一泊なのにこの荷物!

第25回

遊び

2022.04.01更新

 春休みになり、隣県に住む小5、小2の甥っ子久しぶりにわが家へやってきました。玄関先から「ま〜ちゃん(私のことです)こんにちは〜」と声が聞こえてきた途端、待ち構えていた息子(小4)はいそいそとテレビをモニター画面に切り替える。3くっついてソファに座りこんだかと思うと速攻ニンテンドーSwitchでマイクラを始めたのであります「やあやあ」も「久しぶり!」も「元気だった?」も「宿題出た?」も何もなし。しみじみ旧交を温めることをしないというところが小学生っぽいねまるで昨夜ゆうべも会っていたかのような乗りで「自動草刈り機が...」「天空トラップタワーは...」な話し声が聞こえてきます。

 マイクラことマインクラフトは説明する必要もない超人気ゲームですが、カクカクした動物や村人が動き回る世界でさまざまな資源を自力で採取し、それらを活用しながらありとあらゆるものを自分の手で作りだしていくという、画面上でやるブロック遊びのようなものやればやるほど創作意欲がわいて、どんどん熱中してしまう終わりなきゲームです。すっかりはまっている息子たちには張ったイルカも猫もウーパールーパーも可愛い姿に脳内変換できているようなのだけれど正直、私にはぱっと見何の生きものか判別がつきませんうろうろ動き回っては、おもむろにこちらに近づいてくる緑色のゾンビは四角くて不気味子どもは「こんなのどうってことないよ」と言うのですが、怖そうじゃないところが逆に気味悪く感じるんだけどなあカクカク世界に浸りすぎて、現実世界もカクカクして見えてきたんじゃないか。時々お寺やビルを見て「これ作れそうかも」と呟いていることさえあるのです。

 などと心配する私をよそに、彼ら互いに作った建造物や、自動でいろんな作業をする装置などをおのおの披露しては「これすごいな」「どうやって作ったん?」と感嘆し、作り方を伝授し合っているのでした歳が六つ離れた姉しかおらず、普段ひとりでゲームる息子は、同好の士であるイトコと合流するを心待ちにしていたので、念願叶って実に嬉しそう。声に張りがあって、楽しんでいるのが判るよかったね。

 さて遊びもいろいろありますが、私はどちらかというとアウトドア派で外が楽しいと思うタイプ。とりわけ冬が終わっていい陽気になってくるこの時期は家にいてもそわそわそわそわ、庭にしょっちゅう出ているのです

 雪柳がふわふわ揺れ、ブルーベリーも一斉に芽吹いて。最近始めたミニ菜園は先月蒔いた種からスミレカブと春菊がいっとう最初に、続いてニンジンがぽよぽよと芽を出しましたちっちゃい葉っぱのかわいらしいことよ! ビーツとベビーリーフは発芽待ち。そう言えば息子もマイクラでビーツを大量に栽培していたな...ネギ、パセリ、ディル、スナップエンドウは日に日に緑が濃くなってきて勢いを感じますセリ、クレソン、バジルはスーパーで買って食べた残りを植えたのですが、こちらも順調に茂ってきて、内心ほくほく。今後、今月後半には落花生を蒔く予定で、5月になったらミニトマトとキュウリも植えたいなあ。広さは畳二枚分くらいのこぢんまりしたスペースですが、あれこれ組み合わせを考えて栽培計画を立てるのが面白くてしょうがない。種類ごとの成長具合、収穫時期を見越し、日の当たり方も念頭に置いて、トリスをやるみたいに凸凹をはめ込んでみたのですさて結果は私の思ったようにいくのかどうか? 米のとぎ汁や雨水タンクの水を蒔き蒔き、日々様子が変わっていくのをわくわくしながら見守っています。半分実験のようなこの家庭菜園私がいま一番熱中している遊びと言っていいかもしれません

 お出かけするのが好きだ遊ぶ山、と書いて遊山ゆさんという言葉がありますが、これっていい響きですよね。朗らかでのんきで、何にも決めずにぶらぶらする感じ。京都は遊山には最適な街と言っていいでしょう

 今年最初のお花見は賀茂川でした。ぼちぼち代替わりの準備なのか、最近桜の若木が何本も土手に植えられていたのですが、それがあっという間にふわふわのピンクの花を咲かせたのです。シルバーグレイの細い幹に、ふわふわピンクは、なんとも可愛らしいそれから京都御苑の糸桜。小ぶりの花弁はほっそりして、先のとがっているのが特徴的。繊細ではかなげで、この街に似合うなといつも思う。

 京都府立植物園に行くのは二週間ぶりでしたがほんのわずかな間にすっかり様相が変わっていました。しまった、多くのものを見逃してしまったかも...とちょっと焦る。のピンクに木蓮の白、赤。ボケの淡いオレンジ。シャクナゲの白や赤、トサミズキの黄緑、アセビの白、ショカツサイの紫、菜花の黄、それに雪割草や水仙、ツバキにシクラメン、クリスマスローズにチューリップ...。それらが遠近で重なり合って、どこまでもどこまでも連なり広がっているのです。なんて美しいのだろう。なんて豊かなのだろう。伸び伸びと枝を伸ばす大樹の下に日陰を好む可愛らしい花々が一群れ二群れあり、それらをゆっくり見て回るのは宝探しをするようなわくわくがあります。

 子どもたちというと丸太と切り株がごろごろしているエリアが大のお気に入り。そこでは丸太の上を走り回っている子がたくさんいます。切り株によじ登る子、揺れる丸太の上に乗って楽しむ子、ジャンプして飛び降りる子、端と端から駆けてきてドン、ジャンケンポンをする子。子どもだけでなく飛び石のようにぴょんぴょこ渡り歩く大人もいる。初めはみんな恐る恐る、次第に勢いと度胸がついて、足取りが軽快になっていくのが見ていて面白い。とくに小さな子たちのバランス感覚と敏捷さには目を見張ります。あれができたらどれだけ体幹が鍛えられるか...なんかちっちゃな忍者みたいだなあ園内には数年前の台風の爪痕が今もねじ切れたような枝や、丸太、切り株といった形でところどころに残されていますが、どうやらこれらも大切な展示の一部のようです。年代問わず触れたり、腰掛けたり、転がしたり、登って遊ぶ人がたくさん大地に根を張っていたときには到底見られなかった箇所も、切り倒されたことによって間近に観察でき、また朽ちていくさまも見せてもらえてこれは貴重な展示物だなあと思うしかも人々が乗っかることは想定内よ、といった風に極太丸太が転がっているのが、大らかでいいんですよね

 希少植物も多く、生きものの宝庫であり、日々細やかに目を配り手をかけてこの環境を保ってくだる多くの方の存在があるからこそ、この植物園は唯一無二の魅力的な場所になっているのが通いつめている私にはわかりますここにいると遊ぶことと学ぶことが対義語ではないこともわかる。

 だからそう、北山エリア開発計画にこの植物園が含まれていると知ったときは仰天しました

 歴史的にも文化的にも価値のあるこの植物園に必要なのは開発ではなく、ここが貴重で大切で、後世に残していくべき京都の宝だということを共有するためPR活動でありみんなでここの素晴らしさを味わい、大事にしていこうね、いう応援の仕組みを作ることなのでは? と思ったのです。京都府はここで「賑わいを創出する」ことを念頭に置いているようなのですがこちらは国内のどこよりも多種類の植物を生育管理しているんですよ。創出しなくても植物で充分賑わっていますし、そもそも植物園にわさわさした賑わいなんて、要ります? 植物園は公園ではない。

 ミシマガジンにもミシマ社代表、三島邦弘さんの「はじめての住民運動 ケース京都・北山エリア整備計画」というコラム連載がありますが、府知事、府議会、京都府この開発をどんな風に進めようとしているのか、よくよく気をつけて見ていく必要があると私も思っています。ほんと、油断禁物。

 って、熱く語ってしまいましたが、遊びの話でしたね。

 おかんや妹、息子や甥っ子たちといつものように園内を探索、お弁当食べて丸太エリアでも十分に遊んで、休憩にはアイスも食べて。閉園時間ぎりぎりまで大満喫した私たちは、賀茂川をほてほて歩いて帰路につきました。

 お風呂で汗を流したあと、子どもたちはまたゲームの世界へ。たまに思い出したように麦茶を飲んだり、ぎりぎりまで耐えたのちトイレに走ったりするものの、あとはさっぱり動かない春休みの子ってのは、毎日200パーセント燃焼する勢いで遊ぶんだな。

 あまりにも熱中するため、ごはんだよの声も耳には入らないみたい。

 とうとう「もうおしまい!」「ハイ終わり!」とモニター前に仁王立ちする羽目に。彼らは引っこ抜かれたマンドラゴラのように、ぎょえー! がおー! と一斉に叫び声を上げたのでありました。

澤田康彦さんによる
「遊び」はこちら

本上 まなみ

本上 まなみ
(ほんじょう・まなみ)

1975年東京生まれ、大阪育ち。俳優・エッセイスト。長女の小学校進学を機に京都に移住。主な 出演作に映画『紙屋悦子の青春』『そらのレストラン』、テレビドラマ『パパがも一度恋をし た』、エッセイに「落としぶたと鍋つかみ」(朝日新聞出版)、「芽つきのどんぐり 〈ん〉もあ るしりとりエッセイ」(小学館)、「はじめての麦わら帽子」(新潮社)、絵本に「こわがりか ぴのはじめての旅。」(マガジンハウス)など。京都暮らしのお気に入りは、振り売りの野菜、 上賀茂神社での川遊び。

写真:浅井佳代子
公式サイト「ほんじょのうさぎ島」

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 『小さき者たちの』いよいよ発刊!!

    『小さき者たちの』いよいよ発刊!!

    ミシマガ編集部

    2017年刊の『うしろめたさの人類学』と2021年刊の『くらしのアナキズム』では、エチオピアでの長年のフィールドワークをもとに、私たちが前提としている考え方の枠組みを外して、日常の暮らしを通して社会を変えていく可能性について綴られた、松村圭一郎さん。『小さき者たちの』では、初めて、生まれ育った故郷である熊本をテーマに執筆されました。「はじめに」で、松村さんは本書での試みの意図を、下記のように綴られています。

  • 一冊の本ができるまで~新人全力レポート(1)

    一冊の本ができるまで~新人全力レポート(1)

    ミシマガ編集部

     こんにちは。ミシマ社新人のオオボリです。本日よりなんと月一連載を務めさせていただくことになりました! その名も「一冊の本ができるまで~新人全力レポート」。つたないながらも新人による全力レポート、楽しんでいただけたら嬉しいです! どうぞよろしくお願いします!

  • 『幸せに長生きするための今週のメニュー』刊行記念  ロビン・ロイドさん、中川学さんインタビュー

    『幸せに長生きするための今週のメニュー』刊行記念  ロビン・ロイドさん、中川学さんインタビュー

    ミシマガ編集部

    先日ちいさいミシマ社から発刊した『幸せに長生きするための今週のメニュー』。アメリカ出身の民族楽器奏者、詩人のロビン・ロイドさんと、京都のお寺の住職兼イラストレーターの中川学さんによる日英併記の詩画集です。  自然の移りかわりや、日常のささやかなよろこびを丁寧にすくい上げるロビンさんの詩と、中川さんの温かく想像力がかきたてられる鉛筆画がやさしく心に届き、折に触れて読み返したくなる一冊です。

  • 魚屋の息子

    魚屋の息子

    前田エマ

     家の近所に、同級生の家族が営んでいる魚屋がある。たまに買いに行くと、心地よい明るさのお母さんが「美容室で読んだ雑誌に、エマちゃん載ってたよ〜」と声をかけてくれる。バレーボールとかハンドボールの選手だったのかな、と思うような、快活でショートカットが似合う素敵な女性だ。私は「ありがとうございます。うれしい〜」と言って、刺身の盛り合わせをお願いしたり、南蛮漬けにするアジを捌いてもらったりして、あたたかい気持ちで家に帰る。住宅街に文字通りポツンと現れる個人商店で、駅からも遠いのに週末には長蛇の列ができる。この店の次男と私は、小中学校が同じだった。

この記事のバックナンバー

10月01日
第31回 テレビ 本上 まなみ
09月01日
第30回 旅に出る(北海道編) 本上 まなみ
08月01日
第29回 本作り 本上 まなみ
07月01日
第28回 部活 本上 まなみ
06月01日
第27回 ウソ 本上 まなみ
05月01日
第26回 ロケ 本上 まなみ
04月01日
第25回 遊び 本上 まなみ
03月01日
第24回 学校 本上 まなみ
02月01日
第23回 ねどこ 本上 まなみ
01月01日
第22回 窓 本上 まなみ
12月01日
第21回 寒っ 本上 まなみ
11月01日
第20回 秋景色 本上 まなみ
10月01日
第19回 旅の宿 本上 まなみ
09月01日
第18回 こわい 本上 まなみ
08月01日
第17回 お昼ごはん 本上 まなみ
07月01日
第16回 ペット 本上 まなみ
06月01日
第15回 ひま 本上 まなみ
05月01日
第14回 ちょっといい感じ 本上 まなみ
04月01日
第13回 もうだめだ 本上 まなみ
03月01日
第12回 ひとり暮らし 本上 まなみ
02月01日
第11回 車 本上 まなみ
01月01日
第10回 お酒 本上 まなみ
12月01日
第9回 すっきりしない 本上 まなみ
11月01日
第8回 魚釣り 本上 まなみ
10月01日
第7回 山 本上 まなみ
09月01日
第6回 海 本上 まなみ
08月01日
第5回 自転車 本上 まなみ
07月01日
第4回 毒虫 本上 まなみ
06月01日
第3回 運動 本上 まなみ
05月01日
第2回 あさごはん 本上 まなみ
04月01日
第1回 ごあいさつ 本上 まなみ
ページトップへ