エコバックできました号

2019.02.03更新

(この記事は、旧「みんなのミシマガジン」にて2015年6月24日に掲載されたものです)

 こんにちは。京都オフィスのアライです。
 もう夏ですね〜! この夏こそは、祇園祭も行きたいし、花火とか、スイカ割りとかしたいです。ビアガーデンも行きたい!

 さてじつはこのたび、「ミシマ社特製エコバック」ができました!

 このエコバック、2014年度のミシマガジン「サポーター特典」として「プレゼントします!」とお話ししていた一品です。

 2014年度。はて。
 今日は2015年6月24日です。えーっと、ようするに、1年以上もの時間をかけて、プレゼントしますと言っていた2014年も通り越してできた、渾身の一作なわけです。

 思えばそれは遠い道のりでした・・・

old0624-4.jpg そして出来上がったのがこちら!

old0624-1.jpg

 そう、わたしたちが至った結論は......「シンプル・イズ・ザ・ベスト!」(どーん)。

 しっかりとしたコットン素材は、A4サイズもらくらく収納。マチがあるので、本もたっぷり入ります。ふだん荷物の多い営業・編集さんもサブバックにばっちり。

old0624-2.jpg 身長180.6cmの営業・トリイが持つとこんな感じ。手が邪魔ですね。
 身長175cm(自称)の新人・タブチが持つとこんな感じ。

old0624-3.jpg

 息がしにくそうですね。

 「これにいったいなんで1年もの月日がかかったんや!」
 というツッコミもあるかと思いますが、いろいろ考えを巡らせたゆえのシンプルということでですね、あのー(ごにょごにょ)。

 たいへん遅くなりましてすみませんでした。
 こちらのエコバック、2014年度のサポーターさんにはもちろんプレゼントでお送りさせていただきます。

 また、「欲しい!」という方は、京都オフィスで週に1回営業している「ミシマ社の本屋さん」や、密かにミシマ社が運営しているウェブショップ「ミシマガショップ」でもお買い求めいただけます。お値段は¥1,000+税を予定しています。
 ただし本入荷が週末、週明けくらいになりそうなので、6月末からの販売です。ご紹介を先走ってごめんなさい。

 この夏は「ミシマ社エコバック」を使い倒してください!

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 町屋良平さんインタビュー 言語的凝縮を解き放つ(1)

    町屋良平さんインタビュー 言語的凝縮を解き放つ(1)

    ミシマガ編集部

    祝・第160回芥川賞受賞!! 昨年末に「本屋さんと私」に登場してくださった町屋良平さんが、このたび「1R(いちらうんど)1分34秒」にて芥川賞を受賞されました。こちらのインタビューでは、小説を書くという営みについても、丁寧にお話しいただいています。町屋さんの小説をこれから読む方も、すでに読んだ方も、ぜひどうぞ!

  • 『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(1)

    『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(1)

    ミシマガ編集部

    11月22日、『銀河鉄道の星』(宮沢賢治・原作、後藤正文・編、牡丹靖佳・絵)が発売となりました。発売を記念して、この本の著者であり、12月5日にはNEW ALBUM「ホームタウン」を発表したASIAN KUNG-FU GENERATIONのボーカル&ギターを担当する後藤正文さんと、装丁を手がけてくださった名久井直子さんの対談を2日間にわたり、お送りします。昨日掲載した「あとがき」からさらに踏み込んで、後藤さんがなぜ、宮沢賢治を新訳しようと思ったのか、そして子どものころから宮沢賢治の作品に触れてきた名久井さんは、今回何を感じられたのか? たっぷりとお届けします。

  • くすみ書房店主・久住邦晴さんの本を発刊します

    くすみ書房店主・久住邦晴さんの本を発刊します

    ミシマガ編集部

    今月末に『奇跡の本屋をつくりたい〜くすみ書房のオヤジが残したもの』が発刊となります。多くの人に愛されながらも、2015年に閉店した札幌の書店「くすみ書房」の店主、久住邦晴さんの未完の遺稿を再編集し、書籍化したものです。この本にちなんで今日からミシマガ上でも「奇跡の本屋をつくりたい」のコーナーがスタートします。

  • 『うしろめたさの人類学』を読んでみよう(1)

    『うしろめたさの人類学』を読んでみよう(1)

    ミシマガ編集部

    こんにちは、京都オフィスの野崎です。突然ですが、今日はミシマガ読者のみなさんにとにかく早く伝えたい、大ニュースがあるんです! それは・・・

ページトップへ