今週のおはがき

2017年10月22日号 『おなみだぽいぽい』篇

2017.10.22更新

 全国での原画展を開催、また10月3日にはMOE11月号にて紹介いただき、じわじわと広まっている『おなみだぽいぽい』。先日のMJ梅田さんでの原画展では(展示の様子はこちら)、「ひとり読み小屋」に子どもたちが入って遊んでくれたり、パンの耳を投げるぽいぽいコーナーも盛況でした。(思いもよらないところからパンの耳が発見されたという情報も...。)現在は、愛知県西尾市にある、coffee and bagel kinoさんで原画展を開催中! おはがきも続々届いていますよ〜! 
さっそく1通目をどうぞ!

ぱんのみみがすきなわたしサンの気持ちに共感できるタイミングに本屋さんで出会ってしまい、じっくり読もうと家に一緒に帰りました。
文がプチップチット切れてる感じ「だのに」のところ、「しおけ」をようきゅうすとり、どれもストンッと私の中に落ちました。
【買った書店 ときわ書房】


かわいい絵とやさしい文章には美月さんの不器用さが現れていて、読んでいるとハナがジンとなって、涙がじんわり......
「なみだ」は心にためるものじゃなく、外に流すもの。ハンカチが乾くように心がカラッと乾くと気持ちイイ。
【買った書店 メリーゴーランド 京都店】


泣いている時の、のどの奥の狭さ、思い出しながら読んでいたから、ていねいにひたしたあとの「そして それをなげました!」が爽快でした。涙にひたしたパンの耳、食べてみたくなったので、こんど涙がたくさん出たときはチャンスです。だいじな絵本です。
【買った書店 ジュンク堂書店 池袋店】

いかがでしたでしょうか。coffee and bagel kino さんでの来週の10月29日までの開催ですので、ご縁ありましたらぜひ!

お便りはこちら

みんなのミシマガジンはサポーターの皆さんと運営しております。

ミシマ社編

ミシマ社の本に挟まっている、手書きの読者はがき。自由が丘オフィスには、毎日このおはがきが届きます。いつもメンバーと著者さんでうれしく拝読しているおはがきを、ミシマガでちょっぴりご紹介。
さて、今日はどんなおはがきが届いたのでしょうか?

バックナンバー