今月の特集1


 2017年2月27日。
 京都を拠点に活動する劇団「ヨーロッパ企画」の第35回公演「来てけつかるべき新世界」が、第61回岸田國士戯曲賞を受賞したというニュースが飛び込んできました!

 「来てけつかるべき新世界」は、新世界のおっさんたちが迫り来る未来と格闘する新世界SFコメディ。
 ヨーロッパ企画の代表であり、この脚本を書いた上田誠さんは、いったいどのようにしてこの傑作を生んだのでしょうか。

 今回は上田さんがよく取材中に通ったという大阪・新世界にある串カツ屋「ぜにや」で、この場所でしが聞けなかった、受賞後初の独占インタビューを敢行!
 全2回でお届けします。

(聞き手:ミシマ社メンバー)

岸田國士戯曲賞受賞後初! 上田誠さん(ヨーロッパ企画)独占インタビュー(1)

2017.04.17更新

記号のスピード感

―― 「来てけつかるべき新世界」で、新世界を舞台にしたのはどういった経緯があったのですか?

上田「新世界」という記号には、スピード感があるんですよ。たとえば通天閣があって、串カツ屋におっちゃんがいて、そのおっちゃんたちを相手にしながら店を切り盛りする看板娘がいて、演歌歌手の歌姫はやっぱり苦労してて、飛田のお姉ちゃんに入れ込んでるおっちゃんがいて......。どれも一瞬で「あっ、新世界だな」ってわかる。説明はいらないですよね。

―― たしかにそうですね。

上田こういった大阪人情喜劇の記号がたくさんあるので、今回の場合は、そういった新世界の記号に、ドローンやAIといったテクノロジーの記号が掛けあわさったときにどうなるのか、というのを描きたかったんです。

―― おお!

上田たとえば「新世界」の「串カツ」という記号はあるあるやけど、それをロボットアームが揚げるというのはシュールレアリスムというか、異化効果が生まれる。そういう笑いを狙って作り始めたんですが、新世界に来たり調べているうちに、もう少し記号ではなく、生っぽい新世界の匂いも舞台に乗せたいなあ、と思いはじめ、じわじわとそっちへ寄せ始めました。

―― なるほど。新世界には何回くらいいらっしゃったんですか?

上田ヨーロッパ企画のメンバーでは2回、個人的には10回ぐらい来ましたね。リアリティを出すために、とにかく実地の匂いを体に取り込もう、みたいな気分で。

―― 10回も!

上田まあ、以前からちょこちょこ来ていたので(笑)。劇を作り始めたころ、ちょうど都築響一さんの『圏外編集者』(朝日出版社)を読んでいて、これからはロードサイドを行かないとな、と思っていたところなんです。つい総論を目指してしまうけど、各論にちゃんと身を寄せるというか。それに、僕が得意としてきた「伏線張ってそれを回収する」という作りも、そのうち人工知能のほうがうまくやるだろうなって。それって「最適化」っていう計算に近いことなので。

―― ふんふん。

上田だから、人間じゃないとできないことと言ったら、回り道するというか、路地を歩くことなんです。余計なこととか、ノイズを面白がって劇に忍び込ませたり。実際に「喫茶スター」とかで脚本書いていたんですけど、こういう固有名も劇の中に入れて見てみました。



おっちゃん=キャスト説!?

―― 実際に足を運ばないとわからないですよね。ミシマ社メンバーも、さっき急におっちゃんに話しかけられて「おっ、これぞ新世界だなあ」って感じたところです。

新世界を歩く、上田さんとミシマ社メンバー。



上田そうですか(笑)。面白いのは、ここのおっちゃんたちは、来る人を喜ばせるためにわざと「新世界のおっちゃん」を演じている側面もあるんですよね。しかもそれが、自然発生的にそうなっている。

―― 言われてみれば......。

上田いわばテーマパークのキャストのような役割ですよ。僕たちの期待を裏切らない。でもこれは、新世界に限ったことではなくて、京都の人たちも「京都人、京都人」と言われて、京都人らしく振舞っている側面もありますよね。

 被写体とカメラマンの共犯関係みたいなものです。アイドルだって、カメラ向けられないとあんな表情作らないでしょうし、新世界でも、訪れる人と、中にいる人が一種の共犯関係を作っている。

―― プロレスみたいな。

上田そうです。逆にそれに励まされてというか楽になって、劇自体もテーマパークでいいじゃないかと開き直って書けたんです。よそ者には見えてない新世界の本質ってなんだろう、とかってあんまり考えなくてよくなった(笑)。

通天閣に吊るされているポスター。なにわを守る合言葉とは、いったい何でしょう?(答えは明日掲載します!)


(つづきます)

 

お便りはこちら

みんなのミシマガジンはサポーターの皆さんと運営しております。

上田誠(うえだ・まこと)

1979年京都生まれ。1998年、大学入学とともに同志社小劇場に入団し、同年、劇団内ユニットとしてヨーロッパ企画を旗揚げ。ヨーロッパ企画の代表であり、すべての本公演の脚本・演出を担当。外部の舞台や、映画・ドラマの脚本、テレビやラジオの企画構成も手がける。2016年9月、ヨーロッパ企画のはじめての本『ヨーロッパ企画の本』がミシマ社より刊行。第35回公演「来てけつかるべき新世界」にて第61回岸田國士戯曲賞を受賞した。脚本を担当したアニメーション映画「夜は短し歩けよ乙女」(森見登美彦原作)が4/7〜全国公開中。

バックナンバー