気のはなし

第3回

発刊1周年記念! 「気」になるイベントを開催します!!

2023.01.13更新

この1月で、若林理砂先生の『気のはなし』が発刊してからちょうど1周年になります。

この間、全国各地の書店さんで「緑のおじさん」と呼ばれるチャーミングな拡材や、巨大な若林先生パネルなどともにご展開いただき、おかげさまで4刷を迎えることができました。ご展開くださった書店様、そしてお手にとってくださった読者の皆様、本当にありがとうございます!

き.jpg

そして本書の発刊1周年を記念して、2/3(金)若林先生にご出演いただくオンラインイベントを開催することになりました。

タイトルは、「この症状、「気」のせいですか?」。

本ミシマガジンでの大人気連載「健康番長・若林理砂先生のバッチコイ!!」からのスピンオフ企画でもあります。

・歩くと体がかゆくなる。
・太陽を見るとくしゃみが出る。
・朝起きたときの目やにがひどい。...etc.

など、病院に行くほどではないけれど、ちょっと困ったり、対処法を知りたいと思ったりしている、「謎の症状」に心当たりがある方はいらっしゃいませんでしょうか? じつは、思いもよらぬ解決策や、自分の体質との関連があるかもしれません。

本イベントでは、

『絶対に死ぬ私たちがこれだけは知っておきたい健康の話』で養生の基本を、

『気のはなし ~科学と神秘のはざまを解く』で東洋医学の思想の基本を、

わかりやすく解説してくださった、鍼灸師の若林理砂先生が、そんな謎の症状を東洋医学の観点から読み解くヒントを、教えてくださいます。

1d41ca89488892219959.jpg

<開催概要>
2023/2/3(金)19:00〜20:30(オンライン配信)
※イベント翌週に、申込者全員にアーカイブ動画をお送りします。
※アーカイブ動画は2023年3月5日まで、何度でもご視聴いただけます。

お申し込みはこちら

イベントで解説いただく「謎の症状」も大募集!

本イベントに合わせて、皆さんが気になる「謎の症状」を募集いたします。

・謎の症状の内容(200字程度)
・いつ頃から?
・特定の条件下で発生する場合はその条件
・体質タイプ(『絶対に死ぬ私たちがこれだけは知っておきたい健康の話』p63~65の診断テストにて判定ください。不明の場合は無しでもOKです)
・年齢(10代、20代等でOKです)
・性別(無しでもOKです)
・舌のカラー写真を添付(無しでもOKです)

を、こちらよりご投稿ください。

書籍ご購入で、本イベントを無料招待します!

そしてなんと今回、下記協力書店にて、若林先生のミシマ社本『気のはなし ~科学と神秘のはざまを解く』、『絶対に死ぬ私たちがこれだけは知っておきたい健康の話』をご購入の方には、本イベントの無料視聴特典チケットをおつけします!

まだお手にとっていない方は、ぜひ本屋さんでお買い求めいただけたらと思います。ご参加、お待ちしています!

特典つき展開期間
1/14(土)から特典チケット品切れまで

イベント協力書店リスト

【北海道】
紀伊國屋書店 札幌本店
【東北エリア】
ジュンク堂書店 弘前中三店
ジュンク堂書店 盛岡店
さわや書店 フェザン店
【関東エリア】
戸田書店 高崎店
紀伊國屋書店 入間丸広店
丸善 津田沼店
NET21 往来堂書店 千駄木店
ジュンク堂書店 池袋本店
未来屋書店碑文谷店
二子玉川 蔦屋家電
ジュンク堂書店 大泉学園店
ジュンク堂書店藤沢店
【中部エリア】
MARUZEN 松本店
MARUZEN&ジュンク堂書店 新静岡店
三省堂書店 名古屋本店
丸善 アスナル金山店
【北陸エリア】
文苑堂書店 福田本店
BOOKSなかだ 本店
【関西エリア】
本のがんこ堂 守山店
丸善 京都本店
大垣書店 京都駅ビルザ・キューブ店
大垣書店 京都本店
大垣書店 烏丸三条店
大垣書店 イオンモール北大路店
大垣書店 イオンモール京都桂川店
大垣書店 イオンモールKYOTO店
奈良 蔦屋書店
紀伊國屋書店 梅田本店
MARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店
紀伊國屋書店 高槻阪急店
ジュンク堂書店 天満橋店
ジュンク堂書店 上本町店
ジュンク堂書店 近鉄あべのハルカス店
紀伊國屋書店 天王寺ミオ店
水嶋書房 くずはモール店
ジュンク堂書店 三宮店
ジュンク堂書店 西宮店
ジュンク堂書店 芦屋店
ジュンク堂書店 舞子店
【四国エリア】
ジュンク堂書店 高松店
【九州エリア】
ジュンク堂書店 福岡店
六本松 蔦屋書店
紀伊國屋書店 アミュプラザおおいた店
未来屋書店 宮崎店
ジュンク堂書店 鹿児島店
【沖縄】
ジュンク堂書店 那覇店

ミシマガ編集部
(みしまがへんしゅうぶ)

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 『小さき者たちの』いよいよ発刊!!

    『小さき者たちの』いよいよ発刊!!

    ミシマガ編集部

    2017年刊の『うしろめたさの人類学』と2021年刊の『くらしのアナキズム』では、エチオピアでの長年のフィールドワークをもとに、私たちが前提としている考え方の枠組みを外して、日常の暮らしを通して社会を変えていく可能性について綴られた、松村圭一郎さん。『小さき者たちの』では、初めて、生まれ育った故郷である熊本をテーマに執筆されました。「はじめに」で、松村さんは本書での試みの意図を、下記のように綴られています。

  • 一冊の本ができるまで~新人全力レポート(1)

    一冊の本ができるまで~新人全力レポート(1)

    ミシマガ編集部

     こんにちは。ミシマ社新人のオオボリです。本日よりなんと月一連載を務めさせていただくことになりました! その名も「一冊の本ができるまで~新人全力レポート」。つたないながらも新人による全力レポート、楽しんでいただけたら嬉しいです! どうぞよろしくお願いします!

  • 『幸せに長生きするための今週のメニュー』刊行記念  ロビン・ロイドさん、中川学さんインタビュー

    『幸せに長生きするための今週のメニュー』刊行記念  ロビン・ロイドさん、中川学さんインタビュー

    ミシマガ編集部

    先日ちいさいミシマ社から発刊した『幸せに長生きするための今週のメニュー』。アメリカ出身の民族楽器奏者、詩人のロビン・ロイドさんと、京都のお寺の住職兼イラストレーターの中川学さんによる日英併記の詩画集です。  自然の移りかわりや、日常のささやかなよろこびを丁寧にすくい上げるロビンさんの詩と、中川さんの温かく想像力がかきたてられる鉛筆画がやさしく心に届き、折に触れて読み返したくなる一冊です。

  • 魚屋の息子

    魚屋の息子

    前田エマ

     家の近所に、同級生の家族が営んでいる魚屋がある。たまに買いに行くと、心地よい明るさのお母さんが「美容室で読んだ雑誌に、エマちゃん載ってたよ〜」と声をかけてくれる。バレーボールとかハンドボールの選手だったのかな、と思うような、快活でショートカットが似合う素敵な女性だ。私は「ありがとうございます。うれしい〜」と言って、刺身の盛り合わせをお願いしたり、南蛮漬けにするアジを捌いてもらったりして、あたたかい気持ちで家に帰る。住宅街に文字通りポツンと現れる個人商店で、駅からも遠いのに週末には長蛇の列ができる。この店の次男と私は、小中学校が同じだった。

ページトップへ