光嶋裕介×藤原徹平「自分でつくる」を取り戻す 〜〜映画「サンドラの小さな家」公開記念トークショー〜〜

第73回

光嶋裕介×藤原徹平「自分でつくる」を取り戻す 〜〜映画「サンドラの小さな家」公開記念トークショー〜〜

2021.07.06更新

 4月2日、『サンドラの小さな家』(原題「herself」)という、アイルランドの映画が日本で公開されました。家庭内暴力、貧困と住宅の問題といった厳しい状況に直面した主人公の女性・サンドラが、2人の幼い娘とともに周囲の人々の力を借りながら、自分自身で家を建てる姿が描かれています。

0706-1.png

 この映画の公開を記念して、『つくるをひらく』著者の光嶋裕介さんと建築設計事務所フジワラテッペイアーキテクツラボ主宰の藤原徹平さんの、2人の建築家による対談が開催されました。

0706-2.jpg

『つくるをひらく』光嶋裕介(ミシマ社)

 おふたりはこの映画にそれぞれこんなコメントを寄せています。

 命の中心にある営みから離れてしまった現代人にとって、サンドラの「家をつくる」という原始の体験を見ることは、私たちの中に眠る大切な感覚を想起する。自己に閉じるのではなく、外部に「ひらく」ことで、見えてくる美しい風景がこの映画の中には詰まっている。〈光嶋裕介〉

 サンドラがセルフビルドで小さな家をつくる。でも本当は、彼女がつくっているのは、家ではなくて、生きようとする世界そのものだ。世界をセルフビルドする。その切実さと悦びがヒリヒリと伝わってくる。〈藤原徹平〉

 家を「つくる」という行為そのものの素晴らしさが描かれているこの作品に胸を打たれたおふたり。本来家も自分でつくれるはずの人間が、日常から「つくる」を手放していることを指摘し、同時に失った自由と実感の再獲得に向けた、「つくるをひらく」対談となりました。

建築家が考えるものづくりという体験

ーー 映画を観てどう思われましたか?

藤原 外国の映画を日本で観るとき、おもしろいのが原題と日本語訳のタイトルの両方があることです。この映画もラストシーンの後に『herself』という文字が出てきて、「あっ、これは『herself』という映画だったのか」と、もう一度深く感じ入りました。
 建築というのは、どこか自分探しのようなところがあるんですよね。住宅であっても、本社ビルであっても公共建築をつくるのであっても、クライアントのアイデンティティを一緒に探していくようなところがあります。建築物がなくなっても、アイデンティティを探っていった思考の軌跡は残ります。『サンドラの小さな家』はその残るものがテーマなのかなと思うと、建築をつくることを越えた普遍的な物語だなと思います。

光嶋 サンドラのふたりの娘たちにとっては、お母さんが頑張っている背中を見ながらなにかを一緒につくり上げる体験という「形のない思い出」は、物質として完成した家よりも重要なんだということが、この映画のメッセージのように感じました。
 僕は自分が建築するとき、クライアントの方にもなるべくその建設に関わってもらいたいと常々思って、実際に壁を塗ってもらうなどして、参加してもらうようにしています。家に愛着をもつ糸口になるということもあるんだけど、それ以上に「なにかが立ち上がる瞬間」というものを、たしかな実感を持って理解してもらう機会になります。そのことは、特に子どもにとっては大きな経験になるのではないかなと思うのです。子どもたちのものづくりって、例えば積み木を積み立てて「こんなお城をつくったよ、見て見て」と言ったと思ったら、あっさり壊しちゃう。絵を描いてもすぐくしゃくしゃにするでしょ。大人は「めっちゃいいからこれ額装しようぜ」とか思っちゃうのに。つい結果だったり、成果だったりにこだわっていてはだめだな、と映画を見ながら思いました。

0706-3.png

家をひらく

ーー 建築家としての視点から観て、印象的なシーンはどこでしたか。

光嶋 夫と娘の親権を争う裁判のシーンです。サンドラが裁判のなかで感情的に不安定になったときに、その母親的存在の女性が、サンドラが目元のアザを隠していた化粧を拭うんですよね。そのシーンを観たときに、「そうなんだよな」と思いました。なにかをつくるということは、自分をさらけ出しながら他者との交流を通して「自分の意図していなかったものが生成されること」が重要になってきます。それは映画づくりも同じですよね。「herself」という原題は、「取り繕う」のではなく「ありのまま」でいることの難しさと大切さが同居したメッセージなのでないかと思います。
 劇中でサンドラは、もともとはインターネットで見つけたシンプルな設計図に沿って建てているんですけど、建った家はちょっと玄関が飛び出しているつくりになっているんですよ。それが「ここが私たちの家の玄関ですよ」と声を出して主張しているように思えて、「ここに一つアイデンティティがあるんだなあ」と感じました。シンプルで複製可能と思われる家を建てていても、そういうちょっとしたところに個性がにじみ出る。そしてそうやってできた家こそが、「個性があってもいいんだ」とサンドラに言い聞かせる鏡でもあるように思えてきたんです。

ーー お二人がこれまで見てきたなかで、アイデンティティを発揮しているなと思う建築はありますか?

光嶋 国道246号線から国立競技場に向かう途中のキラー通りにある、「塔の家」という、建築家の東孝光さんの自邸です。キラー通りという道路は、246号から国立競技場までの区画を最短距離で繋げようと半ば強引に斜め45度で切り裂いてつくられているので、道路沿いの土地は三角形になるんです。前の東京オリンピックのための、かなり暴力的な都市計画でつくられました。三角形の土地は、設計しづらいぶん不動産価値が下がって、安くなるんですよ。それで東さんは小さくて安い三角形の土地で塔状の家をつくったんです。そういう背景がある「塔の家」は狭いスペースを有効活用するために、個室がないんです。トイレも扉がないぐらい。

藤原 そうですね。ただプライバシーは守られるように、うまく設計されています。

光嶋 「塔の家」を見たのは学生時代だからもう30年以上経っているんだけど、まわりの建物がどんどん大きくなるなか、バージニア・バートンの名作絵本『ちいさいおうち』みたいにそのまま残り続けている。使いづらいという視点からだと批判的な目で見られてしまうけれど、「使いづらいから」という因果関係に収まらない、建築の「強度」を感じます。

藤原 僕が一番インパクトを受けたのは、川崎にある「民家園」です。全国各地の民家が集まっていて、それがものすごくかっこいい。300年とか400年使っている民家が並んでいて、「家って時代を越えるんだな」というのよく理解できます。
 それまで、身の回りにある家は一軒一軒全然デザインが違うから「家はいろんなものがあるものだ」と思っていたんですけど、民家を知ると家がいろいろあるということのほうが、変に思えます。本来はその風土にあった、その場所らしい家というのがあったんだなと思います。あと民家で驚くのが、玄関がないこと。全部開け放たれててあちこちから入れる家を見ていると、社会の形が違ったんだろうなと思います。
 自分が設計するときも、玄関が複数あるとか、入り口がたくさんあるとか、今の時代の狭い価値観でつくらないように考えています。

光嶋 民家は土間の存在によって、内部と外部の領域が曖昧なことがとても素敵ですよね。家とはなにかを考えるとき、建築家で建築史家の藤森照信さんの「家とは炉である」という言葉が思い浮かびます。料理をしたり、暖を取ることができる「火」があるということが重要だと。そこが家の原始なんですよね。

物質社会のなかで人間がなくしたこと

藤原 この映画では、家を持つことが困難になってしまっているアイルランドの社会が批評されています。これは「誰でも家を持てるように」という実際の建築家のプロジェクトを下敷きにしていますが、日本の建築家はそういう骨太な社会貢献にはなかなか踏み込めていない部分もあり、なぜできないんだろうと思う方もいるかもしれません。
 日本では災害防止のためもあって、勝手に自分の手で家をつくるということは法律上許されていないんですね。僕も学生時代に、サンドラのように建築免許を持った人の力を借りずに自分の手で家を建てる「セルフビルド」を大学の敷地内に建てたりしていたんですけど、今では違法建築になっちゃうのかな(笑)。僕の後輩たちが同じようにつくってSNSで発表したら、学長あてに電話がかかってきて「おたくの大学違法建築つくってます」って。取り壊しになったことがありました。

一同 (笑)

藤原 昔は社会も寛容だったから、みんなで劇場をつくったりしていたんです。もちろん危ないことがないように自分たちでケアしながらで、それも学びになったりしてました。
 そのとき一緒に劇場をつくっていた仲間というのは、今は建築家だったり、演劇をやっていたりだとか、映画をつくっていたり、WEBデザイナーもいます。みんながセルフビルドで建築つくりながら、どうやって生きていくのか考えていたと思うんですよね。大学で学ぶこと、授業で学ぶこともたくさんあるんだけど、自分たちでゼロから文化をつくっていくということは、なによりも大きい学びです。
 そもそも人間というのはそうやって「つくれる存在」なんだけど、今はみんなそれを忘れているように思えてしまいます。こういう映画を観て気づかされるのが、「ものを失うこと」にショックを受けるというのは、「もの」に価値を置いてしまっているという僕たちの物質社会的なものに対する批評でもあるのかなと思います。

光嶋 建築をつくる行為というのは、すごく原始的というか、人間の命にとっても近い部分だと思っているので、それが商品という形で交換原理に回収され過ぎているのではないかという強い危機感をもっています。建築に限らず、衣食住の全てにおいて「自分でつくる」という体験が、我々の生活のなかから圧倒的に離れてしまっているのでなおさらです。
 そんななか、DVや貧困問題に勇気を抱えながらもサンドラが自分の手で家を建てることを通して、「自分でつくる」を実践し、「生きている手応え」のような感覚を取り戻していく姿が丁寧に描かれていて、感動しました。

0706-4.png

【映画情報】
『サンドラの小さな家』
全国順次公開中

監督:フィリダ・ロイド『マンマ・ミーア!』、『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』
共同脚本:クレア・ダン、マルコム・キャンベル『リチャードの秘密』
出演:クレア・ダン
   ハリエット・ウォルター『つぐない』
   コンリース・ヒル「ゲーム・オブ・スローンズ」
2020年/アイルランド・イギリス/英語/97min/スコープ/カラー/5.1ch/原題:herself/日本語字幕:髙内朝子
提供:ニューセレクト、アスミック・エース、ロングライド   配給:ロングライド
公式サイト:https://longride.jp/herself/
©Element Pictures, Herself Film Productions, Fís Eireann/Screen Ireland, British Broadcasting Corporation, The British Film Institute 2020

編集部からのお知らせ

光嶋裕介さん『つくるをひらく』(ミシマ社)好評発売中!

0706-2.jpg

 本日の対談では同じ建築家の藤原さんと「つくる」について対談されている光嶋さん。
 今年1月に刊行した『つくるをひらく』には、それぞれ他ジャンルのトップクリエイターである後藤正文さん(ミュージシャン)、内田樹さん(思想家)、いとうせいこうさん(作家)、束芋さん(現代美術作家)、鈴木理策さん(写真家)との対話が収録されています。

『つくるをひらく』詳細情報

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 特集『三流のすすめ』発刊記念 安田登×平川克美 対談(前編)特集『三流のすすめ』発刊記念 安田登×平川克美 対談(前編)

    特集『三流のすすめ』発刊記念 安田登×平川克美 対談(前編)

    ミシマガ編集部

     7月22日、平川克美さんが店主をされている隣町珈琲のブックレビュー対談に、『三流のすすめ』著者の安田登さんがゲストとして登壇されました。リアルイベントにお客としてうかがったミシマ社のホシノとイケハタが、そのあまりの面白さに、これはもっとたくさんの方に届けたい! と切望し、その一部を公開させていただくこととなりました。 中国の古典から現代の政治まで、止まることなく転がり続けた、“落ち着きがない”お二人の対話、2日間にわたってお届けします。

  • 『辛口サイショーの人生案内DX』刊行記念 最相葉月さんに訊く!「人生案内」の職人技 (前編)『辛口サイショーの人生案内DX』刊行記念 最相葉月さんに訊く!「人生案内」の職人技 (前編)

    『辛口サイショーの人生案内DX』刊行記念 最相葉月さんに訊く!「人生案内」の職人技 (前編)

    ミシマガ編集部

     先日ついに『辛口サイショーの人生案内DX』が発刊しました! 多種多様なお悩みに対する最相さんの回答は、「どうやったらこんな答えを編み出せるのか?」と思ってしまうものばかり。「誰かの悩みに触れつづけると、どんな感覚になるのだろう?」という問いも湧きました。とにかく、舞台裏が気になってしかたがありません。 そこで、新人スミが最相さんご本人にインタビューさせていただきました! 「人生案内」の職人技を垣間見れば、本に収録された回答も一層おもしろく読めること間違いなし。貴重なお話の数々を、2日間にわたってお届けします!

  • あの仲野徹先生による「初」のエッセイ集を刊行します

    あの仲野徹先生による「初」のエッセイ集を刊行します

    ミシマガ編集部

    大阪大学医学部教授の仲野徹先生による、初のエッセイ集『仲野教授の 笑う門には病なし!』を刊行いたします。明日8月21日よりリアル書店先行発売ということで、担当編集による制作裏話を掲載します。

  • 安田登×いとうせいこう 一流めざすの、やめません? ~「三流」頂上対談!(前編)安田登×いとうせいこう 一流めざすの、やめません? ~「三流」頂上対談!(前編)

    安田登×いとうせいこう 一流めざすの、やめません? ~「三流」頂上対談!(前編)

    ミシマガ編集部

    『三流のすすめ』の発刊を記念して、著者の安田登先生×いとうせいこうさんの対談イベントをMSLive!にて開催しました。本書でいう三流とは、多流=いろいろなことができる人のこと。さまざまな分野で活躍し、まさにトップオブ三流=多流であるお二人の対話は、どこかに飛んでいったかと思えば、いつの間にか話の核心に着地していたり、かと思えばまたすぐにどこかへ飛んでいったり、まさに三流的、怒涛の展開でした。目が離せなかった対談の模様の一部を、2回にわたってお届けします!

この記事のバックナンバー

09月16日
第80回 『くらしのアナキズム』(松村圭一郎 著)「はじめに」を公開! ミシマガ編集部
09月14日
第79回 特集『三流のすすめ』発刊記念 安田登×平川克美 対談(後編) ミシマガ編集部
09月13日
第79回 特集『三流のすすめ』発刊記念 安田登×平川克美 対談(前編) ミシマガ編集部
08月24日
第78回 『辛口サイショーの人生案内DX』刊行記念 最相葉月さんに訊く!「人生案内」の職人技 (後編) ミシマガ編集部
08月23日
第78回 『辛口サイショーの人生案内DX』刊行記念 最相葉月さんに訊く!「人生案内」の職人技 (前編) ミシマガ編集部
08月20日
第77回 あの仲野徹先生による「初」のエッセイ集を刊行します ミシマガ編集部
08月13日
第76回 安田登×いとうせいこう 一流めざすの、やめません? ~「三流」頂上対談!(後編) ミシマガ編集部
08月12日
第76回 安田登×いとうせいこう 一流めざすの、やめません? ~「三流」頂上対談!(前編) ミシマガ編集部
07月28日
第75回 特集『菌の声を聴け』発刊記念 タルマーリー(渡邉格・麻里子)×大橋トリオ×ナガオカケンメイ 「パンとビールと音楽と ~長く、深く、ちょっと広く届けるものづくり~」(後編) ミシマガ編集部
07月27日
第75回 『菌の声を聴け』発刊記念 タルマーリー(渡邉格・麻里子)×大橋トリオ×ナガオカケンメイ 「パンとビールと音楽と ~長く、深く、ちょっと広く届けるものづくり~」(前編) ミシマガ編集部
07月24日
第74回 『三流のすすめ』発刊!! ミシマガ編集部
07月22日
『三流のすすめ』POP選手権を開催! ミシマガ編集部
07月08日
第73回 特集『菌の声を聴け』発刊記念 タルマーリー(渡邉格・麻里子)×平川克美対談 「クレイジーで豊かな小商いのはなし」(2) ミシマガ編集部
07月07日
第73回 特集『菌の声を聴け』発刊記念 タルマーリー(渡邉格・麻里子)×平川克美対談 「クレイジーで豊かな小商いのはなし」(1) ミシマガ編集部
07月06日
第73回 光嶋裕介×藤原徹平「自分でつくる」を取り戻す 〜〜映画「サンドラの小さな家」公開記念トークショー〜〜 ミシマガ編集部
06月29日
第72回 「今日の人生」連載100回直前! 記念 益田ミリさんインタビュー ミシマガ編集部
06月22日
第71回 学生さんに聞きました。京都にふれる、さわる座談会 ミシマガ編集部
06月03日
第70回 ヨーロッパ企画・上田誠さんインタビュー 舞台「夜は短し歩けよ乙女」、ここだけの話 ミシマガ編集部
05月27日
第69回 『菌の声を聴け』刊行記念特集 タルマーリーのクレイジーで豊かな新刊をご紹介! ミシマガ編集部
05月06日
第68回 『時代劇聖地巡礼』の聖地巡礼その① ミシマガ編集部
05月05日
第67回 『アンナの土星』にみつける、あの頃の私、いまの私 ミシマガ編集部
04月20日
第66回 『時代劇聖地巡礼』発刊! 春日太一さんインタビュー&本書の一部公開 ミシマガ編集部
03月28日
第65回 コモンのつくり方、ひらき方(2)光嶋裕介×斎藤幸平 ミシマガ編集部
03月27日
第65回 コモンのつくり方、ひらき方(1)光嶋裕介×斎藤幸平 ミシマガ編集部
03月17日
第64回 大前粟生×町屋良平 対談「書きながら生きるふたり、ちょうど5年目のはなし」(2) ミシマガ編集部
03月14日
第64回 大前粟生×町屋良平 対談「書きながら生きるふたり、ちょうど5年目のはなし」(1) ミシマガ編集部
02月28日
第63回 「あいだ」のつくり方、ひらき方(2) 光嶋裕介×藤原辰史 ミシマガ編集部
02月27日
第63回 「あいだ」のつくり方、ひらき方(1) 光嶋裕介×藤原辰史 ミシマガ編集部
02月23日
第62回 『つくるをひらく』、全国書店でパネル展開催中です! ミシマガ編集部
02月11日
第61回 映画『すばらしき世界』公開記念・西川美和監督インタビュー(2) ミシマガ編集部
02月10日
第61回 映画『すばらしき世界』公開記念・西川美和監督インタビュー(1) ミシマガ編集部
01月30日
第60回 『つくるをひらく』(光嶋裕介 著)を刊行しました! ミシマガ編集部
12月20日
第59回 『岩とからあげをまちがえる』(大前粟生 著)が出た! ミシマガ編集部
12月18日
第58回 縁食から世界を変える(2) ミシマガ編集部
12月17日
第58回 縁食から世界を変える(1) ミシマガ編集部
11月13日
第57回 『岩とからあげをまちがえる』(大前粟生 著)を刊行します ミシマガ編集部
11月12日
第56回 「おなみだぽいぽい原画展」ニジノ絵本屋さんで開催中です ミシマガ編集部
09月24日
第55回 「ど忘れ大賞」発表します! ミシマガ編集部
09月07日
第54回 『ど忘れ書道』に届いたおはがき ミシマガ編集部
08月29日
第53回 『残念こそ俺のご馳走。――そして、ベストコラム集』刊行直前特集(2) 傷んだ心に染みわたる名フレーズを。 ミシマガ編集部
08月28日
第53回 『残念こそ俺のご馳走。――そして、ベストコラム集』刊行直前特集(1) まえがきを公開します。 ミシマガ編集部
08月20日
第52回 おなみだぽいぽい増刷します!!! ミシマガ編集部
07月26日
第51回 「深、呼、吸、和、書、集」 〜世間の空気、私の心、解きほぐす本〜 ミシマガ編集部
07月18日
第50回 「ど忘れ大賞」開催!? みんなの「ど忘れ」大募集!! ミシマガ編集部
07月17日
第49回 『ど忘れ書道』ついに発刊!!! ミシマガ編集部
07月06日
第48回 MSマルシェ「業界最高値」 出店・タルマーリーさん ミシマガ編集部
06月26日
第47回 『自分と他人の許し方、あるいは愛し方』への熱い声を大特集! ミシマガ編集部
06月18日
第46回 「これからのアナキズム」の話 松村圭一郎×三島邦弘(2) ミシマガ編集部
06月17日
第46回 「これからのアナキズム」の話 松村圭一郎×三島邦弘(1) ミシマガ編集部
05月23日
第45回 『自分と他人の許し方、あるいは愛し方』刊行記念特集 まえがきを公開します。 ミシマガ編集部
05月20日
第44回 パンデミックを生きる構え(2) 藤原辰史×鈴木潤×三島邦弘 ミシマガ編集部
05月19日
第44回 パンデミックを生きる構え(1) 藤原辰史×鈴木潤×三島邦弘 ミシマガ編集部
05月04日
第43回 鎌田裕樹×三島邦弘 トークイベント「本屋と出版社と、読者の『これから』を考える」 ミシマガ編集部
04月21日
第42回 尹雄大×伊藤亜紗 トークイベント「迷い、戸惑う感覚の味わい方」(2) ミシマガ編集部
04月19日
第42回 尹雄大×伊藤亜紗 トークイベント「迷い、戸惑う感覚の味わい方」(1) ミシマガ編集部
04月09日
第41回 「人生最初の小説を書き終えて」『最初の晩餐』常盤司郎さんインタビュー  ミシマガ編集部
03月28日
第40回 教えて、尹さん!―『モヤモヤの正体』その後のはなし。 ミシマガ編集部
03月21日
第39回 『小田嶋隆のコラムの切り口』刊行記念特集(2)武田砂鉄さん寄稿「参考にならない」 ミシマガ編集部
03月20日
第39回 『小田嶋隆のコラムの切り口』刊行記念特集(1)まえがきを公開&『小田嶋隆のコラムの切り口』ラジオ ミシマガ編集部
03月19日
坊さん、本屋で語る。白川密成×辻山良雄(2) ミシマガ編集部
03月18日
第38回 坊さん、本屋で語る。白川密成×辻山良雄(1) ミシマガ編集部
02月20日
第37回 『坊さん、ぼーっとする。』発刊記念! 坊さんと、家族。 ミシマガ編集部
02月01日
第36回 「これからのメディア」を考える ミシマガ編集部
01月30日
第35回 『モヤモヤの正体』刊行記念 尹雄大さんの正体(2) ミシマガ編集部
01月29日
第35回 『モヤモヤの正体』刊行記念 尹雄大さんの正体(1) ミシマガ編集部
01月07日
第34回 小川彩佳さんインタビュー「わたしと日本舞踊」 ミシマガ編集部
12月29日
第33回 みんなちょっと当事者(2)すでに当事者だということに気づいてほしい ミシマガ編集部
12月28日
第33回 みんなちょっと当事者(1) 黒歴史をさらけだす ミシマガ編集部
12月18日
第32回 『今夜 凶暴だから わたし』発刊に寄せて(高橋さん、濱さん、装丁、編集担当のコメント) ミシマガ編集部
12月06日
第31回 冊子「日本舞踊入門の入門」を現在製作中です! ミシマガ編集部
11月23日
第30回 『ほんのちょっと当事者』本日発刊です! 著者の青山ゆみこさんから読者の皆さまへ ミシマガ編集部
11月05日
第30回 展示レポート! 益田ミリ × ブックスキューブリック × BOOKUOKA「本としあわせしりとり展 in 福岡」 ミシマガ編集部
11月01日
第29回 映画『最初の晩餐』公開記念:常盤司郎監督インタビュー ミシマガ編集部
10月15日
第28回 鎌田東二先生にきく! 宇宙の遊び方(2) ミシマガ編集部
10月14日
第28回 鎌田東二先生にきく! 宇宙の遊び方(1) ミシマガ編集部
09月26日
第27回 『クモのイト』本日発刊です!! 中田先生コメント&クモマンガ ミシマガ編集部
09月18日
第26回 クモのイト 刊行記念特集(2)クモの魅力総特集! ミシマガ編集部
09月17日
第26回 クモのイト 刊行記念特集(1) 中田兼介先生インタビュー ミシマガ編集部
09月04日
第25回 「筋トレ」全盛の時代に、「脱・筋トレ思考」のススメ ミシマガ編集部
08月29日
第24回 『脱・筋トレ思考』が発刊しました! ミシマガ編集部
08月20日
第23回 仲野徹と西靖のそろそろ大阪の話をしよう(2) ミシマガ編集部
08月19日
第22回 仲野徹と西靖のそろそろ大阪の話をしよう(1) ミシマガ編集部
07月28日
第21回 ホホホ座とミシマ社の反省会 山下賢二×三島邦弘トークイベント ミシマガ編集部
07月21日
第20回 オクノ修さんインタビュー ミシマガ編集部
07月13日
第19回 「ちいさいミシマ社」 ミシマ社の本屋さんではこう売ります! ミシマガ編集部
07月12日
第18回 ちいさいミシマ社スタート迫る! 推しポイント&ホームページ開設!! ミシマガ編集部
06月21日
第17回 本日、『ホホホ座の反省文』発売日です! ミシマガ編集部
06月16日
第16回 『ホホホ座の反省文』ついに完成しました。(2) ミシマガ編集部
06月15日
第16回 『ホホホ座の反省文』ついに完成しました。(1) ミシマガ編集部
06月13日
第15回 新レーベル「ちいさいミシマ社」第1弾!!(2) 『仲野教授のそろそろ大阪の話をしよう』 ミシマガ編集部
06月12日
第15回 新レーベル「ちいさいミシマ社」第1弾!!(1) 『ランベルマイユコーヒー店』 ミシマガ編集部
06月09日
第14回 父の日に本を贈る(2)いしいひとひくんが父に贈る一冊  ミシマガ編集部
06月08日
第14回 父の日に本を贈る(1)ミシマ社メンバーが父に贈る一冊  ミシマガ編集部
06月05日
第12回 第5弾 心に残った一節は? ~書店員さんのご感想を紹介します!~ ミシマガ編集部
05月19日
第13回 『すごい論語』プロローグ(後半) ミシマガ編集部
05月18日
第13回 『すごい論語』プロローグ(前半) ミシマガ編集部
04月26日
第12回 第4弾『しあわせしりとり』PVをつくりました! ミシマガ編集部
04月24日
第12回 第3弾 本屋さんとつなげる!『しあわせしりとり』 ミシマガ編集部
04月23日
第12回 第2弾「みんなでつなごう! しあわせしりとり展」開催中です! ミシマガ編集部
04月22日
第12回 刊行記念特集第1弾『しあわせしりとり』・デザインの魅力  ミシマガ編集部
04月13日
第11回 フカフカの土が世界を救う!?  学校では教えてくれない「土」のはなし(2) ミシマガ編集部
04月12日
第11回 フカフカの土が世界を救う!? 学校では教えてくれない「土」のはなし(1) ミシマガ編集部
03月20日
第10回 森田真生さんに発刊直前公開インタビューしました。 ミシマガ編集部
03月19日
第10回 『数学の贈り物』ができました! ミシマガ編集部
02月22日
第9回 2.22(ニャーニャーニャー)「猫の日」特別企画! 猫を愛してやまない3人におすすめの猫本を教えていただきました ミシマガ編集部
12月24日
第8回 教えてナカムラさん! 採用のこと、仕事のこと(2) ミシマガ編集部
12月23日
第8回 教えてナカムラさん! 採用のこと、仕事のこと(1) ミシマガ編集部
11月22日
第7回 『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(2) ミシマガ編集部
11月21日
第7回 『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(1) ミシマガ編集部
11月20日
第7回 『銀河鉄道の星』あとがきを掲載します ミシマガ編集部
11月04日
第6回 『うしろめたさの人類学』を読んでみよう(2) ミシマガ編集部
11月03日
第6回 『うしろめたさの人類学』を読んでみよう(1) ミシマガ編集部
09月07日
第5回 町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(2) ミシマガ編集部
09月06日
第5回 町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(1) ミシマガ編集部
07月28日
第4回 夏休み特集(2)バッキー井上さんに訊く、ハッピーな夏の過ごしかた ミシマガ編集部
07月27日
第4回 夏休み特集(1)三浦豊さんに訊く、夏におすすめの木 ミシマガ編集部
07月19日
第3回 『絶対に死ぬ私たちがこれだけは知っておきたい健康の話』実践レポート(2) ミシマガ編集部
07月18日
第3回 『絶対に死ぬ私たちがこれだけは知っておきたい健康の話』実践レポート(1) ミシマガ編集部
06月06日
第2回 「万引き家族」を10倍楽しむための10章(2) ミシマガ編集部
06月05日
第2回 「万引き家族」を10倍楽しむための10章(1) ミシマガ編集部
05月16日
第1回 特別寄稿 医師・佐藤友亮さん「罰するよりも大切なこと」 ミシマガ編集部
05月15日
第1回 小田嶋 隆×仲野 徹 「依存」はすぐとなりに(2) ミシマガ編集部
05月14日
第1回 小田嶋 隆×仲野 徹 「依存」はすぐとなりに(1) ミシマガ編集部
ページトップへ