編集後記

2017年12月号 編集後記

2017.12.31更新

【京都チーム】

今年最後の編集後記です。一年間、ミシマ社ならびに「みんなのミシマガジン」を応援いただきましたすべての皆様へ、心から感謝申し上げます。来年からは、デザインを含め、新たな「ミシマガ」に生まれ変わる予定でおります。なにせ、スマホ対応すらできておりませんので・・・。ちなみに早速、明日より、更新時間を正午にします!ときどき遅れるかもしれませんが、ご寛容に、どうぞ。来年も何卒よろしくお願い申し上げます。よい新年をお迎えくださいませ。(三島邦弘)



 2017年もいよいよ大晦日。この一年を振り返ると、京都オフィスへの転勤など環境が大きく変わるできごとがいくつかあり、変化と継続が試された一年でした。そんななか、この12月に大好きな将棋の本、北野新太さんの新刊『等身の棋士』が出たことがとてもうれしく、また大きな励みになりました。何度も読み返しています。2018年も新たな本との出会いに励み、励まされ、やっていきたいと想いを新たにした次第です。(渡辺佑一)




 今年を振り返ってみると、いろいろ出来事が多すぎてひとつひとつ述べると論文がひとつ書けそうです。今年もたくさんの人と出会い、ご一緒させていただき、笑い、楽しく仕事をさせてもらいました。そしてまわりの人の、細やかな心遣いに励まされた1年でもありました。来年は私もそんな心遣いができるようになるぞー! 写真はハセガワサンタにもらったドーナツ。今年もいろんなドーナツ食べたなあ。良いお年を!(新居未希)


 いつかの「ひとことコーナー」でも書きましたが、今月発刊した『等身の棋士』がきっかけで、ここ数日、超初心者向け将棋アプリを、毎日やっています。毎年冬休みは、編み物にチャレンジしてるのですが(注:毎回途中で挫折している)、今年は、将棋の駒の動かし方を覚えることに専念したいと思います。みなさまも、楽しい冬休みをお過ごしくださいませ。(長谷川実央)


 いま、おせんべいをボリボリ食べながらこれを書いています。向かいの席でははせがわさんがなにやら延々と作業しています。みっきーはさっきばたばたと帰っていきました。わたなべさんはパソコンに数字を打ち込んだりフェイスブックのパトロールをしたり忙しそう。ミシマさんもしゅっと帰りました。普段とまったくかわらぬオフィスの風景。これが年内最後の出勤だとおもうととたんに違ったものに見えるのはなんででしょう。来年からは違った景色になるのでしょうか。なる気もします。べつに全然変わらない気もします。(鳥居貴彦)


先日、京都高島屋でのレコード祭りのオープニングで、縁あってクリスマスソングを歌いました。その直後に誠光社・堀部さんがDJをするという、なんとも不思議な流れでしたが、これも仕掛け人・100000tの加地さんのなせる技。10月から京都の本屋さんもメインで担当させていただくなかで、知れば知るほどこの界隈の方々の奥の深さというか、底の知れなさを知る年末でした。(田渕洋二郎)



【自由が丘チーム】

 今年は、メンバーの異動もあり、自由が丘オフィスは常駐スタッフ3名という新体制でしたが、イケハタくんとオカダさん、そしてデッチさんや、京都から出張に来るメンバーのおかげもあって、ワイワイと集中を両立して、いい環境でお仕事をさせてもらったなぁと、振り返って思います。来年はどんな年になるのか、現時点でまったく未知数ですが、引き続き楽しくやっていきたいと思います。ミシマガジンの読者のみなさま、本年もありがとうございました!!写真は、今年最後に編集を担当した入魂の1冊です!(星野友里)




  今年もいろいろありました。個人的な2017年のできごとを、ランキング形式で振り返ってみます。
【第1位】1Kから1LDKにお引っ越し・・・劇的に快適になりました。もう、こわいくらいに。
【第2位】夢のハワイ新婚旅行へ・・・旅行レポート「アロハオエ日記」がまさかの紙版ミシマガジン連載に。なんだかよくわからない連載にも関わらず、おはがきなどでコメントをくださる方も(ありがたや)。読者のみなさまの懐の深さは、マリアナ海溝よりも深かった。
【第3位】オフィスでお漏らし・・・忘れたくても忘れられない、生温かい思い出になりました。以後、再発防止に努めています。――ミシマガ読者のみなさま、本年も大変お世話になりました。2018年もどうぞよろしくお願いいたします。(池畑索季)


 2017年もいよいよ終わりです。一年間、主に出荷作業に勤しんできましたが、段ボールの組み方や梱包が前よりスムーズになった気がします。この一年、他のミシマ社メンバーが前を「ぐおーっ」と走っていくのに、必死に追いつこうと鈍足ながら走っていく感じでした。息切れしながらも、とりあえず、一年を終えられそうなことにほっとしています。12月に発売になった『等身の棋士』にちなんで、ヨシタケシンスケさんの『なつみはなんにでもなれる』の付箋の写真を載せました。よく見たらなつみが将棋の駒の上に乗っています。今年も大変お世話になった皆様、どうぞ来年もよろしくお願いいたします。(岡田千聖)



【サポーターのみなさま】

永田奨悟/川崎哲嗣/寄藤文平/内田樹/aknmt221b/菅原美香/かつ!/吉田章子/吉村健太郎/神吉直人/近藤淳也/すーちゃんよりまいちゃん/藤谷薫子/讃岐マナブ/吉田佳世/田中厚史/金山忠司/大沼真理奈/マル企画/城内優子/八木牧人/川井巧/渡辺恵子/ムムリク・ミ/山陽堂書店/三島遼大・颯太/まこ&えり/星野友里/shigeren/三宅沙弥/アトリエカフエ やす兄/戸田百合子/himaar coffee & crafts/百瀬れい/金井さおり/三角朋代/西山貞子/西山慎一/吉川左紀子/赤塚亮子/冨田八枝子/クル/後藤浩一/芳賀繁浩/川満町華/にやがりもん/いとみき/EishiN/暮らしと珈琲 みちみち種や/(株)不動産ギャラリー/伊倉健之/山崎雅人/吉田佐千子/桜井一/平瀬有香/塩野真弥/鯉田勝紀/山田壮一/山ちゃん/内田節子/中尾仁/日比野政彦/まあちゃん & MARU/山森友美/Raya Sakuraya/unitec/高松駿至/嘉登隆/伴光昇/池畑早苗/寄谷菜穂/津田篤太郎/田中 晶子/丹所千佳 /綾 諄子/藤野貴之/池田公信/渡邉久也/森田真生/松井健吾/西山有子/髙山幹朗/新多了/高倉智子/飾んな作んな迎合すな/新崎哲世/渡邉一宏/マリモ舎/スズキのデザイン/上番増喬/片野光男/宇都宮咲子/塩出慎吾/山口美加/新内秀一/藤原寿治/西本道裕/noriharu/ふやふや堂/伊藤美代子/長谷川良子/青木吉史/大野素子/中川学/平田永久/雨の本屋/Hami/大野貞良/chuchu/坪井暢子/平井多美子/ぐんじょういろ/花街の父/西蓮/石井和美/ましもむつこ/桜井保志/堀部篤史/西條緋呂子、早山かおり/寄り道バザール/真木宏之/上原悦子/カタギリ/ゆりくらげ/平野美香/屶姐/伊藤 愛/菊池暢子/一本ゲタ大使/野の畑 みやた農園/くろこ/田渕幸子/國島敬子/板本淑子/千葉留美/粟生田明子/柴山幸夫/川上裕子/牟田都子/西本愛/中川美咲/キタムラますみ/こばやしちず/宮川洋一郎/木野真由美/朝陽かずよ/荒木海香/石丸賢/岡田森/北原潤希/長谷奈央子/信楽香織/湊玲玲/すみかおり/深澤香里/大石梨菜/長尾美武/大川賀子/渡辺百合子/玄喆守/makiyo/長谷川功/memitam/トトリ/榊美乃/鹿田玄也/内藤省二/立野信也/


【ウルトラサポーターさま】

高橋昌也税理士事務所/伴光昇

紙版「みんなのミシマガジン」印刷サポーター:あさひ高速印刷

*引き続きサポーター募集中です!!

発行人:三島邦弘

編集:ミシマ社

イラスト:MARINO (ブリン)トップページ、「本屋さんと私」

編集協力:ミシマ社 デッチメンバー

バナー制作:
寄藤文平(「仕事場のデザイン」「仕事で少し疲れた夜に」)、矢萩多聞(「たもんのインドだもん」「究極の文字をめざして」「おせっかい宣言」「ヘンテコ医学史漂流記」)、渡辺和愛(「本屋さん発!」「凱風館日乗」「いささか私的すぎる取材後記」)、いわながさとこ(「ハタラク計画、スタート前」)、松浦すみれ(「よろしな。」)、谷口菜津子(「石井ゆかりの闇鍋インタビュー」)、中川学(「からだのなかの微生物」)

ウェブディレクター:蓑原大祐、石山豊(株式会社アンアンドアン)
Web制作:株式会社アンアンドアン

Special Thanks to all readers and all authors of MISHIMAGA

お便りはこちら readers@mishimasha.com

お便りはこちら

みんなのミシマガジンはサポーターの皆さんと運営しております。

ミシマ社編集チーム

バックナンバー