ハセガワの仕掛け屋便り

第2回

夏休みの宿題2019編 (1)

2019.08.05更新

 こんにちは。前回から一年ぶりの更新です。仕掛け屋チームのハセガワです。私はいま、「わくわく」と「そわそわ」のあいだを行ったり来たりしながら、忙しい日々を過ごしています。ふたつの会場で、いままでやったことのない展示をすることになりました。どちらも作業のしめきりは8月後半。「夏休みの宿題」を毎日こつこつ、進めています。

 まず8月20日(火)からスタートするのは、「益田ミリ×山陽堂 本としあわせしりとり展」です。4月に発刊した『しあわせしりとり』をテーマに、著者の益田ミリさんと山陽堂書店さんの、ちょっと変わったコラボ企画でお届けする、スペシャル展示です。

 あくる21日(水)からは「ちいさいミシマ社展」がスタート。こちらは国立美術館の地下1階にあるミュージアムショップ「スーベニアフロムトーキョー」さんで開催する、ミニ展示+フェアです。

 今月の仕掛け屋だよりは2回にわたって、目下大忙しの準備の様子や見どころをお伝えします。今日は、担当営業のイケハタくんと&編集チーム兼仕掛け屋見習いの新人・スガくんによるレポートです。どうぞ!


news0725.gif

 益田ミリさんのエッセイ『しあわせしりとり』。今年の4月の刊行以来、ナディッフモダンさん、未来屋書店宮崎店さんと各地で企画展を開催してきました。そして今月お盆明けからは山陽堂書店さんにて、またまた新たな企画展を開催します。
 題して、「益田ミリ×山陽堂 本としあわせしりとり展」

 それでは、準備・制作まっただ中の本展示の見どころをご紹介いたします!

タイトルパネル制作中.JPG

(1)益田ミリさんの本で「セリフ・文章しりとり」

 ミリさんのコミックエッセイやエッセイ作品の中から印象的なセリフや文章を抜き出し、しりとり形式でつないで展示します。ミリさんご自身が、言葉を選んで、しりとりを考えてくださいました。

ミリさん言葉しりとり.jpg

 ミシマ社の本から他の出版社さんの本まで、いろんな作品の言葉がずらりと並びます。ミリさん作品をよく読まれる方はもちろん、あまり読んだことがないという方も、ハッとするような言葉との出会いをぜひお楽しみください。

 ちなみに・・・展示物の貼り出しに使うのは今回のためにつくったオリジナルマスキングテープ(ミリさんの手描き模様&文字がかわいらしいのです!)。こちらもぜひご注目ください!

(2)山陽堂書店のみなさんで「本しりとり」

本しりとり.jpg

 お店のみなさんがお気に入りの一冊を、なんと書名がしりとりになるようにセレクトしてくださいました。その本のカバーを、ミリさんセレクトのすてきな額に入れて展示します。山陽堂さんの選書コメントとともに、じっくり味わってほしいコーナーです(どの本も読みたくなっちゃいます)。

(3)ミシマ社メンバーによる「ミシマ社紹介しりとり」

 突然ですが、ここからは新人・スガがレポートいたします。

 2019年7月23日朝9時、不穏な画像がミシマ社メンバー全員の元にメールで送りつけられ、社内がざわつきます。

suga1.png

不穏な画像「お前も十分やばいだろ」と言いたくなります

 メールの文面を読んでみると、送り主はハセガワでした。
「山陽堂さんの展示で、ミシマ社メンバーもしりとりをすることになりました。
 添付の資料を参考に、会社の紹介しりとりを、みんなでまわしてください。
 スガくん、ミシマ社の『や』からはじめてください。
 あと、展示用にみんなの写真を撮らせてください。」

 とのこと。
 「おお、いつもお世話になっている山陽堂さんで、しかもミリさんの展示と一緒にミシマ社の紹介をさせてもらえるとはなんて光栄なことだ」
 と思いつつもこの不穏なサンプル画像を見ていると、楽しみなような、恐れ多いような。

 そうしてメンバー内でしりとりがまわっていき、半分ぐらいまで繋がったところで、ハセガワから写真撮影の声がかかりました。要求されたのは3つのポーズ。

① 普通に立つ
② 自分を全身で表現する
③ 自由形

suga4.jpg撮影風景 

 この謎の要求に、最初はみな怪訝な表情を浮かべていました。
 しかしハセガワの 
「ちょっと深呼吸しようか」
「肩の力を抜いて、スマイル、スマーイル」というエセカメラマンのような喋り方に乗せられて、だんだん弾けてきました。

suga6.JPG

弾けるイケハタ

 ミシマ社の活動を伝える機会をいただき、メンバー一同張り切っております。「本としあわせしりとり展」に足を運ばれる際には、ぜひミシマ社紹介しりとりコーナーものぞいてみてください!

(4)とにかくスペシャルなものいっぱい!

 この他にも『しあわせしりとり』の装丁デザインの打ち合わせに、ミリさんが持ってこられた「あるもの」を展示したり、挿画の原画や制作資料、ミリさんの海外翻訳本を紹介するコーナーなど、盛りだくさんの内容です。

 さらに!ミリさんに多大なるご協力をいただき、豪華特典もご用意しております 。会期中にミシマ社刊の益田ミリさん著書をご購入の方には、もれなくオリジナルスタンプ入りポストカードをプレゼント。そして数量限定で夏にうれしいあのアイテムも...。ただいま準備中です。楽しみにしていてください。

 みなさまのご来場、心よりお待ちしております!(展示の最終週にはミシマ社メンバーも在廊予定です)

益田ミリ×山陽堂

「本としあわせしりとり展」

ミリさん山陽堂DM.png

【場所】山陽堂書店

【会期】2019年8月20日(火)-9月6日(金)※最終日は17時まで

*営業時間* 平日11時-19時(土曜11時-17時/日曜定休)

詳細はこちら

ミシマ社仕掛け屋チーム

ミシマ社仕掛け屋チーム
(みしましゃしかけやちーむ)

 

編集部からのお知らせ

同時開催!「ちいさいミシマ社展」

山陽堂書店と国立新美術館は、電車と徒歩でだいたい15分くらいの距離。ぜひはしごしてください〜!

「ちいさいミシマ社展」

【会期】2019年8月21日(水)〜10月14日(月・祝)

【場所】スーベニアフロムトーキョー(国立新美術館 地下1階 
ミュージアムショップ )

【開館時間】10:00-18:00(金・土曜日は20:00 まで)
      火曜日定休(祝日または休日に当たる場合は開館し、翌日休館)

【アクセス】〒106-8558東京都港区六本木7-22-2
東京メトロ千代田線乃木坂駅 青山霊園方面改札6 出口(美術館直結)

※ミュージアムショップへの入場は無料です。

詳細はこちら

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 『小さき者たちの』いよいよ発刊!!

    『小さき者たちの』いよいよ発刊!!

    ミシマガ編集部

    2017年刊の『うしろめたさの人類学』と2021年刊の『くらしのアナキズム』では、エチオピアでの長年のフィールドワークをもとに、私たちが前提としている考え方の枠組みを外して、日常の暮らしを通して社会を変えていく可能性について綴られた、松村圭一郎さん。『小さき者たちの』では、初めて、生まれ育った故郷である熊本をテーマに執筆されました。「はじめに」で、松村さんは本書での試みの意図を、下記のように綴られています。

  • 一冊の本ができるまで~新人全力レポート(1)

    一冊の本ができるまで~新人全力レポート(1)

    ミシマガ編集部

     こんにちは。ミシマ社新人のオオボリです。本日よりなんと月一連載を務めさせていただくことになりました! その名も「一冊の本ができるまで~新人全力レポート」。つたないながらも新人による全力レポート、楽しんでいただけたら嬉しいです! どうぞよろしくお願いします!

  • 『幸せに長生きするための今週のメニュー』刊行記念  ロビン・ロイドさん、中川学さんインタビュー

    『幸せに長生きするための今週のメニュー』刊行記念  ロビン・ロイドさん、中川学さんインタビュー

    ミシマガ編集部

    先日ちいさいミシマ社から発刊した『幸せに長生きするための今週のメニュー』。アメリカ出身の民族楽器奏者、詩人のロビン・ロイドさんと、京都のお寺の住職兼イラストレーターの中川学さんによる日英併記の詩画集です。  自然の移りかわりや、日常のささやかなよろこびを丁寧にすくい上げるロビンさんの詩と、中川さんの温かく想像力がかきたてられる鉛筆画がやさしく心に届き、折に触れて読み返したくなる一冊です。

  • 魚屋の息子

    魚屋の息子

    前田エマ

     家の近所に、同級生の家族が営んでいる魚屋がある。たまに買いに行くと、心地よい明るさのお母さんが「美容室で読んだ雑誌に、エマちゃん載ってたよ〜」と声をかけてくれる。バレーボールとかハンドボールの選手だったのかな、と思うような、快活でショートカットが似合う素敵な女性だ。私は「ありがとうございます。うれしい〜」と言って、刺身の盛り合わせをお願いしたり、南蛮漬けにするアジを捌いてもらったりして、あたたかい気持ちで家に帰る。住宅街に文字通りポツンと現れる個人商店で、駅からも遠いのに週末には長蛇の列ができる。この店の次男と私は、小中学校が同じだった。

この記事のバックナンバー

08月14日
第2回 夏休みの宿題2019編 (2) ミシマ社仕掛け屋チーム
08月05日
第2回 夏休みの宿題2019編 (1) ミシマ社仕掛け屋チーム
05月03日
第1回 ミシマ社仕掛け屋チーム
ページトップへ