今週のミシマ社

紀伊國屋書店梅田本店さんでミシマ社フェアが始まっています!

2017.11.03更新

 11月1日から30日まで、ミシマ社の本を全部集めたフェアを紀伊國屋書店梅田本店さんで開催しています。フェアの様子は紀伊国屋書店梅田本店さんでごらんください!...と言いたいところですがほんの少しだけお見せします。


 額に入っているのは寄藤文平さんが10年前、ミシマ社のロゴマークを考える際に描いたラフスケッチ。いろんなミシマくんがいます。そしてその下は各地で密かに好評いただいているおみくじ「本の神・ミシマ神のおつげ」。中には今日あなたに必要...かもしれない(?)言葉がミシマ社本の中から引用してあります。買う本に迷ったら、神様に聞いてみましょう。


 さ・ら・に! 今回はこのフェアでしか見られない特別企画があります!! 先日行われた「1年遅れのミシマ社10周年パーティー」で、様々な方からいただいた直筆のお祝いメッセージを週替わりで展示します。(特別なので、ここに写真は載せません! すみません!!)あの方やこの方...豪華ゲスト大集合!! この展示はここでしか見られませんので、ぜひお見逃しなく!!!!!

 そして、スペシャルな企画はこれだけでは終わらない! 今回は3冊以上ご購入の方へプレゼントをご用意しております。一体何がもらえるのかは売り場でのお楽しみ。他にも、ミシマ社グッズや、ミシマ社通信バックナンバー取り放題など、これでもか!と仕掛けが盛りだくさんです。見るだけでも楽しめるフェアに仕上がりました。





 そもそもこのフェア、お声かけしてくださったのはもちろん梅田本店の百々さん。ミシマ社史を語る上で避けては通れない、創業当初からお世話になっている方です。
 フェアの打ち合わせで百々さんが開口一番に言い放った一言が「ミシマ社を売ろうや!」でした。単にミシマ社の本を売るだけではなく、ミシマ社そのものを売る。ミシマ社のすべてを体感してもらえるテーマパークのようなフェアにしよう! というご提案だったのです。打ち合わせを終えたトリイのノートには、「ワイワイにぎやか」「ガチャガチャ」「缶バッチ200円?」などおよそフェアとは思えないようなメモが並びました。いただいた宿題を胸に仕掛け屋ハセガワ、代表ミシマやメンバー全員で案を練ります。トリイのノートにはさらに「タスキ・ハチマキOK?」「つるす系、とびだし系→確認」「くす玉は?」など謎のメモが追加されていきます。その一つ一つを百々さんにぶつけていきました。「もちろんOK!」「それはちょっと無理やね」「もっとひろげてやっていいよ!」と、すべてにきもちよく即答いただき準備は進みます。ハセガワの作業も連日夜遅くまでつづきました。

ディスプレイのラフスケッチ。これを元に作っていきます。



 そんなある日、ミシマが過去のデータを引っ張り出してきました。以前、梅田本店でフェアをやらせていただいたのは5年前。その時の売り上げは数百冊にもなったというのです。売り上げの数字を記したエクセル表からも当時の熱気が伝わってくるようでした。この数字を超えるフェアにしよう。目標が定まりました。
 10月31日。朝になってもまだハセガワの作業は続きます。トリイの携帯には梅田本店の仕入れ担当・此川さんから着信が。「いま大量に荷物が届いたんですが、これいつ店に出すんですか?」「今日です!」「......」。声にならないため息は300冊を超える本の検品作業や在庫登録などを数時間で終わらせるという過酷な業務を意味していました。
 夕方、売り場で待ち構えていたのは百々さんと小川さん。棚もきれいに開けられており本が並ぶのを待っています。時間は19時。「目標は何時ですか?」とこの作業のために残業してくださっている小川さん。「閉店までに!」「え?そんなにかかるんですか......?」

目がテンになる小川さん。


 朝届いたという書籍はすべて検品されて準備されていました。これを発刊順に並べていきます。「そうそうこれね! 最初の本。」と様子を見に来た百々さんが懐かしそうに並んだ本を手に取ります。そして衝撃の一言、「あと20分で閉店ですよ」。
 ハセガワの目の色が変わりました。「ボードもう一枚追加しましょう」「ここにこれ貼ってください。」と矢継ぎ早に指示が飛んできます。いったん吊るしたパネルにも、「裏面さみしいんでいまから手書きします!」とまったく妥協しません。気づけばお客さんは誰もおらず、社員通用口のチェック係の方が「あんたらがおるからワシが帰られへん。」と掃除を手伝ってくださっていました。
 「これはいいね!すごい!」と百々さんのお墨付きをもらって設営は終了。翌日からのフェアをたのしみにしつつお店をあとにしました。

百々さんと小川さん。二人がしているたすきも、このフェアのために手作りしました。


 フェアは11月30日まで。紀伊國屋書店梅田本店の3番カウンター近くのフェア台にて開催中です! ぜひ足をお運びください。(時々ミシマ社メンバーもうろうろしてます!)


紀伊國屋書店 梅田本店 
〒530-0012 大阪府大阪市北区芝田1−1−3 阪急三番街
10時00分~22時00分
電話: 06-6372-5821

お便りはこちら

みんなのミシマガジンはサポーターの皆さんと運営しております。

ミシマ社

2006年創業、「一冊入魂」をモットーに本作りを行う小さな総合出版社です。ただいま東京・自由が丘と、京都の2拠点で活動中。今週の出来事や刊行書籍のお話をお届けします。

ミシマ社

バックナンバー