今日の人生

第118回

2023.01.02更新

益田 ミリ

益田 ミリ
(ますだ・みり)

1969年大阪府生まれ。イラストレーター。 主な著書に、『ほしいものはなんですか?』『みちこさん英語をやりなおす』『そう書いてあった』『今日の人生』『今日の人生2 世界がどんなに変わっても』『しあわせしりとり』(以上、ミシマ社)、『すーちゃん』シリーズ(幻冬舎)、『マリコ、うまくいくよ』(新潮社)、『こはる日記』(KADOKAWA)、『永遠のおでかけ』(毎日新聞出版)、『アンナの土星』(角川文庫)、『僕の姉ちゃん』シリーズ、『スナック キズツキ』『ミウラさんの友達』(マガジンハウス)、『沢村さん家のこんな毎日』『沢村さん家のたのしいおしゃべり』(文藝春秋)、『小さいわたし』(ポプラ社)。共著に、絵本『はやくはやくっていわなぼくのはこ』『ネコリンピック』『わたしのじてんしゃ』、2コマ漫画『今日のガッちゃん』(以上、平澤一平・絵、ミシマ社)などがある。2022年11月にミシマ社より『東京あたふた族』発刊。

編集部からのお知らせ

【~1/18 大阪】東京あたふた族 エッセイのことば展@「本」のお店スタントン

275f0f0e8e54bb09714b8c9aa55fb67b.jpg

益田ミリさん最新刊『東京あたふた族』の刊行を記念して、益田ミリさんの「ことば」に焦点を当てた特別展を開催しています。
会場には、描き下ろしイラストもたっぷりと展示されます! 「益田ミリの世界」を、じっくりとお楽しみください。

展示詳細

<会期>
2023年1月18日(水)まで
11:00~19:00/火曜、第1・第3月曜休

<会場>
「本」のお店スタントン
〒546-0043 大阪府大阪市東住吉区駒川5丁目14−13 1F
近鉄針中野駅から徒歩1分

★☆★会場限定特典★☆★
ミシマ社より刊行の益田ミリさん著作ご購入のみなさまに、
カバーイラストをあしらったオリジナル缶バッジをプレゼント!
(※数量限定につきなくなり次第終了)

本展示の様子を、ミシマガでレポートしました! ぜひこちらもご覧ください*

益田ミリさんの作品を、いろいろな角度からじっくり味わえるまたとない機会。ぜひ、お立ち寄りください。

【~1/31 池袋】益田ミリ『東京あたふた族』(ミシマ社)×三省堂書店 池袋本店×e.a.gran西武池袋店 コラボカフェ

16908abdb0cce8765fab28e9c4623f01-scaled.jpg
三省堂書店 池袋本店さん、e.a.gran西武池袋店さんとコラボフェア&コラボカフェを開催中です!それぞれ『東京あたふた族』にちなんだオリジナルのメニューや特典をご用意しました。

<会期>
2023年1月31日(火)まで

<店舗情報>

◎三省堂書店 池袋本店
〒171-0022 東京都豊島区南池袋1-28-1
西武池袋本店 別館・書籍館
TEL:03-6864-8900

◎イー・エー・グラン 西武池袋店
〒171-8569 東京都豊島区南池袋1-28-1
西武池袋本店 別館地下1階
TEL:03-6812-1650

詳しくはこちら

『今日のガッちゃん』原画帯バージョン販売中です!

原画帯2.jpggengaobi2.jpg

 益田ミリさん(作)と平澤一平さん(絵)が「猫のガッちゃんから見た世界」を描く2コマ漫画『今日のガッちゃん』。「おかしくて、温かくて、ときどき切ない」世界観に魅了された、というお声をたくさんいただいています。
 このたび、益田ミリさんと平澤一平さんが、直筆イラスト、サインが入った「原画帯」をご用意くださいました!
 限定数部のみの販売です。またとない貴重な原画帯、ぜひお近くの方はお店へ足をお運びくださいませ。

<『今日のガッちゃん』原画帯展開中店舗(1/2現在)>
・ジュンク堂書店 郡山店(福島)
・ブックマルシェ津田沼店(千葉)
・有隣堂 横浜駅西口店(神奈川)
・うつのみや 金沢香林坊店(石川)
・ジュンク堂書店 姫路店(兵庫)
・未来屋書店 宮崎店(宮崎)
※数に限りがございます。在庫状況などは、直接店舗にご確認くださいませ。

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 『小さき者たちの』いよいよ発刊!!

    『小さき者たちの』いよいよ発刊!!

    ミシマガ編集部

    2017年刊の『うしろめたさの人類学』と2021年刊の『くらしのアナキズム』では、エチオピアでの長年のフィールドワークをもとに、私たちが前提としている考え方の枠組みを外して、日常の暮らしを通して社会を変えていく可能性について綴られた、松村圭一郎さん。『小さき者たちの』では、初めて、生まれ育った故郷である熊本をテーマに執筆されました。「はじめに」で、松村さんは本書での試みの意図を、下記のように綴られています。

  • 一冊の本ができるまで~新人全力レポート(1)

    一冊の本ができるまで~新人全力レポート(1)

    ミシマガ編集部

     こんにちは。ミシマ社新人のオオボリです。本日よりなんと月一連載を務めさせていただくことになりました! その名も「一冊の本ができるまで~新人全力レポート」。つたないながらも新人による全力レポート、楽しんでいただけたら嬉しいです! どうぞよろしくお願いします!

  • 『幸せに長生きするための今週のメニュー』刊行記念  ロビン・ロイドさん、中川学さんインタビュー

    『幸せに長生きするための今週のメニュー』刊行記念  ロビン・ロイドさん、中川学さんインタビュー

    ミシマガ編集部

    先日ちいさいミシマ社から発刊した『幸せに長生きするための今週のメニュー』。アメリカ出身の民族楽器奏者、詩人のロビン・ロイドさんと、京都のお寺の住職兼イラストレーターの中川学さんによる日英併記の詩画集です。  自然の移りかわりや、日常のささやかなよろこびを丁寧にすくい上げるロビンさんの詩と、中川さんの温かく想像力がかきたてられる鉛筆画がやさしく心に届き、折に触れて読み返したくなる一冊です。

  • 魚屋の息子

    魚屋の息子

    前田エマ

     家の近所に、同級生の家族が営んでいる魚屋がある。たまに買いに行くと、心地よい明るさのお母さんが「美容室で読んだ雑誌に、エマちゃん載ってたよ〜」と声をかけてくれる。バレーボールとかハンドボールの選手だったのかな、と思うような、快活でショートカットが似合う素敵な女性だ。私は「ありがとうございます。うれしい〜」と言って、刺身の盛り合わせをお願いしたり、南蛮漬けにするアジを捌いてもらったりして、あたたかい気持ちで家に帰る。住宅街に文字通りポツンと現れる個人商店で、駅からも遠いのに週末には長蛇の列ができる。この店の次男と私は、小中学校が同じだった。

この記事のバックナンバー

01月02日
第118回 益田 ミリ
12月02日
第117回 益田 ミリ
11月02日
第116回 益田 ミリ
10月02日
第115回 益田 ミリ
09月02日
第114回 益田 ミリ
08月02日
第113回 益田 ミリ
07月02日
第112回 益田 ミリ
06月02日
第111回 益田 ミリ
05月02日
第110回 益田 ミリ
04月02日
第109回 益田 ミリ
03月02日
第108回 益田 ミリ
02月02日
第107回 益田 ミリ
01月02日
第106回 益田 ミリ
12月02日
第105回 益田 ミリ
11月02日
第104回 益田 ミリ
10月02日
第103回 益田 ミリ
09月02日
第102回 益田 ミリ
08月02日
第101回 益田 ミリ
07月02日
第100回 益田 ミリ
06月02日
第99回 益田 ミリ
05月02日
第98回 益田 ミリ
04月02日
第97回 益田 ミリ
03月02日
第96回 益田 ミリ
02月02日
第95回 益田 ミリ
01月02日
第94回 益田 ミリ
12月02日
第93回 益田 ミリ
11月02日
第92回 益田 ミリ
10月02日
第91回 益田 ミリ
09月02日
第90回 益田 ミリ
08月02日
第89回 益田 ミリ
ページトップへ