『今日の人生』特設ページ

 本日、4月20日発刊! 益田ミリさんの『今日の人生』
 これまで特設ページでは、奥付のコマの秘密や、すでに寄せられている感想などご紹介してきました。初版限定での「仕掛け」(写真が6枚ついてます!)など、本当にいろいろてんこ盛りなんです!

 そんな、盛りだくさんな本づくりを一緒にしてくださったのが、デザイナーの大島依提亜さんです。
 とにかく物として持っておきたい、存在感のあるような一冊を、という気持ちで作った本書には、紙の本だからこその魔法がかけられています。

 いったい、どんな魔法がかけられているのか? 全3回でお届けします!
 3日目は、『今日の人生』を大島依提亜さんがどう読んだのか?について。

大島依提亜さんに聞きました!(3)『今日の人生』をどう読んだ?

2017.04.21更新


 映画のグラフィックをはじめ、書籍など幅広い分野にわたって活躍されている大島依提亜さん。大学時代は映画専攻で、監督を目指していた時期もあったそうです。
 そんな大島さん、『今日の人生』をどう読んだのでしょう?


1.カメラアングル

 ぼくはあまりマンガを読まないので、コミックとしてのテクニック的なところは正直わからないんですけども、カメラアングルみたいなものがすごくうまいなと思いました。
 たとえばここ。

 この、よりどころのタイミング。絶妙ですよね。


2.こんな作品を思い出しました

 マンガを読まないと言っておきながらですが、アメリカのアンダーグラウンドコミックに、『アメリカン・スプレンダー』という作品があるんですね。ハービー・ピーカーという人が原作者で、ロバート・クラムとか、なかなか錚々たる人たちが絵を描いているんですけど。ただのおっさんのたんたんとした日常を綴っているだけなんですよ。延々と思考実験だけで終わるコマもあったりするんです。さえない中年がさえない街で悶々としている、という作品で、ミリさんとタッチも物語も全然違うんですけど、コミックエッセイを越えたすごみという点で共通しているというか、それをちょっと思い出しましたね。

 それから、夏に公開予定のジム・ジャームッシュ監督の新作『Paterson』は何気にミリさんの世界に通じる部分があると思います。ミリさんにもぜひ観てみてほしいですね。


3.迷いがない言葉

 読んでいて、がつんと打ちのめされる言葉やシーンがあってもそこでとどまってくれるわけでもなくて、どんどん先にいっちゃうんですよね。
 ここ(ミシマ社)に来るまで、電車のなかで『今日の人生』を読みかえしていたんですけど、これとか、すごいですよね。

 何と比較して長いと言ってるんだろう? と思うんだけれど、これ、すごく確信を持って言ってますよね。迷いなく。


4.表情のバランス感覚がすごい

 本文用に書き下ろしていただいた手のイラスト(本文p.171)は1ページ全体に大きめに描いて頂いたんですけど、ちょっとなまめかしくってというか色気があってリアル。実はこの写実的な感じを生かして、カバー用に「顔のアップを描いてください」って言おうかと思っていたんですよ。
 ミリさんの絵は、顔の表情があまり読み取れないように描いてあるのがミソですよね。たとえばこの、東洋大学を応援していると思ったら、突然プイッといってしまうところ。

 さっきまで応援してたのに! って、ちょっと冷たいふうにも思うんですけど、顔がすこし笑ってるんですよ。これがいい。この、バランス感覚が抜群ですよね。

 こういうときにどういう表情であるべきか、ということをすごく考えてらっしゃるんだと思います。かつ、そのなかで、涙を流したりする表現まではいかない。そこがやっぱりすごいですよね。
 そこで先ほどのカバーの話ですが、顔の表情をアップにすると、曖昧な表情に逃げられないじゃないですか。それをちょっとやってみたかったんです。顔のアップ、絶対かっこいいと思ったんですよ。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

*大島さん、ありがとうございました!!
カバーの秘密表紙の秘密と全3回でお届けしてきました。いよいよ発刊となった『今日の人生』、いろんな仕掛けがつまっています!ぜひ店頭で手にとってみてください。

お便りはこちら

みんなのミシマガジンはサポーターの皆さんと運営しております。

ミシマ社 編

『今日の人生』益田ミリ(ミシマ社)
2017年4月20日発売

むなしい日も、幸せな日も、おいしいものを食べた日も、永遠の別れが訪れた日も・・・。
2コマで終わる「今日」もあれば、8ページの物語になる「今日」もある。
描き下ろしを加え、「みんなのミシマガジン」の人気連載「今日の人生」4年分が一冊に。

石田ゆり子さん推薦!

大島依提亜さんによるブックデザインも注目です!

今日の人生

バックナンバー