『銀河鉄道の星』あとがきを掲載します

第7回

『銀河鉄道の星』あとがきを掲載します

2018.11.20更新

 いよいよ明後日22日(木)、『銀河鉄道の星』が発売になります! 本日は一足早く、「あとがき」を公開します。今回、なぜ後藤正文さんは、宮沢賢治を新訳しようと思ったのか。この「あとがき」を読むと、子どものころに、本の世界への入り口に立っていた自分を思い出して、温かな気持ちになります。たくさんの子どもたち、そして大人たちに届きますように。

ginga_shoei.jpg

『銀河鉄道の星』宮沢賢治(原作)後藤正文(編)牡丹靖佳(絵)(ミシマ社)

『銀河鉄道の星』あとがき

 とあるプレゼント用の本を探しに書店へ入り、書棚の前で途方に暮れたのは五年くらい前のことだったと思います。僕が手に取った本は、どれも漢字にルビ=振り仮名が振られておらず、小学校の高学年にならないと読めなそうな本ばかりでした。

 漢字の読み書きの能力を想像しながら売り場を歩くと、絵本のコーナーにたどり着きました。

 どんな年齢の人が読んでも面白い絵本はたくさんあります。売り場にも、素敵な絵本がいくつも並んでいました。けれども、僕が贈りたいのは、「はじめての読書」になるような本でした。

 もちろん、絵本を読むことは読書ではないと言いたいわけではありません。僕が渡したかったのは、絵本と文芸書の間をつなぐような、ある程度の文章を読んで何かを感じるという体験だったのです。

 小学校の低学年と高学年の間には、読書体験の窪地のようなところがあるのかもしれないと僕は思いました。学校で漢字を習うまで読めない本があるとしたら、悲しいほどの機会の損失です。

 ルビの有り無しを簡単に飛び越えて、読書に没頭してゆく子もいるでしょう。読める読めないということはとても不思議で、大人が読めていないことを子どもが読み取っていたり、漢字がわからなくても意味をつかまえている子がいたりと、漢字学習の濃淡とイコールでは結べません。難しい本だろうから子どもには読めない、という偏見は書き手にも読み手にも、文学の歴史にも失礼なことなのだと思います。

 一方で、書いてある漢字が読めないということを理由に、その本から撤退してしまう子もたくさんいるのではないかと想像します。

 それではと、こうしてすべてのもじをひらがなでかいてみると、とてもよみづらいです。ほとんどあんごうのようになってしまいます。むつかしいことです。ぎゃくに、こどもたちをりすぺくとしていないようなきもちになります。もっとも、しょてんにそうしたほんはいっさつもありませんでした。

 というわけで、先に書いた通り、僕は書店で途方に暮れました。

 いっそのこと、すべての漢字にルビを振って、プリントアウトしたものを渡そうと考えて、新潮文庫の『銀河鉄道の夜』をチクチクとワードファイルに打ち直すところから、この本の執筆がはじまりました。

 プレゼント用の本を自作しようと思ったのです。

 文章を打ち直しながら、改めて、僕は宮沢賢治の詩情にズンズンと惹かれて行きました。人気のない冬の朝の透き通った空気を吸い込んだときの、肺の奥がひんやりとして清々しくなるような、ひとりぼっちのまま世界をひとりじめにしているような、そんな瞬間に身をひたし続けているような気分でした。

 夢中になって書き写しているうちに、段々と、文章のなかで重複する表現が気になりはじめました。とても素敵な作品だけれど、最後のところで編集者の手が入っていないのではないかとも感じました。音楽で言うならば、デモテープなのかもしれないと。

 ふと思い出したのは、僕の職業はミュージシャンだということでした。

 音楽には、楽器ごとに分けられた音源を編み直す、リミックスという表現があります。原曲の音を使って編み直すだけでなく、ほとんどの場合は新たな音が加えられて、楽曲が再解釈されます。

 僕は不遜にも、この手法で、『銀河鉄道の夜』を自分なりにリミックスしようと思いました。音読したときの響きがやや古典的に聞こえつつあるこの物語の詩情をそのままに、現代風のサウンドに立ち上げ直したいと考えたのです。

 さらに『よだかの星』と『双子の星』を加えて、この本を『銀河鉄道の星』と名づけました。二つの物語が並ぶことで、レコードやCDのアルバムのなかでシングル曲が再解釈されるような、奥行きと豊かさを持たせたいと思いました。

 もちろん、原作の響きは僕が語るまでもなく素晴らしいものです。

 ビートルズの名曲が謎のボサノバ・アレンジによって台無しにされていたり、あるいはスーパーマーケットで聴くようなインストゥルメントで聴かされたりしたときのような、憤りに近い感情を抱く人もいるかもしれません。

 そうした風景を想像しつつ、恐れおののきつつ、ありったけの愛をもってリミックスしました。

 僕の印税はすべて「ハタチ基金」という「東日本大震災発生時に〇歳だった赤ちゃんが無事にハタチを迎えるその日まで」を合言葉に活動している団体に寄付します。

 本来、プレゼント用にたった一冊の本が欲しくてはじめたことです。その一冊が手に入れば十分です。

 ミシマ社の三島邦弘さん、装丁家の名久井直子さんの協力なくして、この本は作れませんでした。そして何より、素晴らしい絵画を描いてくださった牡丹靖佳さんに感謝します。牡丹さんの絵は、僕のリミックスがぎりぎりのところで謎のボサノバ・アレンジに転落することを防いでくれたように思います。

 読む、書く、という人間の営みに愛を込めて。

後藤正文

 プレゼントにピッタリの本書、初版には限定特典として、「絵・牡丹靖佳さん、デザイン・名久井直子さん」のオリジナルポストカードがはさみこまれていますので、お早めにどうぞ!

postcard3.jpg

 明日は後藤正文さんと装丁家の名久井直子さんによる、対談の様子をお届けします。こちらもぜひお楽しみに!

編集部からのお知らせ

『銀河鉄道の星』サイン本を販売します

後藤正文さんによる『銀河鉄道の星』サイン本を「ミシマ社の本屋さん」のオンラインショップ限定で販売します。

詳しくはこちら

『凍った脳みそ』好調3刷、発売中です!

1008_12.jpg『凍った脳みそ』後藤正文(ミシマ社)

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(1)

    『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(1)

    ミシマガ編集部

    11月22日、『銀河鉄道の星』(宮沢賢治・原作、後藤正文・編、牡丹靖佳・絵)が発売となりました。発売を記念して、この本の著者であり、12月5日にはNEW ALBUM「ホームタウン」を発表したASIAN KUNG-FU GENERATIONのボーカル&ギターを担当する後藤正文さんと、装丁を手がけてくださった名久井直子さんの対談を2日間にわたり、お送りします。昨日掲載した「あとがき」からさらに踏み込んで、後藤さんがなぜ、宮沢賢治を新訳しようと思ったのか、そして子どものころから宮沢賢治の作品に触れてきた名久井さんは、今回何を感じられたのか? たっぷりとお届けします。

  • 西村佳哲×ナカムラケンタ 最近〝仕事〟どう?(1)

    西村佳哲×ナカムラケンタ 最近〝仕事〟どう?(1)

    ミシマガ編集部

    みなさん、最近、仕事どうですか? ナカムラケンタさんの『生きるように働く』と、『いま、地方で生きるということ』の著者でもある、西村佳哲さんの『一緒に冒険をする』(弘文堂)の2冊の刊行を記念して、2018年9月18日、代官山 蔦屋書店にてトークイベントが行われました。「最近〝仕事〟どう?」をテーマに、それぞれの角度から「仕事」について考え続けてこられたお二人が、自著の話、人が働くことの根っこについて、そして「働き方改革」までを語り合いました。そんなお話の一部を、前・後編2日間連続でお届けします。どうぞ!

  • くすみ書房店主・久住邦晴さんの本を発刊します

    くすみ書房店主・久住邦晴さんの本を発刊します

    ミシマガ編集部

    今月末に『奇跡の本屋をつくりたい〜くすみ書房のオヤジが残したもの』が発刊となります。多くの人に愛されながらも、2015年に閉店した札幌の書店「くすみ書房」の店主、久住邦晴さんの未完の遺稿を再編集し、書籍化したものです。この本にちなんで今日からミシマガ上でも「奇跡の本屋をつくりたい」のコーナーがスタートします。

  • 凍った脳みそ

    特集『凍った脳みそ』後藤正文インタビュー(1)

    ミシマガ編集部

    『凍った脳みそ』。なんとも不思議なタイトルである。いったい何の本なのか? と題名だけ見てわかる人はかなりのゴッチファンにちがいない。ぞんぶんにお好きなように本書を楽しんでくださいませ! 実は、アジカンファンだけど「この本はどうしようかな」と思っている方や、必ずしもアジカンやゴッチのファンでもないけど音楽は好きという方や、ゴッチもアジカンも音楽もとりわけ好きなわけじゃないけど面白い本は好き! という方にも、本書はおすすめなのです。その理由の一端に迫ることができればと思い、著者の後藤正文さんに直接お話をうかがいました。

この記事のバックナンバー

11月22日
第7回 『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(2) ミシマガ編集部
11月21日
第7回 『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(1) ミシマガ編集部
11月20日
第7回 『銀河鉄道の星』あとがきを掲載します ミシマガ編集部
11月04日
第6回 『うしろめたさの人類学』を読んでみよう(2) ミシマガ編集部
11月03日
第6回 『うしろめたさの人類学』を読んでみよう(1) ミシマガ編集部
09月07日
第5回 町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(2) ミシマガ編集部
09月06日
第5回 町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(1) ミシマガ編集部
07月28日
第4回 夏休み特集(2)バッキー井上さんに訊く、ハッピーな夏の過ごしかた ミシマガ編集部
07月27日
第4回 夏休み特集(1)三浦豊さんに訊く、夏におすすめの木 ミシマガ編集部
07月19日
第3回 『絶対に死ぬ私たちがこれだけは知っておきたい健康の話』実践レポート(2) ミシマガ編集部
07月18日
第3回 『絶対に死ぬ私たちがこれだけは知っておきたい健康の話』実践レポート(1) ミシマガ編集部
06月06日
第2回 「万引き家族」を10倍楽しむための10章(2) ミシマガ編集部
06月05日
第2回 「万引き家族」を10倍楽しむための10章(1) ミシマガ編集部
05月16日
第1回 特別寄稿 医師・佐藤友亮さん「罰するよりも大切なこと」 ミシマガ編集部
05月15日
第1回 小田嶋 隆×仲野 徹 「依存」はすぐとなりに(2) ミシマガ編集部
05月14日
第1回 小田嶋 隆×仲野 徹 「依存」はすぐとなりに(1) ミシマガ編集部
ページトップへ