『辛口サイショーの人生案内DX』刊行記念 最相葉月さんに訊く!「人生案内」の職人技 (後編)『辛口サイショーの人生案内DX』刊行記念 最相葉月さんに訊く!「人生案内」の職人技 (後編)

第78回

『辛口サイショーの人生案内DX』刊行記念 最相葉月さんに訊く!「人生案内」の職人技 (後編)

2021.08.24更新

 8月24日、ついに『辛口サイショーの人生案内DX』が刊行となります! 読売新聞の大人気連載「人生案内」から、最相葉月さんによる名回答68本を厳選した一冊です。多種多様なお悩みに対し、最相さんはときに鋭く、ときにはゆったりと構え、鮮やかな答えを次々に提示されます。
 私は本書の編集補佐をさせていただいたのですが、最相さんの回答は、「どうやったらこんな答えを編み出せるのか?」と思ってしまうものばかり。「誰かの悩みに触れつづけると、どんな感覚になるのだろう?」という問いも湧きました。とにかく、舞台裏が気になってしかたがありません。
 そこで、最相さんご本人に、長年「人生案内」を続けながら考え、感じてこられたことをインタビューさせていただきました! 前編では、最相さんが無類の人生相談コーナーファンで、さまざまな回答者から、答え方の技を学んでこられたことがわかりました。本日は、相談者からの手紙の読み方、字数の制約があることのおもしろさ、新聞の人生相談ならではの価値などについて、たっぷりお届けします!

(取材・構成 角 智春)

jinseiannai_shoei.jpg(左:シリーズ・コーヒーと一冊『辛口サイショーの人生案内』、右:『辛口サイショーの人生案内DX』

一緒にぼけてしまっていいんですよ

――『辛口サイショーの人生案内DX』(以下、『DX』)には、老いや介護にまつわる人生案内が多数収録されています。認知症と思われる方に何度同じこと言っても忘れられてしまう、というご相談に対して、最相さんが、ときには相手に調子を合わせればいいと回答されていたことが印象的でした。「どこに行ったんでしょうねぇ」「明日また探してみますね」といったふうに(『DX』88~89頁、92~93頁)。読んでいて、まさに「回れ右をしたら答えがあった」という感覚がしました。

最相 私の母親は脳血管性の若年性認知症を患っていましたので、認知症の人とどういうふうにコミュニケーションをとるかは、長年、自分自身の課題でもあったんです。いろんな体験談を読んだり、介護関係者とお話ししたりするなかで、だんだんわかっていきました。
 もちろん、認知症は人の数だけケースがあるので一概には言えないのですが、私の場合は、母親と同じところに立って同じ方向を見ることで、自分自身も楽になるなと気づいたんですね。だから、たまには一緒にぼけてしまっていいんですよ。「誰かが〇〇を盗んだ」って言われたときには、「盗んでないよ!」と言い返すのではなく、「ほんとだね、じゃあ一緒に探してみよう」と言っちゃう。
 さきほどは回答に自分を入れ込まないほうがいいと言いましたが、認知症や介護関係のご相談については、私の長年の経験がなければ答えきれなかったですね。

「読み物的」に答えてはいけない相談

――「人生案内」をするうえでは、相談の手紙をどう読むかがすごく大事なのだと思います。最相さんは、手紙のなかに登場「しない」人物のことや、相談者が自覚なく同じ言葉を多用していること、便箋の柄への違和感などにも言及されていますね。

最相 新聞の紙面では相談内容が短くまとまっていますが、私たちにはフルのお便りが届きます。便箋5、6枚にわたって相談が書かれている場合もあるんですよ。たとえば、そういう長いお便りが届いたときには、一体この人は何を悩んでいるのだろうかということを考えます。深刻に悩んでいるときって、自分が本当のところは何を悩んでいるのかもわからなくなることがありますから。読んでいるうちに、これだけ長い手紙を書いているのに夫が登場しない、みたいなことが見えてきて、悩みの背景にはおそらく夫婦関係の問題があるはずだ、というふうに想像できるようになるんです(たとえば、『DX』62~63頁)
 あとは、書かれている内容とは段違いにファンシーな便箋が使われていたりするとかですね。すごく悲痛な悩みが、かわいいキャラクターの便箋に書かれていたら、ちょっと異様ですよね。短い手紙でも、書き手の置かれた状況が浮き彫りになることはあります。ほんの数行のメールからでも、その人の怒り、投げやりになっている感じ、どうせ答えられるはずがないと挑んでいるような姿勢などは読みとれるんです。
 こうしたことは、回答の「構え」を決めるための手がかりになりますね。長年相談を読み、返事を書いてきた経験から生まれた勘なのだと思います。

――相談者の方が最相さんの回答を読んで、後日メッセージを送ってこられることはありますか。

最相 人生案内では、相談者は回答者を指名できないし、回答を掲載するかどうかの連絡もありません。それでも、記者さん宛にいくつかお手紙をいただいたことがあります。
 一冊目の本に、夫が自殺したあとに義理の母との同居を続けるべきかという、非常に苦しいご相談がありました(シリーズ・コーヒーと一冊『辛口サイショーの人生案内』84〜85頁)。家にいると、夫が亡くなったときの残像が浮かぶ。義母は生前の夫の看病を一切手助けせず、家のこともずっとおろそかにしてきた。相談者は、そんな義母と一緒に住んで、面倒を見続けなければならないのかと悩んでいました。私は、義母と縁を切ってでも家を出たいというのなら、「姻族関係終了届」を役所に提出すれば、親族関係は終了し、扶養の責任も消える、と回答しました。
 後日、この相談者からお手紙をいただきました。「回答を読んで、さっそく弁護士の先生のところに行きました」と。私の答えが役に立つこともあるんだなと感じました。
 とても大事なことなのですが、相談者の生命の危機に近いような相談には、精神論を説いたり、角度をつけて答えたりしてはいけません。まず、行政や法的手続による具体的な解決策があるかを調べて、きちんと伝えることが大事なんです。読者が読んでいて面白いかどうかということとは違うレベルで対応すべきものなんですね。読み物的な内容ではないので書籍にはあまり収録されていませんが、実際の人生案内には、こうした相談も何通かに一度は届きます。

制約があることの自由

――人生案内の回答欄は、450字前後と短いですね。字数の制約が厳しいと感じられたことはありますか。

最相 それはないですね。

――そうですか!!

最相 これもやっぱり、職人的な感覚ですね(笑)。

――びっくりしました。

最相 字数の制約は、読売新聞の「人生案内」というコーナーが持つ面白さだと思います。
 私は星新一の評伝を書いたことがありますが(『星新一 一〇〇一話をつくった人』)、原稿用紙十数枚の「ショートショート」をたくさん書いた星新一は、「制約があることの自由」とおっしゃっていました。「人生案内」も、いわば450字の自由というんでしょうか。さきほども言ったように、悩みの一部をちょっと動かすような文章を書くには十分だと思います。

――最相さんは、「人生案内」の回答者どうしの座談会(『読売新聞』2017年12月17日、13面)でも、書籍第1弾の「はじめに」(シリーズ・コーヒーと一冊『辛口サイショーの人生案内』1頁)でも、「相談者一人ひとりの人生が愛おしい」とおっしゃっています。大勢の方の悩みに触れるのは、ものすごく大変なことなのではないかと思うのですが・・・。

最相 相談者に私の回答が受け止めてもらえなくても、通り抜けていってもいいんです、という感じでしょうか。何か引っかかるところがあったらいいけれど、「ああ、結局、サイショーはわかってくれてなかったな」と思われても、それはそれでしょうがないというか(笑)。やはり、カウンセラーのように一対一で向き合う厳しさとは違う次元の仕事だと思っています。
 だから、大変というよりは、やっぱり、ああ人間って本当に面白いな、みんな生きているな、と思いながらやっています。面白いというのは、愛おしいということです。たくさん回答して疲れてしまうことはありません。手元にある相談のお手紙が減るたびに、読売の記者さんに「なくなりましたよ。次、送ってください」と催促しています(笑)。

新聞は、一呼吸おいてから回答できる

――新聞という媒体で人生相談をすることの良さは、どんなところにあると思われますか。

最相 相談を受け止めてから、しばらく時間をおけることだと思います。
 たとえば、メールをしていて返事が一日以上来なかったら、あれ、と思うじゃないですか。既読がつくSNSならば、その時間感覚はもっと速くなりますよね。私は、かなり早い段階からインターネットの力を借りて仕事してきました。『絶対音感』(1998年発表)という本を書いたときも、ニフティサーブというパソコン通信サービスを使って、音楽関係者の方々に取材させてもらったのでネットの力は確信しているんですよ。でも、人生の悩みは情報が次々流れていくインターネットよりも、つかもうと思えばつかめる紙媒体のほうが向いているように思います。回答する者としても、一旦寝かせることでもっと考える時間を持てば、それだけ、言葉が自分の体をしっかりとめぐって出てくる感じがしますね。
 ラジオの人生相談の場合は、相談者と回答者が直接しゃべります。これは大変で、相談者が途中で怒って電話を切ってしまうこともあります。だからこそ格闘技のようなおもしろさがあるんですけどね。新聞の場合は、一度お悩みが受け取られると、相談者はもう逃げられません。そこに向けて、回答者が一呼吸おいてから打ち返す。その良さがありますね。

――文章として残ることで、読者も回答をくりかえし読むことができます。今回の本も、ずっと手元に置いておくことで、読み方がどんどん変化していくのだろうと思っています。

最相 そうですか。回答を読んで怒っている人もいっぱいおられると思うんですけど・・・(笑)。この場をお借りして、お詫び申し上げます。でも、そういうふうに読んでいただけたらいいですね。ありがとうございます。

――とても貴重でおもしろいお話を聞かせていただき、本当にありがとうございました!

(終)

編集部からのお知らせ

最相さんと仲野徹さんの対談イベントを開催します!

waraukadoniha_jinseiannai0901.jpg

『辛口サイショーの人生案内DX』『仲野教授の 笑う門には病なし!』の同時刊行を記念して、最相葉月さんと仲野徹さんに対談いただきます!
 最相さんは、科学や医療を題材とした文章を数多く発表してこられました。仲野さんは、病理学の研究者でありながら、無類の読書家で、新聞の読書委員も務めておられます。文理の境界を超えて思考し、書いてこられたお二人のお話は、盛り上がることまちがいありません!

詳細はこちら

最相さんが、臨床心理士の佐々木玲仁さんと対談されました!

 最相葉月さんが、臨床心理士の佐々木玲仁さん(九州大学准教授)のYouTubeチャンネル「ひねもす」に登場され、『辛口サイショーの人生案内DX』について対談くださいました。
 本書に収録された相談を取り上げ、「人生案内」回答者とカウンセラーというそれぞれの立場から、悩み相談への応え方について語り合っておられます。
 人生案内とカウンセリングの違いは? 最相さんはどんな思いで回答者を続けてこられたのか?
 動画はどなたでもご覧になれます。ぜひ!

「聴くことを生業にするふたりが相談を受けることについて話す|最相葉月×佐々木玲仁」

動画を観に行く

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 特集『三流のすすめ』発刊記念 安田登×平川克美 対談(前編)特集『三流のすすめ』発刊記念 安田登×平川克美 対談(前編)

    特集『三流のすすめ』発刊記念 安田登×平川克美 対談(前編)

    ミシマガ編集部

     7月22日、平川克美さんが店主をされている隣町珈琲のブックレビュー対談に、『三流のすすめ』著者の安田登さんがゲストとして登壇されました。リアルイベントにお客としてうかがったミシマ社のホシノとイケハタが、そのあまりの面白さに、これはもっとたくさんの方に届けたい! と切望し、その一部を公開させていただくこととなりました。 中国の古典から現代の政治まで、止まることなく転がり続けた、“落ち着きがない”お二人の対話、2日間にわたってお届けします。

  • 『辛口サイショーの人生案内DX』刊行記念 最相葉月さんに訊く!「人生案内」の職人技 (前編)『辛口サイショーの人生案内DX』刊行記念 最相葉月さんに訊く!「人生案内」の職人技 (前編)

    『辛口サイショーの人生案内DX』刊行記念 最相葉月さんに訊く!「人生案内」の職人技 (前編)

    ミシマガ編集部

     先日ついに『辛口サイショーの人生案内DX』が発刊しました! 多種多様なお悩みに対する最相さんの回答は、「どうやったらこんな答えを編み出せるのか?」と思ってしまうものばかり。「誰かの悩みに触れつづけると、どんな感覚になるのだろう?」という問いも湧きました。とにかく、舞台裏が気になってしかたがありません。 そこで、新人スミが最相さんご本人にインタビューさせていただきました! 「人生案内」の職人技を垣間見れば、本に収録された回答も一層おもしろく読めること間違いなし。貴重なお話の数々を、2日間にわたってお届けします!

  • あの仲野徹先生による「初」のエッセイ集を刊行します

    あの仲野徹先生による「初」のエッセイ集を刊行します

    ミシマガ編集部

    大阪大学医学部教授の仲野徹先生による、初のエッセイ集『仲野教授の 笑う門には病なし!』を刊行いたします。明日8月21日よりリアル書店先行発売ということで、担当編集による制作裏話を掲載します。

  • 安田登×いとうせいこう 一流めざすの、やめません? ~「三流」頂上対談!(前編)安田登×いとうせいこう 一流めざすの、やめません? ~「三流」頂上対談!(前編)

    安田登×いとうせいこう 一流めざすの、やめません? ~「三流」頂上対談!(前編)

    ミシマガ編集部

    『三流のすすめ』の発刊を記念して、著者の安田登先生×いとうせいこうさんの対談イベントをMSLive!にて開催しました。本書でいう三流とは、多流=いろいろなことができる人のこと。さまざまな分野で活躍し、まさにトップオブ三流=多流であるお二人の対話は、どこかに飛んでいったかと思えば、いつの間にか話の核心に着地していたり、かと思えばまたすぐにどこかへ飛んでいったり、まさに三流的、怒涛の展開でした。目が離せなかった対談の模様の一部を、2回にわたってお届けします!

この記事のバックナンバー

09月16日
第80回 『くらしのアナキズム』(松村圭一郎 著)「はじめに」を公開! ミシマガ編集部
09月14日
第79回 特集『三流のすすめ』発刊記念 安田登×平川克美 対談(後編) ミシマガ編集部
09月13日
第79回 特集『三流のすすめ』発刊記念 安田登×平川克美 対談(前編) ミシマガ編集部
08月24日
第78回 『辛口サイショーの人生案内DX』刊行記念 最相葉月さんに訊く!「人生案内」の職人技 (後編) ミシマガ編集部
08月23日
第78回 『辛口サイショーの人生案内DX』刊行記念 最相葉月さんに訊く!「人生案内」の職人技 (前編) ミシマガ編集部
08月20日
第77回 あの仲野徹先生による「初」のエッセイ集を刊行します ミシマガ編集部
08月13日
第76回 安田登×いとうせいこう 一流めざすの、やめません? ~「三流」頂上対談!(後編) ミシマガ編集部
08月12日
第76回 安田登×いとうせいこう 一流めざすの、やめません? ~「三流」頂上対談!(前編) ミシマガ編集部
07月28日
第75回 特集『菌の声を聴け』発刊記念 タルマーリー(渡邉格・麻里子)×大橋トリオ×ナガオカケンメイ 「パンとビールと音楽と ~長く、深く、ちょっと広く届けるものづくり~」(後編) ミシマガ編集部
07月27日
第75回 『菌の声を聴け』発刊記念 タルマーリー(渡邉格・麻里子)×大橋トリオ×ナガオカケンメイ 「パンとビールと音楽と ~長く、深く、ちょっと広く届けるものづくり~」(前編) ミシマガ編集部
07月24日
第74回 『三流のすすめ』発刊!! ミシマガ編集部
07月22日
『三流のすすめ』POP選手権を開催! ミシマガ編集部
07月08日
第73回 特集『菌の声を聴け』発刊記念 タルマーリー(渡邉格・麻里子)×平川克美対談 「クレイジーで豊かな小商いのはなし」(2) ミシマガ編集部
07月07日
第73回 特集『菌の声を聴け』発刊記念 タルマーリー(渡邉格・麻里子)×平川克美対談 「クレイジーで豊かな小商いのはなし」(1) ミシマガ編集部
07月06日
第73回 光嶋裕介×藤原徹平「自分でつくる」を取り戻す 〜〜映画「サンドラの小さな家」公開記念トークショー〜〜 ミシマガ編集部
06月29日
第72回 「今日の人生」連載100回直前! 記念 益田ミリさんインタビュー ミシマガ編集部
06月22日
第71回 学生さんに聞きました。京都にふれる、さわる座談会 ミシマガ編集部
06月03日
第70回 ヨーロッパ企画・上田誠さんインタビュー 舞台「夜は短し歩けよ乙女」、ここだけの話 ミシマガ編集部
05月27日
第69回 『菌の声を聴け』刊行記念特集 タルマーリーのクレイジーで豊かな新刊をご紹介! ミシマガ編集部
05月06日
第68回 『時代劇聖地巡礼』の聖地巡礼その① ミシマガ編集部
05月05日
第67回 『アンナの土星』にみつける、あの頃の私、いまの私 ミシマガ編集部
04月20日
第66回 『時代劇聖地巡礼』発刊! 春日太一さんインタビュー&本書の一部公開 ミシマガ編集部
03月28日
第65回 コモンのつくり方、ひらき方(2)光嶋裕介×斎藤幸平 ミシマガ編集部
03月27日
第65回 コモンのつくり方、ひらき方(1)光嶋裕介×斎藤幸平 ミシマガ編集部
03月17日
第64回 大前粟生×町屋良平 対談「書きながら生きるふたり、ちょうど5年目のはなし」(2) ミシマガ編集部
03月14日
第64回 大前粟生×町屋良平 対談「書きながら生きるふたり、ちょうど5年目のはなし」(1) ミシマガ編集部
02月28日
第63回 「あいだ」のつくり方、ひらき方(2) 光嶋裕介×藤原辰史 ミシマガ編集部
02月27日
第63回 「あいだ」のつくり方、ひらき方(1) 光嶋裕介×藤原辰史 ミシマガ編集部
02月23日
第62回 『つくるをひらく』、全国書店でパネル展開催中です! ミシマガ編集部
02月11日
第61回 映画『すばらしき世界』公開記念・西川美和監督インタビュー(2) ミシマガ編集部
02月10日
第61回 映画『すばらしき世界』公開記念・西川美和監督インタビュー(1) ミシマガ編集部
01月30日
第60回 『つくるをひらく』(光嶋裕介 著)を刊行しました! ミシマガ編集部
12月20日
第59回 『岩とからあげをまちがえる』(大前粟生 著)が出た! ミシマガ編集部
12月18日
第58回 縁食から世界を変える(2) ミシマガ編集部
12月17日
第58回 縁食から世界を変える(1) ミシマガ編集部
11月13日
第57回 『岩とからあげをまちがえる』(大前粟生 著)を刊行します ミシマガ編集部
11月12日
第56回 「おなみだぽいぽい原画展」ニジノ絵本屋さんで開催中です ミシマガ編集部
09月24日
第55回 「ど忘れ大賞」発表します! ミシマガ編集部
09月07日
第54回 『ど忘れ書道』に届いたおはがき ミシマガ編集部
08月29日
第53回 『残念こそ俺のご馳走。――そして、ベストコラム集』刊行直前特集(2) 傷んだ心に染みわたる名フレーズを。 ミシマガ編集部
08月28日
第53回 『残念こそ俺のご馳走。――そして、ベストコラム集』刊行直前特集(1) まえがきを公開します。 ミシマガ編集部
08月20日
第52回 おなみだぽいぽい増刷します!!! ミシマガ編集部
07月26日
第51回 「深、呼、吸、和、書、集」 〜世間の空気、私の心、解きほぐす本〜 ミシマガ編集部
07月18日
第50回 「ど忘れ大賞」開催!? みんなの「ど忘れ」大募集!! ミシマガ編集部
07月17日
第49回 『ど忘れ書道』ついに発刊!!! ミシマガ編集部
07月06日
第48回 MSマルシェ「業界最高値」 出店・タルマーリーさん ミシマガ編集部
06月26日
第47回 『自分と他人の許し方、あるいは愛し方』への熱い声を大特集! ミシマガ編集部
06月18日
第46回 「これからのアナキズム」の話 松村圭一郎×三島邦弘(2) ミシマガ編集部
06月17日
第46回 「これからのアナキズム」の話 松村圭一郎×三島邦弘(1) ミシマガ編集部
05月23日
第45回 『自分と他人の許し方、あるいは愛し方』刊行記念特集 まえがきを公開します。 ミシマガ編集部
05月20日
第44回 パンデミックを生きる構え(2) 藤原辰史×鈴木潤×三島邦弘 ミシマガ編集部
05月19日
第44回 パンデミックを生きる構え(1) 藤原辰史×鈴木潤×三島邦弘 ミシマガ編集部
05月04日
第43回 鎌田裕樹×三島邦弘 トークイベント「本屋と出版社と、読者の『これから』を考える」 ミシマガ編集部
04月21日
第42回 尹雄大×伊藤亜紗 トークイベント「迷い、戸惑う感覚の味わい方」(2) ミシマガ編集部
04月19日
第42回 尹雄大×伊藤亜紗 トークイベント「迷い、戸惑う感覚の味わい方」(1) ミシマガ編集部
04月09日
第41回 「人生最初の小説を書き終えて」『最初の晩餐』常盤司郎さんインタビュー  ミシマガ編集部
03月28日
第40回 教えて、尹さん!―『モヤモヤの正体』その後のはなし。 ミシマガ編集部
03月21日
第39回 『小田嶋隆のコラムの切り口』刊行記念特集(2)武田砂鉄さん寄稿「参考にならない」 ミシマガ編集部
03月20日
第39回 『小田嶋隆のコラムの切り口』刊行記念特集(1)まえがきを公開&『小田嶋隆のコラムの切り口』ラジオ ミシマガ編集部
03月19日
坊さん、本屋で語る。白川密成×辻山良雄(2) ミシマガ編集部
03月18日
第38回 坊さん、本屋で語る。白川密成×辻山良雄(1) ミシマガ編集部
02月20日
第37回 『坊さん、ぼーっとする。』発刊記念! 坊さんと、家族。 ミシマガ編集部
02月01日
第36回 「これからのメディア」を考える ミシマガ編集部
01月30日
第35回 『モヤモヤの正体』刊行記念 尹雄大さんの正体(2) ミシマガ編集部
01月29日
第35回 『モヤモヤの正体』刊行記念 尹雄大さんの正体(1) ミシマガ編集部
01月07日
第34回 小川彩佳さんインタビュー「わたしと日本舞踊」 ミシマガ編集部
12月29日
第33回 みんなちょっと当事者(2)すでに当事者だということに気づいてほしい ミシマガ編集部
12月28日
第33回 みんなちょっと当事者(1) 黒歴史をさらけだす ミシマガ編集部
12月18日
第32回 『今夜 凶暴だから わたし』発刊に寄せて(高橋さん、濱さん、装丁、編集担当のコメント) ミシマガ編集部
12月06日
第31回 冊子「日本舞踊入門の入門」を現在製作中です! ミシマガ編集部
11月23日
第30回 『ほんのちょっと当事者』本日発刊です! 著者の青山ゆみこさんから読者の皆さまへ ミシマガ編集部
11月05日
第30回 展示レポート! 益田ミリ × ブックスキューブリック × BOOKUOKA「本としあわせしりとり展 in 福岡」 ミシマガ編集部
11月01日
第29回 映画『最初の晩餐』公開記念:常盤司郎監督インタビュー ミシマガ編集部
10月15日
第28回 鎌田東二先生にきく! 宇宙の遊び方(2) ミシマガ編集部
10月14日
第28回 鎌田東二先生にきく! 宇宙の遊び方(1) ミシマガ編集部
09月26日
第27回 『クモのイト』本日発刊です!! 中田先生コメント&クモマンガ ミシマガ編集部
09月18日
第26回 クモのイト 刊行記念特集(2)クモの魅力総特集! ミシマガ編集部
09月17日
第26回 クモのイト 刊行記念特集(1) 中田兼介先生インタビュー ミシマガ編集部
09月04日
第25回 「筋トレ」全盛の時代に、「脱・筋トレ思考」のススメ ミシマガ編集部
08月29日
第24回 『脱・筋トレ思考』が発刊しました! ミシマガ編集部
08月20日
第23回 仲野徹と西靖のそろそろ大阪の話をしよう(2) ミシマガ編集部
08月19日
第22回 仲野徹と西靖のそろそろ大阪の話をしよう(1) ミシマガ編集部
07月28日
第21回 ホホホ座とミシマ社の反省会 山下賢二×三島邦弘トークイベント ミシマガ編集部
07月21日
第20回 オクノ修さんインタビュー ミシマガ編集部
07月13日
第19回 「ちいさいミシマ社」 ミシマ社の本屋さんではこう売ります! ミシマガ編集部
07月12日
第18回 ちいさいミシマ社スタート迫る! 推しポイント&ホームページ開設!! ミシマガ編集部
06月21日
第17回 本日、『ホホホ座の反省文』発売日です! ミシマガ編集部
06月16日
第16回 『ホホホ座の反省文』ついに完成しました。(2) ミシマガ編集部
06月15日
第16回 『ホホホ座の反省文』ついに完成しました。(1) ミシマガ編集部
06月13日
第15回 新レーベル「ちいさいミシマ社」第1弾!!(2) 『仲野教授のそろそろ大阪の話をしよう』 ミシマガ編集部
06月12日
第15回 新レーベル「ちいさいミシマ社」第1弾!!(1) 『ランベルマイユコーヒー店』 ミシマガ編集部
06月09日
第14回 父の日に本を贈る(2)いしいひとひくんが父に贈る一冊  ミシマガ編集部
06月08日
第14回 父の日に本を贈る(1)ミシマ社メンバーが父に贈る一冊  ミシマガ編集部
06月05日
第12回 第5弾 心に残った一節は? ~書店員さんのご感想を紹介します!~ ミシマガ編集部
05月19日
第13回 『すごい論語』プロローグ(後半) ミシマガ編集部
05月18日
第13回 『すごい論語』プロローグ(前半) ミシマガ編集部
04月26日
第12回 第4弾『しあわせしりとり』PVをつくりました! ミシマガ編集部
04月24日
第12回 第3弾 本屋さんとつなげる!『しあわせしりとり』 ミシマガ編集部
04月23日
第12回 第2弾「みんなでつなごう! しあわせしりとり展」開催中です! ミシマガ編集部
04月22日
第12回 刊行記念特集第1弾『しあわせしりとり』・デザインの魅力  ミシマガ編集部
04月13日
第11回 フカフカの土が世界を救う!?  学校では教えてくれない「土」のはなし(2) ミシマガ編集部
04月12日
第11回 フカフカの土が世界を救う!? 学校では教えてくれない「土」のはなし(1) ミシマガ編集部
03月20日
第10回 森田真生さんに発刊直前公開インタビューしました。 ミシマガ編集部
03月19日
第10回 『数学の贈り物』ができました! ミシマガ編集部
02月22日
第9回 2.22(ニャーニャーニャー)「猫の日」特別企画! 猫を愛してやまない3人におすすめの猫本を教えていただきました ミシマガ編集部
12月24日
第8回 教えてナカムラさん! 採用のこと、仕事のこと(2) ミシマガ編集部
12月23日
第8回 教えてナカムラさん! 採用のこと、仕事のこと(1) ミシマガ編集部
11月22日
第7回 『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(2) ミシマガ編集部
11月21日
第7回 『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(1) ミシマガ編集部
11月20日
第7回 『銀河鉄道の星』あとがきを掲載します ミシマガ編集部
11月04日
第6回 『うしろめたさの人類学』を読んでみよう(2) ミシマガ編集部
11月03日
第6回 『うしろめたさの人類学』を読んでみよう(1) ミシマガ編集部
09月07日
第5回 町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(2) ミシマガ編集部
09月06日
第5回 町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(1) ミシマガ編集部
07月28日
第4回 夏休み特集(2)バッキー井上さんに訊く、ハッピーな夏の過ごしかた ミシマガ編集部
07月27日
第4回 夏休み特集(1)三浦豊さんに訊く、夏におすすめの木 ミシマガ編集部
07月19日
第3回 『絶対に死ぬ私たちがこれだけは知っておきたい健康の話』実践レポート(2) ミシマガ編集部
07月18日
第3回 『絶対に死ぬ私たちがこれだけは知っておきたい健康の話』実践レポート(1) ミシマガ編集部
06月06日
第2回 「万引き家族」を10倍楽しむための10章(2) ミシマガ編集部
06月05日
第2回 「万引き家族」を10倍楽しむための10章(1) ミシマガ編集部
05月16日
第1回 特別寄稿 医師・佐藤友亮さん「罰するよりも大切なこと」 ミシマガ編集部
05月15日
第1回 小田嶋 隆×仲野 徹 「依存」はすぐとなりに(2) ミシマガ編集部
05月14日
第1回 小田嶋 隆×仲野 徹 「依存」はすぐとなりに(1) ミシマガ編集部
ページトップへ