銀河鉄道の星

第3回

後藤正文さんからのもう一つの贈り物、公開します。

2018.12.13更新

 こんにちは。ミシマガ編集部です。ミシマガでは一昨日より3日間にわたり、『銀河鉄道の星』の魅力をお伝えしています。昨日のミシマガでは後藤正文さんからの贈り物として、「メッセージカード」のことをお知らせしました。期間限定で、ミシマ社の本屋さんショップで『銀河鉄道の星』をご注文くださった方へ、後藤さんによる直筆メッセージが入ったカードをお付けしています。

ginga_shoei.jpg

『銀河鉄道の星』宮沢賢治(原作)後藤正文(編)牡丹靖佳(絵)

 そして後藤さんからの贈り物はなんともう一つ。今日は後藤さん本人による『銀河鉄道の星』紹介動画を公開します! 『銀河鉄道の星』をまだお読みでない方も、すでに読んでくださった方も、ぜひご覧ください。

 いかがでしたか? この贈り物動画が本当に素晴らしく、ミシマガ編集部のメンバーも何度も見ては嬉しい気持ちに浸っています。『銀河鉄道の夜』ぜひお手にとってみてください。

 また、今後いくつかの書店では『銀河鉄道の星』のパネル展開催も予定しています。『銀河鉄道の星』の挿画を手がけてくださった牡丹靖佳さんによるイラストを中心に、本作の魅力をパネルでご紹介する展示です。開催情報は随時、ミシマ社ニュースページ、Twitter等でお知らせしてまいります。こちらもどうぞお楽しみに。

『銀河鉄道の星』パネル展開催店舗〉
・ブックファースト自由が丘店(12月下旬~予定)
・ジュンク堂書店姫路店(2019年1月~予定)
ほか数店舗予定

 また、後藤正文さんに関連して、今後のミシマガでは、2018年12月3日に青山ブックセンター本店にて行われた後藤さんと、コラムニストであり『上を向いてアルコール』(ミシマ社)の著者でもある小田嶋隆さんによる対談記事の公開も予定しています。後藤さんの『凍った脳みそ』を読んで、「ここしばらく読んだ本で、こんなに枝葉の部分がおもしろかった本はなかった」という感想をくださった小田嶋さん。100名を超える参加者の方々の熱気のなか行われたお二人のトークは必見です。ぜひ今後のミシマガにもご注目ください。

ミシマガ編集部
(みしまがへんしゅうぶ)

編集部からのお知らせ

前作『凍った脳みそ』『何度でもオールライトと歌え』好評発売中です

1008_12.jpg『凍った脳みそ』後藤正文(ミシマ社)

アジカン・ゴッチの音楽スタジオ「コールド・ブレイン・スタジオ」。
その空間で日夜起こる、脳みそが凍るほどに理不尽でおかしな出来事と事件。


1008_21.jpg

『何度でもオールライトと歌え』後藤正文(ミシマ社)

俺たちの時代で、断絶を起こしたくない。

『THE FUTURE TIMES』編集長として、ASIAN KUNG-FU GENERATION のゴッチとして、市井に生きる一人の阿呆として――書かずにはいられなかった魂の言葉たち。2011.3.9以降、書きためた日記を待望の書籍化。

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 『脱・筋トレ思考』が発刊しました!

    『脱・筋トレ思考』が発刊しました!

    ミシマガ編集部

    本日8/29(木)、今月の新刊『脱・筋トレ思考』(平尾剛 著)が発売日を迎えました!

  • 社長と新人

    ゲストにオクノ修さんをお迎えしました! はじめての公開収録(1)

    社長と新人

    昨日のミシマ社ナイトレポートにもありましたように、「社長と新人」史上初めてゲストをお招きして、同じく史上初めての公開収録を行いました。そのゲストがなんと、京都の名物喫茶店「六曜社」のマスターで、シンガーソングライターのオクノ修さんです。ちいさいミシマ社第1弾の絵本の元になった、『ランベルマイユコーヒー店』の歌もオクノさんが歌われています。本日は前半をお送りいたします。話題に上がったテーマは「秋田の話」、「編集者の読み方、喫茶店のマスターの飲み方」、「お店へのクレームとスマホ社会」などです。

  • どうやったらクモに、ズッキーニの葉を守ってもらえますか? ほか

    どうやったらクモに、ズッキーニの葉を守ってもらえますか? ほか

    中田 兼介

    突然ですが、今年9月に、『クモのイト』という本を発刊する予定です。動物行動学者として日々クモの研究をされている中田兼介先生による、クモ愛に溢れるこの一冊。そんなわけで、このコーナーでは、クモ博士である中田先生に、クモにまつわる素朴な疑問をぶつけてゆきたいと思います。

  • ミシマ社の話ミシマ社の話

    「ちいさいミシマ社」と買い切り55%がめざすもの

    三島 邦弘

    「これからの出版社とこれからの書店」を書いた3カ月前は、新レーベル名を「ミシマ社の本屋さん」と考えてました。が、一転、最終的に「ちいさいミシマ社」としました。その心は? と問われれば、「ちいさい」願望がむくむくと高まっていた。おそらく、そうなのだろうと自分では思っています。

ページトップへ