銀河鉄道の星

第3回

後藤正文さんからのもう一つの贈り物、公開します。

2018.12.13更新

 こんにちは。ミシマガ編集部です。ミシマガでは一昨日より3日間にわたり、『銀河鉄道の星』の魅力をお伝えしています。昨日のミシマガでは後藤正文さんからの贈り物として、「メッセージカード」のことをお知らせしました。期間限定で、ミシマ社の本屋さんショップで『銀河鉄道の星』をご注文くださった方へ、後藤さんによる直筆メッセージが入ったカードをお付けしています。

ginga_shoei.jpg

『銀河鉄道の星』宮沢賢治(原作)後藤正文(編)牡丹靖佳(絵)

 そして後藤さんからの贈り物はなんともう一つ。今日は後藤さん本人による『銀河鉄道の星』紹介動画を公開します! 『銀河鉄道の星』をまだお読みでない方も、すでに読んでくださった方も、ぜひご覧ください。

 いかがでしたか? この贈り物動画が本当に素晴らしく、ミシマガ編集部のメンバーも何度も見ては嬉しい気持ちに浸っています。『銀河鉄道の夜』ぜひお手にとってみてください。

 また、今後いくつかの書店では『銀河鉄道の星』のパネル展開催も予定しています。『銀河鉄道の星』の挿画を手がけてくださった牡丹靖佳さんによるイラストを中心に、本作の魅力をパネルでご紹介する展示です。開催情報は随時、ミシマ社ニュースページ、Twitter等でお知らせしてまいります。こちらもどうぞお楽しみに。

『銀河鉄道の星』パネル展開催店舗〉
・ブックファースト自由が丘店(12月下旬~予定)
・ジュンク堂書店姫路店(2019年1月~予定)
ほか数店舗予定

 また、後藤正文さんに関連して、今後のミシマガでは、2018年12月3日に青山ブックセンター本店にて行われた後藤さんと、コラムニストであり『上を向いてアルコール』(ミシマ社)の著者でもある小田嶋隆さんによる対談記事の公開も予定しています。後藤さんの『凍った脳みそ』を読んで、「ここしばらく読んだ本で、こんなに枝葉の部分がおもしろかった本はなかった」という感想をくださった小田嶋さん。100名を超える参加者の方々の熱気のなか行われたお二人のトークは必見です。ぜひ今後のミシマガにもご注目ください。

ミシマガ編集部
(みしまがへんしゅうぶ)

編集部からのお知らせ

前作『凍った脳みそ』『何度でもオールライトと歌え』好評発売中です

1008_12.jpg『凍った脳みそ』後藤正文(ミシマ社)

アジカン・ゴッチの音楽スタジオ「コールド・ブレイン・スタジオ」。
その空間で日夜起こる、脳みそが凍るほどに理不尽でおかしな出来事と事件。


1008_21.jpg

『何度でもオールライトと歌え』後藤正文(ミシマ社)

俺たちの時代で、断絶を起こしたくない。

『THE FUTURE TIMES』編集長として、ASIAN KUNG-FU GENERATION のゴッチとして、市井に生きる一人の阿呆として――書かずにはいられなかった魂の言葉たち。2011.3.9以降、書きためた日記を待望の書籍化。

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 『小さき者たちの』いよいよ発刊!!

    『小さき者たちの』いよいよ発刊!!

    ミシマガ編集部

    2017年刊の『うしろめたさの人類学』と2021年刊の『くらしのアナキズム』では、エチオピアでの長年のフィールドワークをもとに、私たちが前提としている考え方の枠組みを外して、日常の暮らしを通して社会を変えていく可能性について綴られた、松村圭一郎さん。『小さき者たちの』では、初めて、生まれ育った故郷である熊本をテーマに執筆されました。「はじめに」で、松村さんは本書での試みの意図を、下記のように綴られています。

  • 一冊の本ができるまで~新人全力レポート(1)

    一冊の本ができるまで~新人全力レポート(1)

    ミシマガ編集部

     こんにちは。ミシマ社新人のオオボリです。本日よりなんと月一連載を務めさせていただくことになりました! その名も「一冊の本ができるまで~新人全力レポート」。つたないながらも新人による全力レポート、楽しんでいただけたら嬉しいです! どうぞよろしくお願いします!

  • 『幸せに長生きするための今週のメニュー』刊行記念  ロビン・ロイドさん、中川学さんインタビュー

    『幸せに長生きするための今週のメニュー』刊行記念  ロビン・ロイドさん、中川学さんインタビュー

    ミシマガ編集部

    先日ちいさいミシマ社から発刊した『幸せに長生きするための今週のメニュー』。アメリカ出身の民族楽器奏者、詩人のロビン・ロイドさんと、京都のお寺の住職兼イラストレーターの中川学さんによる日英併記の詩画集です。  自然の移りかわりや、日常のささやかなよろこびを丁寧にすくい上げるロビンさんの詩と、中川さんの温かく想像力がかきたてられる鉛筆画がやさしく心に届き、折に触れて読み返したくなる一冊です。

  • 魚屋の息子

    魚屋の息子

    前田エマ

     家の近所に、同級生の家族が営んでいる魚屋がある。たまに買いに行くと、心地よい明るさのお母さんが「美容室で読んだ雑誌に、エマちゃん載ってたよ〜」と声をかけてくれる。バレーボールとかハンドボールの選手だったのかな、と思うような、快活でショートカットが似合う素敵な女性だ。私は「ありがとうございます。うれしい〜」と言って、刺身の盛り合わせをお願いしたり、南蛮漬けにするアジを捌いてもらったりして、あたたかい気持ちで家に帰る。住宅街に文字通りポツンと現れる個人商店で、駅からも遠いのに週末には長蛇の列ができる。この店の次男と私は、小中学校が同じだった。

ページトップへ