『モヤモヤの正体』刊行記念 尹雄大さんの正体(2)

第35回

『モヤモヤの正体』刊行記念 尹雄大さんの正体(2)

2020.01.30更新

 こんにちは。ミシマガ編集部です。

 本日1月30日に、尹雄大さんによる『モヤモヤの正体――迷惑とワガママの呪いを解く』が発売日を迎えます。多くの人がわだかまりを感じるような出来事について、そのモヤモヤした気持ちの正体をていねいに探った本書。はじめに言っておきますが、本の中に書かれていることは、問題解決のためのノウハウでもなければ、ある出来事を善し悪しでスパっと判断することもしていません。複雑なものは複雑なままに、白黒つけられないところにとどまる足腰の強さを手に入れるためのリハビリの一冊です。

moya_shoei-1.jpg

『モヤモヤの正体――迷惑とワガママの呪いを解く』尹雄大(ミシマ社)

 著者の尹雄大さんのことを読者のみなさんに知ってもらうべく、尹さんへのインタビューの様子を昨日からお届けしているのですが、そこで明らかになったのは、コミュニケーションが苦手、できないことが山積み、とにかく「ポンコツ」。そんな尹さんが、どんな経緯でインタビューやライティングの仕事をするようになったのか? そして新刊『モヤモヤの正体』を書くことになったきっかけとは? 

(聞き手・構成:野崎敬乃)

前編はこちら

ある出会いがきっかけで

――ここまでのエピソード、どれも衝撃でした。そんな尹さんがどういうきっかけでインタビュアーやライターの仕事をすることになったんですか?

 25歳の時に『創』という雑誌の関係者の忘年会があるから「そこで何か縁ができるかもよ」と先輩に言われて、行ったんです。誰とも話さずに座っていたら、隣にルポライターの藤井誠二さんがいて、話しかけてくれたんです。なんか気に入ってもらって、藤井さんが取材した録音のカセットテープを文字に起こす手伝いをするようになりました。出版業界のとっかかりはそれですね。

――藤井さんとの出会いをきっかけに、ぽつりぽつりとそういう仕事をするようになっていくんですか?

 そのあと『週刊SPA』の編集者の方と知り合って、読者プレゼントのコーナーをやることになりました。

――何をするんですか?

 「今週は◯◯の缶コーヒーを20名様にプレゼントします!」というようなページがあって、1ページ30,000円ぐらいもらえました。週刊誌だからそれを月に4回やれば120,000円。これで生計が立てられると思って、担当編集の人に引き合わせてもらったものの、たった30行程度の商品紹介の文章が書けない。

――商品の情報があって、それをもとに書くということですよね。

 それすらできないんです。電話のやり取りでは埒があかないから、「会社に来て書いてください」と言われて、当時パソコンじゃなくてワープロを持ってたんですけど、ワープロを持っていったらコードを家に忘れて、取りに帰りますって言って家に帰ったら、留守電でもう大丈夫ですって入ってて。1回でクビになりました。

――変わらないなぁ(笑)。

 書けない・話せない・聞けない。ヘレンケラー並みですよ。

――もう何と言ったらいいのか・・・。人に勇気を与えますね。

 ただ唯一できたことがあって、テープ起こしのキータッチがめちゃくちゃ早い。

――この仕事においてそれは重要ですね。

 それが早くなったのには理由がありまして・・・。その前にちょっとだけバイトでファッション誌の別冊を作る編集プロダクションでバイトをしていまして、当時はキータッチができなかった。こんなことをしてたんですよ。

(註:尹さん、両方の人差し指でキーボードを押す)

――ここまで話を聞いてくると、もはや驚きません。

 雲形定規という定規があるんですけど、それで上司にパンって叩かれて、「指づかいがなってない!」みたいな、編集業務と全然違うところで怒られていました。おかげでタッチが早くなったんです。
 とにかく、できないことが多すぎて、今から思うと本当にいろいろ迷惑をかけました。できる・できないにこだわっているのはそういう体験があるからなんでしょうね。

ポンコツなりの努力

――そういうときは、「もっとできるようになりたい」みたいな気持ちはあるんですか? 自分のできなさに対しては、どういうテンションなんですか。

 できるようになるためのなり方がわからないんです。20代後半くらいによく言われたのが、「どうして君はもっと努力して世の中に出て行こうとしないのか」といった内容で、そういう人は励ますつもりで言っているんでしょう。だけど、僕は努力をしたことがないから、「努力しなさい」と言われても、努力するための努力から始めないといけない。そしたら努力するための努力のための努力・・・とか無限にさかのぼれるわけです。そしたら、大抵の場合は「?」みたいな顔をされます。

――でしょうね・・・。

 けれどやっぱり努力の方向性がわからないから、2年くらいは努力について考えていました。そして得た結論が「努力とは試行錯誤を可能にする方法論を確立すること」でした。

――想像以上に長い(笑)。

 ちょうどその時期に先述した藤井さんから、ウェブマガジンのインタビューコーナーの仕事を紹介されました。今でも覚えているのは現代アートの森村泰昌さんへの取材です。

 コミュニケーション能力がないらしいとは自覚し始めていたので、その代わりに何ができるのかな? と思ったら、資料を徹底して読んで、質問を考えることだった。著書はもちろんのこと、大宅壮一文庫に行って、森村さんに関する記事の全部読んで、質問を50個ぐらい考えて、現場に向かいました。で、「よろしくお願いします」と言ってすぐ質問を始めるわけですよ。

――メモをそのまま読んでそうです。

 質問が3つくらい続いて、そしたら森村さんが「ちょっと待って」とおっしゃった。「あなたが私のことをとても調べてくれてるのはわかるし嬉しいんだけど、落語の枕と一緒で、やっぱりこういうのって前置きが必要じゃないですか?」と言われました。はっ、そうなのか! となり、それを受けて次のインタビューからは、「なんか今日は寒いですね」と取ってつけたみたいに言うようにはなりまた。でも、そのあとはいつもの調子です。以前、医学書院の白石正明さんに、「尹さんは弱いロボットだよ」と言われたことがあります。

――その表現、ものすごく的確ですね。

 時候の挨拶が必要なんだな、と思ったらすぐにインプットはできるんです。でも、それだけ。

――そのレベルから今のようになるまでは、回を重ねるごとにちょっとずつ進化していったということなんですか?

 いや全然変わらなかったです。ただ質問の精度は上がっていったと思います。そういうぎこちない人を前にすると、取材される人も「この人、大丈夫かな」と不安になると思うんです。滑らかなコミュニケーションはできないけれど、それ以外のところで安心感を感じてもらうにはどうすればいいか。そのときにテーマにしていたのは、とにかく「これまで一度も聞かれてないことを聞く」ことに向けた努力はしていました。そうすると相手が面白さを感じて、口を開いてくれるようになりました。

――話したことのないことを聞かれるのは嬉しいですよね。

 宇宙物理学の専門家とかアスリートとか、とにかく自分が知らないこと、想像もつかないことを経験している人に取材するとなると、浅い知識で質問してもダメだし、かといって「何も知らないので教えてください」もダメ。そういうやり方もあると思います。でも、相手からしたら時間を奪われてる感じがするんじゃないかなというふうに思うので、話を聞く限りは相手にとっても豊かな時間になったほうがいいなと、ポンコツなりに想像したわけなんです。

 圧倒的に不利な状況から始まっているというのはあったんですね。コミュニケーションの面でも自分が知らないということについても。逃げることもできない。うかつに進むこともできない。自分がわからない話をどう聞いていくか、という体験をする中で、「わからないから聞けることがある」と思うようになったんです。

 必ずしも意味を理解しなくても質問はできる。なぜなら、そもそも人は意味を伝達したくて話しているわけではなくて、意味にならない何かを伝えたいと思っているんじゃないか? と思い始めるわけです。コミュニケーション能力はないのに、コミュニケーションとは何かということをだんだんと考えるようになっていったんですよ。

一般の人の声を聞くようになったわけ

――最近はアスリートや芸能人、財界人などの著名人以外に、インタビューセッションと言う形で一般の人にも話を聞かれていますよね。それは、どういうことがきっかけだったんでしょうか?

 3年くらい前から福祉とか精神医療に関わる仕事をしている人たちが僕が主催したトークイベントなどに来るようになりました。そのうちのひとりの方に自分の考えていることをまとめるためにインタビューをして欲しいと依頼されたことがきっかけです。その後、何人かにインタビューをしたのですが、全員女性で、しかもみんな今の社会で女性が生きることに関して、怒っているということがわかったんです。

 彼女たちは「ちゃんと筋道を立てて話せるのかわかりません」と言うことが多い。それはおそらく自分の感じていることや思っていることを社会で言ったら、「もっと論理的に話してくれないとわからない」とか、「根拠は?」と言われ続けてきたからこそそう言ってるのではないか。と言うのも、一見飛躍した内容だったとしても、そこにはその人の感覚の一貫性があるからです。

 感じていることを口に出していいし、それを良いだの悪いだのと解釈されなくてもいい。需要があると言ったら変なんですけど、そういう場が必要であればやってみようと思ってインタビューセッションを始めました。これはカウンセリングでもないし、問題解決でもないし、啓発でもなくて、僕はただインタビューをするだけです。

――それは、身体に染み付いてしまった社会の中での身のこなしをていねいに解いていく行為のように感じます。今回の本もその延長線上にありますね。

読者のみなさんへ

――『モヤモヤの正体』、どんな人に読んでほしいですか?

 この本を書いたきっかけは駅やデパートだとかの階段や段差を前にしたベビーカーを抱えたり、押したりする女性の表情がすごく気になったからです。「手伝いましょう」と話しかけた時の彼女たちの警戒心と申し訳なさの表情を見て、迷惑とワガママというキーワードを思いついたんです。女性が萎縮させられてしまっているんですよね。

 今の社会はだいたい18歳から65歳くらいまでの男性・異性愛者・健常者向けに設計されていると思うんですが、そこでノーマルを自認できる人が社会を担っているとしたら、そういう人はマイノリティの体験が少ないと思います。マイノリティとしての感覚的体験も少ないから、当然マイノリティの存在を想像するのは難しいですよね。自分ができて当然なことは、他の人ができて当たり前。その発想からしたら、「できない人」というのは怠慢だとか能力が低いとみなされてしまう。できない人自身もそう思ってしまうようになりますよね。

 だけど、できるようにがんばることが自分ではない何者かになる努力になっている場合も結構あって、そうなると誰のための人生なんだとある時点で虚しくなるんじゃないでしょうか。

――本の中で、「弱くてダメなところを病に例えるなら、病んでいることを病み切るのが、その人の活力を生み出す道になるのではないかと思う」と書かれていますね。私たちはどうしても健康になろうとしてしまうし、よくなる方向に努力してしまう。それは無理していることも多々あるし、根本的なことの解決になっていないことが多い。「病み切る」という考えが、一つの救いになる人たちがたくさんいるんじゃないかと思います。

 「弱い自分から強くて素敵な自分になれたらいいな」といった変身願望が多かれ少なかれ人にはあると思います。だけど、ある日突然すばらしい自分になれるわけない。かといって、「あるがままが素晴らしい」と言われることにも警戒心を持ってしまうのも当然です。理想もあるがままの姿も概念ですよね。その外にいる自分を知りたいし、そういう意味での変化は誰しも自分に期待しているんじゃないでしょうか。知らない自分を発見していく。それはすでにいる自分であると同時にまだ見ぬ自分でもあるわけです。

――それはまさにこの本を通して届いて欲しいメッセージです。

尹雄大さんによる新刊『モヤモヤの正体ー迷惑とワガママの呪いを解く』ぜひよろしくおねがいします。

本の詳細を見る

編集部からのお知らせ

『モヤモヤの正体』刊行記念イベント情報@京都

『モヤモヤの正体――迷惑とワガママの呪いを解く』(ミシマ社)の刊行を記念して、著者の尹雄大さんによるトークイベントをおこないます。

世の中を席巻する「なんだかなぁ」という光景や感情、言葉。違和感を覚えても、周囲の目を気にしてか、つい自分の言葉をのみ込んでしまうことがあります。

こうしたモヤモヤに焦点を当てて、子育て、コミュニケーション、仕事、感情、教育、笑い、社会、他者の視線の観点からその正体を丁寧にひもとく本書には、社会の複雑さはそのままに、自分と他者との関係に折り合いをつけて生きるヒントがつまっています。

イベントでは、著者の尹雄大さんに、本を書きながら考えたこと、いまの社会の空気に感じる違和感、自分自身の保ちかたなどをテーマに、担当編集・野崎と恵文社一乗寺店・鎌田が、一読者として聞きたいことをずばずば聞いてみたいと思います。

モヤモヤを言いたい、モヤモヤを聞きたい、という方、ぜひお誘い合わせのうえご参加ください。


「教えて、尹さん! 」
『モヤモヤの正体――迷惑とワガママの呪いを解く』 刊行記念トークイベント

■日程:2020年3月13日(金)19:00~(開場18:30~)
■会場:恵文社一乗寺店 コテージ
■定員:30名様
■入場料:1,000円(税込)
■お申し込み方法

[1] ミシマ社にてメール予約。( event@mishimasha.com )
件名を「0313イベント」とし、「お名前」「ご職業・年齢」「お電話番号」をご記入のうえ、お送りください。
[2] ミシマ社京都オフィスにて電話予約。(TEL:075-746-3438)
[3] 恵文社一乗寺店店頭または電話で予約。(TEL:075-711-5919)

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

この記事のバックナンバー

11月13日
第57回 『岩とからあげをまちがえる』(大前粟生 著)を刊行します ミシマガ編集部
11月12日
第56回 「おなみだぽいぽい原画展」ニジノ絵本屋さんで開催中です ミシマガ編集部
09月24日
第55回 「ど忘れ大賞」発表します! ミシマガ編集部
09月07日
第54回 『ど忘れ書道』に届いたおはがき ミシマガ編集部
08月29日
第53回 『残念こそ俺のご馳走。――そして、ベストコラム集』刊行直前特集(2) 傷んだ心に染みわたる名フレーズを。 ミシマガ編集部
08月28日
第53回 『残念こそ俺のご馳走。――そして、ベストコラム集』刊行直前特集(1) まえがきを公開します。 ミシマガ編集部
08月20日
第52回 おなみだぽいぽい増刷します!!! ミシマガ編集部
07月26日
第51回 「深、呼、吸、和、書、集」 〜世間の空気、私の心、解きほぐす本〜 ミシマガ編集部
07月18日
第50回 「ど忘れ大賞」開催!? みんなの「ど忘れ」大募集!! ミシマガ編集部
07月17日
第49回 『ど忘れ書道』ついに発刊!!! ミシマガ編集部
07月06日
第48回 MSマルシェ「業界最高値」 出店・タルマーリーさん ミシマガ編集部
06月26日
第47回 『自分と他人の許し方、あるいは愛し方』への熱い声を大特集! ミシマガ編集部
06月18日
第46回 「これからのアナキズム」の話 松村圭一郎×三島邦弘(2) ミシマガ編集部
06月17日
第46回 「これからのアナキズム」の話 松村圭一郎×三島邦弘(1) ミシマガ編集部
05月23日
第45回 『自分と他人の許し方、あるいは愛し方』刊行記念特集 まえがきを公開します。 ミシマガ編集部
05月20日
第44回 パンデミックを生きる構え(2) 藤原辰史×鈴木潤×三島邦弘 ミシマガ編集部
05月19日
第44回 パンデミックを生きる構え(1) 藤原辰史×鈴木潤×三島邦弘 ミシマガ編集部
05月04日
第43回 鎌田裕樹×三島邦弘 トークイベント「本屋と出版社と、読者の『これから』を考える」 ミシマガ編集部
04月21日
第42回 尹雄大×伊藤亜紗 トークイベント「迷い、戸惑う感覚の味わい方」(2) ミシマガ編集部
04月19日
第42回 尹雄大×伊藤亜紗 トークイベント「迷い、戸惑う感覚の味わい方」(1) ミシマガ編集部
04月09日
第41回 「人生最初の小説を書き終えて」『最初の晩餐』常盤司郎さんインタビュー  ミシマガ編集部
03月28日
第40回 教えて、尹さん!―『モヤモヤの正体』その後のはなし。 ミシマガ編集部
03月21日
第39回 『小田嶋隆のコラムの切り口』刊行記念特集(2)武田砂鉄さん寄稿「参考にならない」 ミシマガ編集部
03月20日
第39回 『小田嶋隆のコラムの切り口』刊行記念特集(1)まえがきを公開&『小田嶋隆のコラムの切り口』ラジオ ミシマガ編集部
03月19日
坊さん、本屋で語る。白川密成×辻山良雄(2) ミシマガ編集部
03月18日
第38回 坊さん、本屋で語る。白川密成×辻山良雄(1) ミシマガ編集部
02月20日
第37回 『坊さん、ぼーっとする。』発刊記念! 坊さんと、家族。 ミシマガ編集部
02月01日
第36回 「これからのメディア」を考える ミシマガ編集部
01月30日
第35回 『モヤモヤの正体』刊行記念 尹雄大さんの正体(2) ミシマガ編集部
01月29日
第35回 『モヤモヤの正体』刊行記念 尹雄大さんの正体(1) ミシマガ編集部
01月07日
第34回 小川彩佳さんインタビュー「わたしと日本舞踊」 ミシマガ編集部
12月29日
第33回 みんなちょっと当事者(2)すでに当事者だということに気づいてほしい ミシマガ編集部
12月28日
第33回 みんなちょっと当事者(1) 黒歴史をさらけだす ミシマガ編集部
12月18日
第32回 『今夜 凶暴だから わたし』発刊に寄せて(高橋さん、濱さん、装丁、編集担当のコメント) ミシマガ編集部
12月06日
第31回 冊子「日本舞踊入門の入門」を現在製作中です! ミシマガ編集部
11月23日
第30回 『ほんのちょっと当事者』本日発刊です! 著者の青山ゆみこさんから読者の皆さまへ ミシマガ編集部
11月05日
第30回 展示レポート! 益田ミリ × ブックスキューブリック × BOOKUOKA「本としあわせしりとり展 in 福岡」 ミシマガ編集部
11月01日
第29回 映画『最初の晩餐』公開記念:常盤司郎監督インタビュー ミシマガ編集部
10月15日
第28回 鎌田東二先生にきく! 宇宙の遊び方(2) ミシマガ編集部
10月14日
第28回 鎌田東二先生にきく! 宇宙の遊び方(1) ミシマガ編集部
09月26日
第27回 『クモのイト』本日発刊です!! 中田先生コメント&クモマンガ ミシマガ編集部
09月18日
第26回 クモのイト 刊行記念特集(2)クモの魅力総特集! ミシマガ編集部
09月17日
第26回 クモのイト 刊行記念特集(1) 中田兼介先生インタビュー ミシマガ編集部
09月04日
第25回 「筋トレ」全盛の時代に、「脱・筋トレ思考」のススメ ミシマガ編集部
08月29日
第24回 『脱・筋トレ思考』が発刊しました! ミシマガ編集部
08月20日
第23回 仲野徹と西靖のそろそろ大阪の話をしよう(2) ミシマガ編集部
08月19日
第22回 仲野徹と西靖のそろそろ大阪の話をしよう(1) ミシマガ編集部
07月28日
第21回 ホホホ座とミシマ社の反省会 山下賢二×三島邦弘トークイベント ミシマガ編集部
07月21日
第20回 オクノ修さんインタビュー ミシマガ編集部
07月13日
第19回 「ちいさいミシマ社」 ミシマ社の本屋さんではこう売ります! ミシマガ編集部
07月12日
第18回 ちいさいミシマ社スタート迫る! 推しポイント&ホームページ開設!! ミシマガ編集部
06月21日
第17回 本日、『ホホホ座の反省文』発売日です! ミシマガ編集部
06月16日
第16回 『ホホホ座の反省文』ついに完成しました。(2) ミシマガ編集部
06月15日
第16回 『ホホホ座の反省文』ついに完成しました。(1) ミシマガ編集部
06月13日
第15回 新レーベル「ちいさいミシマ社」第1弾!!(2) 『仲野教授のそろそろ大阪の話をしよう』 ミシマガ編集部
06月12日
第15回 新レーベル「ちいさいミシマ社」第1弾!!(1) 『ランベルマイユコーヒー店』 ミシマガ編集部
06月09日
第14回 父の日に本を贈る(2)いしいひとひくんが父に贈る一冊  ミシマガ編集部
06月08日
第14回 父の日に本を贈る(1)ミシマ社メンバーが父に贈る一冊  ミシマガ編集部
06月05日
第12回 第5弾 心に残った一節は? ~書店員さんのご感想を紹介します!~ ミシマガ編集部
05月19日
第13回 『すごい論語』プロローグ(後半) ミシマガ編集部
05月18日
第13回 『すごい論語』プロローグ(前半) ミシマガ編集部
04月26日
第12回 第4弾『しあわせしりとり』PVをつくりました! ミシマガ編集部
04月24日
第12回 第3弾 本屋さんとつなげる!『しあわせしりとり』 ミシマガ編集部
04月23日
第12回 第2弾「みんなでつなごう! しあわせしりとり展」開催中です! ミシマガ編集部
04月22日
第12回 刊行記念特集第1弾『しあわせしりとり』・デザインの魅力  ミシマガ編集部
04月13日
第11回 フカフカの土が世界を救う!?  学校では教えてくれない「土」のはなし(2) ミシマガ編集部
04月12日
第11回 フカフカの土が世界を救う!? 学校では教えてくれない「土」のはなし(1) ミシマガ編集部
03月20日
第10回 森田真生さんに発刊直前公開インタビューしました。 ミシマガ編集部
03月19日
第10回 『数学の贈り物』ができました! ミシマガ編集部
02月22日
第9回 2.22(ニャーニャーニャー)「猫の日」特別企画! 猫を愛してやまない3人におすすめの猫本を教えていただきました ミシマガ編集部
12月24日
第8回 教えてナカムラさん! 採用のこと、仕事のこと(2) ミシマガ編集部
12月23日
第8回 教えてナカムラさん! 採用のこと、仕事のこと(1) ミシマガ編集部
11月22日
第7回 『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(2) ミシマガ編集部
11月21日
第7回 『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(1) ミシマガ編集部
11月20日
第7回 『銀河鉄道の星』あとがきを掲載します ミシマガ編集部
11月04日
第6回 『うしろめたさの人類学』を読んでみよう(2) ミシマガ編集部
11月03日
第6回 『うしろめたさの人類学』を読んでみよう(1) ミシマガ編集部
09月07日
第5回 町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(2) ミシマガ編集部
09月06日
第5回 町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(1) ミシマガ編集部
07月28日
第4回 夏休み特集(2)バッキー井上さんに訊く、ハッピーな夏の過ごしかた ミシマガ編集部
07月27日
第4回 夏休み特集(1)三浦豊さんに訊く、夏におすすめの木 ミシマガ編集部
07月19日
第3回 『絶対に死ぬ私たちがこれだけは知っておきたい健康の話』実践レポート(2) ミシマガ編集部
07月18日
第3回 『絶対に死ぬ私たちがこれだけは知っておきたい健康の話』実践レポート(1) ミシマガ編集部
06月06日
第2回 「万引き家族」を10倍楽しむための10章(2) ミシマガ編集部
06月05日
第2回 「万引き家族」を10倍楽しむための10章(1) ミシマガ編集部
05月16日
第1回 特別寄稿 医師・佐藤友亮さん「罰するよりも大切なこと」 ミシマガ編集部
05月15日
第1回 小田嶋 隆×仲野 徹 「依存」はすぐとなりに(2) ミシマガ編集部
05月14日
第1回 小田嶋 隆×仲野 徹 「依存」はすぐとなりに(1) ミシマガ編集部
ページトップへ