『アンナの土星』にみつける、あの頃の私、いまの私

第67回

『アンナの土星』にみつける、あの頃の私、いまの私

2021.05.05更新

 今年2月に、益田ミリさんの小説『アンナの土星』が角川文庫から刊行されました。
『アンナの土星』は、2009年に上梓されたミリさん初の小説です。文庫版の発刊を記念して、ミシマ社メンバーとデッチ(大学生のお手伝いメンバー)がこの作品を読み、座談会を開きました!
『アンナの土星』の主人公アンナは中学2年生で、父、母、兄と4人で暮らしています。大学生のお兄ちゃんは大の宇宙好きで、家の屋上から望遠鏡で月や星を観測し、いつもアンナに「なあ、アン、冥王星のことなんだけど・・・」とか「月、見ていかないか」と話しかけます。
 学校や家庭を舞台にしたアンナの日常には、ちょっとした幸せも、なんとなく息苦しい人間関係も、全身で味わう悩みや喜びもあります。毎日の出来事は、お兄ちゃんがふと話してくれる宇宙の謎や奇跡と重なって見え、アンナは星空と地上のことを思いながら少しずつ成長していきます。
 「こんな兄がいたら」「中学生の私も悩んでいたんだな」「大人になりたかった大人って、案外少ないのかも?」。・・・あの頃の自分やいまの自分とアンナを重ね合わせながら、みんなで話しました。

anna_kyou_gacchan2.jpg

(中央が『アンナの土星』。ミシマ社から発刊の『今日の人生2』『今日のガッちゃん』も大好評いただいています。
『今日のガッちゃん』は、『アンナの土星』の装画も担当された平澤一平さんとの共著です!)

こんなお兄ちゃんがほしい!

サトウ 私には姉がいるのですが、まさに中学生のとき、姉妹で宇宙の話にハマっていた時期があるんです(笑)。きょうだいと、家族のことでも友達のことでもなく、「宇宙」という生活と一見関係のない話をする時間は、いま振り返ると楽しかったし必要なものだったと思います。
 アンナは兄の話を聞きながら、中学校のクラスメイトがグループに分かれている様子を「銀河系」になぞらえますよね。「中学校は空気が薄い気がする。(...)そして、私たちは、密封されたペットボトルのなかで細分化されている」(p.32)。「宇宙にはたくさんの銀河系があるみたいだけど、教室のなかに存在する、マリとリカの銀河系は、わたしとみずほの銀河系とは別なのだった」(p.36)。
「家族」とか「友達」とか、自分が所属する場所どうしも、それぞれ銀河のように質が違うと思います。なかでもお兄ちゃんの存在は、アンナにとって特別なものですよね。

スミ お兄ちゃんは宇宙の話ばかりしていますが、それによって家族の関係をいい意味でずらしてくれていますよね。宇宙の話を他愛なくできることで、家族みんながどこか救われています。それは、アンナが学校のしがらみをすこし忘れられる時間でもあります。

サカイ お兄ちゃんは超宇宙オタクだけど、その世界に一人で閉じこもっているわけではありません。宇宙の美しさを身近な誰かと共有したいという素朴な思いをもっていて素敵だと思いました。こんなお兄ちゃんがほしいです!

あの頃の気持ちは悩みだったんだよ

スミ この本はアンナの一人称で綴られています。中学時代の記憶が蘇るようなエピソードや瑞々しい感覚の描写であふれた本ですよね。 

オカダ とくに私の印象に残ったのは、あるグループから仲間はずれにされちゃったノダッチという子に、アンナが「ばいばい」と声をかけるシーンです。アンナは下足室でノダッチを見かけたとき、靴紐をわざとゆっくり結び、ノダッチがそばまで来るのを待って、さりげなく「あ、ノダッチ、ばいばい」(p.57)と言います。
 私も中学時代にこういう経験がありました。自分がいじめられるのが怖いから、仲間はずれにされた子に声をかけたり、自分のグループに誘ったりすることがなかなかできなかったんです。その一方で、「はい。プリントだよ」とか、ちょっとしたことで話しかけようとはしていたなと。正面から問題解決することは難しいかもしれないけど、何かを変えようともがいている。小学生でも高校生でもなく、中学生らしい葛藤が描かれていると思いました。

ヤマモト このときアンナはお兄ちゃんに「中学校は窮屈だ」と愚痴をこぼして、お兄ちゃんはこう言います。「そうなんだ、アン。窮屈なんだよ、窮屈に決まってる。だって、あんなに小さな建物の中にいるんだから。宇宙規模で見たら、びっくりするほど窮屈さ、中学校なんて」(p.51)。この言葉にアンナは嬉しくなるんですよね。「窮屈に決まってる、と、お兄ちゃんが言ってくれて嬉しかった。嬉しいと思ったことで、わたしは誰かにそう言って欲しかったのを知ったのだった」(p.51)。
 私は中学の頃、ある銀河系に属すというよりも、いろんなグループのあいだを衛星みたいにうろうろしていました。特定の人と深く関わるのが苦手だったんです。アンナはみずほという子と二人組をつくっています。二人をみると、誰かとずっと一緒にいるほうが、悩みを悩みとしてはっきり捉えられる気がしました。私はこういう友人関係をあまり持たなかったので、この本を読むことで、中学生の自分が感じていた閉塞感も同じ悩みだったんだと思えました。「窮屈に決まってる」という言葉のように、私も「あの頃の気持ちは悩みだったんだよ」と言ってもらえたと感じて嬉しかったんです。

大人も子どもも同じように、苦しみ、胸をときめかせる

スミ みずほとアンナが学校帰りにドーナツ屋さんに通ったり、好きな人を携帯の写真に収めようとがんばったりする場面は、読むと懐かしさで胸がむずむずします。
 私の心に残ったのは、そんなアンナとみずほの「終業式」の場面です。「新学期になれば、きっとわたしたちは違うクラスになってしまう。一年かけて縮めたみずほとの距離は、少しずつ遠ざかるのだ。そして、それぞれの新しい友達と、新しい銀河を作っていく。あの、小さな教室の中で。そういうことを、もう、なんとなくわかっている。だから、三月の終業式は、わたしとみずほの卒業式でもあるのだ」(pp.195-6)。すごく大人ですよね。関係の脆さに気づいてそれを受け入れながら、一緒にいることを心から楽しんでいる。私も、疎遠になってしまったたくさんの友人を思い出して、どうしてこうなっちゃったんだろうと考えることがあります。でもこれを読んで、あの友情はたしかにあったし、大切な思い出だと思っていいんだと感じました。

オオナリ この本は益田ミリさんのほかの作品と同様に、全体的に優しい印象があるけれど、アンナはちょっとえぐいことも考えていますよね。いじめをなくすために「いっそ先生が、友達と仲良くすることを禁止してくれればどんなにいいだろう」(p.46)と。あるいは、「これからの人生に、いいことなんか、なにひとつなくてもいい。そのかわり、嫌なことを、なにひとつわたしに与えないと約束して欲しい(...)泣かないで済むなら、もう、二度と笑わなくていいんだ」(p.156)。ふわふわとした雰囲気のなかに鋭い暗さが入ってくることがあって、その対比が印象的でした。
 あと、これとは別なのですが、アンナの家にみずほが来たときに、はりきって喋りまくるお母さんが好きでした(笑)。「みずほちゃん、おばさんね、ずーっと、憧れてたの。ほら、娘のお友達にね、おやつを作って出してあげたりするの。アンとダイアナの世界みたいじゃない? ねぇ、みずほちゃん。おばさんね、『赤毛のアン』が大好きなのよ。読んだことある?(...)」(p.164)。アンナにとってはめんどくさいお母さんだけど、憎めないんですよね。

サカイ 大人も子どもも同じように、何かに胸をときめかせたり、苦しみを抱えたりしていると感じるシーンがたくさんありました。たとえば、お父さんは熱を出しているのに会社をなかなか休めない。アンナは学校を休んで看病したいなとは思うけど、部活の「地獄マラソン」をサボると白い目で見られてしまう。お母さんのほうは、パートで先日休みをもらったばかりなので、今日は午後まで出勤しないといけない・・・。子どもも大人も、それぞれの社会のなかでがんばらなきゃいけないんですよね。

ねぇ、その履歴書、私にくれない?

スガ お父さんが熱を出して寝ているシーンは心に残りました。ここでお父さんは「宇宙船ボイジャーには、宇宙人にメッセージを届けるためのレコードが搭載されていた」という話をしながら、「アンナ、面白いと思わないか? 大人なのにそんなことを考えるなんて」と言います。「大人になりたかった大人って、案外少ないんじゃないかってときどき思うんだよ。いつの間にか大人って呼ばれるようになっていて、結構みんなびっくりしてるんじゃないかなぁ」(p.76)。
 僕も、内面は14歳の頃から何も変わっていないくせに、いつの間にかスーツを着て営業していることが信じられなくて、これは何かの悪い冗談なんじゃないかと思うことがあります・・・(笑)。アンナは「未来が未使用であることは、大人たちよりもうんとマシだと思う」(p.64)と言っていて、僕もまさに同じことを考えてきたのに、もう大人になっている自分がいるんですよね。
 僕のイチ押しは、アンナとみずほが年齢を偽って、スナックの清掃バイトの面接に行くシーンです。まず、中学生の二人が書く履歴書がすごくいい。長所には「足がはやい」「立ち直りもはやい」、そして、短所には「食べるのが遅い」とか「おっちょこちょい」と書きます(p.171-2)。僕も誰かから進路相談を受けたら、「〇〇検定1級」とかだけじゃなくて、こういう人間的なところを大切にするんだよって言ってあげたいと思いました。
 面接をするママさんもすごく素敵なんですよ。未来が未使用じゃなくなってしまいつつある僕たちにとって、生きるためのヒントになりそうな場面です。ママさんは二人をもちろん採用しないけど、嘘の履歴書のことも責めないんですよね。帰り際に、「ね、その履歴書、やっぱりわたしにくれない? 落ち込んだときに、それ読んで笑いたいから」(p.180)と。歳を取ってしまったと落ち込むだけじゃなく、若い頃の自分を思い返して笑ってみるとか、切なさと同時にどこかユーモアのある生き方が素敵だと思いました。

スミ アンナたちの履歴書がスナックのママの小さな力になったように、私たちも、過去を思いながら笑っていまを生きていくための本として、この『アンナの土星』を受けとっているところがあると思います。
今日は、みんなの心に残った場面について、すこしずつでしたがお話できました。記事を読んでくださった方には、ぜひ実際に本を手にとって、アンナが悩みごとと向き合っていく過程や、タイトルの「土星」とじかにかかわるアンナとお兄ちゃんのラストシーンを味わっていただきたいです!

編集部からのお知らせ

『今日のガッちゃん』刊行1周年! 本屋さんで記念企画を開催中です!

210416-2.jpg益田ミリさん作、平澤一平さん絵のコミックエッセイ『今日のガッちゃん』が4月20日に刊行1周年を迎えました。

記念企画の参加書店さんで期間中に『今日のガッちゃん』をお求めいただくと、なんと特製のご当地ガッちゃんイラスト入りポストカードが特典としてついてきます!

それぞれの書店さんで、地元の都道府県をモチーフにしたカードをご用意しております。

47都道府県、そこだけでしか手に入らない、レアでとびきりかわいいカードです。

この機会に、ぜひお求めくださいませ*

詳細はこちら

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 『思いがけず利他』本日発刊します!『思いがけず利他』本日発刊します!

    『思いがけず利他』本日発刊します!

    ミシマガ編集部

     10月20日(水)に中島岳志さん著『思いがけず利他』のリアル書店先行発売日を迎えました! 本日のミシマガは本書発刊を記念して、著者の中島さんからのメッセージ動画、書店員さんからのご感想コメント、そして、ぜひこの秋にあわせて読んでいただきたいミシマ社の人文書をご紹介します!

  • 『その農地、私が買います 高橋さん家の次女の乱』、いよいよ明日発刊!

    『その農地、私が買います 高橋さん家の次女の乱』、いよいよ明日発刊!

    ミシマガ編集部

    こんにちは、ミシマガ編集部です。いよいよ明日、高橋久美子さんの『その農地、私が買います 高橋さん家の次女の乱』が発刊となります。

  • 『くらしのアナキズム』(松村圭一郎 著)「はじめに」を公開!

    『くらしのアナキズム』(松村圭一郎 著)「はじめに」を公開!

    ミシマガ編集部

    今月、文化人類学者の松村圭一郎さんによる、著書『くらしのアナキズム』を刊行します。ミシマ社からは、『うしろめたさの人類学』以来、4年ぶりとなる松村さんの新刊です。本日は、9月24日(金)のリアル書店先行発売に先立ち、『くらしのアナキズム』より「はじめに」を公開いたします。刊行記念イベントも予定しておりますので、ぜひご注目ください。

この記事のバックナンバー

10月20日
第84回 『思いがけず利他』本日発刊します! ミシマガ編集部
10月19日
第83回 『その農地、私が買います 高橋さん家の次女の乱』、いよいよ明日発刊! ミシマガ編集部
09月26日
第82回 最相葉月×仲野徹「笑う門には人生案内!」(2) ミシマガ編集部
09月25日
第82回 最相葉月×仲野徹「笑う門には人生案内!」(1) ミシマガ編集部
09月22日
第81回 『くらしのアナキズム』、いよいよ発売です! ミシマガ編集部
09月16日
第80回 『くらしのアナキズム』(松村圭一郎 著)「はじめに」を公開! ミシマガ編集部
09月14日
第79回 特集『三流のすすめ』発刊記念 安田登×平川克美 対談(後編) ミシマガ編集部
09月13日
第79回 特集『三流のすすめ』発刊記念 安田登×平川克美 対談(前編) ミシマガ編集部
08月24日
第78回 『辛口サイショーの人生案内DX』刊行記念 最相葉月さんに訊く!「人生案内」の職人技 (後編) ミシマガ編集部
08月23日
第78回 『辛口サイショーの人生案内DX』刊行記念 最相葉月さんに訊く!「人生案内」の職人技 (前編) ミシマガ編集部
08月20日
第77回 あの仲野徹先生による「初」のエッセイ集を刊行します ミシマガ編集部
08月13日
第76回 安田登×いとうせいこう 一流めざすの、やめません? ~「三流」頂上対談!(後編) ミシマガ編集部
08月12日
第76回 安田登×いとうせいこう 一流めざすの、やめません? ~「三流」頂上対談!(前編) ミシマガ編集部
07月28日
第75回 特集『菌の声を聴け』発刊記念 タルマーリー(渡邉格・麻里子)×大橋トリオ×ナガオカケンメイ 「パンとビールと音楽と ~長く、深く、ちょっと広く届けるものづくり~」(後編) ミシマガ編集部
07月27日
第75回 『菌の声を聴け』発刊記念 タルマーリー(渡邉格・麻里子)×大橋トリオ×ナガオカケンメイ 「パンとビールと音楽と ~長く、深く、ちょっと広く届けるものづくり~」(前編) ミシマガ編集部
07月24日
第74回 『三流のすすめ』発刊!! ミシマガ編集部
07月22日
『三流のすすめ』POP選手権を開催! ミシマガ編集部
07月08日
第73回 特集『菌の声を聴け』発刊記念 タルマーリー(渡邉格・麻里子)×平川克美対談 「クレイジーで豊かな小商いのはなし」(2) ミシマガ編集部
07月07日
第73回 特集『菌の声を聴け』発刊記念 タルマーリー(渡邉格・麻里子)×平川克美対談 「クレイジーで豊かな小商いのはなし」(1) ミシマガ編集部
07月06日
第73回 光嶋裕介×藤原徹平「自分でつくる」を取り戻す 〜〜映画「サンドラの小さな家」公開記念トークショー〜〜 ミシマガ編集部
06月29日
第72回 「今日の人生」連載100回直前! 記念 益田ミリさんインタビュー ミシマガ編集部
06月22日
第71回 学生さんに聞きました。京都にふれる、さわる座談会 ミシマガ編集部
06月03日
第70回 ヨーロッパ企画・上田誠さんインタビュー 舞台「夜は短し歩けよ乙女」、ここだけの話 ミシマガ編集部
05月27日
第69回 『菌の声を聴け』刊行記念特集 タルマーリーのクレイジーで豊かな新刊をご紹介! ミシマガ編集部
05月06日
第68回 『時代劇聖地巡礼』の聖地巡礼その① ミシマガ編集部
05月05日
第67回 『アンナの土星』にみつける、あの頃の私、いまの私 ミシマガ編集部
04月20日
第66回 『時代劇聖地巡礼』発刊! 春日太一さんインタビュー&本書の一部公開 ミシマガ編集部
03月28日
第65回 コモンのつくり方、ひらき方(2)光嶋裕介×斎藤幸平 ミシマガ編集部
03月27日
第65回 コモンのつくり方、ひらき方(1)光嶋裕介×斎藤幸平 ミシマガ編集部
03月17日
第64回 大前粟生×町屋良平 対談「書きながら生きるふたり、ちょうど5年目のはなし」(2) ミシマガ編集部
03月14日
第64回 大前粟生×町屋良平 対談「書きながら生きるふたり、ちょうど5年目のはなし」(1) ミシマガ編集部
02月28日
第63回 「あいだ」のつくり方、ひらき方(2) 光嶋裕介×藤原辰史 ミシマガ編集部
02月27日
第63回 「あいだ」のつくり方、ひらき方(1) 光嶋裕介×藤原辰史 ミシマガ編集部
02月23日
第62回 『つくるをひらく』、全国書店でパネル展開催中です! ミシマガ編集部
02月11日
第61回 映画『すばらしき世界』公開記念・西川美和監督インタビュー(2) ミシマガ編集部
02月10日
第61回 映画『すばらしき世界』公開記念・西川美和監督インタビュー(1) ミシマガ編集部
01月30日
第60回 『つくるをひらく』(光嶋裕介 著)を刊行しました! ミシマガ編集部
12月20日
第59回 『岩とからあげをまちがえる』(大前粟生 著)が出た! ミシマガ編集部
12月18日
第58回 縁食から世界を変える(2) ミシマガ編集部
12月17日
第58回 縁食から世界を変える(1) ミシマガ編集部
11月13日
第57回 『岩とからあげをまちがえる』(大前粟生 著)を刊行します ミシマガ編集部
11月12日
第56回 「おなみだぽいぽい原画展」ニジノ絵本屋さんで開催中です ミシマガ編集部
09月24日
第55回 「ど忘れ大賞」発表します! ミシマガ編集部
09月07日
第54回 『ど忘れ書道』に届いたおはがき ミシマガ編集部
08月29日
第53回 『残念こそ俺のご馳走。――そして、ベストコラム集』刊行直前特集(2) 傷んだ心に染みわたる名フレーズを。 ミシマガ編集部
08月28日
第53回 『残念こそ俺のご馳走。――そして、ベストコラム集』刊行直前特集(1) まえがきを公開します。 ミシマガ編集部
08月20日
第52回 おなみだぽいぽい増刷します!!! ミシマガ編集部
07月26日
第51回 「深、呼、吸、和、書、集」 〜世間の空気、私の心、解きほぐす本〜 ミシマガ編集部
07月18日
第50回 「ど忘れ大賞」開催!? みんなの「ど忘れ」大募集!! ミシマガ編集部
07月17日
第49回 『ど忘れ書道』ついに発刊!!! ミシマガ編集部
07月06日
第48回 MSマルシェ「業界最高値」 出店・タルマーリーさん ミシマガ編集部
06月26日
第47回 『自分と他人の許し方、あるいは愛し方』への熱い声を大特集! ミシマガ編集部
06月18日
第46回 「これからのアナキズム」の話 松村圭一郎×三島邦弘(2) ミシマガ編集部
06月17日
第46回 「これからのアナキズム」の話 松村圭一郎×三島邦弘(1) ミシマガ編集部
05月23日
第45回 『自分と他人の許し方、あるいは愛し方』刊行記念特集 まえがきを公開します。 ミシマガ編集部
05月20日
第44回 パンデミックを生きる構え(2) 藤原辰史×鈴木潤×三島邦弘 ミシマガ編集部
05月19日
第44回 パンデミックを生きる構え(1) 藤原辰史×鈴木潤×三島邦弘 ミシマガ編集部
05月04日
第43回 鎌田裕樹×三島邦弘 トークイベント「本屋と出版社と、読者の『これから』を考える」 ミシマガ編集部
04月21日
第42回 尹雄大×伊藤亜紗 トークイベント「迷い、戸惑う感覚の味わい方」(2) ミシマガ編集部
04月19日
第42回 尹雄大×伊藤亜紗 トークイベント「迷い、戸惑う感覚の味わい方」(1) ミシマガ編集部
04月09日
第41回 「人生最初の小説を書き終えて」『最初の晩餐』常盤司郎さんインタビュー  ミシマガ編集部
03月28日
第40回 教えて、尹さん!―『モヤモヤの正体』その後のはなし。 ミシマガ編集部
03月21日
第39回 『小田嶋隆のコラムの切り口』刊行記念特集(2)武田砂鉄さん寄稿「参考にならない」 ミシマガ編集部
03月20日
第39回 『小田嶋隆のコラムの切り口』刊行記念特集(1)まえがきを公開&『小田嶋隆のコラムの切り口』ラジオ ミシマガ編集部
03月19日
坊さん、本屋で語る。白川密成×辻山良雄(2) ミシマガ編集部
03月18日
第38回 坊さん、本屋で語る。白川密成×辻山良雄(1) ミシマガ編集部
02月20日
第37回 『坊さん、ぼーっとする。』発刊記念! 坊さんと、家族。 ミシマガ編集部
02月01日
第36回 「これからのメディア」を考える ミシマガ編集部
01月30日
第35回 『モヤモヤの正体』刊行記念 尹雄大さんの正体(2) ミシマガ編集部
01月29日
第35回 『モヤモヤの正体』刊行記念 尹雄大さんの正体(1) ミシマガ編集部
01月07日
第34回 小川彩佳さんインタビュー「わたしと日本舞踊」 ミシマガ編集部
12月29日
第33回 みんなちょっと当事者(2)すでに当事者だということに気づいてほしい ミシマガ編集部
12月28日
第33回 みんなちょっと当事者(1) 黒歴史をさらけだす ミシマガ編集部
12月18日
第32回 『今夜 凶暴だから わたし』発刊に寄せて(高橋さん、濱さん、装丁、編集担当のコメント) ミシマガ編集部
12月06日
第31回 冊子「日本舞踊入門の入門」を現在製作中です! ミシマガ編集部
11月23日
第30回 『ほんのちょっと当事者』本日発刊です! 著者の青山ゆみこさんから読者の皆さまへ ミシマガ編集部
11月05日
第30回 展示レポート! 益田ミリ × ブックスキューブリック × BOOKUOKA「本としあわせしりとり展 in 福岡」 ミシマガ編集部
11月01日
第29回 映画『最初の晩餐』公開記念:常盤司郎監督インタビュー ミシマガ編集部
10月15日
第28回 鎌田東二先生にきく! 宇宙の遊び方(2) ミシマガ編集部
10月14日
第28回 鎌田東二先生にきく! 宇宙の遊び方(1) ミシマガ編集部
09月26日
第27回 『クモのイト』本日発刊です!! 中田先生コメント&クモマンガ ミシマガ編集部
09月18日
第26回 クモのイト 刊行記念特集(2)クモの魅力総特集! ミシマガ編集部
09月17日
第26回 クモのイト 刊行記念特集(1) 中田兼介先生インタビュー ミシマガ編集部
09月04日
第25回 「筋トレ」全盛の時代に、「脱・筋トレ思考」のススメ ミシマガ編集部
08月29日
第24回 『脱・筋トレ思考』が発刊しました! ミシマガ編集部
08月20日
第23回 仲野徹と西靖のそろそろ大阪の話をしよう(2) ミシマガ編集部
08月19日
第22回 仲野徹と西靖のそろそろ大阪の話をしよう(1) ミシマガ編集部
07月28日
第21回 ホホホ座とミシマ社の反省会 山下賢二×三島邦弘トークイベント ミシマガ編集部
07月21日
第20回 オクノ修さんインタビュー ミシマガ編集部
07月13日
第19回 「ちいさいミシマ社」 ミシマ社の本屋さんではこう売ります! ミシマガ編集部
07月12日
第18回 ちいさいミシマ社スタート迫る! 推しポイント&ホームページ開設!! ミシマガ編集部
06月21日
第17回 本日、『ホホホ座の反省文』発売日です! ミシマガ編集部
06月16日
第16回 『ホホホ座の反省文』ついに完成しました。(2) ミシマガ編集部
06月15日
第16回 『ホホホ座の反省文』ついに完成しました。(1) ミシマガ編集部
06月13日
第15回 新レーベル「ちいさいミシマ社」第1弾!!(2) 『仲野教授のそろそろ大阪の話をしよう』 ミシマガ編集部
06月12日
第15回 新レーベル「ちいさいミシマ社」第1弾!!(1) 『ランベルマイユコーヒー店』 ミシマガ編集部
06月09日
第14回 父の日に本を贈る(2)いしいひとひくんが父に贈る一冊  ミシマガ編集部
06月08日
第14回 父の日に本を贈る(1)ミシマ社メンバーが父に贈る一冊  ミシマガ編集部
06月05日
第12回 第5弾 心に残った一節は? ~書店員さんのご感想を紹介します!~ ミシマガ編集部
05月19日
第13回 『すごい論語』プロローグ(後半) ミシマガ編集部
05月18日
第13回 『すごい論語』プロローグ(前半) ミシマガ編集部
04月26日
第12回 第4弾『しあわせしりとり』PVをつくりました! ミシマガ編集部
04月24日
第12回 第3弾 本屋さんとつなげる!『しあわせしりとり』 ミシマガ編集部
04月23日
第12回 第2弾「みんなでつなごう! しあわせしりとり展」開催中です! ミシマガ編集部
04月22日
第12回 刊行記念特集第1弾『しあわせしりとり』・デザインの魅力  ミシマガ編集部
04月13日
第11回 フカフカの土が世界を救う!?  学校では教えてくれない「土」のはなし(2) ミシマガ編集部
04月12日
第11回 フカフカの土が世界を救う!? 学校では教えてくれない「土」のはなし(1) ミシマガ編集部
03月20日
第10回 森田真生さんに発刊直前公開インタビューしました。 ミシマガ編集部
03月19日
第10回 『数学の贈り物』ができました! ミシマガ編集部
02月22日
第9回 2.22(ニャーニャーニャー)「猫の日」特別企画! 猫を愛してやまない3人におすすめの猫本を教えていただきました ミシマガ編集部
12月24日
第8回 教えてナカムラさん! 採用のこと、仕事のこと(2) ミシマガ編集部
12月23日
第8回 教えてナカムラさん! 採用のこと、仕事のこと(1) ミシマガ編集部
11月22日
第7回 『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(2) ミシマガ編集部
11月21日
第7回 『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(1) ミシマガ編集部
11月20日
第7回 『銀河鉄道の星』あとがきを掲載します ミシマガ編集部
11月04日
第6回 『うしろめたさの人類学』を読んでみよう(2) ミシマガ編集部
11月03日
第6回 『うしろめたさの人類学』を読んでみよう(1) ミシマガ編集部
09月07日
第5回 町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(2) ミシマガ編集部
09月06日
第5回 町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(1) ミシマガ編集部
07月28日
第4回 夏休み特集(2)バッキー井上さんに訊く、ハッピーな夏の過ごしかた ミシマガ編集部
07月27日
第4回 夏休み特集(1)三浦豊さんに訊く、夏におすすめの木 ミシマガ編集部
07月19日
第3回 『絶対に死ぬ私たちがこれだけは知っておきたい健康の話』実践レポート(2) ミシマガ編集部
07月18日
第3回 『絶対に死ぬ私たちがこれだけは知っておきたい健康の話』実践レポート(1) ミシマガ編集部
06月06日
第2回 「万引き家族」を10倍楽しむための10章(2) ミシマガ編集部
06月05日
第2回 「万引き家族」を10倍楽しむための10章(1) ミシマガ編集部
05月16日
第1回 特別寄稿 医師・佐藤友亮さん「罰するよりも大切なこと」 ミシマガ編集部
05月15日
第1回 小田嶋 隆×仲野 徹 「依存」はすぐとなりに(2) ミシマガ編集部
05月14日
第1回 小田嶋 隆×仲野 徹 「依存」はすぐとなりに(1) ミシマガ編集部
ページトップへ