銀河鉄道の星

第2回

後藤正文さんからの贈り物、お届けします。

2018.12.12更新

 こんにちは。ミシマガ編集部です。昨日はミシマンが、『銀河鉄道の星』の本屋さんでの販売の様子をレポートしました。今日はこれにまつわるもうひとつの事件(?)と、すてきなクリスマス企画のお知らせです。

ginga_shoei.jpg

『銀河鉄道の星』宮沢賢治(原作)後藤正文(編)牡丹靖佳(絵)(ミシマ社)

 以前このコーナーでご紹介しました、本書のあとがきにもありますように、この本が生まれるきっかけは、著者の後藤正文さんが、プレゼント用の児童書を探していたことでした(後藤さんがどんな思いで、どのようにこの本を書いたのかは、ぜひこちらの記事をお読みください)。

 これまで絵本を読んでいた子どもが、文字がいっぱいの本に挑戦する。宮沢賢治は授業で習ったけれど、最後まで読んだことはなかったから、この機会に挑戦してみる。そもそも読書は苦手だけれど、後藤さんが書いたなら、と読んでみる。・・・この本がいろんな「はじめての読書」のきっかけになるといいなあと、編集部一同、願っております。

 そして私たちミシマ社メンバーがなんといってもお伝えしたいのが、装丁のすばらしさ!!本屋さんで見かけてくださった方はご存知のように、まずカバーに描かれた牡丹靖佳さんの色彩豊かでみずみずしい装画が目を引きます。本をぱらぱらめくると、中には物語の世界を彩る、繊細で美しい挿画がたくさん入っています。

1212_1.JPG

 ブックデザインは、前回後藤さんとの対談記事にもご登場くださった、名久井直子さん。カバーから表紙、本の中、とすみずみまで見逃せない、とてもすてきなブックデザインです(私はとくに、カバーをはずしたところの、夜空に浮かぶ星座のような表紙が大好きです)。

1212_2.JPG

 今回、本書を発刊するにあたり、忙しいアルバム作りの合間を縫って、後藤さんに300冊限定で、サイン本を作っていただきました。著者の方のサイン本は、なるべく全国のいろんな方に届くように、ふだんはたくさんの本屋さんへ、ちょっとずつお届けしているのですが、今回は、ウェブ上の「ミシマ社の本屋さんショップ」限定でご注文をお受けすることにしました。より読者の方に近いところで、まさに「贈り物」のようにこの本をお届けできたら、との思いからこのような形をとらせていただきました。

 そして迎えた『銀河鉄道の星』発刊日。ミシマ社のホームページやツイッターでは、この日の正午よりサイン本を受けつけ始めることを、事前にお知らせしていました。実はミシマ社がこういうことをするのははじめて。著者はめちゃくちゃたくさんのファンがいらっしゃる後藤さん。そしてネット系、デジタル系にはスーパーうとい会社、ミシマ社。一気にアクセスされたら、サーバーダウンするかも(ドキドキ)などとメンバー一同そわそわしていたら・・・

1212_3.jpg

 わー!本当に接続できなくなった!!

 と、ミシマ社史上初(?)のこんな出来事も一時ありつつ、サイン本は一瞬にして予約受付終了になりました。

 このサイン本をいま、オフィスで一冊ずつ、梱包しています。せっかくなので、今回はお送りする封筒を、少しだけクリスマス仕様にしています。ミシマンサンタが、大切な本を、お届けします。

1212_4.JPG

 そしてさらに。今回後藤さんにお願いして、ご注文くださった読者の方へ、直筆メッセージをいただきました! こちらはミニカードにして、本と一緒にお送りします。どんなメッセージが書いてあるかは、届いてからのお楽しみです。

 残念ながらサイン本はもうありませんが、ミシマ社の本屋さんショップではひきつづき、『銀河鉄道の星』を販売しています。ご注文くださった方には、後藤さんのメッセージカードも一緒におつけします。また、この時期の限定企画として、クリスマスラッピングもお受けしております。贈り物にぴったりなこの本、今年のクリスマスプレゼントにいかがですか?(ご注文の際、「クリスマスラッピング希望」とご明記ください)

1212_5.JPG
 それではみなさま、あたたかくして、すてきな年末をお過ごしくださいね。

 本の感想も、お待ちしております!

ミシマ社の本屋さんショップ




ミシマガ編集部
(みしまがへんしゅうぶ)

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 『小さき者たちの』いよいよ発刊!!

    『小さき者たちの』いよいよ発刊!!

    ミシマガ編集部

    2017年刊の『うしろめたさの人類学』と2021年刊の『くらしのアナキズム』では、エチオピアでの長年のフィールドワークをもとに、私たちが前提としている考え方の枠組みを外して、日常の暮らしを通して社会を変えていく可能性について綴られた、松村圭一郎さん。『小さき者たちの』では、初めて、生まれ育った故郷である熊本をテーマに執筆されました。「はじめに」で、松村さんは本書での試みの意図を、下記のように綴られています。

  • 一冊の本ができるまで~新人全力レポート(1)

    一冊の本ができるまで~新人全力レポート(1)

    ミシマガ編集部

     こんにちは。ミシマ社新人のオオボリです。本日よりなんと月一連載を務めさせていただくことになりました! その名も「一冊の本ができるまで~新人全力レポート」。つたないながらも新人による全力レポート、楽しんでいただけたら嬉しいです! どうぞよろしくお願いします!

  • 『幸せに長生きするための今週のメニュー』刊行記念  ロビン・ロイドさん、中川学さんインタビュー

    『幸せに長生きするための今週のメニュー』刊行記念  ロビン・ロイドさん、中川学さんインタビュー

    ミシマガ編集部

    先日ちいさいミシマ社から発刊した『幸せに長生きするための今週のメニュー』。アメリカ出身の民族楽器奏者、詩人のロビン・ロイドさんと、京都のお寺の住職兼イラストレーターの中川学さんによる日英併記の詩画集です。  自然の移りかわりや、日常のささやかなよろこびを丁寧にすくい上げるロビンさんの詩と、中川さんの温かく想像力がかきたてられる鉛筆画がやさしく心に届き、折に触れて読み返したくなる一冊です。

  • 魚屋の息子

    魚屋の息子

    前田エマ

     家の近所に、同級生の家族が営んでいる魚屋がある。たまに買いに行くと、心地よい明るさのお母さんが「美容室で読んだ雑誌に、エマちゃん載ってたよ〜」と声をかけてくれる。バレーボールとかハンドボールの選手だったのかな、と思うような、快活でショートカットが似合う素敵な女性だ。私は「ありがとうございます。うれしい〜」と言って、刺身の盛り合わせをお願いしたり、南蛮漬けにするアジを捌いてもらったりして、あたたかい気持ちで家に帰る。住宅街に文字通りポツンと現れる個人商店で、駅からも遠いのに週末には長蛇の列ができる。この店の次男と私は、小中学校が同じだった。

ページトップへ