『今日の人生』特設ページ

 4月20日に発刊となる、益田ミリさんの『今日の人生』
 これまで特設ページでは、奥付のコマの秘密や、すでに寄せられている感想などご紹介してきました。初版限定での「仕掛け」(写真が6枚ついてます!)など、本当にいろいろてんこ盛りなんです!

 そんな、盛りだくさんな本づくりを一緒にしてくださったのが、デザイナーの大島依提亜さんです。
 とにかく物として持っておきたい、存在感のあるような一冊を、という気持ちで作った本書には、紙の本だからこその魔法がかけられています。

 いったい、どんな魔法がかけられているのか? 全3回でお届けします!
 1日目は、『今日の人生』の本文やカバーの秘密を紐解きます。

大島依提亜さんに聞きました!(1)『今日の人生』の秘密

2017.04.19更新



 本文では、マンガのコマがぎゅっと詰まっているところと、そうでないところがあります。このコマの秘密を教えてください!


 まずはじめの打ち合わせのときに、ミリさんが作られたサンプルを見せていただいたんですが、このサンプルの本文のコマが、歯抜けの形だったんですよね。この不均一な感じが、すごい面白かったんです。



益田ミリさんが作られたサンプル


 1日は誰にとっても24時間で、物理的には日々まったく同じ時間のはずです。けれども、やっぱり日々の人生において、ひとつの出来事しかなかったり、盛り沢山の1日だったり、いろいろ差があるじゃないですか。それが、この歯抜けのコマに出ているような気がして。それがすごく面白かったので、これはそのまま使おう、と思いました。

 そこからさらに、24時間というくくりを8コマという単位にして、そのコマを穴埋めしていく形だと、今日は1コマだった、2コマだったとか、何もなかったとか、そういう感じが出るかなと。
 たとえば、最初のミリさんのラフの段階でそうでしたが、こういうコマが飛ぶところとか、かなり斬新ですよね。


 でもこのコマみたいに、思いを引きずったまま次の日を過ごしたりすることって、往々にしてありますよね。昨日のもんもんとした考えごとを、また次の日も考えていたりする。その雰囲気がでないかなと。

 あと、何も描いてないコマも、固定して確定されてはいるんだけれど、外線のない淡い色になっています。1日の時間はきっちり決まっていてもその時間の境界はあいまいじゃないですか。
 この淡い濃淡を出すのに、みんなでがんばりましたよね。この、背景とコマの濃度の割合を何度も印刷所でテストしてもらってりして。15%と10%とか、いやでも違う、もう少し薄く、とか......ほんと、おつきあいいただきありがとうございました(笑)。




 本文は赤、緑、青の3色です。この色分けはどうしてですか?


 たとえば、特別悲しいことがあったわけじゃないけど、なんか今日は暗いなぁとか、そういう日ってあるじゃないですか。あるいはなんかウキウキしてる日とか、日々の出来事に関わらず、季節にも左右されますよね。
 実際に起こっていることは違う感情の浮き沈み、そういう気持ちを、色のトーンがかわっていくということで表現できたらいいなと思って。人の心も変わっていくように、色も変わっていく、というイメージです。




 カバーが素敵です! これは、何の模様ですか?


 一番はじめの打ち合わせのときに、ミリさんがいろいろ記憶の詰まった箱を持ってきてくださって。そのなかに、ミリさんが子どもの頃に作った、この切り絵があったんです。



 これを見て、「全然変わってない!」と思う部分がありました。それでいて、少しはじけたような、子ども時代のパワーがプラスされているものが今のミリさんとシンクロすると、力強いものになるかなと思ったんですね。

 ミリさんの作品って、ニュートラルな絵のなかに、するどさやあたたかさが、あるいは淡々としてみえて実はエモーショナルな部分とか、相反する要素が両立していますよね。今までの作品の装丁の入り口もシンプルでストレートなものが多いのかなという印象がありました。でも、僕はけっこうやりすぎちゃうところがあるので(笑)。華々しさと、シンプルな感じの両立を、どうしようかなあとけっこう考えていました。そのときにこの切り絵を拝見して。このちょうどいい華やかさが、必然性もあって、すごくよかったんです。




*次回、2日目は「大島さん、『今日の人生』をどう読んだ?」をお届けします。

お便りはこちら

みんなのミシマガジンはサポーターの皆さんと運営しております。

ミシマ社 編

『今日の人生』益田ミリ(ミシマ社)
2017年4月20日発売

むなしい日も、幸せな日も、おいしいものを食べた日も、永遠の別れが訪れた日も・・・。
2コマで終わる「今日」もあれば、8ページの物語になる「今日」もある。
描き下ろしを加え、「みんなのミシマガジン」の人気連載「今日の人生」4年分が一冊に。

石田ゆり子さん推薦!

大島依提亜さんによるブックデザインも注目です!

今日の人生

バックナンバー