「人生最初の小説を書き終えて」『最初の晩餐』常盤司郎さんインタビュー 

第41回

「人生最初の小説を書き終えて」『最初の晩餐』常盤司郎さんインタビュー 

2020.04.09更新

 3月20日、ミシマ社史上初めて、小説を刊行しました。
 ちいさいミシマ社の4冊目『最初の晩餐』です。お通夜の食事が思い出を呼び起こし、バラバラになっていた家族が、もう一度家族になっていく物語です。読んでいると、思わず自分の家族について思いを馳せてしまいます。

 構想から7年掛けてつくりあげた映画『最初の晩餐』を、監督の常盤司郎さんが自ら小説化したこの一冊。
 普段は映画の監督をされている常盤さんにとっても、人生で初めて書かれた小説となりました。小説と映画の脚本はどう違うのか? 物語の着想はどこから得ているのか? をうかがいました。
 そして、お互い小説に初めて挑戦することになった、常盤さんと編集・ホシノの制作秘話をお届けします。

 ※常盤さんが映画『最初の晩餐』についてお話しされたインタビュー記事はこちら

bannsannsyoei.jpg

(聞き手:星野友里 構成・写真:須賀紘也)

小説の人称は映画のカメラアングルに似ている

ーーこれまで映画監督として作品を撮られてきた常盤さんが、今回は初めて小説を書かれました。映画の脚本を書くことと、小説を書くことではどこが一番違いましたか?

常盤 ホシノさんがいるかいないかです。

一同 (笑)

常盤 それは冗談ですけど(笑)。脚本と小説の大きな違いの一つに、心情描写の有無があります。脚本は目に見えるものしか書いてはいけないので、心情描写を書き込めない。たとえば、「彼女は赤いバラが好きだ」という文章を映像で表現するのはすごく難しい。彼女が微笑んでいる横顔を撮って、そのあと彼女の見ているバラを撮ってみても、それで「彼女はバラが好き」ということにはならないんです。工夫してそう見せるというのが、脚本の難しさかなと思います。
 小説は、逆に文字でいろいろなことが、それこそ心情までも無限に表現できるのですが、だからこそ選択肢が多くて難しいというところもある。それに、そもそも文字だけで"完成された作品"にしなければいけないということが難しかったです。文字のなかだけで、映画でいう脚本・撮影・演出をすべて行わなければならないというのが小説であると感じました。

常盤監督写真1 b.jpg

ーー『最初の晩餐』は、常盤監督の文体、リズムがでている小説だと思います。それは最初に原稿をいただいたときから、こうやって本になるまで一貫して変わらなかったと思うんですけど、書き始めてすぐに迷うことなく、書き進めることができましたか?

常盤 書きながら最初に悩んだのが、「人称をどうするか」ということでした。「このシーンは誰の目線で書けばいいのか?」をずっと考えていました。

ーー 人称は、最後まで苦しみぬいたポイントでしたね・・・。

常盤 ほんとうに七転八倒しましたね(笑)

ーー今うかがっていて思ったんですけど、映画で人称にあたるような、「誰目線」ということはどうやって表現しているんですか?

常盤 カメラを向ける回数やアップにする回数が多いかとか、そういうことで、誰が主人公なのかを分からせていきますし、それらを駆使して、感情移入を導いていく。それが「人称」にあたることなのかなと思いますね。

「家族」について、大きな問いかけをしました

ーー 常盤監督が物語の着想を得るのは、ご自身の体験を通してですか? それとも、「こういう感情を描いてみよう」というような抽象的なものからですか?

常盤 自分の体験は大きく関係していると思います。もちろんそのまま使うことはないのですが(笑)。ただ、もし自分が完全に満たされていたら、物語を書くことはできないのかなとは思います。やはり怒りを覚えたり、すごく悲しい思いをすることがまったくないのであれば、物語を書く必要がないのではないでしょうか。

ーーそれでは、日常生活のなかで「怒り」「悲しみ」のような、ネガティブな感情も、チャンスと前向きに捉えるような感覚でしょうか?

常盤 いやいや、傷ついたときは本当に傷ついていますよ(笑)。だから僕は、分析的に物語を書くタイプではなく、自分の感情から汲み上げていくタイプだと思います。過去に体験した感情が、ストーリーに混ざり込んでいたり、登場人物の中に宿っていたり、もしくは物語の根っこ自体がそういうものであるときもあります。
 『最初の晩餐』でいうと、映画を作る際にプロデューサーからステップファミリーというお題が投げかけられて、そのお題に自分の父親の葬式のときに感じた気持ちが化学反応を起こして、ああいう物語の基盤ができたということだと思います。

ーー 常盤さんは『最初の晩餐』という物語に、映画では7年掛かりで、その後に小説でも向き合われました。次は何をされるかというイメージはすでにありますか?

常盤 うーん、ぼんやりとはあるんですけど・・・。でも「家族」というテーマは当分やらないでしょうね(笑)。『最初の晩餐』という物語を書き進めるなかで、「家族って何?」という壮大な問いかけを行うことになりましたので、もうそれ以上の問いを投げかけることができるかというと、今すぐには難しいなと思います。

ホシノさん、しつこいなー

ーー『最初の晩餐』の原稿についてやりとりするなかで、根源的なところから「小説とはなんぞや」というのを発見していった感じでしたね。どうやらあんまり「......」は使わないらしいとか。

常盤 小説はここ(下の写真参照)から始まるモノがほとんどらしいぞ、とか。

2常盤監督 b.jpg

『最初の晩餐』の本文最初のページ:左ページから始まっている

常盤 ホシノさんは編集のどこが難しかったですか?

ーー 常盤さんと原稿に赤字をいれてやりとりするなかで、「それは(一般論というよりは)ホシノさんの好みですよね?」とか「ホシノさんの感覚ですよね」と聞かれることがありました。思えば小説を読んでいるときは「なんとなくここにこの言葉があるということが引っかかる」という、単語の選び方や配置について気になることが、人文書とかエッセイのような他のジャンルの文章を編集している時よりも多かったです。
 引っかかったのに言わないのも嫌だなと思っていたのですが、「好みですよね?」と聞かれると、「たしかにただの好みなのかも・・・」と、自分のなかでもわからなくなっていきました。

常盤  映画の編集でも、「このシーンはテンポよくカメラの視点を切り替えよう」「このシーンはワンカットで一つの視点で長回ししよう」というのは、最終的にはやっぱり好みだったりするんですよね(笑)。

ーーいい意味での力の抜き方がわからず、全身にムダな力みをみなぎらせて走り抜けた感じでした。

常盤 なにせ著者も編集者も小説をつくるのは、初めてでしたから、非常に貴重な体験でした。かなり難産だったので、この作品を作ったことは一生忘れないと思いますよ。今の力でやれることは、全てやりきったはずなので。「ホシノさん、しつこいなー」と思ったこともありましたが。

一同 (笑)

常盤 もちろんそれはいい意味です(笑)。サラッとつくってもロクなものにはならないですから。映画でも、ヒリヒリしたシーンの撮影で、俳優さんに「もう一回」とはかなり言いづらい。でも「なにか気持ちが悪い。引っかかる」というのを、そこで流してしまう人は、監督には向いていないのかもしれないと思っています。それと同じで書籍を編集者される方も言いにくいことを言わなければいけない、大変な仕事だと思いましたね。だから本にホシノさんの名前が載らないと聞いた時は驚きました。映画だとスタッフの名前がエンドロールで流れますから。だから脚本と小説の違いは、ホシノさんがいるかいないかですね(笑)。

ーーうまく締まりましたね(笑)。

常盤監督写真3b.jpg

編集部からのお知らせ

現在、「ミシマ社の本屋さんショップ」で、常盤さんのサイン本を販売中です!
〈※4/10(金)まで、『最初の晩餐』含む新旧10冊の本を送料無料でお届けするキャンペーン実施中です〉

 全国の書店でもお求めいただけます。(お取り扱い書店はこちら

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

この記事のバックナンバー

09月24日
第55回 「ど忘れ大賞」発表します! ミシマガ編集部
09月07日
第54回 『ど忘れ書道』に届いたおはがき ミシマガ編集部
08月29日
第53回 『残念こそ俺のご馳走。――そして、ベストコラム集』刊行直前特集(2) 傷んだ心に染みわたる名フレーズを。 ミシマガ編集部
08月28日
第53回 『残念こそ俺のご馳走。――そして、ベストコラム集』刊行直前特集(1) まえがきを公開します。 ミシマガ編集部
08月20日
第52回 おなみだぽいぽい増刷します!!! ミシマガ編集部
07月26日
第51回 「深、呼、吸、和、書、集」 〜世間の空気、私の心、解きほぐす本〜 ミシマガ編集部
07月18日
第50回 「ど忘れ大賞」開催!? みんなの「ど忘れ」大募集!! ミシマガ編集部
07月17日
第49回 『ど忘れ書道』ついに発刊!!! ミシマガ編集部
07月06日
第48回 MSマルシェ「業界最高値」 出店・タルマーリーさん ミシマガ編集部
06月26日
第47回 『自分と他人の許し方、あるいは愛し方』への熱い声を大特集! ミシマガ編集部
06月18日
第46回 「これからのアナキズム」の話 松村圭一郎×三島邦弘(2) ミシマガ編集部
06月17日
第46回 「これからのアナキズム」の話 松村圭一郎×三島邦弘(1) ミシマガ編集部
05月23日
第45回 『自分と他人の許し方、あるいは愛し方』刊行記念特集 まえがきを公開します。 ミシマガ編集部
05月20日
第44回 パンデミックを生きる構え(2) 藤原辰史×鈴木潤×三島邦弘 ミシマガ編集部
05月19日
第44回 パンデミックを生きる構え(1) 藤原辰史×鈴木潤×三島邦弘 ミシマガ編集部
05月04日
第43回 鎌田裕樹×三島邦弘 トークイベント「本屋と出版社と、読者の『これから』を考える」 ミシマガ編集部
04月21日
第42回 尹雄大×伊藤亜紗 トークイベント「迷い、戸惑う感覚の味わい方」(2) ミシマガ編集部
04月19日
第42回 尹雄大×伊藤亜紗 トークイベント「迷い、戸惑う感覚の味わい方」(1) ミシマガ編集部
04月09日
第41回 「人生最初の小説を書き終えて」『最初の晩餐』常盤司郎さんインタビュー  ミシマガ編集部
03月28日
第40回 教えて、尹さん!―『モヤモヤの正体』その後のはなし。 ミシマガ編集部
03月21日
第39回 『小田嶋隆のコラムの切り口』刊行記念特集(2)武田砂鉄さん寄稿「参考にならない」 ミシマガ編集部
03月20日
第39回 『小田嶋隆のコラムの切り口』刊行記念特集(1)まえがきを公開&『小田嶋隆のコラムの切り口』ラジオ ミシマガ編集部
03月19日
坊さん、本屋で語る。白川密成×辻山良雄(2) ミシマガ編集部
03月18日
第38回 坊さん、本屋で語る。白川密成×辻山良雄(1) ミシマガ編集部
02月20日
第37回 『坊さん、ぼーっとする。』発刊記念! 坊さんと、家族。 ミシマガ編集部
02月01日
第36回 「これからのメディア」を考える ミシマガ編集部
01月30日
第35回 『モヤモヤの正体』刊行記念 尹雄大さんの正体(2) ミシマガ編集部
01月29日
第35回 『モヤモヤの正体』刊行記念 尹雄大さんの正体(1) ミシマガ編集部
01月07日
第34回 小川彩佳さんインタビュー「わたしと日本舞踊」 ミシマガ編集部
12月29日
第33回 みんなちょっと当事者(2)すでに当事者だということに気づいてほしい ミシマガ編集部
12月28日
第33回 みんなちょっと当事者(1) 黒歴史をさらけだす ミシマガ編集部
12月18日
第32回 『今夜 凶暴だから わたし』発刊に寄せて(高橋さん、濱さん、装丁、編集担当のコメント) ミシマガ編集部
12月06日
第31回 冊子「日本舞踊入門の入門」を現在製作中です! ミシマガ編集部
11月23日
第30回 『ほんのちょっと当事者』本日発刊です! 著者の青山ゆみこさんから読者の皆さまへ ミシマガ編集部
11月05日
第30回 展示レポート! 益田ミリ × ブックスキューブリック × BOOKUOKA「本としあわせしりとり展 in 福岡」 ミシマガ編集部
11月01日
第29回 映画『最初の晩餐』公開記念:常盤司郎監督インタビュー ミシマガ編集部
10月15日
第28回 鎌田東二先生にきく! 宇宙の遊び方(2) ミシマガ編集部
10月14日
第28回 鎌田東二先生にきく! 宇宙の遊び方(1) ミシマガ編集部
09月26日
第27回 『クモのイト』本日発刊です!! 中田先生コメント&クモマンガ ミシマガ編集部
09月18日
第26回 クモのイト 刊行記念特集(2)クモの魅力総特集! ミシマガ編集部
09月17日
第26回 クモのイト 刊行記念特集(1) 中田兼介先生インタビュー ミシマガ編集部
09月04日
第25回 「筋トレ」全盛の時代に、「脱・筋トレ思考」のススメ ミシマガ編集部
08月29日
第24回 『脱・筋トレ思考』が発刊しました! ミシマガ編集部
08月20日
第23回 仲野徹と西靖のそろそろ大阪の話をしよう(2) ミシマガ編集部
08月19日
第22回 仲野徹と西靖のそろそろ大阪の話をしよう(1) ミシマガ編集部
07月28日
第21回 ホホホ座とミシマ社の反省会 山下賢二×三島邦弘トークイベント ミシマガ編集部
07月21日
第20回 オクノ修さんインタビュー ミシマガ編集部
07月13日
第19回 「ちいさいミシマ社」 ミシマ社の本屋さんではこう売ります! ミシマガ編集部
07月12日
第18回 ちいさいミシマ社スタート迫る! 推しポイント&ホームページ開設!! ミシマガ編集部
06月21日
第17回 本日、『ホホホ座の反省文』発売日です! ミシマガ編集部
06月16日
第16回 『ホホホ座の反省文』ついに完成しました。(2) ミシマガ編集部
06月15日
第16回 『ホホホ座の反省文』ついに完成しました。(1) ミシマガ編集部
06月13日
第15回 新レーベル「ちいさいミシマ社」第1弾!!(2) 『仲野教授のそろそろ大阪の話をしよう』 ミシマガ編集部
06月12日
第15回 新レーベル「ちいさいミシマ社」第1弾!!(1) 『ランベルマイユコーヒー店』 ミシマガ編集部
06月09日
第14回 父の日に本を贈る(2)いしいひとひくんが父に贈る一冊  ミシマガ編集部
06月08日
第14回 父の日に本を贈る(1)ミシマ社メンバーが父に贈る一冊  ミシマガ編集部
06月05日
第12回 第5弾 心に残った一節は? ~書店員さんのご感想を紹介します!~ ミシマガ編集部
05月19日
第13回 『すごい論語』プロローグ(後半) ミシマガ編集部
05月18日
第13回 『すごい論語』プロローグ(前半) ミシマガ編集部
04月26日
第12回 第4弾『しあわせしりとり』PVをつくりました! ミシマガ編集部
04月24日
第12回 第3弾 本屋さんとつなげる!『しあわせしりとり』 ミシマガ編集部
04月23日
第12回 第2弾「みんなでつなごう! しあわせしりとり展」開催中です! ミシマガ編集部
04月22日
第12回 刊行記念特集第1弾『しあわせしりとり』・デザインの魅力  ミシマガ編集部
04月13日
第11回 フカフカの土が世界を救う!?  学校では教えてくれない「土」のはなし(2) ミシマガ編集部
04月12日
第11回 フカフカの土が世界を救う!? 学校では教えてくれない「土」のはなし(1) ミシマガ編集部
03月20日
第10回 森田真生さんに発刊直前公開インタビューしました。 ミシマガ編集部
03月19日
第10回 『数学の贈り物』ができました! ミシマガ編集部
02月22日
第9回 2.22(ニャーニャーニャー)「猫の日」特別企画! 猫を愛してやまない3人におすすめの猫本を教えていただきました ミシマガ編集部
12月24日
第8回 教えてナカムラさん! 採用のこと、仕事のこと(2) ミシマガ編集部
12月23日
第8回 教えてナカムラさん! 採用のこと、仕事のこと(1) ミシマガ編集部
11月22日
第7回 『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(2) ミシマガ編集部
11月21日
第7回 『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(1) ミシマガ編集部
11月20日
第7回 『銀河鉄道の星』あとがきを掲載します ミシマガ編集部
11月04日
第6回 『うしろめたさの人類学』を読んでみよう(2) ミシマガ編集部
11月03日
第6回 『うしろめたさの人類学』を読んでみよう(1) ミシマガ編集部
09月07日
第5回 町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(2) ミシマガ編集部
09月06日
第5回 町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(1) ミシマガ編集部
07月28日
第4回 夏休み特集(2)バッキー井上さんに訊く、ハッピーな夏の過ごしかた ミシマガ編集部
07月27日
第4回 夏休み特集(1)三浦豊さんに訊く、夏におすすめの木 ミシマガ編集部
07月19日
第3回 『絶対に死ぬ私たちがこれだけは知っておきたい健康の話』実践レポート(2) ミシマガ編集部
07月18日
第3回 『絶対に死ぬ私たちがこれだけは知っておきたい健康の話』実践レポート(1) ミシマガ編集部
06月06日
第2回 「万引き家族」を10倍楽しむための10章(2) ミシマガ編集部
06月05日
第2回 「万引き家族」を10倍楽しむための10章(1) ミシマガ編集部
05月16日
第1回 特別寄稿 医師・佐藤友亮さん「罰するよりも大切なこと」 ミシマガ編集部
05月15日
第1回 小田嶋 隆×仲野 徹 「依存」はすぐとなりに(2) ミシマガ編集部
05月14日
第1回 小田嶋 隆×仲野 徹 「依存」はすぐとなりに(1) ミシマガ編集部
ページトップへ