ミシマガラジオ

こちらパルノン放送局(ミシマガラジオ)

2020.05.29更新

parunon_housoukyoku.png

番組紹介:
「パルノン」こと『パルプ・ノンフィクション ~出版社つぶれるかもしれない日記』について、著者でありミシマ社代表の三島邦弘が語るあれこれ。


<第8回 こちらパルノン放送局 TBSラジオACTIONの副音声編>
5/28のラジオ出演の出演の裏側を、副音声的にお送りします。なぜか印刷所から。


<第7回 こちらパルノン放送局 オンライン新人歓迎会withサポーターさんなど>
ガッっちゃん絵描き歌を歌ってみたり、初のオンライン新人歓迎会をしてみたり、今週もミシマ社はにぎやかにしています。
ゲスト:中村明珍さん、ミシマ社一同(歌:タブチ、新人:ヤマダなど )


<第6回 こちらパルノン放送局 初めてのオンラインイベントのこと >
ミシマ社初のオンラインイベント「一冊!宣言~本屋と出版社と、読者の「これから」を考える」を終えて、オンラインイベントの面白さ、この状況での出版業界の未来が見えてきました。


<第5回 こちらパルノン放送局 ~ゲスト:ライツ社 大塚さん、高野さん~>
昨日に引き続き、ゲストはライツ社のお二人。対面での著者との打ち合わせも、書店営業も難しいこの状況でどう動いてる? ミシマ社が取り組む新システムや、これからの出版業界の話も!


<第4回 こちらパルノン放送局 ~ゲスト:ライツ社 大塚さん、高野さん~>
ライツ社の代表である、大塚さんと高野さんをゲストにお招きしました。ライツ社はどうして代表が2人? イチ推しの一冊は? などなど、気になるライツ社のことを、根掘り葉掘り訊いていきます。


<第3回 こちらパルノン放送局 ~SPBSイベントをちょっとだけ公開~>
3月19日にSPBSさんで開催されたイベントの様子をちょっとだけ公開します。ミシマによる反省の(?)コメントも新たに録音しましたので、イベントに参加された方も楽しんで頂けます。


<第2回 こちらパルノン放送局 ~ゲスト:担当編集町田さん~>
ミシマと、パルノンの担当編集である河出書房新社の町田さんの対談です。パルノンの裏話や、編集者の本と作るということの難しさ、そして「マグマ事件」など。


<第1回 こちらパルノン放送局 ~テイラースウィフトと菅原文太~>
パルノン』の発売を3/18に控えたミシマ社代表・三島邦弘が、パルノンのことは置いといてNetflixで面白かった番組について語ります。


ミシマガ編集部

ミシマガ編集部
(みしまがへんしゅうぶ)

ミシマ社が配信するほがらかなラジオです。

編集部からのお知らせ

『パルプ・ノンフィクション 〜出版社つぶれるかもしれない日記』

『パルプ・ノンフィクション 〜出版社つぶれるかもしれない日記』
3月18日(水)、河出書房新社から刊行! 三島の約6年ぶりとなる単著です。ご期待ください!

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 伊藤亜紗さんと村瀨孝生さんの往復書簡が一冊の本に! 『ぼけと利他』まもなく書店発売!!

    伊藤亜紗さんと村瀨孝生さんの往復書簡が一冊の本に! 『ぼけと利他』まもなく書店発売!!

    ミシマガ編集部

    こんにちは! ミシマガ編集部です。今週木曜日の9月15日、いよいよ『ぼけと利他』が発刊します! 『ぼけと利他』刊行のきっかけとなったのは、2020年7月18日に開催されたMSLive!「ぼけと利他~時空を超えるお年寄りたちに学ぶ」でした。出演は「宅老所よりあい」代表の村瀨孝生さんと、美学者の伊藤亜紗さん。

  • 『偶然の散歩』まえがきを公開します

    『偶然の散歩』まえがきを公開します

    ミシマガ編集部

    いよいよ9月15日(木)に、森田真生著『偶然の散歩』が書店先行発売となります。(公式発刊日は9月22日(木)です。)本書は、森田さんが2017年から2022年にわたって、日経新聞の「プロムナード」などに寄稿したエッセイ全40篇を収録しています。

  • 京都・横浜で「ミシマ社の本屋さん」を出店します!

    京都・横浜で「ミシマ社の本屋さん」を出店します!

    ミシマガ編集部

     こんにちは! ミシマガ編集部です。本日は、来週末、そして来月に私たちが出店する「本屋さん」についてご案内します!  ミシマ社京都オフィスにて併設していた小さな本屋「ミシマ社の本屋さん」が2022年7月をもって終了することになりました。 

  • 『ちゃぶ台』次号は10号! こんどの特集は「ボゴボゴ」!?

    『ちゃぶ台』次号は10号! こんどの特集は「ボゴボゴ」!?

    ミシマガ編集部

    こんにちは、ミシマガ編集部です。現在、『ちゃぶ台9』の特集「書店、再び共有地」に、読者の方々よりたくさんのご感想のおはがきをいただくなど、大きな反響をいただいています。取材記事で登場する「共有地」の本屋さんに、「記事を読んで行ってみました」というお声もいただいていて、すごく嬉しいです。

  • メンバーが選ぶ、小田嶋隆さんの本と言葉

    メンバーが選ぶ、小田嶋隆さんの本と言葉

    ミシマガ編集部

    小田嶋さんはこれまでにもミシマ社から3冊の本を発表され、また、数々のイベントにも登壇くださいました。本日のミシマガでは過去の著作に加えて、いますぐ読める豪華な対談記事をご紹介します!20代の若手メンバーが痺れた小田嶋さんの言葉とは・・・?

この記事のバックナンバー

05月29日
こちらパルノン放送局(ミシマガラジオ) ミシマガ編集部
04月03日
バンドをクリープハイプが声に出して読んでみた ミシマガ編集部
03月20日
【番組一覧】ミシマガラジオ ミシマガ編集部
03月18日
社長と新人(ミシマガラジオ) ミシマガ編集部
ページトップへ