凍った脳みそ

第5回

アフロ営業が行く!ASIAN KUNG-FU GENERATION Tour 2019「ホームタウン」販売レポート

2019.04.05更新

 アフロ営業1号ことイケハタです。

 3月より、『凍った脳みそ』『何度でもオールライトと歌え』著者の後藤正文さんがフロントマンを務めるバンドASIAN KUNG-FU GENERATIONの全国ツアーがはじまりました!

 昨年秋の『凍った脳みそ』発刊の際は、和田ラヂヲさんのカバーイラストに触発された営業メンバーが発刊記念と称してアフロ&ヒゲ&メガネ姿で後藤さんに扮して書店を訪問営業。

 「おい!なにやってんだ!」「似てないぞ!」と各方面からのお叱りを覚悟していましたが、なんとTwitter上でアジカンファンのみなさん、そして後藤さんご本人から温かいリプライをいただいたのでした。(詳しくはこちら

 それに味をしめたアフロ営業が、待ってましたと言わんばかりに今回再び出陣!
 アジカンファンの大勢集まるライブ会場におじゃまして、本を販売してまいりました!

(文・池畑索季、写真・岡田森)

前半戦"アフロはつらいよ"

ツアー2日目の恵比寿リキッド・ルームへ。


アフロ営業2号ことモリとWアフロ体制で行くつもりが、「状況が読めないので、アフロは1名でお願いします」という旨の釘をさされて若干ひるむアフロ1号。

実際に開場してみると、列をなした観客のみなさんで、物販スペースの前はものすごい人口密度に。
懸命に声を張り上げるも、為す術もなく人だかりにのみ込まれて活躍できず・・・ぐぬぬ。まずい、まずいぞ。

0405_1.jpg激しい人波に揉まれるアフロ

そうこうしているうちに開演時間に。
忸怩たる思いを抱えつつ、物販スペースを離れてライブのフロアへ。

ライブ中のサプライズ

アジカンの最高のパフォーマンスに、1人の観客としてノリノリで楽しんでいたところ、はじまった後藤さんのMC。

「今日はアフロ姿のミシマ社の人が本を売りに来てるみたい。ちょっと古い俺の格好して・・・」(会場笑)

・・・な、なんと!! ライブ中に後藤さんがふれてくださる!? なんてこったい!!
感激しつつ、そうだ俺は本を売りに来たんだと、後半のリベンジを誓うアフロ。

後半戦"You are very famous among fans!"

会場出口の階段で待ち構える作戦。
本をおすすめしていたら、何人もの方が笑顔で温かい声をかけてくださるではありませんか・・・!

0405_3.jpgお姉さんに写真撮影を求められデレデレするアフロ

パリから来たというフランス人の男性には"You are very famous among fans!"的なことを言われアフロ有頂天に。ニヤニヤしながらツーショット。

そして肝心の本の販売もいい感じに。
「サイン本まだありますか?」と、声をかけてくださる方も多数いらっしゃり、『凍った脳みそ』『銀河鉄道の星』がどんどん読者の手に渡っていきます。よかった!!

***

アフロは飛び込み企画でしたが、ツアーまだまだ続きます!
会場の物販コーナーでは、後藤さんの著書のほか、Tシャツやタオル、トートバッグなどオリジナルアイテムも販売。

ライブご来場の際はぜひ物販コーナーもお楽しみください!

0405_2.jpg

編集部からのお知らせ

(1)ツアーの詳細はこちら!

ASIAN KUNG-FU GENERATION Tour 2019「ホームタウン」

(2)『銀河鉄道の星』原画展開催中です!

牡丹靖佳さんの原画の上から、後藤正文さんが「銀河鉄道の星」の一節を直筆しました。
 牡丹さんの絵と後藤さんの文がシンクロする、ここだけの展示です。

【東京】青山ブックセンター 本店 2019年4月4日(木)~4月23日(火)※最終日は19時まで
【盛岡】カネイリスタンダードストア 2019年4月27日(土)~5月12日(日)

詳細はこちら

(3)後藤正文さんの著書情報

ginga_shoei.jpg『銀河鉄道の星』原作/宮沢賢治、編/後藤正文、絵/牡丹靖佳(ミシマ社)

noumiso_shoei.jpg『凍った脳みそ』後藤正文(ミシマ社)

nanndodemo_shoei.jpg『何度でもオールライトと歌え』後藤正文(ミシマ社)

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 『中学生から知りたいウクライナのこと』まえがきを公開します

    『中学生から知りたいウクライナのこと』まえがきを公開します

    ミシマガ編集部

    本日のミシマガでは、藤原さんによる本書の「まえがき」を公開します。なぜ、ウクライナを「中学生から知る」ことが大切なのか。戦争が起こったときに、歴史学を通じて考えられることは何か。私たちはいかに義務教育で習ってきた狭い歴史観(世界の見方)を崩し、もっと複雑で豊かな、生きた人びとの経験について想像することができるのか。いま起こっていることに自分なりに向き合いつづけたいと思っておられるすべての方に、ぜひお読みいただきたいと願っています。

  • 特別鼎談「共有地としての一冊!取引所」(前編)

    特別鼎談「共有地としての一冊!取引所」(前編)

    竹本吉輝・近藤淳也・三島邦弘

    本日と明日は、読者・書店・出版社を風通し良くつないでいくための、いわば出版界の「共有地」づくりに取り組む3人による鼎談をお届けします。

  • まずは自己紹介であります。

    まずは自己紹介であります。

    仲野 徹

    みなさん、こんにちは。仲野徹です。と言ってもご存じない方がほとんどでしょう。4月までは、大阪大学医学部の仲野です、と言うてたんですが、定年になったんで、肩書きがなくなりました。公式の職業(?)は「隠居」なんですけど、そんなこというても、どんな人かわかりませんわな。

  • 『教えて!タリバンのこと』刊行特集 教えてください! イスラム圏、ウクライナ、これからの世界の見かた(前編)

    『教えて!タリバンのこと』刊行特集 教えてください! イスラム圏、ウクライナ、これからの世界の見かた(前編)

    ミシマガ編集部

    『教えて!タリバンのこと』発刊を記念して、内藤先生の特別インタビューを掲載します。本書は、「世界を別の角度から見ること」や「土台の異なる他者との対話」の大切さを訴える一冊です。  アフガニスタンの米軍撤退と、ロシアのウクライナ侵攻はつながっている? ロシアにも米国にも侵攻された経験をもつ人びとは、今起きている戦争と国際社会をどう見ている? 今まさに、ひとりでも多くの方に読んでいただきたい言葉をお届けします。

ページトップへ