鎌田東二先生にきく! 宇宙の遊び方(2)

第28回

鎌田東二先生にきく! 宇宙の遊び方(2)

2019.10.15更新

 2009年10月に 発刊した『超訳 古事記』。生老、病死、愛憎、諍い、霊など、全ての物語の要素が詰まった、日本最古の神話である『古事記』に、宗教学者であり、フリーランス神主、神道ソングライターでもある鎌田東二先生が、いまの言葉で息を吹き込んだ一冊です。発刊から10年経ったいま、鎌田先生はどのようなことに関心を持たれて、研究されているのだろう。気になったタブチが、鎌田先生へインタビューを敢行しました。宇宙との交信の仕方や神話のこと、そして気になるバク転の話など、盛りだくさんでお届けします!(第1回分はこちら

(聞き手、構成:田渕洋二郎)

books_kojiki-thumb-150xauto-25.jpg

『超訳 古事記』鎌田東二(ミシマ社)


熊野詣をする理由

ーー 先生が京都にこられたときの印象はいかがでしたか?

鎌田 初めて京都に来たときは「窮屈だなあ」と感じて、あまり好きになれたかったのです。孫悟空が頭に「緊箍児(きんこじ)」という輪っかをしてるみたいな感じで。なので、初めのほうは埼玉に住んでいながら京都まで通っていました。でもあるとき、大学の講義の合間に3時間くらい空白の時間ができたとに、ふと裏に曼殊院山、瓜生山、比叡山があったので、登ってみようと思ったんですね。山のほうから校舎に入れるなと思った。そうして少し山に入ってみると、そこは深海のようでした。山の中に宇宙を発見したんですね。小さいときに感じた、夜の海や山の感覚といったような自分の中の縄文ソフトが起動してきたんです。こんな太平洋のような山並みがあるんだったら生きていける、と思ってそこから一気に京都が好きになって住み始めました。今は寝室に祭壇を設けて、毎朝石笛、横笛、篠笛とか楽器を30種類くらい比叡山にむかって演奏していますし、祝詞や般若心経や真言も唱えているんです。

ーー 埼玉はいかがでしたか?

鎌田 埼玉は南のほうは基本的には平野ですから、へそを丸出しにして寝ているみたいなイメージだったんですね。陰影がなくて、巨大なだだっぴろいなかでぽつんとしているような。蛍光灯に全部がてらされている感じで、くつろげる場所がなかったんです。平坦なところで心の宇宙の探索するよりかは、京都みたいな起伏があるところがいいと思うようになってきました。

 逆に言うと、白河上皇の院政期からなぜ熊野詣でが流行ったかというと、京都のような暗い、深いところにいると、明るい場所に憧れるんですね。ドイツ人のゲーテなどがイタリア、地中海に憧れるように。田辺や那智や新宮はほとんど海ですからその煌々としたイメージが熊野ですよね。黒潮がカーンと開けている感じ。昔の人たちもその明るさに衝撃を受けたと思うんですよ。そうして命の洗濯をして、蘇ってまた京都に戻ってくる。まさに宇宙発見ですね。

1014-2.jpg

火の楽器、水の楽器、土の楽器


ーー 先ほど30種類の楽器と仰いましたが、いつごろからやられていますか?

鎌田 もともと私は20歳のころからずっと龍笛をやっていたんですよ。雅楽の笛です。「日本雅楽界」にも所属して、国立劇場の小ホールで演奏もしたことがあるんです。でもやっているうちに、だんだんと創造性を感じられなくなってきてしまった。決まったメロディーを再現するのではなく、音楽のもっと根源にあるものを知りたくなった。つまり自然のままの音ですね。それで調べていくと、平田篤胤も石笛(石に穴が空いているだけの素朴な楽器)を吹いていたと知って。そこから 10数年探し求めて、30代の終わりに石笛にであえました。それ以来、人間がいろいろ手を加えた楽器よりも、自然にあるそのままのかたちの楽器のほうが、ダイレクトに身体にはいってくると思うようになりました。

ーー 演奏する楽器によって自分も変わっていったりしますか。

鎌田 毎朝比叡山へ向かって奉納演奏をするのですが、それぞれの楽器によって、奏でている自分が変容してきます。私は楽器には、火の楽器、水の楽器、土の楽器があると思っていて、それぞれの代表が石笛、横笛、法螺貝なんですよ。わが三種の神器と呼んでいます。

ーー と申しますと...?

鎌田 まず、石笛にはピーッという耳をつんざくような鋭い高い音が出るんですね。尾てい骨から体のなかを突き抜けて、天へ向かって音が出るイメージ。だから、これは火の楽器。それを感じた瞬間に、龍笛は流れる川のようだ、と思った。風のイメージにも近いですが、とにかく石笛が垂直だとしたら、横笛は横に流れるイメージです。でもこのままいくと宇宙の果てまで行ってしまいそうで少し不安になって、バランスをとるために法螺貝があることに気づきます。法螺貝は大地というか、たばねる、抱きとめ包み込むイメージなんですね。

 こうやって垂直にぶった切って行く音の世界、そしてやわらげに水平に流れる音の世界と、それを両方を包み込む法螺貝でわが三種の神器が完成します。この三点セットで一つのコスモスになっています。


北枕とバク転の話

鎌田 そういえばあなたはどちらの方角を向いて寝ますか?

ーー ぼくは東ですね。

鎌田 わたしは北向きでないと眠れないんですよ。若い頃から、寝ていると寝相が悪いのかぐるぐると回って、起きると北を向いていることが多かったんですよね。これはもう、自分の体に磁石があって、北を向くんじゃないかと思うくらい。それだったら最初から北の方を向いて寝るのが安定するなと思ったんです。

ーー 北枕は縁起が悪いというイメージですが...。

鎌田 世間には、北枕は死がイメージされるのでよくないみたいな民間信仰ありますよね。でもそれはよく考えると、寝るというのは、一種仮死状態になるわけです。だから落ち着くんでしょうね。そしてまた再生する。そういうことを感じながら、20歳からいま、68歳までずっと北枕で寝ています。とくに、家の北東の方角に比叡山があるので、意識できるようになるんですね。比叡山と通信するということがわたしの1日のはじまりであり、夜も通信しながら眠るのが生活軸になっています。
 ライフワークでしている「バク転」も、あるとき比叡山にも登って平らな箇所があることに気づいたときに、「ここでできる!」と思って始めました。山頂の付近でバク転をするのは気持ちいいんですよ。わたしは「天と地」の間に生きているんだという感覚がとてもリアルにわかります。

ーーちなみに初めてバク転をしたのはいつでしたか?

鎌田 小学校5年生の時ですね。田舎の学校だったので、先生もできないから教えてくれないし、コーチがいるわけでもありませんでした。だからある友達と学校の砂場やマットで深夜まで残って練習をしていたんです。そうしたらある時突然できるようになりました。できるようになったら嬉しくなって、体操の市の大会にも出たんですよ。見事優勝できました。それで、喜び勇んで県大会にでたら、みんなくるくるまわって次元が違って。 私たちはバク転するだけで精一杯。そこで上には上があることを知ったんですね。きわまりがない感覚というか、いま思えばそこで、宇宙にきわまりがないという感覚を味わっていたのかもしれません。

ーーすごいエピソードです。

鎌田 いまでもバク転はしていますが、いつもバク転をしている最中に羽が生えてきて、空も飛べるようになるんじゃないかって夢想しているんです。私は先祖が恐竜だと思っているんです。恐竜もあるとき始祖鳥になるでしょ。その痕跡が自分の身体のなかにあるはずなので、飛べる瞬間をいまかいまかと待ちわびながら、日々バク転しています。(終)

鎌田東二(かまた・とうじ)

1951年、徳島県生れ。國學院大學大学院文学研究科博士課程神道学専攻単位取得満期退学。岡山大学大学院医歯学総合研究科博士課程社会環境生命科学専攻単位取得退学。現在、上智大学グリーフケア研究所特任教授。京都大学名誉教授。博士(文学・筑波大学)。宗教哲学・民俗学・日本思想史専攻。著書『人体科学事始め』(読売新聞社)『身体の宇宙』(講談社学術文庫)『世阿弥』『言霊の思想』(青土社)『常世の時軸』(詩集、思潮社)他。

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • バンド特設サイト

    『バンド』の聞き手・木村俊介さんご寄稿&なりきりクリープハイプ営業

    ミシマガ編集部

     こんにちは! ミシマガ編集部です。『バンド』発刊から1週間経ちました! すでにお手に取ってくださったみなさま、誠にありがとうございます。

  • 月刊ちゃぶ台

    白川密成さんインタビュー

    ミシマガ編集部

    みなさま、おととい10/20(日)、クリープハイプ『バンド』とともに、『ちゃぶ台』Vol.5「宗教×政治」号が発刊となりました!その発刊を記念して、本日は白川密成さんのインタビュー記事を掲載いたします。『ちゃぶ台』Vol.5には、密成さんと岡田武史さんの対談記事「今治からの小さな革命」が掲載されています。

  • 「ほどよい量」を考えるしごとのわ通信

    「ほどよい量」を考える

    しごとのわ編集部

     9月25日に、しごとのわの新刊『ほどよい量をつくる』が発刊となりました。この発刊を記念して、著者の甲斐かおりさんに、本書には収めきれなかったエピソードや、本書を綴りながら考えたことなどを、5回にわたって短期連載していただきます。

  • 今日の人生今日の人生

    今日の人生

    益田 ミリ

    益田ミリさんによる大人気コミックエッセイ「今日の人生」をお届けします。現在、千葉と福岡で「本としあわせしりとり展」が開催中です!

この記事のバックナンバー

11月05日
第30回 展示レポート! 益田ミリ × ブックスキューブリック × BOOKUOKA「本としあわせしりとり展 in 福岡」 ミシマガ編集部
11月01日
第29回 映画『最初の晩餐』公開記念:常盤司郎監督インタビュー ミシマガ編集部
10月15日
第28回 鎌田東二先生にきく! 宇宙の遊び方(2) ミシマガ編集部
10月14日
第28回 鎌田東二先生にきく! 宇宙の遊び方(1) ミシマガ編集部
09月26日
第27回 『クモのイト』本日発刊です!! 中田先生コメント&クモマンガ ミシマガ編集部
09月18日
第26回 クモのイト 刊行記念特集(2)クモの魅力総特集! ミシマガ編集部
09月17日
第26回 クモのイト 刊行記念特集(1) 中田兼介先生インタビュー ミシマガ編集部
09月04日
第25回 「筋トレ」全盛の時代に、「脱・筋トレ思考」のススメ ミシマガ編集部
08月29日
第24回 『脱・筋トレ思考』が発刊しました! ミシマガ編集部
08月20日
第23回 仲野徹と西靖のそろそろ大阪の話をしよう(2) ミシマガ編集部
08月19日
第22回 仲野徹と西靖のそろそろ大阪の話をしよう(1) ミシマガ編集部
07月28日
第21回 ホホホ座とミシマ社の反省会 山下賢二×三島邦弘トークイベント ミシマガ編集部
07月21日
第20回 オクノ修さんインタビュー ミシマガ編集部
07月13日
第19回 「ちいさいミシマ社」 ミシマ社の本屋さんではこう売ります! ミシマガ編集部
07月12日
第18回 ちいさいミシマ社スタート迫る! 推しポイント&ホームページ開設!! ミシマガ編集部
06月21日
第17回 本日、『ホホホ座の反省文』発売日です! ミシマガ編集部
06月16日
第16回 『ホホホ座の反省文』ついに完成しました。(2) ミシマガ編集部
06月15日
第16回 『ホホホ座の反省文』ついに完成しました。(1) ミシマガ編集部
06月13日
第15回 新レーベル「ちいさいミシマ社」第1弾!!(2) 『仲野教授のそろそろ大阪の話をしよう』 ミシマガ編集部
06月12日
第15回 新レーベル「ちいさいミシマ社」第1弾!!(1) 『ランベルマイユコーヒー店』 ミシマガ編集部
06月09日
第14回 父の日に本を贈る(2)いしいひとひくんが父に贈る一冊  ミシマガ編集部
06月08日
第14回 父の日に本を贈る(1)ミシマ社メンバーが父に贈る一冊  ミシマガ編集部
06月05日
第12回 第5弾 心に残った一節は? ~書店員さんのご感想を紹介します!~ ミシマガ編集部
05月19日
第13回 『すごい論語』プロローグ(後半) ミシマガ編集部
05月18日
第13回 『すごい論語』プロローグ(前半) ミシマガ編集部
04月26日
第12回 第4弾『しあわせしりとり』PVをつくりました! ミシマガ編集部
04月24日
第12回 第3弾 本屋さんとつなげる!『しあわせしりとり』 ミシマガ編集部
04月23日
第12回 第2弾「みんなでつなごう! しあわせしりとり展」開催中です! ミシマガ編集部
04月22日
第12回 刊行記念特集第1弾『しあわせしりとり』・デザインの魅力  ミシマガ編集部
04月13日
第11回 フカフカの土が世界を救う!?  学校では教えてくれない「土」のはなし(2) ミシマガ編集部
04月12日
第11回 フカフカの土が世界を救う!? 学校では教えてくれない「土」のはなし(1) ミシマガ編集部
03月20日
第10回 森田真生さんに発刊直前公開インタビューしました。 ミシマガ編集部
03月19日
第10回 『数学の贈り物』ができました! ミシマガ編集部
02月22日
第9回 2.22(ニャーニャーニャー)「猫の日」特別企画! 猫を愛してやまない3人におすすめの猫本を教えていただきました ミシマガ編集部
12月24日
第8回 教えてナカムラさん! 採用のこと、仕事のこと(2) ミシマガ編集部
12月23日
第8回 教えてナカムラさん! 採用のこと、仕事のこと(1) ミシマガ編集部
11月22日
第7回 『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(2) ミシマガ編集部
11月21日
第7回 『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(1) ミシマガ編集部
11月20日
第7回 『銀河鉄道の星』あとがきを掲載します ミシマガ編集部
11月04日
第6回 『うしろめたさの人類学』を読んでみよう(2) ミシマガ編集部
11月03日
第6回 『うしろめたさの人類学』を読んでみよう(1) ミシマガ編集部
09月07日
第5回 町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(2) ミシマガ編集部
09月06日
第5回 町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(1) ミシマガ編集部
07月28日
第4回 夏休み特集(2)バッキー井上さんに訊く、ハッピーな夏の過ごしかた ミシマガ編集部
07月27日
第4回 夏休み特集(1)三浦豊さんに訊く、夏におすすめの木 ミシマガ編集部
07月19日
第3回 『絶対に死ぬ私たちがこれだけは知っておきたい健康の話』実践レポート(2) ミシマガ編集部
07月18日
第3回 『絶対に死ぬ私たちがこれだけは知っておきたい健康の話』実践レポート(1) ミシマガ編集部
06月06日
第2回 「万引き家族」を10倍楽しむための10章(2) ミシマガ編集部
06月05日
第2回 「万引き家族」を10倍楽しむための10章(1) ミシマガ編集部
05月16日
第1回 特別寄稿 医師・佐藤友亮さん「罰するよりも大切なこと」 ミシマガ編集部
05月15日
第1回 小田嶋 隆×仲野 徹 「依存」はすぐとなりに(2) ミシマガ編集部
05月14日
第1回 小田嶋 隆×仲野 徹 「依存」はすぐとなりに(1) ミシマガ編集部
ページトップへ