みんなの『みんなのミシマガジン』

第27回 百々大賞、賞状お渡し会!

2014.03.09更新

 2014年2月17日、代表・三島と仕掛け屋アライは、大阪・梅田にある紀伊國屋書店大阪本店に向かいました。
 とある人に、大事なものを渡すために......。

 ことのはじまりは、2013年の百々大賞でした。
 百々大賞って、なに......?
 と思われた方のために、少しご説明!

 百々大賞は、紀伊國屋書店梅田本店の仕入れをご担当されている、百々(どど)典孝さんが「今年いちばんおもしろかった本」を選ぶ賞です。
 百々さんは代表・三島の著作『計画と無計画のあいだ』にもご登場いただいている書店員さんで、お話しされる本すべてがおもしろく聞こえ、本屋さんに買いに走らずにいられなくなってしまうという魔法使いのようなお方なのです!

 この百々大賞はミシマ社で2012年から行っており、今年で3回目を迎えます。
 そして昨年末に開催した第2回百々大賞を受賞したのが、亜紀書房さんから発刊されている『英国一家、日本を食べる』です。
 フードライターである著者のマイケル・ブースさんがご家族で、北は北海道から南は沖縄まで、日本のたくさんのものを食べ歩いたブース一家の旅行記......なのですが、食文化や比較文化論、相撲にSMAPまで一冊でたくさんのことに興味の幅が広がるという至極の一冊です!
(詳しい様子はこちらをご覧ください)

 そしてどうやら、この『英国一家、日本を食べる』の著者マイケル・ブースさんが大阪にいらっしゃるらしい......。
 噂を聞きつけた我々ミシマ社一同は、ご本人に直接百々大賞受賞の賞状をお渡しすべく、紀伊國屋書店梅田本店に駆けつけたのでした。

 ドキドキしながら紀伊國屋書店さんにうかがうと、
 ハッ...... あの人当たりのよさそうな外国人のお方は......

 マイケル・ブースさんだーーー!

 亜紀書房のみなさんともご挨拶をして、さっそく店頭で授賞式を。
 ちょうどフジテレビさんがマイケル・ブースさんをおっかけていて、すぐ横には撮影のカメラが。どきどき。
 百々さんが賞状を読み上げ、お渡ししました。


 この賞状、よ〜〜〜〜く見ると、すこし線がぶれていたり、こっそりミシマくんが隠れていたり......そう、じつは賞状はすべて手作りなのです!エッヘン

 慣れない英語で「手書きです」とお伝えすると、ブースさんは「えええ!?」とびっくり。
 「ほんとに!?これ君が作ったの?すごいよ!(英語)」と、とっても喜んでくださり、ほっとしました。よかった〜。


 無事賞状のお渡しがおわり、マイケルさんにサインを書いていただいたり、お話したり......とっても楽しい時間でした。マイケルさん、亜紀書房のみなさん、そして百々さん、ありがとうございました!

 また、マイケル・ブースさんが大阪・心斎橋のスタンダードブックストアで行ったイベントの様子を、近日中にミシマガにて掲載予定です。こうご期待〜!


お便りはこちら

みんなのミシマガジンはサポーターの皆さんと運営しております。

ミシマ社 編

バックナンバー