今日の人生今日の人生

第68回

2018.11.01更新

益田 ミリ

益田 ミリ
(ますだ・みり)

1969年大阪府生まれ。イラストレーター。 主な著書に、『しあわせしりとり』『今日の人生』『ほしいものはなんですか?』『みちこさん英語をやりなおす』『そう書いてあった』(以上、ミシマ社)、『すーちゃん』シリーズ(幻冬舎)、『沢村さん家』シリーズ(文藝春秋)、『僕の姉ちゃん』シリーズ(マガジンハウス)、『マリコ、うまくいくよ』(新潮社)、『こはる日記』(KADOKAWA)、『永遠のおでかけ』(毎日新聞出版)など。絵本に、『はやくはやくっていわないで』(第58 回産経児童出版文化賞受賞)『だいじなだいじなぼくのはこ』『ネコリンピック』『わたしのじてんしゃ』(以上、平澤一平・絵、ミシマ社)などがある。

編集部からのお知らせ

icon.jpg

益田ミリ 大人気コミック「今日の人生」コラボカフェ フィンランド編開催!!

大阪・スタンダードブックストアあべのにて「益田ミリ「今日の人生」コラボカフェ フィンランド編」を開催します。

各地で好評を博した「今日の人生」コラボカフェ。今回は、益田ミリさんがこの夏旅してきた「フィンランド」編です。現地で益田さんが撮り下ろした写真に手書きのコメントを記したパネル展や、「今日の人生」感漂う特別メニューもご用意しています。

■会期:2018年10月24日(水)から12月2日(日)まで
■会場:スタンダードブックストアあべの
〒545-0052 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1丁目2−30 Hoop6階

詳しくはこちら

korabocafe.jpg

益田ミリさんの新刊『一度だけ』発売中です!

ichidodake_shoei.jpg

『一度だけ』
益田ミリ(著)、幻冬舎、2018年8月23日発売
1,400円(税別)

一年に一度でいい。熱く、熱い、夜が欲しい。 30代姉妹で二人暮らしを続ける派遣社員ひな子と介護ヘルパー弥生、彼女らの母親・淑江とその妹・清子、二組の姉妹の物語。夫が遺した財産で自由きままに暮らす清子はひな子を誘い、往復ビジネスクラスの一人180万円かかるブラジル旅行に出かけた。日本に残された弥生はひな子が不在の間、「毎日新しいことをするルール」を自分に課すのだが……。一年に一度、ステージ上の誰もが光り輝くリオカーニバルの煌めく美しさと、一見平凡に見える日常が時折放つ輝きの強さを丁寧に描く九年ぶり、二作目の長編小説。

『ちゃぶ台Vol.4』に益田ミリさんのエッセイが掲載されています

2018年10月19日(金)発売の『ちゃぶ台 Vol.4』には、益田ミリさんが「魔法のポケット」を寄稿くださっています。ぜひお手にとってみてください。

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 谷川俊太郎さんインタビュー 京都と本と音楽のはなし(1)

    谷川俊太郎さんインタビュー 京都と本と音楽のはなし(1)

    ミシマガ編集部

    2019年の暮れ。ミシマ社の企画会議にて「ミシマ社メンバーが本気で会いたいと思う人に取材する企画」を2020年にスタートすることが決まりました。メンバーが全力で依頼書を書き、全力で取材準備し、全力でまとめる。改めて家の本棚を見返すと、一番たくさんあったのは谷川俊太郎さんの本でした。思えば、幼稚園のころから「ことばあそびうた」を口ずさみ、小学校の教科書で詩を読み、中学の合唱コンクールで歌い、高校・大学時代ででエッセイや対談本を読み、歌い、そして社会人になって改めて詩にふれ、と気づけばいつも近くに谷川俊太郎さんがいました。そんなタブチが谷川さんへインタビューを敢行。京都の思い出、本と本屋のはなし、そして音楽のはなしを、本日と明日にわたりお届けいたします。

  • 感じる坊さん。感じる坊さん。

    【特別編】意外と実践的で、言葉にできない生活の本。 ―『坊さん、ぼーっとする。』を書き終えて

    白川 密成

    「この本はどんな本なんですか?」と訊かれたとしたら、様々な答えがあると思います。例えば、僕が妻や5歳、7歳という小さな娘たちとのお寺での日々の中で、なにを感じ、どのように仏教や弘法大師の言葉と向き合ったか、という本です。

  • 聴し合う神々

    聴し合う神々

    森田 真生

    「たんぽぽさんおはよー!」「カモさん待って待ってー!」と、我が家の三歳児は、人間と同じように、人間でないものたちにも話しかけていく。子どもにとって、言葉を交わし合うことのできる相手は、人間だけではないのだ。

  • 2.22(ニャーニャーニャー)「猫の日」特別企画!  猫を愛してやまない3人におすすめの猫本を教えていただきました

    2.22(ニャーニャーニャー)「猫の日」特別企画! 猫を愛してやまない3人におすすめの猫本を教えていただきました

    ミシマガ編集部

    みなさま、本日は2月22日です。今日が何の日か、もちろんご存知ですよね・・・? そうです、「猫の日」です! 222という並びを見せられると、「ニャーニャーニャー」とかわいく鳴く猫の姿が、目の前に浮かんで離れませんよね。

この記事のバックナンバー

02月03日
第83回 益田 ミリ
01月06日
第82回 益田 ミリ
12月05日
第81回 益田 ミリ
11月02日
第80回 益田 ミリ
10月02日
第79回 益田 ミリ
09月01日
第78回 益田 ミリ
08月01日
第77回 益田 ミリ
07月02日
第76回 益田 ミリ
06月01日
第75回 益田 ミリ
05月01日
第74回 益田 ミリ
04月02日
第73回 益田 ミリ
03月01日
第72回 益田 ミリ
02月01日
第71回 益田 ミリ
01月02日
第70回 益田 ミリ
12月03日
第69回 益田 ミリ
11月01日
第68回 益田 ミリ
10月02日
第67回 益田 ミリ
09月03日
第66回 益田 ミリ
08月02日
第65回 益田 ミリ
07月02日
第64回 益田 ミリ
06月01日
第63回 益田 ミリ
05月02日
第62回 益田 ミリ
04月02日
第61回 益田 ミリ
ページトップへ