターの皆さんと運営しております。

ミシマ社弁当部

ミシマ社メンバーで結成。自由が丘、京都で活動中。

バックナンバー