凍った脳みそ

第5回

アフロ営業が行く!ASIAN KUNG-FU GENERATION Tour 2019「ホームタウン」販売レポート

2019.04.05更新

 アフロ営業1号ことイケハタです。

 3月より、『凍った脳みそ』『何度でもオールライトと歌え』著者の後藤正文さんがフロントマンを務めるバンドASIAN KUNG-FU GENERATIONの全国ツアーがはじまりました!

 昨年秋の『凍った脳みそ』発刊の際は、和田ラヂヲさんのカバーイラストに触発された営業メンバーが発刊記念と称してアフロ&ヒゲ&メガネ姿で後藤さんに扮して書店を訪問営業。

 「おい!なにやってんだ!」「似てないぞ!」と各方面からのお叱りを覚悟していましたが、なんとTwitter上でアジカンファンのみなさん、そして後藤さんご本人から温かいリプライをいただいたのでした。(詳しくはこちら

 それに味をしめたアフロ営業が、待ってましたと言わんばかりに今回再び出陣!
 アジカンファンの大勢集まるライブ会場におじゃまして、本を販売してまいりました!

(文・池畑索季、写真・岡田森)

前半戦"アフロはつらいよ"

ツアー2日目の恵比寿リキッド・ルームへ。


アフロ営業2号ことモリとWアフロ体制で行くつもりが、「状況が読めないので、アフロは1名でお願いします」という旨の釘をさされて若干ひるむアフロ1号。

実際に開場してみると、列をなした観客のみなさんで、物販スペースの前はものすごい人口密度に。
懸命に声を張り上げるも、為す術もなく人だかりにのみ込まれて活躍できず・・・ぐぬぬ。まずい、まずいぞ。

0405_1.jpg激しい人波に揉まれるアフロ

そうこうしているうちに開演時間に。
忸怩たる思いを抱えつつ、物販スペースを離れてライブのフロアへ。

ライブ中のサプライズ

アジカンの最高のパフォーマンスに、1人の観客としてノリノリで楽しんでいたところ、はじまった後藤さんのMC。

「今日はアフロ姿のミシマ社の人が本を売りに来てるみたい。ちょっと古い俺の格好して・・・」(会場笑)

・・・な、なんと!! ライブ中に後藤さんがふれてくださる!? なんてこったい!!
感激しつつ、そうだ俺は本を売りに来たんだと、後半のリベンジを誓うアフロ。

後半戦"You are very famous among fans!"

会場出口の階段で待ち構える作戦。
本をおすすめしていたら、何人もの方が笑顔で温かい声をかけてくださるではありませんか・・・!

0405_3.jpgお姉さんに写真撮影を求められデレデレするアフロ

パリから来たというフランス人の男性には"You are very famous among fans!"的なことを言われアフロ有頂天に。ニヤニヤしながらツーショット。

そして肝心の本の販売もいい感じに。
「サイン本まだありますか?」と、声をかけてくださる方も多数いらっしゃり、『凍った脳みそ』『銀河鉄道の星』がどんどん読者の手に渡っていきます。よかった!!

***

アフロは飛び込み企画でしたが、ツアーまだまだ続きます!
会場の物販コーナーでは、後藤さんの著書のほか、Tシャツやタオル、トートバッグなどオリジナルアイテムも販売。

ライブご来場の際はぜひ物販コーナーもお楽しみください!

0405_2.jpg

編集部からのお知らせ

(1)ツアーの詳細はこちら!

ASIAN KUNG-FU GENERATION Tour 2019「ホームタウン」

(2)『銀河鉄道の星』原画展開催中です!

牡丹靖佳さんの原画の上から、後藤正文さんが「銀河鉄道の星」の一節を直筆しました。
 牡丹さんの絵と後藤さんの文がシンクロする、ここだけの展示です。

【東京】青山ブックセンター 本店 2019年4月4日(木)~4月23日(火)※最終日は19時まで
【盛岡】カネイリスタンダードストア 2019年4月27日(土)~5月12日(日)

詳細はこちら

(3)後藤正文さんの著書情報

ginga_shoei.jpg『銀河鉄道の星』原作/宮沢賢治、編/後藤正文、絵/牡丹靖佳(ミシマ社)

noumiso_shoei.jpg『凍った脳みそ』後藤正文(ミシマ社)

nanndodemo_shoei.jpg『何度でもオールライトと歌え』後藤正文(ミシマ社)

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • ミシマ社の話ミシマ社の話

    「ちいさいミシマ社」と買い切り55%がめざすもの

    三島 邦弘

    「これからの出版社とこれからの書店」を書いた3カ月前は、新レーベル名を「ミシマ社の本屋さん」と考えてました。が、一転、最終的に「ちいさいミシマ社」としました。その心は? と問われれば、「ちいさい」願望がむくむくと高まっていた。おそらく、そうなのだろうと自分では思っています。

  • ホホホ座とミシマ社の反省会 山下賢二×三島邦弘トークイベント

    ホホホ座とミシマ社の反省会 山下賢二×三島邦弘トークイベント

    ミシマガ編集部

    6月刊『ホホホ座の反省文』の刊行を記念して、著者の一人である山下賢二さんとミシマ社代表・三島が代官山蔦屋書店さんで対談しました。

  • 光用千春さんインタビュー 絵を描くことは世界と闘う術(1)

    光用千春さんインタビュー 絵を描くことは世界と闘う術(1)

    ミシマガ編集部

    突然父親と二人暮らしになった、小学生・花さんを取り巻く日常と彼女の成長を描いた『コスモス』。この作品を生み出した方に、ぜひお会いしたい。その興奮のまま、漫画家・イラストレーターである光用千春さんにインタビューを申し込みました。一日目の今日は、『コスモス』誕生のきっかけや、作品を作ること、はじめての漫画制作について、お話を伺います。

  • 安田登×いとうせいこう×釈徹宗×ドミニク・チェン 論語はやっぱりすごかった(1)

    安田登×いとうせいこう×釈徹宗×ドミニク・チェン 論語はやっぱりすごかった(1)

    ミシマガ編集部

    5/25(土)(『すごい論語』の発刊日)に、著者の安田さんと、『すごい論語』に登場してくださった対談相手のいとうせいこうさん、釈徹宗さん、ドミニク・チェンさんの4人全員が一堂に会する、「すごい×すごい×すごい×論語」が、青山ブックセンター本店で開催されました。その模様を2日にわたり掲載します。本日は前半です。どうぞお楽しみください!

ページトップへ