一泊なのにこの荷物!

第26回

ロケ

2022.05.01更新

 6月に放送予定の旅番組の収録で、山形に行ってきました。うちのおかんの故郷でもある山形はこのエッセイで何度も触れていますが、今回旅したのは馴染みがある庄内ではなく内陸の方です。

 4月終わりの山形盆地の美しいことといったら! 本当に驚き感動しました。だってね、サクランボ、ラ・フランス、リンゴ、モモといった果樹やハナミズキに桜タンポポ菜の花チューリップ芝桜スズランなども一斉に咲いて、うふふアハハと春風に揺れているのです。

 新緑に染まる山々とその奥に聳えるまっしろの雪山、雪解け水がたっぷりと流れる河川。どちらを向いてもこんな感じで、全部が春。みちのくには春が一気にくるんだよ、とうちの母はよく言うのですが、これはちっとも嘘じゃなく、ほんとに雪が溶けた瞬間ぱっと春になるんだなということが木々や草花を見てわかりました。こちらまで笑っちゃうくらいに朗らかで、上機嫌の景色を眺めていると、桃源郷とはここのことじゃないかという気がしてきます。

 今回の撮影隊のひとり、20年以上も前『世界ふしぎ発見!』のロケでフランス・コルシカ島へ行って以来お世話になっているカメラマンのKさんも「まさに山笑う、だね」としみじみ。Kさんと私はコルシカ島の珍味(!)、ウジ虫チーズを体験した仲。ご一緒すると絶対に愉しい旅になるに決まってる、そんな風に思える面白い方で、高知で一緒に文旦を頬張って以来ほぼ1年ぶりとなったこの山形ロケもやっぱり愉しい3日間になりました。

 仕事柄「ロケ」が多い人生ですが、私はこのロケというものが大好き。この連載にもしばしば登場してくる(していただいている?)旅行好きの母親の影響か、自分の縄張りというか生活圏から離れて未知の世界へ飛びこむのを好む傾向があります。

 身体が頑丈でどこでも寝られ、何でも食べられるというのも得しているなと思うし、生活面で決まった習慣がないため、いつもと違う状況でもストレスを感じないというのも強みです。サハラ砂漠のどまんなかで4、5日シャワー浴びられませんとか、インドで1週間川で水浴びになりますといった状況も、なんだそれ面白そう! と思ってしまう。スタジオに毎日通って仕事しているのに4日もシャワーしていない、なんて出演者はきっと敬遠されますが、サハラならその状態でテレビに映ってもOKなのです。愉快愉快。

 ちなみに砂漠で寝泊まりすると毛髪が砂を吸着して羊毛フェルトのように固まることがわかり「へえ!」と思ったものでした。ごわごわ固まっているので頭にターバン巻くのも思ったよりも楽だった。私にしばしば発生する寝癖もバレないし、ターバンはありがたいものだ。情報はなんでも簡単に手に入る世の中とはいえ、体感してこそわかるってことはものすごくあるものです。それらをテレビや文章で伝えるのは難しくもやりがいがあります。それがみんなにとってためになる情報かどうかはまた別の話だけれど......。

 うちの娘は若干私に似たようで、珍しい体験をするのが好きなタイプかもしれません。小学5年生で徳島の「川の学校」という、川ガキ(河童?)養成キャンプに参加していたとき「寒いときはドラム缶風呂に入って温まったよ、川の水を沸かすからお風呂に小魚が浮いてた〜」と嬉しそうに報告してくれたっけ。「ヨシノボリのから揚げ、おいしいんだよ」とか。現場からの報告写真では娘が太ミミズをぶらさげて笑っているのを見つけたりと、予想以上にたくましい。逆に息子は初めての場所、初めての体験に緊張するタイプで、家族4人のなかでも一番保守的。慎重なところは「ぼくに似た」と夫は言う。彼にちょっとずつ新しい体験をさせるのが私や夫の楽しみで、そのようすを観察するというか見守るのが面白い。尻込みしたり、おずおずしていたのが、いきなりパッと目の色を変えて「コレ、ボク好き!」ってなる瞬間を見ると(よしよし)と思うのです。

 ロケでは色々な方にお世話になります。取材先のみなさんはもちろんのこと、テレビには映らないけれどロケバスのドライバーさんの役割はとても大きいものです。ぶるぶる震えるような細く険しい山道もすいすい、うわっ...と思うようなスペースで方向転換、などプロの技を駆使してくださるばかりか、撮影のサポート、お弁当のピックアップ、さくっと食べられるおいしいランチの店を紹介してくれたりと、いつも多方面に活躍してくれている。フレンドリーで気配りの上手な方が多いんですよね。

 今回は地元山形にあるタクシー会社のドライバー、Tさんにお世話になりました。物腰やわらか、丁寧でしかもしゅっとしてて紳士的な彼は眺めの良い、撮影におすすめの場所を次々案内しながら「この先のカーブを曲がると眺望が開けます」などと事前にお知らせくださるのに感動しました。

 空き時間に、Tさんに、うちの母が庄内出身であることを告げたら、「わあそうですか。庄内は本当にいいところです。この季節は孟宗汁もうそうじるっていう、タケノコのおつゆが私は大好きで...」「へえ、そうですかお母さんが」と何回も感心したように言ってくださるので、照れくさく嬉しかったです。

 またすぐにでも行きたいって思えるところだらけ、いいところたくさん見つけた紀行でした。美味しいものいっぱい、夏休みはみんなで行けたらいいなあ!

 行ったばかりのロケ報告ですが、語りたい体験はたっぷり。また追々お話を聞いてください。グアテマラの山賊話に怯えたエピソードとか。

澤田康彦さんによる
「ロケ」はこちら

本上 まなみ

本上 まなみ
(ほんじょう・まなみ)

1975年東京生まれ、大阪育ち。俳優・エッセイスト。長女の小学校進学を機に京都に移住。主な 出演作に映画『紙屋悦子の青春』『そらのレストラン』、テレビドラマ『パパがも一度恋をし た』、エッセイに「落としぶたと鍋つかみ」(朝日新聞出版)、「芽つきのどんぐり 〈ん〉もあ るしりとりエッセイ」(小学館)、「はじめての麦わら帽子」(新潮社)、絵本に「こわがりか ぴのはじめての旅。」(マガジンハウス)など。京都暮らしのお気に入りは、振り売りの野菜、 上賀茂神社での川遊び。

写真:浅井佳代子
公式サイト「ほんじょのうさぎ島」

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 『小さき者たちの』いよいよ発刊!!

    『小さき者たちの』いよいよ発刊!!

    ミシマガ編集部

    2017年刊の『うしろめたさの人類学』と2021年刊の『くらしのアナキズム』では、エチオピアでの長年のフィールドワークをもとに、私たちが前提としている考え方の枠組みを外して、日常の暮らしを通して社会を変えていく可能性について綴られた、松村圭一郎さん。『小さき者たちの』では、初めて、生まれ育った故郷である熊本をテーマに執筆されました。「はじめに」で、松村さんは本書での試みの意図を、下記のように綴られています。

  • 一冊の本ができるまで~新人全力レポート(1)

    一冊の本ができるまで~新人全力レポート(1)

    ミシマガ編集部

     こんにちは。ミシマ社新人のオオボリです。本日よりなんと月一連載を務めさせていただくことになりました! その名も「一冊の本ができるまで~新人全力レポート」。つたないながらも新人による全力レポート、楽しんでいただけたら嬉しいです! どうぞよろしくお願いします!

  • 『幸せに長生きするための今週のメニュー』刊行記念  ロビン・ロイドさん、中川学さんインタビュー

    『幸せに長生きするための今週のメニュー』刊行記念  ロビン・ロイドさん、中川学さんインタビュー

    ミシマガ編集部

    先日ちいさいミシマ社から発刊した『幸せに長生きするための今週のメニュー』。アメリカ出身の民族楽器奏者、詩人のロビン・ロイドさんと、京都のお寺の住職兼イラストレーターの中川学さんによる日英併記の詩画集です。  自然の移りかわりや、日常のささやかなよろこびを丁寧にすくい上げるロビンさんの詩と、中川さんの温かく想像力がかきたてられる鉛筆画がやさしく心に届き、折に触れて読み返したくなる一冊です。

  • 魚屋の息子

    魚屋の息子

    前田エマ

     家の近所に、同級生の家族が営んでいる魚屋がある。たまに買いに行くと、心地よい明るさのお母さんが「美容室で読んだ雑誌に、エマちゃん載ってたよ〜」と声をかけてくれる。バレーボールとかハンドボールの選手だったのかな、と思うような、快活でショートカットが似合う素敵な女性だ。私は「ありがとうございます。うれしい〜」と言って、刺身の盛り合わせをお願いしたり、南蛮漬けにするアジを捌いてもらったりして、あたたかい気持ちで家に帰る。住宅街に文字通りポツンと現れる個人商店で、駅からも遠いのに週末には長蛇の列ができる。この店の次男と私は、小中学校が同じだった。

この記事のバックナンバー

10月01日
第31回 テレビ 本上 まなみ
09月01日
第30回 旅に出る(北海道編) 本上 まなみ
08月01日
第29回 本作り 本上 まなみ
07月01日
第28回 部活 本上 まなみ
06月01日
第27回 ウソ 本上 まなみ
05月01日
第26回 ロケ 本上 まなみ
04月01日
第25回 遊び 本上 まなみ
03月01日
第24回 学校 本上 まなみ
02月01日
第23回 ねどこ 本上 まなみ
01月01日
第22回 窓 本上 まなみ
12月01日
第21回 寒っ 本上 まなみ
11月01日
第20回 秋景色 本上 まなみ
10月01日
第19回 旅の宿 本上 まなみ
09月01日
第18回 こわい 本上 まなみ
08月01日
第17回 お昼ごはん 本上 まなみ
07月01日
第16回 ペット 本上 まなみ
06月01日
第15回 ひま 本上 まなみ
05月01日
第14回 ちょっといい感じ 本上 まなみ
04月01日
第13回 もうだめだ 本上 まなみ
03月01日
第12回 ひとり暮らし 本上 まなみ
02月01日
第11回 車 本上 まなみ
01月01日
第10回 お酒 本上 まなみ
12月01日
第9回 すっきりしない 本上 まなみ
11月01日
第8回 魚釣り 本上 まなみ
10月01日
第7回 山 本上 まなみ
09月01日
第6回 海 本上 まなみ
08月01日
第5回 自転車 本上 まなみ
07月01日
第4回 毒虫 本上 まなみ
06月01日
第3回 運動 本上 まなみ
05月01日
第2回 あさごはん 本上 まなみ
04月01日
第1回 ごあいさつ 本上 まなみ
ページトップへ