ミシマガラジオ

こちらパルノン放送局(ミシマガラジオ)

2020.05.29更新

parunon_housoukyoku.png

番組紹介:
「パルノン」こと『パルプ・ノンフィクション ~出版社つぶれるかもしれない日記』について、著者でありミシマ社代表の三島邦弘が語るあれこれ。


<第8回 こちらパルノン放送局 TBSラジオACTIONの副音声編>
5/28のラジオ出演の出演の裏側を、副音声的にお送りします。なぜか印刷所から。


<第7回 こちらパルノン放送局 オンライン新人歓迎会withサポーターさんなど>
ガッっちゃん絵描き歌を歌ってみたり、初のオンライン新人歓迎会をしてみたり、今週もミシマ社はにぎやかにしています。
ゲスト:中村明珍さん、ミシマ社一同(歌:タブチ、新人:ヤマダなど )


<第6回 こちらパルノン放送局 初めてのオンラインイベントのこと >
ミシマ社初のオンラインイベント「一冊!宣言~本屋と出版社と、読者の「これから」を考える」を終えて、オンラインイベントの面白さ、この状況での出版業界の未来が見えてきました。


<第5回 こちらパルノン放送局 ~ゲスト:ライツ社 大塚さん、高野さん~>
昨日に引き続き、ゲストはライツ社のお二人。対面での著者との打ち合わせも、書店営業も難しいこの状況でどう動いてる? ミシマ社が取り組む新システムや、これからの出版業界の話も!


<第4回 こちらパルノン放送局 ~ゲスト:ライツ社 大塚さん、高野さん~>
ライツ社の代表である、大塚さんと高野さんをゲストにお招きしました。ライツ社はどうして代表が2人? イチ推しの一冊は? などなど、気になるライツ社のことを、根掘り葉掘り訊いていきます。


<第3回 こちらパルノン放送局 ~SPBSイベントをちょっとだけ公開~>
3月19日にSPBSさんで開催されたイベントの様子をちょっとだけ公開します。ミシマによる反省の(?)コメントも新たに録音しましたので、イベントに参加された方も楽しんで頂けます。


<第2回 こちらパルノン放送局 ~ゲスト:担当編集町田さん~>
ミシマと、パルノンの担当編集である河出書房新社の町田さんの対談です。パルノンの裏話や、編集者の本と作るということの難しさ、そして「マグマ事件」など。


<第1回 こちらパルノン放送局 ~テイラースウィフトと菅原文太~>
パルノン』の発売を3/18に控えたミシマ社代表・三島邦弘が、パルノンのことは置いといてNetflixで面白かった番組について語ります。


ミシマガ編集部

ミシマガ編集部
(みしまがへんしゅうぶ)

ミシマ社が配信するほがらかなラジオです。

編集部からのお知らせ

『パルプ・ノンフィクション 〜出版社つぶれるかもしれない日記』

『パルプ・ノンフィクション 〜出版社つぶれるかもしれない日記』
3月18日(水)、河出書房新社から刊行! 三島の約6年ぶりとなる単著です。ご期待ください!

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 「謎の症状」募集しています! ~「健康番長若林理砂先生のバッチコイ!」傑作編

    「謎の症状」募集しています! ~「健康番長若林理砂先生のバッチコイ!」傑作編

    ミシマガ編集部

    考えてみると、原因がよくわからず、人に言うほどでもなく、病院にかかるほどでもない、謎の症状って、けっこうありませんか?  たとえば私(編集ホシノ)は、日陰の場所から日が当たる場所に出ると、95%くらいの確率でくしゃみが出ます。それを若林先生になんとはなしに話したところ、「あー、そういうのって意外と、その人の体質と関連していて、東洋医学で説明できることもあるんですよ」とのお話。なんと! それは知りたい!

  • 『小さき者たちの』いよいよ発刊!!

    『小さき者たちの』いよいよ発刊!!

    ミシマガ編集部

    2017年刊の『うしろめたさの人類学』と2021年刊の『くらしのアナキズム』では、エチオピアでの長年のフィールドワークをもとに、私たちが前提としている考え方の枠組みを外して、日常の暮らしを通して社会を変えていく可能性について綴られた、松村圭一郎さん。『小さき者たちの』では、初めて、生まれ育った故郷である熊本をテーマに執筆されました。「はじめに」で、松村さんは本書での試みの意図を、下記のように綴られています。

  • 一冊の本ができるまで~新人全力レポート(1)

    一冊の本ができるまで~新人全力レポート(1)

    ミシマガ編集部

     こんにちは。ミシマ社新人のオオボリです。本日よりなんと月一連載を務めさせていただくことになりました! その名も「一冊の本ができるまで~新人全力レポート」。つたないながらも新人による全力レポート、楽しんでいただけたら嬉しいです! どうぞよろしくお願いします!

  • 『幸せに長生きするための今週のメニュー』刊行記念  ロビン・ロイドさん、中川学さんインタビュー

    『幸せに長生きするための今週のメニュー』刊行記念  ロビン・ロイドさん、中川学さんインタビュー

    ミシマガ編集部

    先日ちいさいミシマ社から発刊した『幸せに長生きするための今週のメニュー』。アメリカ出身の民族楽器奏者、詩人のロビン・ロイドさんと、京都のお寺の住職兼イラストレーターの中川学さんによる日英併記の詩画集です。  自然の移りかわりや、日常のささやかなよろこびを丁寧にすくい上げるロビンさんの詩と、中川さんの温かく想像力がかきたてられる鉛筆画がやさしく心に届き、折に触れて読み返したくなる一冊です。

この記事のバックナンバー

05月29日
こちらパルノン放送局(ミシマガラジオ) ミシマガ編集部
04月03日
バンドをクリープハイプが声に出して読んでみた ミシマガ編集部
03月20日
【番組一覧】ミシマガラジオ ミシマガ編集部
03月18日
社長と新人(ミシマガラジオ) ミシマガ編集部
ページトップへ