凍った脳みそ

第4回

アフロ祭りまとめ

2018.11.19更新

 こんにちは。新入り営業のモリこと岡田森です。

 10月新刊の『凍った脳みそ』が刊行一ヶ月で三刷が決まり、11/17(土)の朝日新聞朝刊「売れてる本」では武田砂鉄さんから素敵なコメントを頂くなど、おかげさまで大好評をいただいております。

 ところで最近、ツイッター上で『凍った脳みそ』の表紙イラストにそっくりな人の画像が出回っていたのをご存知でしょうか。

1117_1.jpg このアフロの人物、実は仕事中のミシマ社営業なんです。

 今日のミシマガでは、ASIAN KUNG-FU GENERATION 後藤正文さん(通称ゴッチさん)の『凍った脳みそ』を巡り、ツイッター上で繰り広げられたアフロ祭りの様子をまとめます。

 謎の仮装企画が思いがけないところまで広がった様子をご覧ください。

1008_12.jpg『凍った脳みそ』後藤正文(ミシマ社)

アフロ営業スタート。

 はじまりはこのツイートでした。

 これを見たゴッチさんやファンの方々が怒り狂い、Twitterが炎上する未来を想像してモリの脳みそが凍りかけていたのですが、ゴッチさん本人から温かいリプライが。

 そして調子にのって増えていくアフロ。

営業メンバー、アフロ姿で街へ。

書店員さんもアフロに。

 HMV&BOOKS SHIBUYAさんはなりきりセットまで設置してくださいました。

 説明書きには「たいへん申し訳ありません。アフロヘアしか調達できませんでした。実際のゴッチさんは素敵なウェービーヘアです」とのコメントが。

 なりきりセットのおかげで、9月刊『生きるように働く』の著者ナカムラケンタさんまでアフロに。(ありがとうございます!)

ファンの方々からもツイートが。

 ゴッチファンの方々からも、アフロ営業に関してツイートを多数いただきました。

・ミシマ社のアフロ営業に会いたい!

・表紙をリアルに再現している。

・今年のハロウィンは私もアフロかぶろうかな。

 などなど、皆様の優しいツイートに勇気を頂き、アフロで街を練り歩きました。ありがとうございました!

ゴッチさんからリプライが。

 アフロ大喜利状態に突入します。

 このように、関係各位の温かいツイートと、アフロをかぶる勇気によって、とっても盛り上がる発売日となったのでした。

 皆さま、とりわけゴッチさん、本当にありがとうございました。

  

 こちらこそ、すみませんでした・・・。

追記その1 発酵とアフロ

 このツイートに対して、発酵デザイナーの小倉ヒラクさんがブログで「発酵するとアフロになるのは当然!」と、まさかの発酵の知識を踏まえた専門的な補足をしてくださいました。

 なお、小倉ヒラクさんが寄稿してくださっている『ミシマ社の雑誌 ちゃぶ台 Vol.4 「発酵×経済」号』(『凍った脳みそ』と同時発売!)をゴッチさんも読んでくださり、感想ツイートを連投してくださっています。

追記その2 次回予告

 この「もう一冊、かなり真面目な本」が、11月22日発売の『銀河鉄道の星』です!

ginga_shoei.jpg

『銀河鉄道の星』宮沢賢治(原作)後藤正文(編)牡丹靖佳(絵)(ミシマ社)

 ミシマガで発売日前後に特集しますので、お楽しみに!

 2ヵ月連続のゴッチさん刊行、どちらの本もよろしくお願いいたします。

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(1)

    『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(1)

    ミシマガ編集部

    11月22日、『銀河鉄道の星』(宮沢賢治・原作、後藤正文・編、牡丹靖佳・絵)が発売となりました。発売を記念して、この本の著者であり、12月5日にはNEW ALBUM「ホームタウン」を発表したASIAN KUNG-FU GENERATIONのボーカル&ギターを担当する後藤正文さんと、装丁を手がけてくださった名久井直子さんの対談を2日間にわたり、お送りします。昨日掲載した「あとがき」からさらに踏み込んで、後藤さんがなぜ、宮沢賢治を新訳しようと思ったのか、そして子どものころから宮沢賢治の作品に触れてきた名久井さんは、今回何を感じられたのか? たっぷりとお届けします。

  • 西村佳哲×ナカムラケンタ 最近〝仕事〟どう?(1)

    西村佳哲×ナカムラケンタ 最近〝仕事〟どう?(1)

    ミシマガ編集部

    みなさん、最近、仕事どうですか? ナカムラケンタさんの『生きるように働く』と、『いま、地方で生きるということ』の著者でもある、西村佳哲さんの『一緒に冒険をする』(弘文堂)の2冊の刊行を記念して、2018年9月18日、代官山 蔦屋書店にてトークイベントが行われました。「最近〝仕事〟どう?」をテーマに、それぞれの角度から「仕事」について考え続けてこられたお二人が、自著の話、人が働くことの根っこについて、そして「働き方改革」までを語り合いました。そんなお話の一部を、前・後編2日間連続でお届けします。どうぞ!

  • くすみ書房店主・久住邦晴さんの本を発刊します

    くすみ書房店主・久住邦晴さんの本を発刊します

    ミシマガ編集部

    今月末に『奇跡の本屋をつくりたい〜くすみ書房のオヤジが残したもの』が発刊となります。多くの人に愛されながらも、2015年に閉店した札幌の書店「くすみ書房」の店主、久住邦晴さんの未完の遺稿を再編集し、書籍化したものです。この本にちなんで今日からミシマガ上でも「奇跡の本屋をつくりたい」のコーナーがスタートします。

  • 凍った脳みそ

    特集『凍った脳みそ』後藤正文インタビュー(1)

    ミシマガ編集部

    『凍った脳みそ』。なんとも不思議なタイトルである。いったい何の本なのか? と題名だけ見てわかる人はかなりのゴッチファンにちがいない。ぞんぶんにお好きなように本書を楽しんでくださいませ! 実は、アジカンファンだけど「この本はどうしようかな」と思っている方や、必ずしもアジカンやゴッチのファンでもないけど音楽は好きという方や、ゴッチもアジカンも音楽もとりわけ好きなわけじゃないけど面白い本は好き! という方にも、本書はおすすめなのです。その理由の一端に迫ることができればと思い、著者の後藤正文さんに直接お話をうかがいました。

ページトップへ