スポーツのこれから

第12回

アスリートの<無邪気さ>

2022.03.24更新

 前回、「他者からの目」と格闘しながら無邪気さを守る契機が「するスポーツ」だと書いた。おとなになるにつれて失われてしまう無邪気さは、「するスポーツ」を通じて守ることができる。運動への衝動そのままに楽しくからだを動かす時間は、かつての無邪気さを思い出させてくれる。しかも子供時代の剥き出しなそれではなく、アップデートするかたちで無邪気さは再構成される。

 いま一度、確認しておくと、<無邪気さ>とは「なにかを成し遂げるための原動力」であり、「あらゆる能力の開花を下支えするエンジンのようなもの」である。平たくいえば「裸の王様」に面と向かって「裸だよ」といえる力だ。この<無邪気さ>は、「他者からの目」を振り払った先にかろうじて立ち上がるものであり、「するスポーツ」はそれを体認し、養う契機になりうるのではないか。

 そう提言したわけである。

 ところで、よくよく考えるとアスリートもまた「するスポーツ」の担い手である。

 <無邪気さ>が「なにかを成し遂げるための原動力」、あるいは「あらゆる能力の開花を下支えするエンジンのようなもの」だとすれば、ハイパフォーマンスを追求するアスリートにとってもこれは欠かせない。観客による声援や野次、ポジションを争うライバルからの視線、指導者によるゆきすぎた指導や親などの支援者から向けられる期待など、「他者からの目」に惑わされないタフさが求められる点では同じだ。

 むろん愛好者のそれとはいささか内実が異なるのは言うまでもない。競技の優劣をほとんど気にせずともよい愛好者と、ハイパフォーマンスを目的とするアスリートのそれとは、やはり違う。

 どこが違うのか。今回はそれを書きたい。

 すでに述べた通り、愛好者の<無邪気さ>とは、「他者からの目」を振り解いた先にたどり着くものとしてある。いわば「気にしない」ように努めるうちに「気にならなくなった」状態だ。ひたすら打ち消し続けるなかでいつのまにかそれをやりすごせるようになるわけだ。不断の努力によって、また滑稽さや失敗をガハハと笑い飛ばす周囲の人たちが醸す和やかな雰囲気が後押しすることによって。

 この意味ではアスリートもまたそうである。声援や野次など直接的なものから期待や落胆など間接的なものまで、パフォーマンスを阻害する「他者からの目」にめげることなく、それらをまるで無きもののようにできる。だからたくさんの観客や支援者からの期待、および対戦相手を応援するサイドからの敵視が渦巻く舞台でも、ものの見事にパフォーマンスを発揮できる。

「他者からの目」を振り解くことができる。この点では同じである。

 だが、アスリートは単に振り解くだけにはとどまらない。プレッシャーがかかる舞台であってもその実力をいかんなく発揮するアスリートは、パフォーマンスを高めるために「他者からの目」を積極的に利用する。からだにまとわりつき、その自由を奪うはずの重圧を、逆に推進力へと変換する。

 まるで大海を泳ぐマグロのように、である。

 マグロは、時にものすごい速度で泳ぐ。クロマグロに至っては最大で時速80kmにもおよぶという。この驚くべき泳法の秘密を解明して、潜水艦や船の設計に活かそうというプロジェクトが1995年にマサチューセッツ工科大学で立ち上がった。

 そのプロセスで興味深い仮説が浮かび上がった。それは、自らの尾ひれで周囲に大小の渦や水圧の勾配を作り出し、その水の流れの変化を活かして推進力を得ているのではないかというものだ。素早く泳ぐうえで障壁となるはずの海水に働きかけ、それを運動のためのリソースとして利用している。つまり、自らが泳ぎやすくなる「流れるプール」を作り出しているのではないかというのである。

 この仮説によれば、マグロにとって海水とはもはや障害物ではなく、むしろそれがなければ素早く泳げない、なくてはならないものである。

 このマグロにとっての海水が、アスリートにとっての「他者からの目」である。

 昨年の東京五輪は新型コロナウイルスの感染拡大を受けて無観客開催となった。声援や野次がなく、応援や敵視がないなかでの試合に、少なくないアスリートが違和感を吐露していたが、これはハイパフォーマンスのためのリソースが一部失われたことへの戸惑いだったのだと思う。いつもあるはずのものがないことでその存在のかけがえのなさに気がついたのではないか。観客の声援に応え、敵視を見返すことは、モチベーションの問題であることに異論はないにしても、それ以上に「他者からの目」がパフォーマンスに直接的に影響を及ぼす重要な要因だったことに多くのアスリートが勘づいたのだと思われる。

 つまり観客の視線に晒されながらパフォーマンスを発揮してきたアスリートたちは、知らず知らずのうちに「他者からの目」を利用する術を身につけていたのである。

 どんな舞台でも物怖じしないアスリートのその様は、メディアなどではしばしば「逆境をはねのける強靭さ」などと形容したりする。力強さやたくましさでつい語りがちなのだが、アスリート自身の胸の内は実のところもっと柔和であると私は思っている。勇ましく真っ向から対峙してはねのけるというよりは、身を委ねつつもそれに流されはしないという揺らぎを含む、やわらかな心持ちだろうと。
 というのも、アスリートにとっての「他者からの目」のほとんどを占める「周囲の期待」に、しかるべく応えるというのは、そう容易ではないからである。

 期待をかけられることはうれしい。意気に感じてやりがいも生まれる。だが期待は、それに応えられなかったときにはいともかんたんに落胆へと裏返る。ともすれば批難されることだってある。持ち上げられればそこからいつか落とされるのではないか。こうした不安が潜在的に芽生えるものだ。

 ただ、だからといって期待に応えることばかりにとらわれてもいけない。期待という他者の欲望に準えすぎると、自らを見失ってアイデンティティが揺さぶられ、場合によっては崩壊しかねないからだ。試合前後のコメントなどでアスリートが口にする「いつも通りの」「自分らしい」といったことばは、「他者からの目」に飲み込まれないための抵抗を指し示しているものと思われる。

 つまり期待には、その扱い方次第では心身を蝕む暴力性が潜んでいる。

 だから期待は、まともに受け取らずただ揺るがせにしておく方がいい。がっぷり四つに組むような強靭さでは、とてもじゃないが受け止めきれない。ありがたく頂戴しつつ、その裏では「知らんがな」と悪態をつくくらいが、おそらくちょうどいい。ともすれば障壁ともなりうる期待は、しなりのある身構えによってようやく自らを後押しする推進力へと変換できるようになる。

 そして、このしなりのある身構えをとるために大切なのが<無邪気さ>である。期待にさらりと乗せられる、まるでお調子者のようでいながらも、いやなものはいや、ダメなものはダメだとはねのけてみせる。一見すれば、不快から逃れようとする子供のわがままのようなこの<無邪気さ>が、しなりのある身構えをつくる。マグロが海に働きかけて大小の渦や水圧の勾配を作りだすように、アスリートは<無邪気さ>を発揮することによって自らを後押しする時空を作るのである。

 「他者からの目」に取り囲まれながら、それに押し流されず逆に利用するために、アスリートは<無邪気さ>を手放してはならない。この<無邪気さ>こそが、アスリートのハイパフォーマンスを根っこのところで支えていると私は思う。


参考文献

森田真生 『数学する身体』 新潮社

平尾 剛

平尾 剛
(ひらお つよし)

1975年大阪府出身。神戸親和女子大学発達教育学部ジュニアスポーツ教育学科教授。同志社大学、三菱自動車工業京都、神戸製鋼コベルコスティーラーズに所属し、1999年第4回ラグビーW杯日本代表に選出。2007年に現役を引退。度重なる怪我がきっかけとなって研究を始める。専門はスポーツ教育学、身体論。著書に『近くて遠いこの身体』『脱・筋トレ思考』(ミシマ社)、『ぼくらの身体修行論』(内田樹氏との共著、朝日文庫)、監修に『たのしいうんどう』(朝日新聞出版)がある。

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 『中学生から知りたいウクライナのこと』まえがきを公開します

    『中学生から知りたいウクライナのこと』まえがきを公開します

    ミシマガ編集部

    本日のミシマガでは、藤原さんによる本書の「まえがき」を公開します。なぜ、ウクライナを「中学生から知る」ことが大切なのか。戦争が起こったときに、歴史学を通じて考えられることは何か。私たちはいかに義務教育で習ってきた狭い歴史観(世界の見方)を崩し、もっと複雑で豊かな、生きた人びとの経験について想像することができるのか。いま起こっていることに自分なりに向き合いつづけたいと思っておられるすべての方に、ぜひお読みいただきたいと願っています。

  • 特別鼎談「共有地としての一冊!取引所」(前編)

    特別鼎談「共有地としての一冊!取引所」(前編)

    竹本吉輝・近藤淳也・三島邦弘

    本日と明日は、読者・書店・出版社を風通し良くつないでいくための、いわば出版界の「共有地」づくりに取り組む3人による鼎談をお届けします。

  • まずは自己紹介であります。

    まずは自己紹介であります。

    仲野 徹

    みなさん、こんにちは。仲野徹です。と言ってもご存じない方がほとんどでしょう。4月までは、大阪大学医学部の仲野です、と言うてたんですが、定年になったんで、肩書きがなくなりました。公式の職業(?)は「隠居」なんですけど、そんなこというても、どんな人かわかりませんわな。

  • 『教えて!タリバンのこと』刊行特集 教えてください! イスラム圏、ウクライナ、これからの世界の見かた(前編)

    『教えて!タリバンのこと』刊行特集 教えてください! イスラム圏、ウクライナ、これからの世界の見かた(前編)

    ミシマガ編集部

    『教えて!タリバンのこと』発刊を記念して、内藤先生の特別インタビューを掲載します。本書は、「世界を別の角度から見ること」や「土台の異なる他者との対話」の大切さを訴える一冊です。  アフガニスタンの米軍撤退と、ロシアのウクライナ侵攻はつながっている? ロシアにも米国にも侵攻された経験をもつ人びとは、今起きている戦争と国際社会をどう見ている? 今まさに、ひとりでも多くの方に読んでいただきたい言葉をお届けします。

ページトップへ