ハセガワの仕掛け屋便り

第1回

2018.05.03更新

0503-1.png

 こんにちは。仕掛け屋チームのハセガワです。私はふだん、ポップやパネルを作ったり、本屋さんの棚を飾りつけしたり、おみくじ作ったり、小枝を拾ったり、ミシンをふんだりしています。(全部ちゃんと、お仕事です。)このコーナーではそんな日々の制作の現場から、お便りをお送りします。

 さて、今月ご紹介したいのが、現在京都で開催中の「益田ミリ『今日の人生』かもがわおさんぽ展」です。この展示は、うちから出ている益田ミリさんのコミックエッセイ『今日の人生』の発刊1周年を記念して、ミシマ社の本屋さん(ミシマ社京都オフィスの1階で、毎週金曜日にやってます)とご近所のお店の計4店舗で開催しています。

0503-2.png

 『今日の人生』展はこれまで内容を変えて、東京、大阪の本屋さんで3回開催し、たくさんのお客さまにご来場いただきました。今回の京都展はその集大成ともいえるような内容です。会場ごとに、テーマやディスプレイを変えて作品の世界観を表現するこの展示は、企画から準備、設営まで、ミリさんとみんなで一緒に作り上げました。今日は各会場の様子を、ちょこっとずつお見せします。

0503-3.png

 ミシマ社の本屋さんには、これまで各会場限定で展示していた描きおろし『今日の人生』が一同に集結!また、「出版社ならではの展示もしたいね」ということで、これまでこの本が紹介された新聞や雑誌の切り抜き集や、韓国語翻訳版『今日の人生』も置いています。

0503-4.png

0503-5.png

 ミシマ社の本をたくさん置いてくださっている、誠光社さん。ここには生原稿や、『今日の人生』のカバーデザインの元となった絵を飾っています。「本屋さんで一目ぼれしました」というコメントがとっても多いこの本ですが、その印象的なカバーの絵は、実は、ミリさんが子どもの頃に作った作品だったんです。

0503-7.png

 誠光社さんのすぐ近くにあるのが、内装もすてきなシャツ専門店、モリカゲシャツさんです。ここではいままでの『今日の人生』展にはない、ちょっと変わった展示をしています。上の写真に写っている、少し変わった形の黄緑や薄緑のパネルたち。これ、何の形かというと、シャツを作るときの型紙なんです。近くで見ると、本の中にでてくる言葉たちがちりばめられています。その上にあるカラフルなシャツはミリさんの手作りで、こちらもよく見ると、本物のお洋服のように、糸で縫い合わさっています。ミリさんの仕事机再現コーナーもあり、なんだかお部屋のような会場です。

0503-8.png

 最後はブックカフェ&ギャラリーのUNITEさん。毎日撮っているという「今日のごはん」や、日常や旅先でのひとコマなど、まさにミリさんの「今日の人生」が垣間見える写真が壁一面にずら~っとならんでいます。また、ふだんからお店に焼き物を置いているUNITEさんにちなみ、ミリさん絵付け小皿も特別に販売しています。(こちらのお皿は限定10枚、先着順です。)

0503-9.png

0503-10.png

 さて、展示のしめくくり。いっぱい歩いたので、ここでお茶するのはいかがでしょう?このカフェで「ミリさんセット」を頼むと、こんなかわいいクッキーがついてきます。ちなみにUNITEさんは、季節のチーズケーキも絶品です。

 ここには書ききれなったおもしろい展示や仕掛け、特典が実はまだまだたくさんあります。4つの会場、端から端まで歩いても15分。かもがわのご近所をのんびりおさんぽしながら、ミリさんワールド、たっぷり楽しんでくださいね!みなさまのお越しをお待ちしております~。

0503-11.png

益田ミリ『今日の人生』かもがわおさんぽ展 5月20日(日)まで

会場① ミシマ社の本屋さん
住所) 京都市左京区下堤町90-1
電話) 075-746-3438
営業時間)13:00~19:00(毎週金曜日のみオープン、今月は19日(土)もあけます)

会場② 誠光社
住所)京都市上京区俵屋町437
電話)075-708-8340
営業時間)10:00~20:00(無休)

会場③ モリカゲシャツ
住所)京都市上京区枡屋町362-1
電話)075-241-7746
営業時間)11:00~19:00(水曜定休)

会場④ UNITE
住所)京都市左京区新先斗町133番地サンシャイン鴨川1階
電話)075-708-7153
営業時間)11:30~19:00(水曜・第3木曜定休)

ミシマ社仕掛け屋チーム

ミシマ社仕掛け屋チーム
(みしましゃしかけやちーむ)

 

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 『小さき者たちの』いよいよ発刊!!

    『小さき者たちの』いよいよ発刊!!

    ミシマガ編集部

    2017年刊の『うしろめたさの人類学』と2021年刊の『くらしのアナキズム』では、エチオピアでの長年のフィールドワークをもとに、私たちが前提としている考え方の枠組みを外して、日常の暮らしを通して社会を変えていく可能性について綴られた、松村圭一郎さん。『小さき者たちの』では、初めて、生まれ育った故郷である熊本をテーマに執筆されました。「はじめに」で、松村さんは本書での試みの意図を、下記のように綴られています。

  • 一冊の本ができるまで~新人全力レポート(1)

    一冊の本ができるまで~新人全力レポート(1)

    ミシマガ編集部

     こんにちは。ミシマ社新人のオオボリです。本日よりなんと月一連載を務めさせていただくことになりました! その名も「一冊の本ができるまで~新人全力レポート」。つたないながらも新人による全力レポート、楽しんでいただけたら嬉しいです! どうぞよろしくお願いします!

  • 『幸せに長生きするための今週のメニュー』刊行記念  ロビン・ロイドさん、中川学さんインタビュー

    『幸せに長生きするための今週のメニュー』刊行記念  ロビン・ロイドさん、中川学さんインタビュー

    ミシマガ編集部

    先日ちいさいミシマ社から発刊した『幸せに長生きするための今週のメニュー』。アメリカ出身の民族楽器奏者、詩人のロビン・ロイドさんと、京都のお寺の住職兼イラストレーターの中川学さんによる日英併記の詩画集です。  自然の移りかわりや、日常のささやかなよろこびを丁寧にすくい上げるロビンさんの詩と、中川さんの温かく想像力がかきたてられる鉛筆画がやさしく心に届き、折に触れて読み返したくなる一冊です。

  • 魚屋の息子

    魚屋の息子

    前田エマ

     家の近所に、同級生の家族が営んでいる魚屋がある。たまに買いに行くと、心地よい明るさのお母さんが「美容室で読んだ雑誌に、エマちゃん載ってたよ〜」と声をかけてくれる。バレーボールとかハンドボールの選手だったのかな、と思うような、快活でショートカットが似合う素敵な女性だ。私は「ありがとうございます。うれしい〜」と言って、刺身の盛り合わせをお願いしたり、南蛮漬けにするアジを捌いてもらったりして、あたたかい気持ちで家に帰る。住宅街に文字通りポツンと現れる個人商店で、駅からも遠いのに週末には長蛇の列ができる。この店の次男と私は、小中学校が同じだった。

この記事のバックナンバー

08月14日
第2回 夏休みの宿題2019編 (2) ミシマ社仕掛け屋チーム
08月05日
第2回 夏休みの宿題2019編 (1) ミシマ社仕掛け屋チーム
05月03日
第1回 ミシマ社仕掛け屋チーム
ページトップへ