第5弾 心に残った一節は? ~書店員さんのご感想を紹介します!~

第12回

第5弾 心に残った一節は? ~書店員さんのご感想を紹介します!~

2019.06.05更新

 

 『しあわせしりとり』の発刊から1ヶ月半ほどが経ち、全国各地の書店員さんから本書のご感想を続々お寄せいただいています。

0605_1.jpg『しあわせしりとり』益田ミリ(ミシマ社)

 うれしいことも、かなしいことも、日常の出来事を、ひとつひとつすくい上げて言葉にしてくれる益田ミリさんのエッセイ。年齢も性別も地域も越えて支持を集める本書の中でも、特に「心に残った一節」を、書店員のみなさまに教えていただきました!

Q. 『しあわせしりとり』の中で、特に心に残った一節または一篇は?

"もしも空がなかったら、人はむなしいときにどこを見るのだろう?"

(「正しく、空しかった日」より)

毎日特別な出来事は何もないようで実はその時々でいろんなことを考えて、考えて行動して日々続いていること・・・空を見上げていると、自分が考えていた、悩んでいたこともちっぽけなことかもしれないと思い、純粋に空の美しさに心うばわれている自分がいる。ミリさんの文章はいつも私にその時の空気感を思い出させてくれ、そんな自分もいいなと思わせてくれる。

――ナディッフモダン 飯塚芽さん

"人生って、いろいろ"

友だちにも内緒の喫茶店、いいなぁ・・・とうらやましくなりました。お気に入りのお店のお気に入りのメニュー。素敵だなぁ・・・。アップルパイとハイボール、一緒に食べてみたいです。感じの良い話の流れにあの"オチ"は笑ってしまいました。

――東京堂書店 吉野さん

"父の手記は、当たり前だが父が主役だった。ちょっと不思議な感じがした"

(「引き出しの中の手記」より)

この一篇は、読むたびに毎回涙があふれてきます。ミリさんが生まれた日、電話ボックスで「万歳!」と叫んだお父さま。ご存命のときには手記の感想を伝えることができなかったが後悔していない、というところが好きです。

――ジュンク堂書店吉祥寺店 西村梨多さん

"二〇代のほうが、過ぎていく時間への怖さが、断然、強かった気がする"

(「正しく、空しかった日」より)

全部が好きな一篇なのですが、20代を過ぎたミリさんがそうおっしゃるということは、私も30代へと年を重ねた時に同じように思うんだろうなぁと思って何だかじーんとしてしまいました。

――ジュンク堂書店池袋本店 市川真意さん

"一キロならすぐにやせられることがわかったから、もうよいのだ"

(「一キロダイエット」より)

やはり女性だからか、担当ジャンルでもあるダイエット篇が気になりました。一キロならいつでも落とせることに満足する気持はとても共感しました。その先は難しいのに見て見ぬ振りをすることも、よく分かるからです!

――二子玉川蔦屋家電 岩佐さかえさん

"いろんなことがある。いいことも、悪いことも。特になにもなかった日は、いい日に入れている"

(「なにもない今日はいい日」より)

休みの日はなにかしたくてウズウズしています。せっかくの休みなんだから買い物に行ったり映画を観たり、プチ遠出をしたり。とにかく外出したくて仕方ないのですが、そう毎回予定があるわけもなく・・・。そんな日は「もったいなかった・・・」といつも思っていたのですが、この一節を読み、なるほどそういう考えもあるのかと目からウロコでした。

――二子玉川蔦屋家電 松本泰尭さん

"大丈夫じゃないときに大丈夫と言って、自分の言葉に苦しめられたのである"

(「父のいない父の日」より)

受け入れがたい苦しみ、悲しみの中にいた時の自分を思い出して、少し心がしんとした。でも、いつの間にかその苦しみ、悲しみを受け入れている自分に気づき、驚いた。時間が私を助けてくれたのだと思った。

――わおん書房 廣部貴子さん

"いつだって優しい自分の机"

私自身、未だに小学校入学時に買ってもらった机を愛用しています。「自分の机はいつも優しい。向かうとホッとする。」のところが私の気持ちを代弁して下さっているかのようで感激しました。私の成長を見守ってくれた机だからこそこれからも大切にしたいです。

――紀伊國屋書店広島店 山田理紗さん

"明日あさって起こる規模のいいことでじゅうぶんありがたかった"

(「天ぷら屋で星に願う」より)

私も子どものころは、ためる派、今は使う派(お年玉など)だったので強く共感しました。

――大垣書店イオンモールKYOTO店 辻香月さん

"別に並んで座らなくてもいいよね~という大人の暗黙のルールがいい感じである"

(「ほんと。全部が夢みたい」より)

女友達4人、電車では空いている席に散りぢりに座って、降車駅でまた集まって、目的の夜桜見学では綿あめをみんなで「「いいなあ」と思いひと袋をむしりながら食べる感じがホワホワとしていてすてきです。

――三省堂書店池袋本店 早野佳純さん

 思わず「そうそう!」とつぶやきたくなる言葉ばかり。また読み直したくなってしまいます!

 落ち込んだときや心を落ち着けたいときにも、きっと支えになってくれる『しあわせしりとり』。
 まだの方も、ぜひお手にとってご覧ください*

『しあわせしりとり』益田ミリ 

「47都道府県ご当地しあわせしりとりPOP」展開拡大中

 また、前々回一挙にご紹介したご当地しあわせしりとりPOPも、各地で展開店舗拡大中です。目指せ!つなげ!47都道府県!ということで、展開のお写真など大募集中ですので、ぜひご当地POPにしりとりを描き込んで、TwitterやInstagramなどに投稿くださいませ!(#しあわせしりとり)

 ミシマ社メンバー宛に直接画像などお送りくださるのも大歓迎です!

 ちなみにミシマ社のInstagramアカウントでは、実写版?しあわせしりとりを日々投稿しています。いつの間にかコメント欄がしりとりでいっぱいに。読者参加型でどんどん「しあわせしりとり」がつながっています!

 誰でも参加できてしまう「しあわせしりとり」、みなさんもぜひお家や職場、お友達とやってみてください*

編集部からのお知らせ

【終了迫る!】『しあわせしりとり』刊行記念「みんなでつなごう! しあわせしりとり展」開催中です!

 益田ミリさんの最新エッセイ『しあわせしりとり』刊行を記念して、カバーイラストの原画、装丁メイキング資料や作品中の一節などを展示で紹介します。くわえて、益田さんが描き下ろした47都道府県別「しあわせしりとり」ご当地イラストも展示。出身県や気になる県のしりとりをイラストでつないでいきましょう* 

 みんなの「しあわせ」が「しりとり」でつながるここだけの展示。ぜひ、見て!描いて!お楽しみください。

【会場】ナディッフ モダン〈Bunkamura ブックショップ〉
【会期】2019年4月19日(金)~6月9日(日)


【会場アクセス】
東京都渋谷区道玄坂2-24-1 BunkamuraB1
TEL. 03-3477-9134

【営業時間】
日~木 10:00 - 20:00
金・土 10:00 - 21:00

詳しくはこちら

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • ミシマ社の話ミシマ社の話

    「ちいさいミシマ社」と買い切り55%がめざすもの

    三島 邦弘

    「これからの出版社とこれからの書店」を書いた3カ月前は、新レーベル名を「ミシマ社の本屋さん」と考えてました。が、一転、最終的に「ちいさいミシマ社」としました。その心は? と問われれば、「ちいさい」願望がむくむくと高まっていた。おそらく、そうなのだろうと自分では思っています。

  • ホホホ座とミシマ社の反省会 山下賢二×三島邦弘トークイベント

    ホホホ座とミシマ社の反省会 山下賢二×三島邦弘トークイベント

    ミシマガ編集部

    6月刊『ホホホ座の反省文』の刊行を記念して、著者の一人である山下賢二さんとミシマ社代表・三島が代官山蔦屋書店さんで対談しました。

  • 光用千春さんインタビュー 絵を描くことは世界と闘う術(1)

    光用千春さんインタビュー 絵を描くことは世界と闘う術(1)

    ミシマガ編集部

    突然父親と二人暮らしになった、小学生・花さんを取り巻く日常と彼女の成長を描いた『コスモス』。この作品を生み出した方に、ぜひお会いしたい。その興奮のまま、漫画家・イラストレーターである光用千春さんにインタビューを申し込みました。一日目の今日は、『コスモス』誕生のきっかけや、作品を作ること、はじめての漫画制作について、お話を伺います。

  • 安田登×いとうせいこう×釈徹宗×ドミニク・チェン 論語はやっぱりすごかった(1)

    安田登×いとうせいこう×釈徹宗×ドミニク・チェン 論語はやっぱりすごかった(1)

    ミシマガ編集部

    5/25(土)(『すごい論語』の発刊日)に、著者の安田さんと、『すごい論語』に登場してくださった対談相手のいとうせいこうさん、釈徹宗さん、ドミニク・チェンさんの4人全員が一堂に会する、「すごい×すごい×すごい×論語」が、青山ブックセンター本店で開催されました。その模様を2日にわたり掲載します。本日は前半です。どうぞお楽しみください!

この記事のバックナンバー

08月20日
第23回 仲野徹と西靖のそろそろ大阪の話をしよう(2) ミシマガ編集部
08月19日
第22回 仲野徹と西靖のそろそろ大阪の話をしよう(1) ミシマガ編集部
07月28日
第21回 ホホホ座とミシマ社の反省会 山下賢二×三島邦弘トークイベント ミシマガ編集部
07月21日
第20回 オクノ修さんインタビュー ミシマガ編集部
07月13日
第19回 「ちいさいミシマ社」 ミシマ社の本屋さんではこう売ります! ミシマガ編集部
07月12日
第18回 ちいさいミシマ社スタート迫る! 推しポイント&ホームページ開設!! ミシマガ編集部
06月21日
第17回 本日、『ホホホ座の反省文』発売日です! ミシマガ編集部
06月16日
第16回 『ホホホ座の反省文』ついに完成しました。(2) ミシマガ編集部
06月15日
第16回 『ホホホ座の反省文』ついに完成しました。(1) ミシマガ編集部
06月13日
第15回 新レーベル「ちいさいミシマ社」第1弾!!(2) 『仲野教授のそろそろ大阪の話をしよう』 ミシマガ編集部
06月12日
第15回 新レーベル「ちいさいミシマ社」第1弾!!(1) 『ランベルマイユコーヒー店』 ミシマガ編集部
06月09日
第14回 父の日に本を贈る(2)いしいひとひくんが父に贈る一冊  ミシマガ編集部
06月08日
第14回 父の日に本を贈る(1)ミシマ社メンバーが父に贈る一冊  ミシマガ編集部
06月05日
第12回 第5弾 心に残った一節は? ~書店員さんのご感想を紹介します!~ ミシマガ編集部
05月19日
第13回 『すごい論語』プロローグ(後半) ミシマガ編集部
05月18日
第13回 『すごい論語』プロローグ(前半) ミシマガ編集部
04月26日
第12回 第4弾『しあわせしりとり』PVをつくりました! ミシマガ編集部
04月24日
第12回 第3弾 本屋さんとつなげる!『しあわせしりとり』 ミシマガ編集部
04月23日
第12回 第2弾「みんなでつなごう! しあわせしりとり展」開催中です! ミシマガ編集部
04月22日
第12回 刊行記念特集第1弾『しあわせしりとり』・デザインの魅力  ミシマガ編集部
04月13日
第11回 フカフカの土が世界を救う!?  学校では教えてくれない「土」のはなし(2) ミシマガ編集部
04月12日
第11回 フカフカの土が世界を救う!? 学校では教えてくれない「土」のはなし(1) ミシマガ編集部
03月20日
第10回 森田真生さんに発刊直前公開インタビューしました。 ミシマガ編集部
03月19日
第10回 『数学の贈り物』ができました! ミシマガ編集部
02月22日
第9回 2.22(ニャーニャーニャー)「猫の日」特別企画! 猫を愛してやまない3人におすすめの猫本を教えていただきました ミシマガ編集部
12月24日
第8回 教えてナカムラさん! 採用のこと、仕事のこと(2) ミシマガ編集部
12月23日
第8回 教えてナカムラさん! 採用のこと、仕事のこと(1) ミシマガ編集部
11月22日
第7回 『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(2) ミシマガ編集部
11月21日
第7回 『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(1) ミシマガ編集部
11月20日
第7回 『銀河鉄道の星』あとがきを掲載します ミシマガ編集部
11月04日
第6回 『うしろめたさの人類学』を読んでみよう(2) ミシマガ編集部
11月03日
第6回 『うしろめたさの人類学』を読んでみよう(1) ミシマガ編集部
09月07日
第5回 町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(2) ミシマガ編集部
09月06日
第5回 町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(1) ミシマガ編集部
07月28日
第4回 夏休み特集(2)バッキー井上さんに訊く、ハッピーな夏の過ごしかた ミシマガ編集部
07月27日
第4回 夏休み特集(1)三浦豊さんに訊く、夏におすすめの木 ミシマガ編集部
07月19日
第3回 『絶対に死ぬ私たちがこれだけは知っておきたい健康の話』実践レポート(2) ミシマガ編集部
07月18日
第3回 『絶対に死ぬ私たちがこれだけは知っておきたい健康の話』実践レポート(1) ミシマガ編集部
06月06日
第2回 「万引き家族」を10倍楽しむための10章(2) ミシマガ編集部
06月05日
第2回 「万引き家族」を10倍楽しむための10章(1) ミシマガ編集部
05月16日
第1回 特別寄稿 医師・佐藤友亮さん「罰するよりも大切なこと」 ミシマガ編集部
05月15日
第1回 小田嶋 隆×仲野 徹 「依存」はすぐとなりに(2) ミシマガ編集部
05月14日
第1回 小田嶋 隆×仲野 徹 「依存」はすぐとなりに(1) ミシマガ編集部
ページトップへ