学びの未来 相談室

第1回

「学びの未来相談室」を開室します!

2021.11.01更新

 この11月より「学びの未来 相談室」を開室いたします。
 これまで1年半、森田さん、瀬戸さんとともに「学びの未来」についての対話を重ねるなかで、「学校」という枠にとらわれない、さまざまな「学びの可能性」がみえてきました。(詳しくは「学びの未来のこれまでとこれから」をご覧ください)

 そしてこのタイミングで、これまでの思考をさらに掘り下げ、現場の声を聴き、ともに思考する時間をとれたらと思っております。
 この春には「宿題が多くて困っている」という切実な声から、「先生と生徒の対話」、さらには「学習権」の話にまで視座が広がりました。(詳しくは「学習権をめぐる対話」をご覧ください)

 このように、いま学びの現場でどんなことに悩み、どんな思いをかかえ試行錯誤しているのか、をシェアすることから、新しい学びの風景がひらかれていきます。
 どんなちいさなこと、ささいなことでもかまいません。
 学びの場で感じた違和感や悩み、こうなったらいいのに、という思いをこちらにお寄せください。

 森田さんと瀬戸さんとともに悩むなかで、これまで声にできなかった声、言葉にならなかった思いを、形にしていける場にできたらと思っています。
 開室日は、月に1回(火曜日の12:00〜)。少人数の空間で言葉を交わします。ご参加いただく方には、ミシマ社よりご連絡差し上げます。ご参加お待ちしています(参加費はかかりません)。

次回の「学びの未来相談室」の開催日

2022年3月22日(火)12:00〜13:00

お申し込みはこちら

学びの未来
(まなびのみらい)

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 益田ミリ

    益田ミリさんの大人気コミックエッセイ「今日の人生」は、2022年4月に連載10周年を迎えました! さらに、連載を単行本化した『今日の人生』の発刊から5周年! 連載開始時から大きく変わった世界の中で、ずっと変わらない日常の尊さを描き続けている本連載。なんとなく疲れを感じたとき、世の中の目まぐるしい変化の中で少し立ち止まりたいときなど、折に触れてお読みいただけると嬉しいです。

  • 『教えて!タリバンのこと』刊行特集 教えてください! イスラム圏、ウクライナ、これからの世界の見かた(前編)

    『教えて!タリバンのこと』刊行特集 教えてください! イスラム圏、ウクライナ、これからの世界の見かた(前編)

    ミシマガ編集部

    『教えて!タリバンのこと』発刊を記念して、内藤先生の特別インタビューを掲載します。本書は、「世界を別の角度から見ること」や「土台の異なる他者との対話」の大切さを訴える一冊です。  アフガニスタンの米軍撤退と、ロシアのウクライナ侵攻はつながっている? ロシアにも米国にも侵攻された経験をもつ人びとは、今起きている戦争と国際社会をどう見ている? 今まさに、ひとりでも多くの方に読んでいただきたい言葉をお届けします。

  • 声に出して読みたいウクライナ語

    声に出して読みたいウクライナ語

    松樟太郎

    こんにちは、ミシマ社から『声に出して読みづらいロシア人』という本を発刊いたしました松と申します。2022年2月、そのロシアが突然ウクライナに戦争を仕掛け、今もまだ戦闘状態が続いています。どちらの国も言語も好きな私にとっては、正直、いたたまれません。

  • ウクライナ侵攻について(藤原辰史)

    ウクライナ侵攻について(藤原辰史)

    藤原辰史/伊原康隆

    歴史学者の藤原辰史さんと数学者の伊原康隆さんによる、往復書簡の連載です。ロシアがウクライナに侵攻したという事実を前に、今回の藤原さんからのお手紙は、歴史学者の立場から、今目の前で起こっていることについて、記していただきました。

この記事のバックナンバー

ページトップへ