銀河鉄道の星

第4回

『銀河鉄道の星』原画展、始まりました!

2019.04.08更新

 こんにちは。ミシマガ編集部です。昨年の11月に刊行された『銀河鉄道の星』(宮沢賢治・原作、後藤正文・編、牡丹靖佳・絵、ミシマ社刊)、その後も読者の方から感想のおはがきが届いております。お読みいただいたみなさま、ありがとうございます。
※本書についてくわしく知りたい方は、編者・後藤正文さんによるこちらの文章をお読みくださいませ。

 発刊から約5ヶ月・・・今日はみなさまに、うれしいお知らせです。読者の方からのコメントも多かった、牡丹靖佳さんの美しいカラー挿画たち。じつは原画は、ものすごく大きくて迫力のあるものなのです。また、モノクロの絵も近くで見てみると、鉛筆の細い線で、とっても繊細に描かれています。ぜひとも、この原画の素晴らしさを近くで味わっていただきたい! そして、もっと多くの人に、この本と、宮沢賢治作品のすばらしさを知ってほしい!! ということで今回、絵を担当された牡丹さんと、後藤さんご協力のもと、『銀河鉄道の星』特別原画展を開催することになりました。今日は、その見所をちょっとだけご紹介します!



見所その① 会場でしか見られない、スペシャルコラボレーション!

 とある晴れた日曜日、牡丹さんのアトリエで、ペンを片手に「緊張するなあ・・・」とつぶやく、後藤さん。作品をアクリル板ではさみ、その上に、原画からイメージした本書の一筆を後藤さんが直筆していきます。

0408_1のコピー.jpg チャンスがあればぜひとも実物をご覧いただきたいのですが、照明が当たって、アクリル板の上の文字の影が、下の原画の上に浮かび上がっていて、なんとも不思議で幻想的な雰囲気があります。なにより、とってもきれい! 会場では、牡丹さんのアトリエで行なわれたこの直筆書きの動画もご覧いただけます。一発勝負の緊張感とワクワク感が溢れる様子、必見です!


見所その② 書籍には収録されていない絵も!

 カバーに描かれているカラフルな絵や、表紙の星座の原画はもちろん、会場のあちこちに、たくさんの作品を飾っています。また、展示の入り口には、書籍とは別に牡丹さんが描かれた大きなオリジナルの油絵の展示があります。会場のすみからすみまで、『銀河鉄道の星』の世界観とマッチした牡丹さんワールドを、ご堪能ください。

0408_2のコピー.jpg


見所その③ オリジナルスタンプを集めよう!

 今回の展示のDMは、「銀河鉄道の切符」をイメージして作っています。制作時点で、東京、仙台、大阪(予定)で開催することが決まっていたので、牡丹さんにお願いして、それぞれの会場用に、オリジナルの「乗車記念スタンプ」をデザインしていただきました。ご来場の記念にぜひ。スタンプ台の近くには、展示の感想ノートも置いています。よかったら、ご感想をお聞かせください。

0408_3のコピー.jpg

見所その④ 物語の世界のなかでパチリ!

 展示をぐるっとひととおり見て、最後にあるのが、こちらの写真スポット。

0408_4のコピー.jpg

 『銀河鉄道の星』のカバー装画が、等身大立体パネルとして会場に再現されました! 数十個の部品から作られたこのパネル、設営のときには一時、完成しないパズル状態に陥りましたが、完成品はなかなかの存在感を放っています。となりには牡丹さんお手製の帽子が三つ。『銀河鉄道の星』に登場するジョバンニ・車掌・インディアンの帽子を、牡丹さんが手作りしてくださいました。そしてなんとこの帽子、実際にかぶることができます! 登場人物になりきって、ぜひ記念撮影をお楽しみください〜(よかったら、SNSなどで一緒に宣伝していただけるとうれしいです!)

0408_5のコピー.jpg

 
 宮沢賢治の名前や作品は、学校の授業などで誰しも一度は聞いたことがあると思います。けれどその中で、実際に作品を最初から最後まで読んだことがある人となると、もしかしたらその数はすこし少なくなるのかもしれません。この展示が、作品の素晴らしさ、物語のすばらしさ、そして何より、読書のおもしろさに少しでも触れるきっかけになってくれたら、うれしいです。会場には初版限定のポストカードつきバージョンの本も置いていますので、展示のおみやげや、プレゼントにぜひ。

ポストカード.jpg

 自分たちで言うのもなんですが、ものすごく楽しい展示になっています! 春めいてお出かけ日和の季節、『銀河鉄道の星』の世界を味わいに、ぜひ足をお運びくださいませ。

『銀河鉄道の星』原画展

【東京】青山ブックセンター 本店 2019年4月4日(木)~4月23日(火)
 東京都渋谷区神宮前5-53-67 コスモス青山ガーデンフロアB2F
 (表参道駅 徒歩7分/渋谷駅 徒歩13分)
 TEL 03-5485-5511 営業時間 10:00-22:00(無休、最終日は19時まで)

【盛岡】カネイリスタンダードストア 2019年4月27日(土)~5月12日(日)
 岩手県盛岡市盛岡駅通り1-44 フェザンパークテラス1F
(盛岡駅 徒歩3分)
TEL 019-613-3556 営業時間 10:00-20:30(無休)

※その後、丸善&ジュンク堂書店 梅田店でも開催予定です!

ミシマガ編集部
(みしまがへんしゅうぶ)

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • ミシマ社の話ミシマ社の話

    「ちいさいミシマ社」と買い切り55%がめざすもの

    三島 邦弘

    「これからの出版社とこれからの書店」を書いた3カ月前は、新レーベル名を「ミシマ社の本屋さん」と考えてました。が、一転、最終的に「ちいさいミシマ社」としました。その心は? と問われれば、「ちいさい」願望がむくむくと高まっていた。おそらく、そうなのだろうと自分では思っています。

  • ホホホ座とミシマ社の反省会 山下賢二×三島邦弘トークイベント

    ホホホ座とミシマ社の反省会 山下賢二×三島邦弘トークイベント

    ミシマガ編集部

    6月刊『ホホホ座の反省文』の刊行を記念して、著者の一人である山下賢二さんとミシマ社代表・三島が代官山蔦屋書店さんで対談しました。

  • 光用千春さんインタビュー 絵を描くことは世界と闘う術(1)

    光用千春さんインタビュー 絵を描くことは世界と闘う術(1)

    ミシマガ編集部

    突然父親と二人暮らしになった、小学生・花さんを取り巻く日常と彼女の成長を描いた『コスモス』。この作品を生み出した方に、ぜひお会いしたい。その興奮のまま、漫画家・イラストレーターである光用千春さんにインタビューを申し込みました。一日目の今日は、『コスモス』誕生のきっかけや、作品を作ること、はじめての漫画制作について、お話を伺います。

  • 安田登×いとうせいこう×釈徹宗×ドミニク・チェン 論語はやっぱりすごかった(1)

    安田登×いとうせいこう×釈徹宗×ドミニク・チェン 論語はやっぱりすごかった(1)

    ミシマガ編集部

    5/25(土)(『すごい論語』の発刊日)に、著者の安田さんと、『すごい論語』に登場してくださった対談相手のいとうせいこうさん、釈徹宗さん、ドミニク・チェンさんの4人全員が一堂に会する、「すごい×すごい×すごい×論語」が、青山ブックセンター本店で開催されました。その模様を2日にわたり掲載します。本日は前半です。どうぞお楽しみください!

ページトップへ