今日のガッちゃん今日のガッちゃん

第130-133回

2019.02.24更新

え 平澤 一平/さく 益田 ミリ

え 平澤 一平/さく 益田 ミリ
(え ひらさわ・いっぺい/さく ますだ・みり)

平澤一平(ひらさわ・いっぺい)
1967年秋田市生まれ。イラストレーター。イラストレーション誌チョイス大賞にて大賞受賞。TIS公募大賞にて大賞受賞。絵を担当した絵本に『はやくはやくっていわないで』『だいじなだいじなぼくのはこ』『ネコリンピック』『わたしのじてんしゃ』(ミシマ社)『月火水木金銀土日銀曜日になにしよう?』(幻冬舎)『おはようぼくだよ』(岩崎書店)など。

益田ミリ(ますだ・みり)
1969年大阪生まれ。イラストレーター。主な著書に『今日の人生』『ほしいものはなんですか?』『みちこさん英語をやり直す』『そう書いてあった』(ミシマ社)『すーちゃん』シリーズ『美しいものを見に行くツアーひとり参加』(幻冬舎)『永遠のおでかけ』(毎日新聞出版)『こはる日記』(KADOKAWA)など。週刊文春、anan、朝日新聞などで連載中。

編集部からのお知らせ

『ネコリンピック』が朝日新聞で紹介!

ガッちゃんと同じく「作・益田ミリさん、絵・平澤一平さん」の絵本『ネコリンピック』が、朝日新聞で「イライラに効く絵本」として掲載されました。
2019年1月13日(日)の「きょうもキレイ」コーナーにて、 ニジノ絵本屋・いしいあやさんさんに紹介頂きました。

"がんばり屋さんほど、イライラするのでは。"
"「にゃ~」と声に出してみると、自然と肩の力が抜けて、良いですよ。"

(元の記事はこちら

0119_5.jpg
益田ミリ(作) / 平澤一平(絵)『ネコリンピック』(ミシマ社)

益田ミリさんの新刊『沢村さん家のそろそろごはんですヨ』発売中です!

sawamura_shoei.jpg

沢村さん家のそろそろごはんですヨ
益田ミリ(著)、文藝春秋、2018年11月21日発売
1,050円(税別)

平均年令60歳の沢村さん一家を描いた「週刊文春」で連載中の人気ホーム・コミック単行本第四弾。

『ちゃぶ台Vol.4』に益田ミリさんのエッセイが掲載されています

2018年10月19日(金)発売の『ちゃぶ台 Vol.4』には、益田ミリさんが「魔法のポケット」を寄稿くださっています。こちらもぜひ、お手にとってみてください。

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 胎児はめちゃくちゃおもしろい! ~増﨑英明先生と最相葉月さん、発刊後初対談(1)

    胎児はめちゃくちゃおもしろい! ~増﨑英明先生と最相葉月さん、発刊後初対談(1)

    ミシマガ編集部

    発売から1カ月半ほど経った『胎児のはなし』、「本当におもしろかった! 知らなかったことがたくさん!」という読者のみなさまの声をたくさんいただいています。そして新聞などメディアでの紹介が続き、おかげさまで3刷大増刷中です!

  • イスラムが効く!

    『イスラムが効く!』刊行直前 内藤正典先生インタビュー(1)

    ミシマガ編集部

    今週末2019年2月23日(土)に『イスラムが効く!』が発売となります。イスラム地域研究者の内藤正典先生と、イスラム法学者でありムスリムである中田考先生による対談本。『となりのイスラム』(内藤正典著)から2年半ぶりに、ミシマ社からは2冊目のイスラムに関する本が登場です。本を書き終えた内藤先生に、とくにこれは日本人に効く!という場面を詳しく教えていただきました。2日にわたってお届けします。

  • 町屋良平さんインタビュー 言語的凝縮を解き放つ(1)

    町屋良平さんインタビュー 言語的凝縮を解き放つ(1)

    ミシマガ編集部

    祝・第160回芥川賞受賞!! 昨年末に「本屋さんと私」に登場してくださった町屋良平さんが、このたび「1R(いちらうんど)1分34秒」にて芥川賞を受賞されました。こちらのインタビューでは、小説を書くという営みについても、丁寧にお話しいただいています。町屋さんの小説をこれから読む方も、すでに読んだ方も、ぜひどうぞ!

  • 『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(1)

    『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(1)

    ミシマガ編集部

    11月22日、『銀河鉄道の星』(宮沢賢治・原作、後藤正文・編、牡丹靖佳・絵)が発売となりました。発売を記念して、この本の著者であり、12月5日にはNEW ALBUM「ホームタウン」を発表したASIAN KUNG-FU GENERATIONのボーカル&ギターを担当する後藤正文さんと、装丁を手がけてくださった名久井直子さんの対談を2日間にわたり、お送りします。昨日掲載した「あとがき」からさらに踏み込んで、後藤さんがなぜ、宮沢賢治を新訳しようと思ったのか、そして子どものころから宮沢賢治の作品に触れてきた名久井さんは、今回何を感じられたのか? たっぷりとお届けします。

この記事のバックナンバー

02月24日
第130-133回 え 平澤 一平/さく 益田 ミリ
01月19日
第126-129回 え 平澤 一平/さく 益田 ミリ
12月17日
第122-125回 え 平澤 一平/さく 益田 ミリ
11月23日
第118-121回 え 平澤 一平/さく 益田 ミリ
10月24日
第114-117回 え 平澤 一平/さく 益田 ミリ
09月22日
第110-113回 え 平澤 一平/さく 益田 ミリ
08月20日
第106-109回 え 平澤 一平/さく 益田 ミリ
07月22日
第102-105回 え 平澤 一平/さく 益田 ミリ
06月21日
第98-101回 え 平澤 一平/さく 益田 ミリ
05月18日
第94-97回 え 平澤 一平/さく 益田 ミリ
04月17日
第90-93回 え 平澤 一平/さく 益田 ミリ
ページトップへ