鎌田裕樹×三島邦弘 トークイベント「本屋と出版社と、読者の『これから』を考える」

第43回

鎌田裕樹×三島邦弘 トークイベント「本屋と出版社と、読者の『これから』を考える」

2020.05.04更新

 2020年4月17日、「一冊!宣言~本屋と出版社と、読者の『これから』を考える」と題して、恵文社一乗寺店の鎌田裕樹さんとミシマ社代表の三島の対談イベントが開催されました。当初恵文社一乗寺店に50人ほどを集め開催される予定でしたが、新型コロナウイルスの影響を受け、急遽、ミシマ社初(!)のネット配信形式に変更して開催されました。参加者の方々からは、「会場にいるかのような熱量を感じた」、「閉塞的な日常のなかで心がほぐれました」、「家中にマグマが溢れました!」など、大喜びの声を多数いただきました。その声を受け、当日配信された映像を、ミシマ社の本屋さんショップで5/6までの期間限定で販売することにしました!(参加者の方は無料でご覧いただけます)。ぜひ、視聴いただけると嬉しいです。本日は、「動画配信イベント、およびその動画販売」というミシマ社の新しい試みとなった記念すべきイベントの一部を、記事としてみなさまにお届けします。( ミシマガ編集部)

200503-2.png

ワクワクしている部分もある

三島 本日は「書店と出版社と読者のこれからを考える」というテーマで対談できればと思います。昨日(4月16日)全国に緊急事態宣言が出されて、これまで対象範囲外だった京都府もその一部になったわけですが、ここ1、2週間のお店の状況を教えてもらえますか。

鎌田 休業を余儀なくされている店も多いなかで、どう言葉を選んだらいいか、難しいですが、最初の小池都知事の自粛要請会見までは、来店がむしろ多い1週間もありました。ただそれ以降極端に減っていって、今は普段の半分程度の客数です。恵文社では、現在、短縮営業という形をとっています。ただ、あくまで個人の意見として、不謹慎かもしれないですが、ワクワクしている部分もあります。新しいかたちの本の売り方ができるのではないか、と具体的に考えるようになりました。

三島 今考えることとして、喫緊の、今日明日、お店をどう維持していくのかっていうことがまずあります。プラス、次の時代に向けてどう変化していくかも考えていかないといけない。今日のイベントではそのどちらも考えていければと思います。
 そういう意味で、このイベント自体が可能性の一つかなって思っています。『パルプ・ノンフィクション』を出してから、軒並みイベントが中止になり、本屋さんも閉まってしまったんですね。もしコロナがなかったら、日本全国イベントでまわるつもりだったんですよ。でもこうやって、オンラインで全国各地の方とコミュケーションをとれるっていうのは、すごく良い可能性だなって感じました。

カバー表1.jpg『パルプ・ノンフィクション』三島邦弘(河出書房新社)

※現在、恵文社一乗寺店さんにてサイン本を販売中です! 

鎌田 そうですよね。京都の郊外に立地する恵文社でイベントを企画しようと思うと、ゲストの交通費や宿泊費などの経費がかかりますが、オンラインでの開催の場合それがなくなるので、そこはひとつのメリットだと感じています。一方で、東京でやるイベントと京都でやるイベントの性質が同じ場合、京都や地方で開催する意味がなくなってしまいますよね。だから僕らみたいな地方の中小の書店が、どうイベントを組んでやっていくかっていうところは、他店とシェアをしつつも、企画力を競い合っていかなければならない点だ、と考えています。


読者の方々へ、送料はご負担いただけると助かります

鎌田 恵文社ではずっとオンライン販売もやっていますが、最近になって痛感しているのが、システムを使うのにもお金がかかるということです。無料で通販サイト作れる一般的なサービスだと、だいたい1回の決済で手数料が5パーセントくらいとられる。さらに梱包にもダンボール1個30円とか40円とかするわけで、お客様が支払っている送料以上に経費がかかっているんですよね。だから、こういう状況になって、書店が急遽通販に切り替えるといっても、設計し直さなければならないことは多々あります。ただでさえ本の利幅は少ないので(取次経由の場合、書店の利益は約2割)、本当に利益を出すのが難しく、何が残せるのかと、考えてしまいます。

三島 送料無料キャンペーンをされている書店さんもありますけど、ほとんど利益が残らないですよね。

鎌田 むしろ赤字になると思います。僕は店も何事も継続することに意味があると思っているので、儲けがほとんどない設計のサービスが果たして正しいのか、正直わかりません。

三島 やはりそれでは不健全なので、読者の方にはオンラインで買うときは、送料は負担するものだ、と思っていただきたいですね。

鎌田 そうですね。大手の通販サイトに慣れていると送料無料ってあたりまえじゃないですか。申し訳ないけど、お客様に負担いただいた分は、その分、僕らがちゃんと対価として選書や他のサービスを提供する信頼関係を築くほうが健全だと思うので。そのための努力を積み重ねやっていきます。
 あとは「助ける側と助けられる側」という関係になってしまうと、コロナが終息した後に対等でいられるのかということも考えます。もちろん飲食店やクラブ、ライブハウス、映画館は、性質上そう言っていられない状況があるので、いま進んでいる様々な活動を否定する気は全くないんですけど、ちゃんと終息後に何を返していけるのか、そもそも終わりはくるのか、総合的に考えて取り組んでいきたいですね。

三島 そうですね。だからこそ支え・支えられっていう助け合いが大事だろうと思いますね。書店、出版社、読者、が三位一体というか。本に育てられ、助けられてきた、と僕なんかは思っているわけですが、少しでもそういう思いのある方でしたら、この三位一体という感覚を共有してもらえると思います。本当に苦しいときは助けてください、って言える関係であっていい。むしろ、ちゃんとヘルプ! と言ってくれて嬉しい、そう思える関係性というか。たとえば、支払いだけ今済ませて、本の受け取りは(コロナの)終息後でいいです、そんな形もありなんじゃないかな。

鎌田 例えば、双子のライオン堂さんやREWIND-BOOKSさんもプリペイドカードみたいなサービスをやられています。twitterなどを見ていると、個別にはみなさん面白いことをやられているので、それをみんなでシェアして、より良いアイデアを生み出していきたいです。

築地市場みたいなサイト

三島 「そういうものだから」と言って今まで改善されてこなかった、出版社と書店のいびつな関係性を、しっかりと変えていきたいな、と以前から考えていました。そのためには、出版社と書店と読者が、気持ちよく共存できるプラットフォームがないといけない。自分たち仕様のプラットフォームがないことが、かえって自分たちの自由度を奪っている。たとえば、注文はFAXでしかやりとりできず、結局、「転記」のときに「3」を「8に」読み間違え誤って「8」と入力してしまったり(笑)。こういうことがまだ現実にある。そういう部分は、双方使いやすい共通のシステムがあるほうがいい。と、ようやく昨年あたり思えるようになりました。そこで今年1月に、カランタというミシマ社の子会社を作って、「一冊!取引所」というサービスを始めることになりました。書店さんが小さい出版社の本を注文するときって、それぞれの出版社のホームページなりを見て、個別に注文しないといけなかったですよね。それはものすごい手間でした・・・。

0504 一冊.png

鎌田 確かに、出版社との直取引だと書店の利益率は若干改善されるんです。ほんとに若干ですし、じゃあそればかりやればいいかっていうと、話はそれほど単純ではなくて。直取引だと、まずそれぞれの出版社のホームページに行って商品を確認して、それぞれ電話なりメールなりFAXなりで注文して、それぞれ振込みを行う必要があるので、その分業務は複雑になります。三島さんが以前おっしゃっていたんですけど、なぜ「一冊!取引所」をやるのかっていう理由の1つが、書店の煩雑な業務が減らし、本来の仕事により注力できるようにすることだと。本当にそうなったら素晴らしいことだと思いました。

三島 そうなんです。このサイト内でワンクリックで注文できるっていうことは最低限やっていきたいこと。プラス、単純な注文サイトというよりは、出版社から見たら出版社の営業サイトという役割も果たしてきたいです。今までは、新刊を出すとき「こんな本が出ます」って個別に1店1店伝えて、注文をもらうってことをしていたんです。これって、出版社も大変だし書店さんも大変なんですよね。それだったらその本のことが伝わる動画を1本撮ってアップして、それを見てもらえば、双方、時間的にも空間的にも制約されずにすむ。さらに言うと、それを内向きなものにしません。誰もが見ることができます。いわば築地市場みたいなものです。プロが取引をしながら、一般の人も周りで見ていて、一緒に食べることもできるっていう場になっています。

鎌田 営業とプロモーションがコンテンツにもなっているっていうことですよね。

三島 そうです。本屋さんも読者の方も「なんかここを訪ねていたら面白い、なんか毎日見てしまう」っていうサイトにしていきたいですね。

0504 一冊画面.png一冊取引所の現在のトップページ


 開催方法、内容ともに、まさに「これから」の空気を感じずにはいられなかった今回のイベント。このイベントを皮切りに、ミシマ社の動画配信形式でのイベントは続々と開催されていきます。
 このイベントの1週間後にも、京都の書店、メリーゴーランドさんと共同で、藤原辰史先生をお迎えして「パンデミックを生きる構え」というイベントを開催しました。コロナ禍の中、われわれはどういう心持ちで日々を過ごせばよいのか? 藤原先生が過去のパンデミックの歴史資料から紐解き、重みのある言葉をもって語って下さいました。(くわしくは以下の編集部からのお知らせをご覧ください。)
 これからもミシマ社は、出版メディアとして「本当におもしろい」、「いま必要とされている」コンテンツをみなさまにお届けしていきます。ぜひご期待ください。

編集部からのお知らせ

4/25開催「パンデミックを生きる構え」イベント動画を期間限定で販売中です!

藤原辰史先生をお迎えして行われた「パンデミックを生きる構え」のイベント動画を5月10日までの期間限定で販売中です。

0504恵文社イベント huzihara動画画像.jpg

詳細・ご購入はこちら

「これからの『ものづくり』と『小売』を考えるナイト2〜ALL YOURS のやり方を学ぶ!」
木村昌史 × 山下優 × 三島邦弘  
オンラインイベントが開催されます!

日時:5月9日(土)16:00〜
主催:青山ブックセンター
開催方法:WEB会議ツール「ZOOM」を使用したオンライン配信

アパレルブランドALL YOURS代表の木村昌史さんと、青山ブックセンター本店店長の山下優さん、そしてミシマ社代表三島の3人によるトークイベントがオンラインで開催されます!

詳細・お申し込みはこちら

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

この記事のバックナンバー

05月23日
第45回 『自分と他人の許し方、あるいは愛し方』刊行記念特集 まえがきを公開します。 ミシマガ編集部
05月20日
第44回 パンデミックを生きる構え(2) 藤原辰史×鈴木潤×三島邦弘 ミシマガ編集部
05月19日
第44回 パンデミックを生きる構え(1) 藤原辰史×鈴木潤×三島邦弘 ミシマガ編集部
05月04日
第43回 鎌田裕樹×三島邦弘 トークイベント「本屋と出版社と、読者の『これから』を考える」 ミシマガ編集部
04月21日
第42回 尹雄大×伊藤亜紗 トークイベント「迷い、戸惑う感覚の味わい方」(2) ミシマガ編集部
04月19日
第42回 尹雄大×伊藤亜紗 トークイベント「迷い、戸惑う感覚の味わい方」(1) ミシマガ編集部
04月09日
第41回 「人生最初の小説を書き終えて」『最初の晩餐』常盤司郎さんインタビュー  ミシマガ編集部
03月28日
第40回 教えて、尹さん!―『モヤモヤの正体』その後のはなし。 ミシマガ編集部
03月21日
第39回 『小田嶋隆のコラムの切り口』刊行記念特集(2)武田砂鉄さん寄稿「参考にならない」 ミシマガ編集部
03月20日
第39回 『小田嶋隆のコラムの切り口』刊行記念特集(1)まえがきを公開&『小田嶋隆のコラムの切り口』ラジオ ミシマガ編集部
03月19日
坊さん、本屋で語る。白川密成×辻山良雄(2) ミシマガ編集部
03月18日
第38回 坊さん、本屋で語る。白川密成×辻山良雄(1) ミシマガ編集部
02月20日
第37回 『坊さん、ぼーっとする。』発刊記念! 坊さんと、家族。 ミシマガ編集部
02月01日
第36回 「これからのメディア」を考える ミシマガ編集部
01月30日
第35回 『モヤモヤの正体』刊行記念 尹雄大さんの正体(2) ミシマガ編集部
01月29日
第35回 『モヤモヤの正体』刊行記念 尹雄大さんの正体(1) ミシマガ編集部
01月07日
第34回 小川彩佳さんインタビュー「わたしと日本舞踊」 ミシマガ編集部
12月29日
第33回 みんなちょっと当事者(2)すでに当事者だということに気づいてほしい ミシマガ編集部
12月28日
第33回 みんなちょっと当事者(1) 黒歴史をさらけだす ミシマガ編集部
12月18日
第32回 『今夜 凶暴だから わたし』発刊に寄せて(高橋さん、濱さん、装丁、編集担当のコメント) ミシマガ編集部
12月06日
第31回 冊子「日本舞踊入門の入門」を現在製作中です! ミシマガ編集部
11月23日
第30回 『ほんのちょっと当事者』本日発刊です! 著者の青山ゆみこさんから読者の皆さまへ ミシマガ編集部
11月05日
第30回 展示レポート! 益田ミリ × ブックスキューブリック × BOOKUOKA「本としあわせしりとり展 in 福岡」 ミシマガ編集部
11月01日
第29回 映画『最初の晩餐』公開記念:常盤司郎監督インタビュー ミシマガ編集部
10月15日
第28回 鎌田東二先生にきく! 宇宙の遊び方(2) ミシマガ編集部
10月14日
第28回 鎌田東二先生にきく! 宇宙の遊び方(1) ミシマガ編集部
09月26日
第27回 『クモのイト』本日発刊です!! 中田先生コメント&クモマンガ ミシマガ編集部
09月18日
第26回 クモのイト 刊行記念特集(2)クモの魅力総特集! ミシマガ編集部
09月17日
第26回 クモのイト 刊行記念特集(1) 中田兼介先生インタビュー ミシマガ編集部
09月04日
第25回 「筋トレ」全盛の時代に、「脱・筋トレ思考」のススメ ミシマガ編集部
08月29日
第24回 『脱・筋トレ思考』が発刊しました! ミシマガ編集部
08月20日
第23回 仲野徹と西靖のそろそろ大阪の話をしよう(2) ミシマガ編集部
08月19日
第22回 仲野徹と西靖のそろそろ大阪の話をしよう(1) ミシマガ編集部
07月28日
第21回 ホホホ座とミシマ社の反省会 山下賢二×三島邦弘トークイベント ミシマガ編集部
07月21日
第20回 オクノ修さんインタビュー ミシマガ編集部
07月13日
第19回 「ちいさいミシマ社」 ミシマ社の本屋さんではこう売ります! ミシマガ編集部
07月12日
第18回 ちいさいミシマ社スタート迫る! 推しポイント&ホームページ開設!! ミシマガ編集部
06月21日
第17回 本日、『ホホホ座の反省文』発売日です! ミシマガ編集部
06月16日
第16回 『ホホホ座の反省文』ついに完成しました。(2) ミシマガ編集部
06月15日
第16回 『ホホホ座の反省文』ついに完成しました。(1) ミシマガ編集部
06月13日
第15回 新レーベル「ちいさいミシマ社」第1弾!!(2) 『仲野教授のそろそろ大阪の話をしよう』 ミシマガ編集部
06月12日
第15回 新レーベル「ちいさいミシマ社」第1弾!!(1) 『ランベルマイユコーヒー店』 ミシマガ編集部
06月09日
第14回 父の日に本を贈る(2)いしいひとひくんが父に贈る一冊  ミシマガ編集部
06月08日
第14回 父の日に本を贈る(1)ミシマ社メンバーが父に贈る一冊  ミシマガ編集部
06月05日
第12回 第5弾 心に残った一節は? ~書店員さんのご感想を紹介します!~ ミシマガ編集部
05月19日
第13回 『すごい論語』プロローグ(後半) ミシマガ編集部
05月18日
第13回 『すごい論語』プロローグ(前半) ミシマガ編集部
04月26日
第12回 第4弾『しあわせしりとり』PVをつくりました! ミシマガ編集部
04月24日
第12回 第3弾 本屋さんとつなげる!『しあわせしりとり』 ミシマガ編集部
04月23日
第12回 第2弾「みんなでつなごう! しあわせしりとり展」開催中です! ミシマガ編集部
04月22日
第12回 刊行記念特集第1弾『しあわせしりとり』・デザインの魅力  ミシマガ編集部
04月13日
第11回 フカフカの土が世界を救う!?  学校では教えてくれない「土」のはなし(2) ミシマガ編集部
04月12日
第11回 フカフカの土が世界を救う!? 学校では教えてくれない「土」のはなし(1) ミシマガ編集部
03月20日
第10回 森田真生さんに発刊直前公開インタビューしました。 ミシマガ編集部
03月19日
第10回 『数学の贈り物』ができました! ミシマガ編集部
02月22日
第9回 2.22(ニャーニャーニャー)「猫の日」特別企画! 猫を愛してやまない3人におすすめの猫本を教えていただきました ミシマガ編集部
12月24日
第8回 教えてナカムラさん! 採用のこと、仕事のこと(2) ミシマガ編集部
12月23日
第8回 教えてナカムラさん! 採用のこと、仕事のこと(1) ミシマガ編集部
11月22日
第7回 『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(2) ミシマガ編集部
11月21日
第7回 『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(1) ミシマガ編集部
11月20日
第7回 『銀河鉄道の星』あとがきを掲載します ミシマガ編集部
11月04日
第6回 『うしろめたさの人類学』を読んでみよう(2) ミシマガ編集部
11月03日
第6回 『うしろめたさの人類学』を読んでみよう(1) ミシマガ編集部
09月07日
第5回 町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(2) ミシマガ編集部
09月06日
第5回 町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(1) ミシマガ編集部
07月28日
第4回 夏休み特集(2)バッキー井上さんに訊く、ハッピーな夏の過ごしかた ミシマガ編集部
07月27日
第4回 夏休み特集(1)三浦豊さんに訊く、夏におすすめの木 ミシマガ編集部
07月19日
第3回 『絶対に死ぬ私たちがこれだけは知っておきたい健康の話』実践レポート(2) ミシマガ編集部
07月18日
第3回 『絶対に死ぬ私たちがこれだけは知っておきたい健康の話』実践レポート(1) ミシマガ編集部
06月06日
第2回 「万引き家族」を10倍楽しむための10章(2) ミシマガ編集部
06月05日
第2回 「万引き家族」を10倍楽しむための10章(1) ミシマガ編集部
05月16日
第1回 特別寄稿 医師・佐藤友亮さん「罰するよりも大切なこと」 ミシマガ編集部
05月15日
第1回 小田嶋 隆×仲野 徹 「依存」はすぐとなりに(2) ミシマガ編集部
05月14日
第1回 小田嶋 隆×仲野 徹 「依存」はすぐとなりに(1) ミシマガ編集部
ページトップへ