ハセガワの仕掛け屋便り

第2回

夏休みの宿題2019編 (2)

2019.08.14更新

 こんにちは。仕掛け屋チームのハセガワです。先週はイケハタ&スガコンビが、『益田ミリ×山陽堂 本としあわせしりとり展』のお知らせをしました。今日は同時進行で準備が進む、もうひとつのフェアのお知らせです。


news_ちいさいミシマ社展.jpg 

 以前からミシマ社の本を置いてくださっている「スーベニアフロムトーキョー」さんで、ミシマ社のフェアを開催します。スーベニアフロムトーキョーさんは、国立新美術館の地下1階にあるミュージアムショップ。ここは、おもしろいデザインプロダクトや、作家さんのすてきな作品などを取り扱っており、幅広いラインナップで見応えのあるお店です。

SFT_FEB2014_019.jpg

 ご担当の田原口さんにお声がけいただいたのは、今年の春のこと。この場所で本をメインにフェアをするのは、はじめての試みだそうです。わたしたちにとっても、いつもの本屋さんとは少し違った空間でのフェア、さらに今回は、一緒にミニ展示もすることになり、お互い、いろんなことがはじめてづくし。楽しみ半分、ちょっとどきどき。どんなフェアがいいかな?と考えていたら、あっという間に7月になっていました。

 今回のフェアのテーマは、「ちいさいミシマ社」です。これは、ミシマ社が今年新たに立ち上げた、少部数出版に特化したレーベルの名前です。「ちいさいミシマ社」の誕生をもっと多くの人に知ってもらいたい、という思いとともに、自分たちの本作りそのものをあらわす言葉でもあります。「ちいさな総合出版社」であるミシマ社の本作りを、読んで、見て、触って、楽しんでいただければうれしいです。

それでは、準備の様子や見どころを、少しずつご紹介します!

その1「一冊入魂」の本作りの舞台裏、初公開!

色校の写真.jpg

 展示スペースではこれまで作ってきた本のなかから、特に装丁デザインの面でこだわった作品の色校(印刷の試作)を中心に展示します。また、編集面での苦労や工夫を代表・ミシマ自ら、手描きメモとともに紹介します。一冊の本ができあがるまでに、どんな試行錯誤がされているのか?ふだん読者の方にはなかなか目に触れることのない本作りの現場の一端を、ご紹介します。

その2 会場ディスプレイは100%手作りです!

高瀬さん作業中写真.jpg

 これは何を作っているのかというと、天井から吊るすタペストリーです。プリントする技術がないので、おなじみ(?)地道に手描きの手作りです。ほかにも、カラフルな本の飾りや、等身大ミシマンなど、今回も会場をにぎやかすアイテムをいっぱい作っています。

その3 期間中、変化します!

 展示だけでなく、もちろん本も販売します。ここだからこそ出会える本たちもたくさんあるので、この機会にぜひ。期間中に新刊の発売も予定しているので、もしかしたら、その制作資料も急遽展示するかもしれません?!ミシマ社ならではのライブ感をお楽しみください。

おみくじセット.jpg

ミシマ社フェアの定番(?)本みくじや、ミシマ社通信取り放題もあります。

その4 お客さんと一緒に作る展示です!

 展示の最後に、お客さんに参加していただくコーナーを作ります。期間中テーマは変わっていきますが、大まかにいうと、「すきな本のこと教えてください」というものです。会場にちいさな本を並べておきます。そこに本のタイトルと、大好きな一節や感想など、その本のことならなんでも、ご自由にお書きください。

 わたしたちは「一冊の力」を信じて、本作りをつづけています。「ちいさいミシマ社展」を通して、そんな楽しくて「おおきな」本の世界を体感してもらえたらうれしいです。みなさまのお越しを、お待ちしております!

「ちいさいミシマ社展」

【会期】2019年8月21日(水)〜10月14日(月・祝)

【場所】スーベニアフロムトーキョー(国立新美術館 地下1階 
ミュージアムショップ )

【開館時間】10:00-18:00(金・土曜日は20:00 まで)
      火曜日定休(祝日または休日に当たる場合は開館し、翌日休館)

【アクセス】〒106-8558東京都港区六本木7-22-2
東京メトロ千代田線乃木坂駅 青山霊園方面改札6 出口(美術館直結)

※ミュージアムショップへの入場は無料です。

詳細はこちら

ミシマ社仕掛け屋チーム

ミシマ社仕掛け屋チーム
(みしましゃしかけやちーむ)

 

編集部からのお知らせ

同時開催!「益田ミリ×山陽堂 本としあわせしりとり展」

 国立新美術館と山陽堂書店は、電車と徒歩でだいたい15分くらいの距離。ぜひはしごしてください〜!

益田ミリ×山陽堂

「本としあわせしりとり展」

ミリさん山陽堂DM.png

【場所】山陽堂書店

【会期】2019年8月20日(火)-9月6日(金)※最終日は17時まで

*営業時間* 平日11時-19時(土曜11時-17時/日曜定休)

詳細はこちら

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 高橋さん家の次女 第2幕

    序 〜怒られの人〜

    高橋 久美子

     話題沸騰中の高橋久美子さんによる書籍『その農地、私が買います』の続編が、本日よりスタートします!「実家の畑をソーラーパネルにしたくない」。その思いを胸に、故郷の農地をめぐる複雑な事情とご自身の奮闘ぶりを赤裸々に綴ってこられた高橋さん。書籍発表を経た今、地元で、東京で、どんな声を聴き、何をしようとされているのでしょうか? 「続編を」というたくさんの声にお応えして、「高橋さん家の次女」第2幕がついに開幕します!

  • 斎藤幸平×タルマーリー(渡邉格・麻里子)対談 コモン再生は日本のグローバルサウスで芽吹く(前編)斎藤幸平×タルマーリー(渡邉格・麻里子)対談 コモン再生は日本のグローバルサウスで芽吹く(前編)

    斎藤幸平×タルマーリー(渡邉格・麻里子)対談 コモン再生は日本のグローバルサウスで芽吹く(前編)

    ミシマガ編集部

    『人新世の「資本論」』(集英社新書)がロングセラーになっている斎藤幸平さんと、『菌の声を聴け』(ミシマ社)の著者タルマーリー(渡邉格・麻里子)の対談が実現しました! パンクロック、食、気候変動、マルクス、脱成長コミュニズム・・・。実践と理論を通じて、これからを生き延びるためのコモン再生の方法を探るエキサイティングな対談の一部をお届けします!

  • 『その農地、私が買います』、多彩な反響が続々!!『その農地、私が買います』、多彩な反響が続々!!

    『その農地、私が買います』、多彩な反響が続々!!

    ミシマガ編集部

     発売から約1カ月、高橋久美子著『その農地、私が買います 高橋さん家の次女の乱』は、感想をくださる方々の老若男女の幅や、どの角度から興味を持ち心を動かしてくださったかという切り口の多彩さが、際立っているように感じます。たくさんの媒体の方に取材いただくなかで、あらためて見えてきたこと、そして本書の魅力を、編集ホシノからお伝えします。

  • 『辛口サイショーの人生案内DX』刊行記念 最相葉月さんに訊く!「人生案内」の職人技 (前編)『辛口サイショーの人生案内DX』刊行記念 最相葉月さんに訊く!「人生案内」の職人技 (前編)

    『辛口サイショーの人生案内DX』刊行記念 最相葉月さんに訊く!「人生案内」の職人技 (前編)

    ミシマガ編集部

     先日ついに『辛口サイショーの人生案内DX』が発刊しました! 多種多様なお悩みに対する最相さんの回答は、「どうやったらこんな答えを編み出せるのか?」と思ってしまうものばかり。「誰かの悩みに触れつづけると、どんな感覚になるのだろう?」という問いも湧きました。とにかく、舞台裏が気になってしかたがありません。 そこで、新人スミが最相さんご本人にインタビューさせていただきました! 「人生案内」の職人技を垣間見れば、本に収録された回答も一層おもしろく読めること間違いなし。貴重なお話の数々を、2日間にわたってお届けします!

この記事のバックナンバー

08月14日
第2回 夏休みの宿題2019編 (2) ミシマ社仕掛け屋チーム
08月05日
第2回 夏休みの宿題2019編 (1) ミシマ社仕掛け屋チーム
05月03日
第1回 ミシマ社仕掛け屋チーム
ページトップへ