エコバックできました号

2019.02.03更新

(この記事は、旧「みんなのミシマガジン」にて2015年6月24日に掲載されたものです)

 こんにちは。京都オフィスのアライです。
 もう夏ですね〜! この夏こそは、祇園祭も行きたいし、花火とか、スイカ割りとかしたいです。ビアガーデンも行きたい!

 さてじつはこのたび、「ミシマ社特製エコバック」ができました!

 このエコバック、2014年度のミシマガジン「サポーター特典」として「プレゼントします!」とお話ししていた一品です。

 2014年度。はて。
 今日は2015年6月24日です。えーっと、ようするに、1年以上もの時間をかけて、プレゼントしますと言っていた2014年も通り越してできた、渾身の一作なわけです。

 思えばそれは遠い道のりでした・・・

old0624-4.jpg そして出来上がったのがこちら!

old0624-1.jpg

 そう、わたしたちが至った結論は......「シンプル・イズ・ザ・ベスト!」(どーん)。

 しっかりとしたコットン素材は、A4サイズもらくらく収納。マチがあるので、本もたっぷり入ります。ふだん荷物の多い営業・編集さんもサブバックにばっちり。

old0624-2.jpg 身長180.6cmの営業・トリイが持つとこんな感じ。手が邪魔ですね。
 身長175cm(自称)の新人・タブチが持つとこんな感じ。

old0624-3.jpg

 息がしにくそうですね。

 「これにいったいなんで1年もの月日がかかったんや!」
 というツッコミもあるかと思いますが、いろいろ考えを巡らせたゆえのシンプルということでですね、あのー(ごにょごにょ)。

 たいへん遅くなりましてすみませんでした。
 こちらのエコバック、2014年度のサポーターさんにはもちろんプレゼントでお送りさせていただきます。

 また、「欲しい!」という方は、京都オフィスで週に1回営業している「ミシマ社の本屋さん」や、密かにミシマ社が運営しているウェブショップ「ミシマガショップ」でもお買い求めいただけます。お値段は¥1,000+税を予定しています。
 ただし本入荷が週末、週明けくらいになりそうなので、6月末からの販売です。ご紹介を先走ってごめんなさい。

 この夏は「ミシマ社エコバック」を使い倒してください!

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • ミシマ社の話ミシマ社の話

    「ちいさいミシマ社」と買い切り55%がめざすもの

    三島 邦弘

    「これからの出版社とこれからの書店」を書いた3カ月前は、新レーベル名を「ミシマ社の本屋さん」と考えてました。が、一転、最終的に「ちいさいミシマ社」としました。その心は? と問われれば、「ちいさい」願望がむくむくと高まっていた。おそらく、そうなのだろうと自分では思っています。

  • ホホホ座とミシマ社の反省会 山下賢二×三島邦弘トークイベント

    ホホホ座とミシマ社の反省会 山下賢二×三島邦弘トークイベント

    ミシマガ編集部

    6月刊『ホホホ座の反省文』の刊行を記念して、著者の一人である山下賢二さんとミシマ社代表・三島が代官山蔦屋書店さんで対談しました。

  • 光用千春さんインタビュー 絵を描くことは世界と闘う術(1)

    光用千春さんインタビュー 絵を描くことは世界と闘う術(1)

    ミシマガ編集部

    突然父親と二人暮らしになった、小学生・花さんを取り巻く日常と彼女の成長を描いた『コスモス』。この作品を生み出した方に、ぜひお会いしたい。その興奮のまま、漫画家・イラストレーターである光用千春さんにインタビューを申し込みました。一日目の今日は、『コスモス』誕生のきっかけや、作品を作ること、はじめての漫画制作について、お話を伺います。

  • 安田登×いとうせいこう×釈徹宗×ドミニク・チェン 論語はやっぱりすごかった(1)

    安田登×いとうせいこう×釈徹宗×ドミニク・チェン 論語はやっぱりすごかった(1)

    ミシマガ編集部

    5/25(土)(『すごい論語』の発刊日)に、著者の安田さんと、『すごい論語』に登場してくださった対談相手のいとうせいこうさん、釈徹宗さん、ドミニク・チェンさんの4人全員が一堂に会する、「すごい×すごい×すごい×論語」が、青山ブックセンター本店で開催されました。その模様を2日にわたり掲載します。本日は前半です。どうぞお楽しみください!

ページトップへ