『時代劇聖地巡礼』発刊! 春日太一さんインタビュー&本書の一部公開

第66回

『時代劇聖地巡礼』発刊! 春日太一さんインタビュー&本書の一部公開

2021.04.20更新

いよいよ本日発刊となる『時代劇聖地巡礼』。時代劇研究家の春日太一さんが、京都・滋賀にある時代劇のロケ地41カ所を巡り、美しい写真とともに、撮影の裏側を解説した一冊です。

9784909394507.jpg『時代劇聖地巡礼』春日太一(ミシマ社)

本日のミシマガでは、発刊を前に春日さんご本人に本書の魅力をうかがったインタビューの模様をお届けします。さらに、記事の後半では、本書の一節「流れ橋」も特別に公開します。

(写真:来間孝司)

「こういう本が読みたかった」と思える一冊

――『時代劇聖地巡礼』ができました!

春日 1年の長い取材と執筆を経て、ついに出ましたね。いつも本を作るときは、「こういう本が読みたいなと思っているけれど、だれもやってくれないので自分がやろう」ということが多いんです。
 前々から、時代劇がどこでどう撮られていたのかを写真と一緒に解説していく、という企画を考えていました。それがついに理想形で実現し、「こういう本が読みたかったんだよね」と思える一冊ができあがりました。

――読み直してみて、特にお気に入りの箇所はどこですか?

春日 やはり一番力を入れたと言っても過言ではない、巻末の「『鬼平犯科帳』エンディング映像はここで撮られた!」ですかね。
 今回の取材では、「インスピレーション」という曲に合わせて流れる『鬼平犯科帳』のエンディング映像のほぼ全カットを、同じ角度から再現して撮影しました。私が直筆で描いた地図を見ていただければ、みなさんも同じ角度から写真を撮ることができます。

「はしゃいでいる春日太一」を味わってほしい

――もう何度もお読みになったそうですね。

春日 読みました。自分の本なんですけど、スタッフの皆さんもいい仕事してくれたので、惚れ惚れする本ができました! まず見てください、この表紙。明るくていいですよね。晴天のなかでこれを撮るために、わざわざものすごく暑いなか、この流れ橋に行ったんです。昼の2時半から一時間、遮るものがなにもないなかで何往復も歩いて、いろんな角度から撮ってもらいました。みなさん家にいたりして、鬱屈しているところもあると思うんです。そんなときに、見た瞬間スカッとするこの一枚。これだけでも元が取れるんじゃないですかね。

――これまでの春日さんの本と、文体が違うようにも思うのですが。

春日 そうですね。当初は1か所1か所、その聖地だけを解説していくつもりでいたんです。ただ最終的に、旅程順に読むことのできる紀行文の形になりました。そうすると僕自身の持っている文体は硬いので、そこが合わない可能性があると思い、あえて柔らかめな「ですます調」で書いています。それによって「聖地を巡礼しながらはしゃいでいる春日太一」の楽しさを、柔らかく追体験してもらえるといいかなと思っています。

ここにあのスターがいたのかもしれない

――時代劇ファンでなくとも楽しめる一冊になっていますよね。

春日 そうですね。時代劇のロケ地というのは、基本的に京都の風光明媚な場所なわけです。そこに時代劇という角度を入れることによって、例えば、本来穏やかだった場所が、実は殺風景なシーンを撮っている場所だった、というギャップが生まれます。時代劇に興味が無かった方でも「ここでこんなものを撮っていたんだ」と知ると、興味がわいてくるかもしれません。
 あと、なにげなく過ぎてきた観光地に向かうための場所ってありますよね。例えば中ノ島橋はみなさん通り過ぎるだけの橋なのだけれど、実は時代劇では、何百回、何千回と出てきた聖地なんですよ。ここにあのスターがいたのか。そう思うと、途端に世界が輝きますよね。そんな瞬間に、この本があればたくさん出会えます。時代劇に興味をもつきっかけ、それから、京都を旅したくなるきっかけの一冊にもなるかもしれません。

――この本ならではのおもしろみはどこだとお考えですか?

春日 この一冊さえあれば、実際に俳優たちが立っていた、その場所にみなさんも実は簡単にいくことができます。ある種、時代劇スターの気分を味わうことができるんです。ヒーローになりきることもできます。それと同時に、それを撮っているスタッフとか監督のポジションになることができるわけですね。この角度から撮ったら背景はどう映るだろうとか、どこをどう切ったら、この景色は時代劇としてかっこよく映るだろう、なんて監督気分になれるので、カメラを片手に実際に聖地へ行くことをおすすめします。

***

さて、ここからは本書に収録されている聖地のひとつ、「流れ橋」の一節をお届けします。

本書の一部公開! 「流れ橋」

 京都府の南部、八幡市にあります。木津川にかかる全長三五六・五メートル、幅三・三メートルの巨大な木製の橋で、正式名称は「上津屋橋」。河川増水の際、水に流されることを想定して作られたことから「流れ橋」と呼ばれています。「時代劇に出てくる橋」といえば、まずここが浮かぶ方も少なくないのではないでしょうか。
 ここの特徴はなんといっても、その長さと高さ。そして欄干がないこと。そのスケールの大きさのため、多摩川、荒川、木曽川、天竜川といった巨大な河川を渡る場面で使われます。

_DEF4145.jpg_DEF4207.jpg

 登場人物たちにここを歩かせるだけで「長い旅の途中」という旅情感が画面にもたらされる。そのため、大名行列を渡して参勤交代の場面を撮ったり、旅姿の主人公を歩かせたりして、「江戸へ向かう」「江戸を出ていく」という場面の象徴になってきました。
 また、橋げたの幅が広い上に、南岸は水が少ないときは砂地になっていることが多いので、それを利用してアクションシーンも撮られています。テレビシリーズ『服部半蔵影の軍団』第二話(一九八〇年、関西テレビ)では千葉真一VS倉田保昭という世界を股にかけて活躍するアクションスター同士の激闘の舞台となりました。テレビスペシャル『闇の狩人』(一九九四年、テレビ東京)のクライマックスでは橋の上で闘いが繰り広げられ、その下で侍が馬を駆るという立体的なシーンにする効果をもたらせています。

_DEF4154.jpg_DEF7579.jpg

 また、河原のスペースの広さは合戦シーンの撮影場にもなりました。テレビスペシャル『白虎隊』(一九八六年、日本テレビ)では前編では鳥羽伏見の戦い、後編では会津の婦女隊による激戦の場面が撮られています。同じく日本テレビのテレビスペシャル『五稜郭』(一九八八年)では箱館戦争の激闘が展開、土方歳三(渡哲也)の壮絶な立ち回りと戦死が撮られています。
 ただ、この取材日は梅雨の真っ最中というのもあり、あいにくの悪天候。思うような撮影ができなかったので、八月に改めて撮影をしました。今度は天気は良かったのですが、四〇度近い気温。一つ間違うと身の危険があるレベルの陽射しを浴びながら、橋を何度も往復してさまざまなアングルから撮影をしました。過酷ではありましたが、その分、狙い通りにこの橋ならではの旅情感ある写真が撮れたのではないかと思っています。

2.jpg

 その中に、橋の上であぐらをかいている写真があります。これは、本当は足を垂らして、橋に腰かけている感じにしたかったんです。イメージは『必殺仕置人』最終回ラストのおきん(野川由美子)と半次(秋野太作)の感じで。ところが、思わぬ高さに、足を投げ出すことができなくなり、この体勢になってしまいました。それだけだとなんだか寂しい感じなので、いちおう手を広げています。
 普段は地元の方が通行用に使っており、取材当日もご年配の方が徒歩や自転車で渡っていました。欄干がないだけに危ないよな―と思いつつも、こんな風情のある橋を日常で使っているというのは、なんとも贅沢な気もしました。

***

このように、ロケ地41カ所の聖地について、どんな場所なのか、どの作品にどのように使われているのか、などを取材に同行している気分でお楽しみいただけます。さらに、巻末には「京都、水の点描」「石段の見分け方」「『鬼平犯科帳』エンディング映像はここで撮られた!」という、時代劇ファンにはたまらない3つの特集コーナーも収録しています。

時代劇の大ファンだという方も、これから時代劇を観てみようという方も、時代劇に興味はないけれど「聖地好き」という方も、ぜひお手に取ってみてください!

(終)

編集部からのお知らせ

サイン本・特典付書籍情報

IMG_2141.JPG

春日太一さんの直筆サイン本、特典ポストカード(1枚)および、特典冊子「観たら『時代劇聖地巡礼』したくなる作品10選」(春日太一(選・文))付きの書籍を一部店舗で販売しています。

取り扱い店舗一覧はこちら

春日さんコメント動画を公開中です!

発刊記念MSLive!「時代劇聖地巡礼 舞台裏ツアー」開催します!

9691c3315edbc6d37830.jpg時代劇聖地巡礼』の発刊を記念して、MSLive!(オンラインイベント)を開催します!

執筆・撮影・編集、それぞれの立場から『時代劇聖地巡礼』に関わり、共に聖地を巡った3人が、取材や本書の制作過程の模様をお話しします。

日時:2021年5/14(金)19:00~20:30(途中休憩5分あり)
※イベント翌日に、申込者全員にアーカイブ動画をお送りします。

出演:春日太一、来間孝司(カメラマン)、三島邦弘(編集者)

チケット:¥1,100(税込)

詳細・お申込みはこちら

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 『思いがけず利他』本日発刊します!『思いがけず利他』本日発刊します!

    『思いがけず利他』本日発刊します!

    ミシマガ編集部

     10月20日(水)に中島岳志さん著『思いがけず利他』のリアル書店先行発売日を迎えました! 本日のミシマガは本書発刊を記念して、著者の中島さんからのメッセージ動画、書店員さんからのご感想コメント、そして、ぜひこの秋にあわせて読んでいただきたいミシマ社の人文書をご紹介します!

  • 『その農地、私が買います 高橋さん家の次女の乱』、いよいよ明日発刊!

    『その農地、私が買います 高橋さん家の次女の乱』、いよいよ明日発刊!

    ミシマガ編集部

    こんにちは、ミシマガ編集部です。いよいよ明日、高橋久美子さんの『その農地、私が買います 高橋さん家の次女の乱』が発刊となります。

  • 『くらしのアナキズム』(松村圭一郎 著)「はじめに」を公開!

    『くらしのアナキズム』(松村圭一郎 著)「はじめに」を公開!

    ミシマガ編集部

    今月、文化人類学者の松村圭一郎さんによる、著書『くらしのアナキズム』を刊行します。ミシマ社からは、『うしろめたさの人類学』以来、4年ぶりとなる松村さんの新刊です。本日は、9月24日(金)のリアル書店先行発売に先立ち、『くらしのアナキズム』より「はじめに」を公開いたします。刊行記念イベントも予定しておりますので、ぜひご注目ください。

この記事のバックナンバー

10月25日
第83回 ドミニク・チェン×安田登「これからのクリエイティブには「三流」がいる!」(1) ミシマガ編集部
10月20日
第84回 『思いがけず利他』本日発刊します! ミシマガ編集部
10月19日
第83回 『その農地、私が買います 高橋さん家の次女の乱』、いよいよ明日発刊! ミシマガ編集部
09月26日
第82回 最相葉月×仲野徹「笑う門には人生案内!」(2) ミシマガ編集部
09月25日
第82回 最相葉月×仲野徹「笑う門には人生案内!」(1) ミシマガ編集部
09月22日
第81回 『くらしのアナキズム』、いよいよ発売です! ミシマガ編集部
09月16日
第80回 『くらしのアナキズム』(松村圭一郎 著)「はじめに」を公開! ミシマガ編集部
09月14日
第79回 特集『三流のすすめ』発刊記念 安田登×平川克美 対談(後編) ミシマガ編集部
09月13日
第79回 特集『三流のすすめ』発刊記念 安田登×平川克美 対談(前編) ミシマガ編集部
08月24日
第78回 『辛口サイショーの人生案内DX』刊行記念 最相葉月さんに訊く!「人生案内」の職人技 (後編) ミシマガ編集部
08月23日
第78回 『辛口サイショーの人生案内DX』刊行記念 最相葉月さんに訊く!「人生案内」の職人技 (前編) ミシマガ編集部
08月20日
第77回 あの仲野徹先生による「初」のエッセイ集を刊行します ミシマガ編集部
08月13日
第76回 安田登×いとうせいこう 一流めざすの、やめません? ~「三流」頂上対談!(後編) ミシマガ編集部
08月12日
第76回 安田登×いとうせいこう 一流めざすの、やめません? ~「三流」頂上対談!(前編) ミシマガ編集部
07月28日
第75回 特集『菌の声を聴け』発刊記念 タルマーリー(渡邉格・麻里子)×大橋トリオ×ナガオカケンメイ 「パンとビールと音楽と ~長く、深く、ちょっと広く届けるものづくり~」(後編) ミシマガ編集部
07月27日
第75回 『菌の声を聴け』発刊記念 タルマーリー(渡邉格・麻里子)×大橋トリオ×ナガオカケンメイ 「パンとビールと音楽と ~長く、深く、ちょっと広く届けるものづくり~」(前編) ミシマガ編集部
07月24日
第74回 『三流のすすめ』発刊!! ミシマガ編集部
07月22日
『三流のすすめ』POP選手権を開催! ミシマガ編集部
07月08日
第73回 特集『菌の声を聴け』発刊記念 タルマーリー(渡邉格・麻里子)×平川克美対談 「クレイジーで豊かな小商いのはなし」(2) ミシマガ編集部
07月07日
第73回 特集『菌の声を聴け』発刊記念 タルマーリー(渡邉格・麻里子)×平川克美対談 「クレイジーで豊かな小商いのはなし」(1) ミシマガ編集部
07月06日
第73回 光嶋裕介×藤原徹平「自分でつくる」を取り戻す 〜〜映画「サンドラの小さな家」公開記念トークショー〜〜 ミシマガ編集部
06月29日
第72回 「今日の人生」連載100回直前! 記念 益田ミリさんインタビュー ミシマガ編集部
06月22日
第71回 学生さんに聞きました。京都にふれる、さわる座談会 ミシマガ編集部
06月03日
第70回 ヨーロッパ企画・上田誠さんインタビュー 舞台「夜は短し歩けよ乙女」、ここだけの話 ミシマガ編集部
05月27日
第69回 『菌の声を聴け』刊行記念特集 タルマーリーのクレイジーで豊かな新刊をご紹介! ミシマガ編集部
05月06日
第68回 『時代劇聖地巡礼』の聖地巡礼その① ミシマガ編集部
05月05日
第67回 『アンナの土星』にみつける、あの頃の私、いまの私 ミシマガ編集部
04月20日
第66回 『時代劇聖地巡礼』発刊! 春日太一さんインタビュー&本書の一部公開 ミシマガ編集部
03月28日
第65回 コモンのつくり方、ひらき方(2)光嶋裕介×斎藤幸平 ミシマガ編集部
03月27日
第65回 コモンのつくり方、ひらき方(1)光嶋裕介×斎藤幸平 ミシマガ編集部
03月17日
第64回 大前粟生×町屋良平 対談「書きながら生きるふたり、ちょうど5年目のはなし」(2) ミシマガ編集部
03月14日
第64回 大前粟生×町屋良平 対談「書きながら生きるふたり、ちょうど5年目のはなし」(1) ミシマガ編集部
02月28日
第63回 「あいだ」のつくり方、ひらき方(2) 光嶋裕介×藤原辰史 ミシマガ編集部
02月27日
第63回 「あいだ」のつくり方、ひらき方(1) 光嶋裕介×藤原辰史 ミシマガ編集部
02月23日
第62回 『つくるをひらく』、全国書店でパネル展開催中です! ミシマガ編集部
02月11日
第61回 映画『すばらしき世界』公開記念・西川美和監督インタビュー(2) ミシマガ編集部
02月10日
第61回 映画『すばらしき世界』公開記念・西川美和監督インタビュー(1) ミシマガ編集部
01月30日
第60回 『つくるをひらく』(光嶋裕介 著)を刊行しました! ミシマガ編集部
12月20日
第59回 『岩とからあげをまちがえる』(大前粟生 著)が出た! ミシマガ編集部
12月18日
第58回 縁食から世界を変える(2) ミシマガ編集部
12月17日
第58回 縁食から世界を変える(1) ミシマガ編集部
11月13日
第57回 『岩とからあげをまちがえる』(大前粟生 著)を刊行します ミシマガ編集部
11月12日
第56回 「おなみだぽいぽい原画展」ニジノ絵本屋さんで開催中です ミシマガ編集部
09月24日
第55回 「ど忘れ大賞」発表します! ミシマガ編集部
09月07日
第54回 『ど忘れ書道』に届いたおはがき ミシマガ編集部
08月29日
第53回 『残念こそ俺のご馳走。――そして、ベストコラム集』刊行直前特集(2) 傷んだ心に染みわたる名フレーズを。 ミシマガ編集部
08月28日
第53回 『残念こそ俺のご馳走。――そして、ベストコラム集』刊行直前特集(1) まえがきを公開します。 ミシマガ編集部
08月20日
第52回 おなみだぽいぽい増刷します!!! ミシマガ編集部
07月26日
第51回 「深、呼、吸、和、書、集」 〜世間の空気、私の心、解きほぐす本〜 ミシマガ編集部
07月18日
第50回 「ど忘れ大賞」開催!? みんなの「ど忘れ」大募集!! ミシマガ編集部
07月17日
第49回 『ど忘れ書道』ついに発刊!!! ミシマガ編集部
07月06日
第48回 MSマルシェ「業界最高値」 出店・タルマーリーさん ミシマガ編集部
06月26日
第47回 『自分と他人の許し方、あるいは愛し方』への熱い声を大特集! ミシマガ編集部
06月18日
第46回 「これからのアナキズム」の話 松村圭一郎×三島邦弘(2) ミシマガ編集部
06月17日
第46回 「これからのアナキズム」の話 松村圭一郎×三島邦弘(1) ミシマガ編集部
05月23日
第45回 『自分と他人の許し方、あるいは愛し方』刊行記念特集 まえがきを公開します。 ミシマガ編集部
05月20日
第44回 パンデミックを生きる構え(2) 藤原辰史×鈴木潤×三島邦弘 ミシマガ編集部
05月19日
第44回 パンデミックを生きる構え(1) 藤原辰史×鈴木潤×三島邦弘 ミシマガ編集部
05月04日
第43回 鎌田裕樹×三島邦弘 トークイベント「本屋と出版社と、読者の『これから』を考える」 ミシマガ編集部
04月21日
第42回 尹雄大×伊藤亜紗 トークイベント「迷い、戸惑う感覚の味わい方」(2) ミシマガ編集部
04月19日
第42回 尹雄大×伊藤亜紗 トークイベント「迷い、戸惑う感覚の味わい方」(1) ミシマガ編集部
04月09日
第41回 「人生最初の小説を書き終えて」『最初の晩餐』常盤司郎さんインタビュー  ミシマガ編集部
03月28日
第40回 教えて、尹さん!―『モヤモヤの正体』その後のはなし。 ミシマガ編集部
03月21日
第39回 『小田嶋隆のコラムの切り口』刊行記念特集(2)武田砂鉄さん寄稿「参考にならない」 ミシマガ編集部
03月20日
第39回 『小田嶋隆のコラムの切り口』刊行記念特集(1)まえがきを公開&『小田嶋隆のコラムの切り口』ラジオ ミシマガ編集部
03月19日
坊さん、本屋で語る。白川密成×辻山良雄(2) ミシマガ編集部
03月18日
第38回 坊さん、本屋で語る。白川密成×辻山良雄(1) ミシマガ編集部
02月20日
第37回 『坊さん、ぼーっとする。』発刊記念! 坊さんと、家族。 ミシマガ編集部
02月01日
第36回 「これからのメディア」を考える ミシマガ編集部
01月30日
第35回 『モヤモヤの正体』刊行記念 尹雄大さんの正体(2) ミシマガ編集部
01月29日
第35回 『モヤモヤの正体』刊行記念 尹雄大さんの正体(1) ミシマガ編集部
01月07日
第34回 小川彩佳さんインタビュー「わたしと日本舞踊」 ミシマガ編集部
12月29日
第33回 みんなちょっと当事者(2)すでに当事者だということに気づいてほしい ミシマガ編集部
12月28日
第33回 みんなちょっと当事者(1) 黒歴史をさらけだす ミシマガ編集部
12月18日
第32回 『今夜 凶暴だから わたし』発刊に寄せて(高橋さん、濱さん、装丁、編集担当のコメント) ミシマガ編集部
12月06日
第31回 冊子「日本舞踊入門の入門」を現在製作中です! ミシマガ編集部
11月23日
第30回 『ほんのちょっと当事者』本日発刊です! 著者の青山ゆみこさんから読者の皆さまへ ミシマガ編集部
11月05日
第30回 展示レポート! 益田ミリ × ブックスキューブリック × BOOKUOKA「本としあわせしりとり展 in 福岡」 ミシマガ編集部
11月01日
第29回 映画『最初の晩餐』公開記念:常盤司郎監督インタビュー ミシマガ編集部
10月15日
第28回 鎌田東二先生にきく! 宇宙の遊び方(2) ミシマガ編集部
10月14日
第28回 鎌田東二先生にきく! 宇宙の遊び方(1) ミシマガ編集部
09月26日
第27回 『クモのイト』本日発刊です!! 中田先生コメント&クモマンガ ミシマガ編集部
09月18日
第26回 クモのイト 刊行記念特集(2)クモの魅力総特集! ミシマガ編集部
09月17日
第26回 クモのイト 刊行記念特集(1) 中田兼介先生インタビュー ミシマガ編集部
09月04日
第25回 「筋トレ」全盛の時代に、「脱・筋トレ思考」のススメ ミシマガ編集部
08月29日
第24回 『脱・筋トレ思考』が発刊しました! ミシマガ編集部
08月20日
第23回 仲野徹と西靖のそろそろ大阪の話をしよう(2) ミシマガ編集部
08月19日
第22回 仲野徹と西靖のそろそろ大阪の話をしよう(1) ミシマガ編集部
07月28日
第21回 ホホホ座とミシマ社の反省会 山下賢二×三島邦弘トークイベント ミシマガ編集部
07月21日
第20回 オクノ修さんインタビュー ミシマガ編集部
07月13日
第19回 「ちいさいミシマ社」 ミシマ社の本屋さんではこう売ります! ミシマガ編集部
07月12日
第18回 ちいさいミシマ社スタート迫る! 推しポイント&ホームページ開設!! ミシマガ編集部
06月21日
第17回 本日、『ホホホ座の反省文』発売日です! ミシマガ編集部
06月16日
第16回 『ホホホ座の反省文』ついに完成しました。(2) ミシマガ編集部
06月15日
第16回 『ホホホ座の反省文』ついに完成しました。(1) ミシマガ編集部
06月13日
第15回 新レーベル「ちいさいミシマ社」第1弾!!(2) 『仲野教授のそろそろ大阪の話をしよう』 ミシマガ編集部
06月12日
第15回 新レーベル「ちいさいミシマ社」第1弾!!(1) 『ランベルマイユコーヒー店』 ミシマガ編集部
06月09日
第14回 父の日に本を贈る(2)いしいひとひくんが父に贈る一冊  ミシマガ編集部
06月08日
第14回 父の日に本を贈る(1)ミシマ社メンバーが父に贈る一冊  ミシマガ編集部
06月05日
第12回 第5弾 心に残った一節は? ~書店員さんのご感想を紹介します!~ ミシマガ編集部
05月19日
第13回 『すごい論語』プロローグ(後半) ミシマガ編集部
05月18日
第13回 『すごい論語』プロローグ(前半) ミシマガ編集部
04月26日
第12回 第4弾『しあわせしりとり』PVをつくりました! ミシマガ編集部
04月24日
第12回 第3弾 本屋さんとつなげる!『しあわせしりとり』 ミシマガ編集部
04月23日
第12回 第2弾「みんなでつなごう! しあわせしりとり展」開催中です! ミシマガ編集部
04月22日
第12回 刊行記念特集第1弾『しあわせしりとり』・デザインの魅力  ミシマガ編集部
04月13日
第11回 フカフカの土が世界を救う!?  学校では教えてくれない「土」のはなし(2) ミシマガ編集部
04月12日
第11回 フカフカの土が世界を救う!? 学校では教えてくれない「土」のはなし(1) ミシマガ編集部
03月20日
第10回 森田真生さんに発刊直前公開インタビューしました。 ミシマガ編集部
03月19日
第10回 『数学の贈り物』ができました! ミシマガ編集部
02月22日
第9回 2.22(ニャーニャーニャー)「猫の日」特別企画! 猫を愛してやまない3人におすすめの猫本を教えていただきました ミシマガ編集部
12月24日
第8回 教えてナカムラさん! 採用のこと、仕事のこと(2) ミシマガ編集部
12月23日
第8回 教えてナカムラさん! 採用のこと、仕事のこと(1) ミシマガ編集部
11月22日
第7回 『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(2) ミシマガ編集部
11月21日
第7回 『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(1) ミシマガ編集部
11月20日
第7回 『銀河鉄道の星』あとがきを掲載します ミシマガ編集部
11月04日
第6回 『うしろめたさの人類学』を読んでみよう(2) ミシマガ編集部
11月03日
第6回 『うしろめたさの人類学』を読んでみよう(1) ミシマガ編集部
09月07日
第5回 町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(2) ミシマガ編集部
09月06日
第5回 町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(1) ミシマガ編集部
07月28日
第4回 夏休み特集(2)バッキー井上さんに訊く、ハッピーな夏の過ごしかた ミシマガ編集部
07月27日
第4回 夏休み特集(1)三浦豊さんに訊く、夏におすすめの木 ミシマガ編集部
07月19日
第3回 『絶対に死ぬ私たちがこれだけは知っておきたい健康の話』実践レポート(2) ミシマガ編集部
07月18日
第3回 『絶対に死ぬ私たちがこれだけは知っておきたい健康の話』実践レポート(1) ミシマガ編集部
06月06日
第2回 「万引き家族」を10倍楽しむための10章(2) ミシマガ編集部
06月05日
第2回 「万引き家族」を10倍楽しむための10章(1) ミシマガ編集部
05月16日
第1回 特別寄稿 医師・佐藤友亮さん「罰するよりも大切なこと」 ミシマガ編集部
05月15日
第1回 小田嶋 隆×仲野 徹 「依存」はすぐとなりに(2) ミシマガ編集部
05月14日
第1回 小田嶋 隆×仲野 徹 「依存」はすぐとなりに(1) ミシマガ編集部
ページトップへ