今月の特集1

 9月17日、京都を拠点に活動する劇団・ヨーロッパ企画のはじめての本『ヨーロッパ企画の本 我々、こういうものです。』が発売になります。

 1998年旗揚げから18年。『サマータイムマシン・ブルース』『曲がれ!スプーン』などの作品が映画化されたことでご存知の方も多いかもしれません。

 でも、劇団といっても、劇をするだけではないのがヨーロッパ企画のすごいところ。本公演はもちろん、映画の脚本を書いたり、本屋をしたり、映像作品を作ったり、役者さんが映画監督をしたり、はたまた発明まで!? ひとことでは言い表せないのがヨーロッパ企画なのです。

 そんなヨーロッパ企画の魅力をぎゅっと詰め込んだ『ヨーロッパ企画の本』について、メンバーの皆さんにお話を伺いました。現在絶賛ツアー中の第35回公演「来てけつかるべき新世界」、京都公演を間近に控えた劇場控え室より、全3回でお届けします。

(聞き手・構成:新居未希)

ヨーロッパ企画に聞く、『ヨーロッパ企画の本』(2)

2016.09.15更新

ヒストリー本ではありません

石田過去の公演の何かがあったりはするの? 舞台写真が見れたり。
上田過去の公演のは、諏訪さんがピックアップして書いているのと、あと年表が最後にできたんですよね。

―― そうですね、挟み込みのものなんですけど。

上田最初は載せない予定だったんですけどね。入稿の2日前くらいに連絡がきまして。

―― (笑)。ほんとすみません、その節は......。

石田年表いいよね、年表すきだもんね。
土佐でも年表すきなん、年寄りだけみたいよ。
諏訪え?
土佐若者は「なう」なことに興味あるらしいよ。
石田ええっ、年表なんて、ずっと見てられるやん。
上田そうそう、最初は本自体をヒストリーものにしようかという話をしてたんですけど、西村さんと大歳がやや反対というか、年表とかはちょっと......みたいな。
西村過去を振り返るのってちょっと古臭いっていうか......。
石田ええっ。
土佐そんな、むっちゃ好きやのに!
永野歴史大好きやのに......。
諏訪劇団のとおった道のりとか、大好きやもんな。
本多この劇場でやってたんや、とかねぇ。
中川ええっ、ないの? そういうの全然ないの?
西村ないです、ないです。
石田もう一冊いるやん、もう一冊!
諏訪ヒストリー本作らなあかんやん。

―― あ、じゃあヒストリー本は20周年にということで。

石田はっ、ぜひそれは!


「ヒストリーは古い」と言われて、気持ちショボンとするメンバー。


知られざる暗黒期、解明

酒井でもヒストリーは、若者には人気ない......?
上田そう、でもそういう意見があって、わりと「そうか」ってなりましたよね。
諏訪え、僕居た? その会議。
上田いましたよ!
諏訪僕、同意してた?
西村してた。
諏訪ええー! 僕、全作品解説やろうやって言ってたくらいやのに!
西村でもやっぱり劇団のヒストリーとかは、馴染みのない人にはとっつきにくいっていうか。
石田あー、それはたしかにねえ。劇団のヒストリー本とかって、読む人一部ですもんね。

―― そう、ヨーロッパ企画は、本公演がおもろいのはもちろん、それ以外もいろんなことをしてる集団やで、っていう本にしたほうが、新しい読者の方にも手にとってもらえるな、と思うんです。

諏訪なるほどなあ、そうですねえ。
上田そういうことで、ヨコにきっていく側面の強いものになりましたね。でも、タテもありますよ。諏訪さんと永野さんと僕で、ヨーロッパ企画ができるまでの鼎談をやったりとか。
諏訪旗揚げ鼎談、やったね。
上田けっこう、ヨーロッパ企画の初期の頃の、今まであんまり言いたくなかった、ベールに包もうとしていたことたちが明かされてます。
諏訪暗黒期ね。卒業事件とか。
上田隠蔽していた過去が、ミシマ社さんによってあばかれていってしまったという。
永野なかでもミシマさんがね、もう、ものすごく聞きたそうだったよね。
本多勘づいてたってこと?
永野そうそう。
上田がさ入れみたいな感じで、言い淀んだところを......
土佐マルサが。
永野まだそんな、全部話す覚悟なかったもんね、僕ら。
上田ほわっとしゃべってたんですよ。「幻の第二回公演が......」「それは何ですか?」「いや、まあ......」とか、もやっと言ってたら。
諏訪どんどんね。
酒井そういうところにぐいっと(笑)。
上田大汗をかきましたからね。
土佐それも載ってんの?
上田そうそう。あれほど赤を入れた原稿はなかったですね。

―― オブラートに包もう包もうとされる努力の痕跡が赤字に見えました(笑)。

永野酒井くんだけ劇団に残されかけた事件も載ってるよ。
酒井ああ! 僕以外全員、同志社小劇場やめるっていったときですね。
永野事件だったからなあ。
上田そこが一番読み応えがあるかもしれないですね(笑)。



こちらは、諏訪さん・永野さん・上田さんによる鼎談中にふと撮影していた1カット。昔の写真を見ながらのお話しになりました。このテープレコーダーだけがすべてを聞いていたという...


寄稿もたっぷり!

上田森見登美彦さんが、僕らのことについて書き下ろしてくださったりもしてますよ。
永野森見さん、劇観に来てくださってること、これ読んで知ったよ。
上田え? ほんまですか? 毎回観てくれてますよ。

―― 今回も、新刊のご執筆でお忙しいなか素晴らしい原稿を書いてくださいまして。

石田そうそう、諏訪さんが読んで泣きそうになったわ~って言ってましたもんね。
諏訪ほんまに。
上田あとは「水曜どうでしょう」ディレクターの嬉野雅道さんと、本秀康さんですね。嬉野さんは、僕らの劇のアフタートークにもよく出てくださってますけど、まさにそのときに話してくださることとかを書いてくださって。
本多本さんのは、石田くんが主人公の漫画なんやろ?
諏訪そうそう、石田は実はむちゃくちゃイケメンなんやけど、ウケるために実は......っていう漫画。
本多なにそれ、めっちゃおもろそう(笑)。
石田ウケるためにっていうのがね、漫画のなかでもセリフで「ウケたわ~~」って言ってるんやけど、「ウケたわ~」とか言わないですよ!
上田いや、言いそう。
永野言いそう、言いそう。
土佐言う言う。
上田本さんから、石田くんが言いそうなことばを教えてほしいって言われて僕が送りましたから。「アンケートでも褒められてたわ」とか。
土佐じゃあわりと、ほんまの感じなんや(笑)。
石田いやー、恥ずかしかったけど、嬉しかったですね。


ヨーロッパ企画第35回公演「来てけつかるべき新世界」

作・演出  : 上田誠
出演    : 石田剛太 酒井善史 角田貴志 諏訪雅 土佐和成
        中川晴樹 永野宗典 西村直子 本多力
        /金丸慎太郎 藤井理子 福田転球
URL     : http://www.europe-kikaku.com/projects/e35/

東京公演 : 9月16日(金)〜 9月25日(日) 本多劇場
広島公演 : 9月29日(木) JMSアステールプラザ 中ホール
福岡公演 :10月 1日(土)・10月2日(日) 西鉄ホール
大阪公演 :10月 5日(水)~10月11日(火) ABCホール
四日市公演:10月15日(土) 四日市市文化会館 第2ホール
高知公演 :10月21日(金) 高知県立県民文化ホール グリーンホール
横浜公演 :10月27日(木)~10月30日(日) KAAT 神奈川芸術劇場 大スタジオ
名古屋公演:11月 2日(水) 名古屋市東文化小劇場



    

お便りはこちら

みんなのミシマガジンはサポーターの皆さんと運営しております。

ヨーロッパ企画

劇団であり、企画集団。旗揚げは1998年。一貫してコメディを上演し続けている。舞台のほかにも映像やイベント、その他活動は多岐にわたる。役者とスタッフがシームレスで、けっこう何でも作ってしまうのが特徴。

バックナンバー