映画『すばらしき世界』公開記念・西川美和監督インタビュー(1)

第61回

映画『すばらしき世界』公開記念・西川美和監督インタビュー(1)

2021.02.10更新

 0210-1.png

 ©佐木隆三/2021「すばらしき世界」製作委員会

 明日2月11日(木)、映画『すばらしき世界』が全国で公開となります。
 佐木隆三の長編小説『身分帳』を原案とした本作、4年ほど前に企画が立ち上がった当初、ひょんなご縁からミシマ社も取材などに協力させていただきました。
 『身分帳』は企画当初の時点で発刊から26年が経ち絶版(昨年7月に講談社文庫で復刊)となっており、著者の佐木隆三さんもすでに亡くなられていました。ほとんど人の目に触れる機会がなくなっていたこの作品が、西川監督の膨大で綿密な取材を経て、現代の時代設定に変えて脚本が書かれ、役者の方たちによって演じられることで、新たな命を得ていく過程は、本をつくる仕事に携わる者として、心震えるものでした。
 公開にあたり、西川監督にうかがった『すばらしき世界』制作秘話を、2日間にわたり掲載します。とにかくぜひぜひぜひ、劇場に足を運んで観ていただきたいです。

(聞き手・構成:星野友里)

小説を2時間の映画にするのは分が悪い

―― 2016年10月に『永い言い訳』が公開されたころにお話ししたときは、「もう全部出し切って、次回作の構想が一切ない」と仰っていて。

西川 ああわかる、今の私ですね(笑)

ーー 原作があるものを映画化してみたいという思いはもともとあったのでしょうか?

西川 本当に若い頃、まだデビュー作を撮る前は、いい原作があればそれを元にということも考えていたんですけど、その当時は海外の小説を漁っていたかな。だけどなによりまず自分の企画を書かなきゃということからオリジナルで映画をつくるということをずっと続けてきて、逆に人の原作を探る余裕もなく、十数年が過ぎてしまったというところですかね。
 途中で映画会社から、たくさん売れている小説を原作にどうですか、というお話がないわけではなかったんですけど、やっぱり自分のオリジナルって自分の内側から出てきたものなので、枝葉末節にいたるまで全部自分が把握して、もちろん自分のハートもつかんでいるもので。それに比べますと人が書いた小説を自分の中に落とし込むというのは、ものすごい距離から始めるわけですから、なんでもできるわけじゃないと。

―― そうですよね。

西川 ましてやその小説が優れていればいるほど、2時間で描く映画としては分が悪い。散々苦労して映画にした挙句、「小説はよかったけど映画はいまいち」なんて言われるのはごめんだねと思って(笑)、企画をお断りしたりもして今に至るという感じなんです。
 それが、今回原案になった『身分帳』は、ほんとうにストライクゾーンのど真ん中に差し込んできた小説だったんですよね。

0210-2.jpg

©佐木隆三/2021「すばらしき世界」製作委員会

私の中には山川(主人公)が棲んでいる

―― 世の中に何万とある小説のなかで、なぜ『身分帳』だったのかというところなのですが、以前にお話ししていたときに、「最近やっと、世の中で犯罪と呼ばれるものを自分は犯さずに生きていけるかもしれないと思えるようになった」と仰っていたのが印象的で。

西川 すごいこと言ってるな、私(笑)

―― そう考えると、これまでも『蛇イチゴ』『ゆれる』をはじめ、犯罪・罪というものを描かれてきているなと。そして『身分帳』の主人公は、人生の大半を刑務所で過ごした元殺人犯で。

西川 たぶん私の中には多かれ少なかれ、山川(主人公)が棲んでいるんですよ(笑)。だからすごく気持がわかるんですよね、あの人。でも役所広司さんは「なんか好きになれない」って仰っていてけっこうショックだったんですけど(笑)。

――(笑)

西川 私の中にあの山川という男の屈託とか、ズレたところとか、世の中の理不尽とか力を持っている人に対して反射的につっかかっていくような気持ちというのが確実に奥底に棲んでいるんですよね。それを押し殺して、それを出してしまったら山川みたいになっちゃうから(笑)、だから、そうしないために、私はフィクションをつくって、自分の中の山川を映画とかに形を変えてガス抜きさせてきたんだと思うんです。まあ犯罪というのは極端な比喩かもしれませんけど、わからなくはないなぁというところはやっぱりあると思います。

0210-3.jpg

©佐木隆三/2021「すばらしき世界」製作委員会

事実を元にした物語の説得力を体感する取材

―― 今回、原作はノンフィクションに近い小説で、主人公にはモデルになった実在の人物がいて、その足跡を探すような取材もされました。その点、これまでの映画づくりと比べてどんな違いがありましたか?

西川 いやあ、すっごい新鮮でしたね、やっぱり。佐木さんが亡くなっていたこともあって、身よりもいなかった主人公のバックグラウンドを少ないツテを探って掘り出す行程はほぼ探偵。「あの関係者が見つかりました!」みたいなやりとりをしてましたよね(笑)。

―― おもしろかったですね。

西川 この作業って意味あるのかな? というような取材もすごく繰り返していたと思うんですけど、そうやって佐木さんが辿ったものとか、佐木さんが見た風景をしっかり自分がなぞることで、初めて物語を自分のものに、オリジナルとほぼ変わらない距離感に近づけていけている感じがあったんですよね。

―― なるほど。

西川 佐木さんがあれだけ調べ尽くして書いた人だから、調べれば調べるほど、たんなる創作ではないな、全部裏があるんだなということもわかってくるんですよね。あれだけちゃんと調べた人のものを扱うんだったら、自分も少なくともその6割7割くらいは現実に忠実に、きちんと裏をとりながらつくらないと、それこそ、なんてことをしてくれるんだと佐木さんを失望させてしまうなというのもあって。
 実在した人のリアリティという意味では、話に信頼感、安心感があって、出てくる事実を生かした部分もありますしね。

―― 完全に創作するときの、「本当にこんな人いるのかな」という不安が逆にないという。

西川 そうですね。庄司弁護士(出所してきた主人公の身元引受人となる人物)の奥様に会いにうかがったときも、なるほど、という感じがありましたよね。身元引受人を買って出る人の妻というのは、こういう気っ風の方なんだとかね。そういうものに触れながら事実を元にしたものの説得力は感じていったし、なるべく、もちろん映画だから噓なんだけど、噓のにおいのしないものに仕立てていくための自主トレ期間だったのかなと思います。

濃厚すぎて言葉もなかった取材の日々

―― その後は、今現在、出所した方たちがどのような生活を送っているのか、実際に出所した方や、出所した方を採用している経営者の方々の取材も重ねられました。

西川 一日取材が終わるとグッタリしてましたよね。一日が濃厚すぎて言葉もないという感じでしたね、日々。

―― 強烈な取材が多すぎて、取材旅行先のホテルで金縛りにあったりもしました(笑)

西川 そして会う人会う人すべての人たちの中に、山川を見出すんですよね。そういう過去がある人も、そういう人たちを受け入れて社会復帰を手伝っている人たちもまた、山川的というか。直情的で思ったことはすぐにやってしまうような方もたくさんいて。

―― そうでしたね。

西川 あとは総じてみなさん、よく話してくださいましたよね。すっごく話がおもしろいし。起こした事件の話をしてもらうと、時系列もきっちりしていて、完全に一つの物語として仕上がってるんですよね。それはたぶん何度も警察や検察で供述させられて、自分の経歴の語り部になっているところがあるのかもしれない。でもそのほかのバックグラウンドとか、社会に出てからの実感について聞いたりしたときも、「なんでそんなことを訊くの」と拒絶する感じではなくて、「よくぞ訊いてくれた」という感じで、いろいろ話してくださいましたよね。

―― たしかに。

西川 それを聞いているうちに、話す機会がなかったのかもしれないな、とも思ったんです。こういうことって訊きづらいから、案外、人はど真ん中はついてこないし、だけど自分のうちだけに閉じ込めていた想いもあったのかもしれないなと思って。つらい生い立ちや家庭のことも含めて、開放されたようにいろいろな方が話してくださるのが印象的でしたね。
 彼らが生きてきた中で感じてきた言葉には、納得させられるものもたくさんありました。「初めて自分が認められ、居場所と思えた仲間や生き方を、誰かに無理やり引き剥がされるのは嫌だった。それが自分にとっては暴走族や、暴力団という場所だった」というような言葉も聞きましたね。「西川さんだって、映画なんかバカなことやるな。スタッフとも金輪際連絡を取るな、と言われたら、反発しませんか?」と逆に切り返されて、そりゃそうだ、と心底うなずいてしまった。

―― ある方の取材を終えたときに、「(取材対象の方が)すごい回数水を飲んでたね。映画に使えるかもしれない」と西川さんが仰っていたことも印象に残りました。取材のとき、話の内容以外もよく見ていらっしゃるんですね。

西川 本当の理想の映画の取材というのは、インタビューじゃなくて、観察なんですよね。だから誰かが聞いてくれるのを、じーっと見ているのが、一番映画のためになる取材方法なんですけど。まあでも今回は、なかなかお目にかかれない方に、まずは心を開いて、聞きづらいことを聞いていろいろ話していただくことが目的だったので、どうやったら信用してもらえるかなと思いながら、一人一人にお会いしてましたね。
 みなさんが自分の過去を嬉々としてお話くださったというのは、映画の中でも、役所さんがすごく得意気に自分のかつての犯罪を話すというところで再現してくださっていますね。

0210-4.jpg

©佐木隆三/2021「すばらしき世界」製作委員会

(明日に続きます)

映画「すばらしき世界」
2021年2月11日(木・祝)全国公開
キャスト: 役所広司 仲野太賀 橋爪功 梶芽衣子 六角精児 北村有起哉 長澤まさみ
脚本・監督:西川美和
原案:佐木隆三著「身分帳」(講談社文庫刊)
配給:ワーナー・ブラザース映画

「すばらしき世界」公式サイト

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 『三流のすすめ』発刊!!

    『三流のすすめ』発刊!!

    ミシマガ編集部

    6月26日(月)公式発刊日を迎えた『三流のすすめ』。本日は、安田登先生のことをよーくご存じの、NHK Eテレ「100分de名著」プロデューサー秋満吉彦さんによる、『三流のすすめ』と安田先生の解説紐解き、本書「はじめに」の公開、アロハシャツの安田先生による動画書籍紹介の3本立てでお送りします!

  • こどもとおとなのサマーキャンプ2021

    「こどもとおとなのサマーキャンプ 2021」各講座の詳細&単独チケットのご案内

    MSLive! 運営チーム

    この夏、ミシマ社では「こどもとおとなのサマーキャンプ2021」を開催します! 今年のテーマは、「この夏、もれよう!」。昨年と状況は変わらず、これをしてはいけない、という息苦しさに囲まれるなか、それらをすべて取っ払って、自分の枠からもれ、はみだし、のびのびと思いっきり楽しむ。そうして、自分の可能性が大きく伸びる! そんな願いを込めました。

  • 「今日の人生」連載100回直前! 記念 益田ミリさんインタビュー「今日の人生」連載100回直前! 記念 益田ミリさんインタビュー

    「今日の人生」連載100回直前! 記念 益田ミリさんインタビュー

    ミシマガ編集部

    「今日の人生」が連載100回を迎えました! それを記念して、今回、著者の益田ミリさんへ特別インタビューをお願いしました! 連載100回を目前に控え、益田さんはどんなことを思っているのでしょう? 益田さんにとって「今日の人生」とは?? ・・・などなど、とても面白いお話をうかがいました。ぜひ、ぜひご高覧くださいませ。

この記事のバックナンバー

07月28日
第75回 特集『菌の声を聴け』発刊記念 タルマーリー(渡邉格・麻里子)×大橋トリオ×ナガオカケンメイ 「パンとビールと音楽と ~長く、深く、ちょっと広く届けるものづくり~」(後編) ミシマガ編集部
07月27日
第75回 『菌の声を聴け』発刊記念 タルマーリー(渡邉格・麻里子)×大橋トリオ×ナガオカケンメイ 「パンとビールと音楽と ~長く、深く、ちょっと広く届けるものづくり~」(前編) ミシマガ編集部
07月24日
第74回 『三流のすすめ』発刊!! ミシマガ編集部
07月22日
『三流のすすめ』POP選手権を開催! ミシマガ編集部
07月08日
第73回 特集『菌の声を聴け』発刊記念 タルマーリー(渡邉格・麻里子)×平川克美対談 「クレイジーで豊かな小商いのはなし」(2) ミシマガ編集部
07月07日
第73回 特集『菌の声を聴け』発刊記念 タルマーリー(渡邉格・麻里子)×平川克美対談 「クレイジーで豊かな小商いのはなし」(1) ミシマガ編集部
07月06日
第73回 光嶋裕介×藤原徹平「自分でつくる」を取り戻す 〜〜映画「サンドラの小さな家」公開記念トークショー〜〜 ミシマガ編集部
06月29日
第72回 「今日の人生」連載100回直前! 記念 益田ミリさんインタビュー ミシマガ編集部
06月22日
第71回 学生さんに聞きました。京都にふれる、さわる座談会 ミシマガ編集部
06月03日
第70回 ヨーロッパ企画・上田誠さんインタビュー 舞台「夜は短し歩けよ乙女」、ここだけの話 ミシマガ編集部
05月27日
第69回 『菌の声を聴け』刊行記念特集 タルマーリーのクレイジーで豊かな新刊をご紹介! ミシマガ編集部
05月06日
第68回 『時代劇聖地巡礼』の聖地巡礼その① ミシマガ編集部
05月05日
第67回 『アンナの土星』にみつける、あの頃の私、いまの私 ミシマガ編集部
04月20日
第66回 『時代劇聖地巡礼』発刊! 春日太一さんインタビュー&本書の一部公開 ミシマガ編集部
03月28日
第65回 コモンのつくり方、ひらき方(2)光嶋裕介×斎藤幸平 ミシマガ編集部
03月27日
第65回 コモンのつくり方、ひらき方(1)光嶋裕介×斎藤幸平 ミシマガ編集部
03月17日
第64回 大前粟生×町屋良平 対談「書きながら生きるふたり、ちょうど5年目のはなし」(2) ミシマガ編集部
03月14日
第64回 大前粟生×町屋良平 対談「書きながら生きるふたり、ちょうど5年目のはなし」(1) ミシマガ編集部
02月28日
第63回 「あいだ」のつくり方、ひらき方(2) 光嶋裕介×藤原辰史 ミシマガ編集部
02月27日
第63回 「あいだ」のつくり方、ひらき方(1) 光嶋裕介×藤原辰史 ミシマガ編集部
02月23日
第62回 『つくるをひらく』、全国書店でパネル展開催中です! ミシマガ編集部
02月11日
第61回 映画『すばらしき世界』公開記念・西川美和監督インタビュー(2) ミシマガ編集部
02月10日
第61回 映画『すばらしき世界』公開記念・西川美和監督インタビュー(1) ミシマガ編集部
01月30日
第60回 『つくるをひらく』(光嶋裕介 著)を刊行しました! ミシマガ編集部
12月20日
第59回 『岩とからあげをまちがえる』(大前粟生 著)が出た! ミシマガ編集部
12月18日
第58回 縁食から世界を変える(2) ミシマガ編集部
12月17日
第58回 縁食から世界を変える(1) ミシマガ編集部
11月13日
第57回 『岩とからあげをまちがえる』(大前粟生 著)を刊行します ミシマガ編集部
11月12日
第56回 「おなみだぽいぽい原画展」ニジノ絵本屋さんで開催中です ミシマガ編集部
09月24日
第55回 「ど忘れ大賞」発表します! ミシマガ編集部
09月07日
第54回 『ど忘れ書道』に届いたおはがき ミシマガ編集部
08月29日
第53回 『残念こそ俺のご馳走。――そして、ベストコラム集』刊行直前特集(2) 傷んだ心に染みわたる名フレーズを。 ミシマガ編集部
08月28日
第53回 『残念こそ俺のご馳走。――そして、ベストコラム集』刊行直前特集(1) まえがきを公開します。 ミシマガ編集部
08月20日
第52回 おなみだぽいぽい増刷します!!! ミシマガ編集部
07月26日
第51回 「深、呼、吸、和、書、集」 〜世間の空気、私の心、解きほぐす本〜 ミシマガ編集部
07月18日
第50回 「ど忘れ大賞」開催!? みんなの「ど忘れ」大募集!! ミシマガ編集部
07月17日
第49回 『ど忘れ書道』ついに発刊!!! ミシマガ編集部
07月06日
第48回 MSマルシェ「業界最高値」 出店・タルマーリーさん ミシマガ編集部
06月26日
第47回 『自分と他人の許し方、あるいは愛し方』への熱い声を大特集! ミシマガ編集部
06月18日
第46回 「これからのアナキズム」の話 松村圭一郎×三島邦弘(2) ミシマガ編集部
06月17日
第46回 「これからのアナキズム」の話 松村圭一郎×三島邦弘(1) ミシマガ編集部
05月23日
第45回 『自分と他人の許し方、あるいは愛し方』刊行記念特集 まえがきを公開します。 ミシマガ編集部
05月20日
第44回 パンデミックを生きる構え(2) 藤原辰史×鈴木潤×三島邦弘 ミシマガ編集部
05月19日
第44回 パンデミックを生きる構え(1) 藤原辰史×鈴木潤×三島邦弘 ミシマガ編集部
05月04日
第43回 鎌田裕樹×三島邦弘 トークイベント「本屋と出版社と、読者の『これから』を考える」 ミシマガ編集部
04月21日
第42回 尹雄大×伊藤亜紗 トークイベント「迷い、戸惑う感覚の味わい方」(2) ミシマガ編集部
04月19日
第42回 尹雄大×伊藤亜紗 トークイベント「迷い、戸惑う感覚の味わい方」(1) ミシマガ編集部
04月09日
第41回 「人生最初の小説を書き終えて」『最初の晩餐』常盤司郎さんインタビュー  ミシマガ編集部
03月28日
第40回 教えて、尹さん!―『モヤモヤの正体』その後のはなし。 ミシマガ編集部
03月21日
第39回 『小田嶋隆のコラムの切り口』刊行記念特集(2)武田砂鉄さん寄稿「参考にならない」 ミシマガ編集部
03月20日
第39回 『小田嶋隆のコラムの切り口』刊行記念特集(1)まえがきを公開&『小田嶋隆のコラムの切り口』ラジオ ミシマガ編集部
03月19日
坊さん、本屋で語る。白川密成×辻山良雄(2) ミシマガ編集部
03月18日
第38回 坊さん、本屋で語る。白川密成×辻山良雄(1) ミシマガ編集部
02月20日
第37回 『坊さん、ぼーっとする。』発刊記念! 坊さんと、家族。 ミシマガ編集部
02月01日
第36回 「これからのメディア」を考える ミシマガ編集部
01月30日
第35回 『モヤモヤの正体』刊行記念 尹雄大さんの正体(2) ミシマガ編集部
01月29日
第35回 『モヤモヤの正体』刊行記念 尹雄大さんの正体(1) ミシマガ編集部
01月07日
第34回 小川彩佳さんインタビュー「わたしと日本舞踊」 ミシマガ編集部
12月29日
第33回 みんなちょっと当事者(2)すでに当事者だということに気づいてほしい ミシマガ編集部
12月28日
第33回 みんなちょっと当事者(1) 黒歴史をさらけだす ミシマガ編集部
12月18日
第32回 『今夜 凶暴だから わたし』発刊に寄せて(高橋さん、濱さん、装丁、編集担当のコメント) ミシマガ編集部
12月06日
第31回 冊子「日本舞踊入門の入門」を現在製作中です! ミシマガ編集部
11月23日
第30回 『ほんのちょっと当事者』本日発刊です! 著者の青山ゆみこさんから読者の皆さまへ ミシマガ編集部
11月05日
第30回 展示レポート! 益田ミリ × ブックスキューブリック × BOOKUOKA「本としあわせしりとり展 in 福岡」 ミシマガ編集部
11月01日
第29回 映画『最初の晩餐』公開記念:常盤司郎監督インタビュー ミシマガ編集部
10月15日
第28回 鎌田東二先生にきく! 宇宙の遊び方(2) ミシマガ編集部
10月14日
第28回 鎌田東二先生にきく! 宇宙の遊び方(1) ミシマガ編集部
09月26日
第27回 『クモのイト』本日発刊です!! 中田先生コメント&クモマンガ ミシマガ編集部
09月18日
第26回 クモのイト 刊行記念特集(2)クモの魅力総特集! ミシマガ編集部
09月17日
第26回 クモのイト 刊行記念特集(1) 中田兼介先生インタビュー ミシマガ編集部
09月04日
第25回 「筋トレ」全盛の時代に、「脱・筋トレ思考」のススメ ミシマガ編集部
08月29日
第24回 『脱・筋トレ思考』が発刊しました! ミシマガ編集部
08月20日
第23回 仲野徹と西靖のそろそろ大阪の話をしよう(2) ミシマガ編集部
08月19日
第22回 仲野徹と西靖のそろそろ大阪の話をしよう(1) ミシマガ編集部
07月28日
第21回 ホホホ座とミシマ社の反省会 山下賢二×三島邦弘トークイベント ミシマガ編集部
07月21日
第20回 オクノ修さんインタビュー ミシマガ編集部
07月13日
第19回 「ちいさいミシマ社」 ミシマ社の本屋さんではこう売ります! ミシマガ編集部
07月12日
第18回 ちいさいミシマ社スタート迫る! 推しポイント&ホームページ開設!! ミシマガ編集部
06月21日
第17回 本日、『ホホホ座の反省文』発売日です! ミシマガ編集部
06月16日
第16回 『ホホホ座の反省文』ついに完成しました。(2) ミシマガ編集部
06月15日
第16回 『ホホホ座の反省文』ついに完成しました。(1) ミシマガ編集部
06月13日
第15回 新レーベル「ちいさいミシマ社」第1弾!!(2) 『仲野教授のそろそろ大阪の話をしよう』 ミシマガ編集部
06月12日
第15回 新レーベル「ちいさいミシマ社」第1弾!!(1) 『ランベルマイユコーヒー店』 ミシマガ編集部
06月09日
第14回 父の日に本を贈る(2)いしいひとひくんが父に贈る一冊  ミシマガ編集部
06月08日
第14回 父の日に本を贈る(1)ミシマ社メンバーが父に贈る一冊  ミシマガ編集部
06月05日
第12回 第5弾 心に残った一節は? ~書店員さんのご感想を紹介します!~ ミシマガ編集部
05月19日
第13回 『すごい論語』プロローグ(後半) ミシマガ編集部
05月18日
第13回 『すごい論語』プロローグ(前半) ミシマガ編集部
04月26日
第12回 第4弾『しあわせしりとり』PVをつくりました! ミシマガ編集部
04月24日
第12回 第3弾 本屋さんとつなげる!『しあわせしりとり』 ミシマガ編集部
04月23日
第12回 第2弾「みんなでつなごう! しあわせしりとり展」開催中です! ミシマガ編集部
04月22日
第12回 刊行記念特集第1弾『しあわせしりとり』・デザインの魅力  ミシマガ編集部
04月13日
第11回 フカフカの土が世界を救う!?  学校では教えてくれない「土」のはなし(2) ミシマガ編集部
04月12日
第11回 フカフカの土が世界を救う!? 学校では教えてくれない「土」のはなし(1) ミシマガ編集部
03月20日
第10回 森田真生さんに発刊直前公開インタビューしました。 ミシマガ編集部
03月19日
第10回 『数学の贈り物』ができました! ミシマガ編集部
02月22日
第9回 2.22(ニャーニャーニャー)「猫の日」特別企画! 猫を愛してやまない3人におすすめの猫本を教えていただきました ミシマガ編集部
12月24日
第8回 教えてナカムラさん! 採用のこと、仕事のこと(2) ミシマガ編集部
12月23日
第8回 教えてナカムラさん! 採用のこと、仕事のこと(1) ミシマガ編集部
11月22日
第7回 『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(2) ミシマガ編集部
11月21日
第7回 『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(1) ミシマガ編集部
11月20日
第7回 『銀河鉄道の星』あとがきを掲載します ミシマガ編集部
11月04日
第6回 『うしろめたさの人類学』を読んでみよう(2) ミシマガ編集部
11月03日
第6回 『うしろめたさの人類学』を読んでみよう(1) ミシマガ編集部
09月07日
第5回 町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(2) ミシマガ編集部
09月06日
第5回 町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(1) ミシマガ編集部
07月28日
第4回 夏休み特集(2)バッキー井上さんに訊く、ハッピーな夏の過ごしかた ミシマガ編集部
07月27日
第4回 夏休み特集(1)三浦豊さんに訊く、夏におすすめの木 ミシマガ編集部
07月19日
第3回 『絶対に死ぬ私たちがこれだけは知っておきたい健康の話』実践レポート(2) ミシマガ編集部
07月18日
第3回 『絶対に死ぬ私たちがこれだけは知っておきたい健康の話』実践レポート(1) ミシマガ編集部
06月06日
第2回 「万引き家族」を10倍楽しむための10章(2) ミシマガ編集部
06月05日
第2回 「万引き家族」を10倍楽しむための10章(1) ミシマガ編集部
05月16日
第1回 特別寄稿 医師・佐藤友亮さん「罰するよりも大切なこと」 ミシマガ編集部
05月15日
第1回 小田嶋 隆×仲野 徹 「依存」はすぐとなりに(2) ミシマガ編集部
05月14日
第1回 小田嶋 隆×仲野 徹 「依存」はすぐとなりに(1) ミシマガ編集部
ページトップへ