本屋さんと私


 今回の「本屋さんと私」は小説家の滝口悠生さんにお話を伺いました。そして新人ノザキの人生初インタビューです。本の虫でもなければ、小説を山ほど読んできたわけでもない、そんな私がたまらなくいいと思った書き手の滝口さん。日記にも書き残さないような日々の出来事や感情を捉える語りには、電車の中で読んでいても、ついつい口元が緩んでしまいます。

「たしかにあったどうでもいいことは、この世界にどのように残りうるのか。 それともどうでもよさゆえに忘れられ、いつかは消えてなくなってしまうのか。」
――『死んでいない者』滝口悠生


 これが私のお気に入りの一節です。さて、西武線のこと、小説を書き、届けるということ、そして最新刊の『高架線』についてもたっぷり伺いました。滝口さんのお話を全3回にわたってお届けします。どうぞお楽しみください。

 第3回目の今日は、本屋さんと私にちなんで「本屋さんとの取り組み」に迫ります!

(聞き手・構成・写真:野崎敬乃 構成補助:星野友里)

第207回 著者として手足を動かすことでできること(滝口悠生さん編)

2017.11.15更新

本を届けるということ

『茄子の輝き』と『高架線』、2冊の刊行を記念して、大阪のスタンダードブックストア心斎橋では、2017年8月31日から10月31日の2ヵ月間、大規模なフェア「滝口悠生の本棚」が開催されました。聞き手ノザキも東京から大阪まで行ってきたのですが、70冊にも及ぶ選書や、滝口さん直筆のPOP、本棚の写真の公開やフリーペーパーの発行など、とにかく熱い熱いフェアでした。


―― スタンダードブックストアのフェアについて教えてください。

滝口今回『高架線』と『茄子の輝き』が近い時期に出るので、両方をがんばって売るために何かできないかなと考えました。僕も知らなかったんですけど、同時期に2冊出すと、売れにくいんだそうです。そこで、一方を手にした人がもう一方も手にしたくなるような仕掛けを考えようということで、2冊をつなげる小冊子を作ってみたり、フェアをやってみたりしたんです。

―― フェアが日々成長して行く様子が面白かったです。

滝口お店の方が本当に熱心にかかわってくれて。あれを2ヵ月間やってくれたというのはすごいことで、びっくりしました。


小説との事故のような出会い

―― 本を届けることについての思いを聞かせてください。

滝口本を作って全国に流通させるということに関して、当たり前ですが僕は全くの素人で、大きな書店さんに本をたくさん並べて売ってもらうということは版元さんの力がないとできないことなんですけど、それだと届かない場所もあると思うんです。たとえば、大阪のスタンダードブックストアには、小説にはあまり興味がなくて、音楽とかファッションとかに興味があって来るお客さんも多いと思う。そういう場所で今回のようなフェアをやったりすると、事故のような出会い方というのが起こりうるんじゃないかと。

 紀伊國屋さんの文芸売り場には行かないんだけど、スタンダードブックストアには行くという人もたしかにいて、その中には、普段小説は読まないけど、あのフェアのPOPが付いていた本に興味を持って、そこから僕の小説にも手を伸ばしてくれて、読んでみたら面白かったって思ってくれる人がいるかもしれない。そういうところに届かせるようなこともしないといけないんじゃないかなと思っています。

―― なるほど。

滝口あんまり大勢ではなくても、僕が好きで聞いているような音楽を好きで聞いていて、同じ音楽が好きなんだったら、この人の小説は面白いかもしれないとか、そういう繋がり方を介さないと届かない、潜在的な読者が多分いるなというのは前々から思っていたんですね。『死んでいない者』は芥川賞の本だから、マスに向けてがっと売る方法でよかったと思うんですけど、いきなりマス的な状況に置かれた時の戸惑いや疑問もやっぱりいろいろあって。でも、芥川賞ですよーってがーっと売っても、案外そういうところに届く感じはなかったりして、じゃあどうしたらいいのかなっていうのは結構ジレンマだったんです。

 それでなんか著者が手足を動してできることはないかなっていうので、小冊子とか、大阪のフェアとかの話になっていきました。あのフェアは、僕とスタンダードブックストアの書店員さんが直接やりとりして、こういうことやりましょうって先に決めちゃって、版元さんには事後承諾で、可能な範囲で協力してもらうっていう形にしました。そうしないとなかなか大胆に動けないんじゃないかなと。当然僕のやらないといけないことも多かったんですけど、新潮社の担当者も講談社の担当者もいろいろ協力してくれたし、大変ではありましたがおもしろかったです。

―― フリーペーパーを作るなど、紙でやる取り組みにこだわりはありますか?

滝口こだわりというか、単に自分ができることですね。まわりを見ると、いろんな書き手や編集者がいろんな取り組みをしていたりして、それぞれに合ったやり方を探して試行錯誤しているんだと思います。僕はネットとか詳しくないし、年寄りくさい作風なので、アナクロに紙を使ってちょこちょこやるのが合っているんじゃないかと。


まだ開拓されていない読者を探して

―― 今回のフェアの情報はほかの本屋さんや作家さんも絶対見てると思いますし、こういうことができるんだっていうことをみんなが思うのは大事だと思います。

滝口僕よりひとまわりとかふたまわり上で、小説書いて本が出ている人と、僕らぐらいの10年代デビューの書き手って、次の本が出るかどうかっていうところでやっぱり状況が違うんです。書き手は書いて原稿をお渡しすることしかできないので、本にして全国に流通してもらうってなったあとでできることはかぎられています。でもなにかやって少しでも動きがよくなるとか、届かなかったところに届くみたいなことをして、5冊でも10冊でも書店で本が売れるのはとても大きなことだと思っています。

 部数の少ないものが売られるときに、何万部とか何十万部とか売れるものと同じ売られ方をしちゃうとどんどん売れなくなっていくだけなので、少ない中でもどんな売り方ができるかを考えていかないと、少ない部数のものはどんどん作りにくくなるんじゃないかと。多分全部の著者が同じやり方をしてもだめだと思うんですが、僕の本で大阪でああいうふうにやったことによって、滝口の本がこのぐらい売れるんだったらあの人の本もここに置くといいかもしれないみたいな、いろんなモデルができていって、それが相互に交換できるようになっていくと、さっき言ったような普段手にとらない人が手に取るっていう機会が少し増えると思う。なんか結構それが一番大事で、まだ開拓されていないところのような気がするので。

―― 本当にそうですよね。

滝口すでに小説をいっぱい読みますっていう人は好きか嫌いかで選んでもらえばいいんですけど、小説はそんなに読まないんだけど、こういうのだったらピンポイントで興味あるみたいな人は多分いると思うので、そういう人に届けようとすることは必要なのかなと。何がきっかけになるかわからないし、小説は体系的に読まなければいけない訳ではまったくない。そうやって楽しめばいいものだと思うので。

―― まさに私がその一人でした。きっとこれからもいろいろなきっかけを介して、滝口さんの小説の虜になっていく人がたくさんいると思います。


*3日間にわたってお届けしてきたインタビュー、いかがでしたか?「無駄なことやダラダラしたことが好き」と穏やかに話をされる一方で、文芸書が置かれる今の状況を見据え、「どう届けるか?」を考えながら書き手としてできることに取り組む滝口さんの姿勢が印象的でした。これからミシマ社の本づくりに関わるひとりとして、お守りになるような言葉と時間をもらった気がします。滝口さん、本当にありがとうございました。


   

お便りはこちら

みんなのミシマガジンはサポーターの皆さんと運営しております。

滝口悠生(たきぐち・ゆうしょう)

1982年東京都生まれ。
2011年、「楽器」で新潮新人賞を受賞しデビュー。
2015年、『愛と人生』で野間文芸新人賞受賞。
2016年、「死んでいない者」で芥川龍之介賞受賞。
他の著書に『寝相』『ジミ・ヘンドリクス・エクスペリエンス』『茄子の輝き』がある。

バックナンバー