『時代劇聖地巡礼』の聖地巡礼その①

第68回

『時代劇聖地巡礼』の聖地巡礼その①

2021.05.06更新

 こんにちは。ミシマ社京都オフィスです。4月20日に春日太一さんの『時代劇聖地巡礼』が発刊しました。時代劇といえば、その舞台のほとんどは「江戸」です。しかし現在の東京で、江戸時代を感じさせる場所を探すのは難しい。そんなわけで、実は野外で撮影するとき、そのロケ地の多くは京都と滋賀なんだそう。えー!

Ey-xEKCVgAID44c.jpg

『時代劇聖地巡礼』春日太一(ミシマ社)

 本書はでそんな時代劇の「聖地」41カ所を、美しい写真と共に巡ります。

 前回このコーナーでは、著者の春日太一さんに本書の魅力をたっぷり語っていただきました。読んでいただければわかるのですが、とにかく春日さんの時代劇愛がアツい!それは本書でも健在で、ご本人曰く「はしゃいでる春日太一」を見て(読んで)いると「時代劇、なんかおもしろそう」という気持ちになってきます。また、本書に収録されているロケ地の写真が本当に素晴らしいんです。とくに京都オフィスメンバーにとっては、「ここもここもオフィスの近く・・・え、身近な場所があんなに絶景なの?!」と驚きの連続でした。

 時代劇にはまったく詳しくないのに、すっかり影響されてしまった我々。『時代劇聖地巡礼』を片手に、実際にいくつかのロケ地に行ってきました。遠出は難しい状況ですが、少しでも旅気分を味わっていただけたらうれしいです!

 編集部注)この聖地巡礼は、緊急事態宣言発令前の2021年4月15日に行われました。


<今回行ってみたメンバー>

arai.jpgアライ:時代小説は読むが、時代劇は両手で足りるほどしか観ていない。

c266dc69e19f25b006b4da0c2a42e3097a59fc1e.jpgハセガワ:小学生のとき、おばあちゃんにつき合って何回か『暴れん坊将軍』を観たことがある。

40c1c7755b063be7823915b5f051231327426900.jpgタブチ:実家の近くに吉良邸跡があったり、少しだけ時代劇に馴染みがあるが、まだ通しで観たことがない。

東福寺

 まずハセガワ・アライのコンビで向かったのは、本書P.115〜に登場する東福寺。いわずとしれた観光地であり紅葉の名所として有名ですが、時代劇にも多数登場する寺院なのです。
 京阪・東福寺駅を降りて南へ。10分ほど歩きます。中門をくぐるともみじが新緑をつけて並んでいて、ふたりで「この季節に来るのも気持ちがいいですね〜」とさっそく遠足気分を満喫。そして見えてきたのが、三門と本堂です。

 ハセガワ「あれ、これってもしかして、本堂・・・?」
 アライ「うわ、そうですよ!これこのP.115の写真の角度じゃないですか?」

 と、『時代劇聖地巡礼』を片手にワイワイしながらパシャリ。左が本堂、奥が三門です(東福寺さんから許可を得て、写真を掲載しております)

0506-1.jpg


ここの大きな特徴は、まずなんといっても巨大な三門と本堂です。しかも、互いの距離が近い。そのため、巨大な山門は他にもあるものの、門の間から本堂の壮麗な屋根が見えるーーというアングルはここでしか撮れず、その迫力ある構図を利した重厚感ある画が欲しいときに使われています。(P.115)

 ハセガワ「門の間から本堂の屋根・・・こういう感じかな・・・」

0506-2.jpg

 む、むずかしい。こうして真似をして撮っていると、カメラマンのすごさも実感します。

 次は、境内を流れる川にかかる橋「通天橋」へ。外観は『鬼平犯科帳』のエンディングのひとつにもなっています。この橋がなんともまぁ壮大で絶景で、二人で大興奮。

 アライ「うーーーわーーーーーめっちゃ綺麗」
 ハセガワ「これはすごいですね、ほんと。ここで撮りたい気持ち、わかる」
 アライ「ここでこのシーンは撮ろうというふうに組み合わせていく技術って、ほんとすごいですね...」

 そんなことを話しながら、回廊になっている橋の内部へ進みます。

0506-3.jpg

どーん。
(※人が少なかったのでこんなふうに撮れましたが、撮影時はまわりの方へのご配慮をお願いいたします。)

この回廊を望遠で撮ると、木々が間を置かずに詰まっているように映り、格子を幾重にも重ねた壁のように見えるので画面に異様な迫力がもたらされます。(P.118)

 今回わたしたちは望遠レンズを持ってくるのを忘れてしまったのですが、ふつうのレンズで撮るとこんな感じ。映画『大奥』(2006年)や、映画『大殺陣』(1964年)などで使われています。

0506-4.jpg

 写真映えがすっっごい。「これは・・・映えますね」「映えですね」と二人でブツブツ。しばしぼーっとして橋に吹く風を楽しみました。余裕で半日は居られそうな、優雅でゆったりとした時間が流れる空間でした。名残惜しく感じながらも、次は書院へ向かいます。

ここは縁側の幅が広い方丈で、庭は侘びた風情の石庭になっています。そのため、基本的には武家屋敷や寺院の書影、それから「大奥」もの等での江戸城本丸として使われるのですが、珍しいケースだったのが、映画『忠臣蔵外伝 四谷怪談』(1994年)でした。
ここではなんと、この方丈を「江戸城松の廊下」に見立て、浅野内匠頭が吉良上野介に斬りつけるシーンを撮っているのです。(P.116)

 なんと、ここで忠臣蔵が! ということで、ハセガワが吉良上野介、アライが浅野内匠頭をやってみました。エア刀です。

0506-5.jpg

これは着物を着ていたらもっとサマになるものなのでしょうか?

 本を見ながら「こういう構図ですかね?」「いや、こうじゃない?」とさぐる工程が楽しい!きっと時代劇ファンの方ならより「あの映画のシーン!」と興奮されることでしょう。時代劇を観てからもう一度来ようと決意。

0506-6.jpg

 偶然居合わせた方に写真撮影をお願いしました、ありがとうございました! 「私たち出版社で働いてて、今度この本が出るんです」と『時代劇聖地巡礼』もちゃっかり宣伝(ご本人の許可を得て掲載しています)。

 見所たっぷりな東福寺。もう一度来たい!としみじみと思いました。

 さて次は滋賀・八幡堀へゴー!


八幡堀

 子どものお迎えに行ったアライと別れ、ハセガワは滋賀へ移動します。守山駅で営業・タブチと合流し、滋賀の町の本屋さん「本のがんこ堂」のタナカ社長と待ち合わせです。

0506-11.JPG

 この日は社長自ら運転して、お迎えに来てくださいました。車中ではこの本について、熱い議論に。

 社長「この本売れんの?」
 タブチ「売れます!」
 社長「どういうとこが? ちょっとゆうてみ」
 タブチ「実は時代劇のロケ地の大半は、京都と滋賀なんですよ!」
 社長「ワシらからしたらこのへんで時代劇撮ってること、みんな知ってるしな」
 ハセガワ「でも意外と自分では行ったことないですよね?」
 社長「別に行こうと思わんし」

 ・・・めげずにこの本の面白さをアピールしつつ、一行は八幡堀に到著〜!

0506-12.JPG


『鬼平犯科帳』のキービジュアルは、この八幡堀になります。石垣で護岸された堀割と、そこにかかる石の橋。そして、疎水のほとりにつくられた石畳の道。その岸辺に立ち並ぶ昔ながらの民家や蔵の数々。安土桃山時代から守りつくられてきたこの景観は、池波の描く「水路の張り巡らされた都市としての江戸」そのものといえます。(p172)

 社長「おー、キレイやな〜」
 タブチ「社長、写真撮りましょう!」

ここに来たらまずオススメしたいのは、岸の石畳の道を平蔵*気分で歩くこと。(P172)
*平蔵・・・『鬼平犯科帳』の主人公の名前

0506-16.jpg

 本書173ページの春日さんをマネして、同じ場所で撮ってみました。
 ハセガワ「すごい! これ同じですよ!!」
 社長「おーええやん」

 行きの車ではブツクサ言っていたタナカ社長も、気分はすっかり時代劇役者。おなじみの風景も、ちょっと目線を変えてみると、そこは風情あふれる江戸の景色に。地元にお住まいの方にとっては、自分の暮らす街の魅力を再発見できる本でもあります。

 それでは続いて、西の湖へレッツゴー!

西の湖

 バトンタッチしました。タブチです。八幡堀から西の湖へ向かうわれわれ。春日さんは本書で西の湖をこう説明しています。

特に印象深いのは『剣客商売』です。劇中の主人公の秋山小兵衛は鐘ヶ淵の隠居宅から大川を舟に乗って江戸の街に出ます。その際の撮影に使われるのが、この西の湖です。(p.166)

 そして、この「鐘ヶ淵」という地名を久しぶりに見たときに、「あっ!!」と思ったのです。というのも、僕は小学生のころ「緑スワローズ」という少年野球チームに所属していたのですが、その宿敵が「鐘ヶ淵イーグルス」。墨田区でも有数の強豪チームです。

 そして大川というのは、今の隅田川の吾妻橋よりも下流のことですが、その近くにあるのが、隅田公園少年野球場。別名「王貞治球場」とも呼ばれ、昭和24年、戦後の荒廃した時代に「少年に明日への希望」をスローガンとして、整備され誕生した日本で最初の少年野球場なのです。日本が誇る世界のホームラン王、王貞治氏もここで育ちました。

 『時代劇聖地巡礼』のこの一文を読み、少年時代この球場で繰り広げた「緑スワローズv.s鐘ヶ淵イーグルス」の熱戦に思いを馳せていたのですが、なんとなんと『剣客商売』で江戸の街へ出る際に撮られていた風景、そのロケ地が滋賀の「西の湖」だったとは!!!!!

 ということで、そんな個人的な思い出も抱えつつ、西の湖へ向かいます。

「今度はあの角を回ってみましょう」「あの橋、まだ渡っていないんじゃないですかね」
そんな私の勝手な発言に振り回されながら、編集の三島さんの運転する車は同じ場所を何度も何度も回ったりもしています。(P178)

 とあるように、湖のまわりはとにかく木々で生茂り、自分たちがいまどこにいるのかがわかりません。そしてようやく目的の「西の湖園地」まであと一歩というところで、タナカ社長がまさかの
 「寒いしな、戻ろか」
 と、ひとこと。

0506-31.jpg

 目的地手前になんだか映えそうなスポットがあったので、そこを鐘ヶ淵から江戸の街へ出る大川と見立ててパチリ。江戸の街へ出る、というテーマでそれぞれ立つ姿を考えたものの、雰囲気的には「日本の夜明けぜよ!」に近くなりました。

0506-32.jpg

0506-33.jpg

0506-34.jpg

 巡礼を終えた後は、知る人ぞ知る滋賀の銘店「さつま富士」へ。聖地巡礼の写真とはまた一味違う情緒あふれる写真を撮りつつ、巡礼の夜は更けていきました。

0506-35.jpg

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 特集『三流のすすめ』発刊記念 安田登×平川克美 対談(前編)特集『三流のすすめ』発刊記念 安田登×平川克美 対談(前編)

    特集『三流のすすめ』発刊記念 安田登×平川克美 対談(前編)

    ミシマガ編集部

     7月22日、平川克美さんが店主をされている隣町珈琲のブックレビュー対談に、『三流のすすめ』著者の安田登さんがゲストとして登壇されました。リアルイベントにお客としてうかがったミシマ社のホシノとイケハタが、そのあまりの面白さに、これはもっとたくさんの方に届けたい! と切望し、その一部を公開させていただくこととなりました。 中国の古典から現代の政治まで、止まることなく転がり続けた、“落ち着きがない”お二人の対話、2日間にわたってお届けします。

  • 『辛口サイショーの人生案内DX』刊行記念 最相葉月さんに訊く!「人生案内」の職人技 (前編)『辛口サイショーの人生案内DX』刊行記念 最相葉月さんに訊く!「人生案内」の職人技 (前編)

    『辛口サイショーの人生案内DX』刊行記念 最相葉月さんに訊く!「人生案内」の職人技 (前編)

    ミシマガ編集部

     先日ついに『辛口サイショーの人生案内DX』が発刊しました! 多種多様なお悩みに対する最相さんの回答は、「どうやったらこんな答えを編み出せるのか?」と思ってしまうものばかり。「誰かの悩みに触れつづけると、どんな感覚になるのだろう?」という問いも湧きました。とにかく、舞台裏が気になってしかたがありません。 そこで、新人スミが最相さんご本人にインタビューさせていただきました! 「人生案内」の職人技を垣間見れば、本に収録された回答も一層おもしろく読めること間違いなし。貴重なお話の数々を、2日間にわたってお届けします!

  • あの仲野徹先生による「初」のエッセイ集を刊行します

    あの仲野徹先生による「初」のエッセイ集を刊行します

    ミシマガ編集部

    大阪大学医学部教授の仲野徹先生による、初のエッセイ集『仲野教授の 笑う門には病なし!』を刊行いたします。明日8月21日よりリアル書店先行発売ということで、担当編集による制作裏話を掲載します。

  • 安田登×いとうせいこう 一流めざすの、やめません? ~「三流」頂上対談!(前編)安田登×いとうせいこう 一流めざすの、やめません? ~「三流」頂上対談!(前編)

    安田登×いとうせいこう 一流めざすの、やめません? ~「三流」頂上対談!(前編)

    ミシマガ編集部

    『三流のすすめ』の発刊を記念して、著者の安田登先生×いとうせいこうさんの対談イベントをMSLive!にて開催しました。本書でいう三流とは、多流=いろいろなことができる人のこと。さまざまな分野で活躍し、まさにトップオブ三流=多流であるお二人の対話は、どこかに飛んでいったかと思えば、いつの間にか話の核心に着地していたり、かと思えばまたすぐにどこかへ飛んでいったり、まさに三流的、怒涛の展開でした。目が離せなかった対談の模様の一部を、2回にわたってお届けします!

この記事のバックナンバー

09月16日
第80回 『くらしのアナキズム』(松村圭一郎 著)「はじめに」を公開! ミシマガ編集部
09月14日
第79回 特集『三流のすすめ』発刊記念 安田登×平川克美 対談(後編) ミシマガ編集部
09月13日
第79回 特集『三流のすすめ』発刊記念 安田登×平川克美 対談(前編) ミシマガ編集部
08月24日
第78回 『辛口サイショーの人生案内DX』刊行記念 最相葉月さんに訊く!「人生案内」の職人技 (後編) ミシマガ編集部
08月23日
第78回 『辛口サイショーの人生案内DX』刊行記念 最相葉月さんに訊く!「人生案内」の職人技 (前編) ミシマガ編集部
08月20日
第77回 あの仲野徹先生による「初」のエッセイ集を刊行します ミシマガ編集部
08月13日
第76回 安田登×いとうせいこう 一流めざすの、やめません? ~「三流」頂上対談!(後編) ミシマガ編集部
08月12日
第76回 安田登×いとうせいこう 一流めざすの、やめません? ~「三流」頂上対談!(前編) ミシマガ編集部
07月28日
第75回 特集『菌の声を聴け』発刊記念 タルマーリー(渡邉格・麻里子)×大橋トリオ×ナガオカケンメイ 「パンとビールと音楽と ~長く、深く、ちょっと広く届けるものづくり~」(後編) ミシマガ編集部
07月27日
第75回 『菌の声を聴け』発刊記念 タルマーリー(渡邉格・麻里子)×大橋トリオ×ナガオカケンメイ 「パンとビールと音楽と ~長く、深く、ちょっと広く届けるものづくり~」(前編) ミシマガ編集部
07月24日
第74回 『三流のすすめ』発刊!! ミシマガ編集部
07月22日
『三流のすすめ』POP選手権を開催! ミシマガ編集部
07月08日
第73回 特集『菌の声を聴け』発刊記念 タルマーリー(渡邉格・麻里子)×平川克美対談 「クレイジーで豊かな小商いのはなし」(2) ミシマガ編集部
07月07日
第73回 特集『菌の声を聴け』発刊記念 タルマーリー(渡邉格・麻里子)×平川克美対談 「クレイジーで豊かな小商いのはなし」(1) ミシマガ編集部
07月06日
第73回 光嶋裕介×藤原徹平「自分でつくる」を取り戻す 〜〜映画「サンドラの小さな家」公開記念トークショー〜〜 ミシマガ編集部
06月29日
第72回 「今日の人生」連載100回直前! 記念 益田ミリさんインタビュー ミシマガ編集部
06月22日
第71回 学生さんに聞きました。京都にふれる、さわる座談会 ミシマガ編集部
06月03日
第70回 ヨーロッパ企画・上田誠さんインタビュー 舞台「夜は短し歩けよ乙女」、ここだけの話 ミシマガ編集部
05月27日
第69回 『菌の声を聴け』刊行記念特集 タルマーリーのクレイジーで豊かな新刊をご紹介! ミシマガ編集部
05月06日
第68回 『時代劇聖地巡礼』の聖地巡礼その① ミシマガ編集部
05月05日
第67回 『アンナの土星』にみつける、あの頃の私、いまの私 ミシマガ編集部
04月20日
第66回 『時代劇聖地巡礼』発刊! 春日太一さんインタビュー&本書の一部公開 ミシマガ編集部
03月28日
第65回 コモンのつくり方、ひらき方(2)光嶋裕介×斎藤幸平 ミシマガ編集部
03月27日
第65回 コモンのつくり方、ひらき方(1)光嶋裕介×斎藤幸平 ミシマガ編集部
03月17日
第64回 大前粟生×町屋良平 対談「書きながら生きるふたり、ちょうど5年目のはなし」(2) ミシマガ編集部
03月14日
第64回 大前粟生×町屋良平 対談「書きながら生きるふたり、ちょうど5年目のはなし」(1) ミシマガ編集部
02月28日
第63回 「あいだ」のつくり方、ひらき方(2) 光嶋裕介×藤原辰史 ミシマガ編集部
02月27日
第63回 「あいだ」のつくり方、ひらき方(1) 光嶋裕介×藤原辰史 ミシマガ編集部
02月23日
第62回 『つくるをひらく』、全国書店でパネル展開催中です! ミシマガ編集部
02月11日
第61回 映画『すばらしき世界』公開記念・西川美和監督インタビュー(2) ミシマガ編集部
02月10日
第61回 映画『すばらしき世界』公開記念・西川美和監督インタビュー(1) ミシマガ編集部
01月30日
第60回 『つくるをひらく』(光嶋裕介 著)を刊行しました! ミシマガ編集部
12月20日
第59回 『岩とからあげをまちがえる』(大前粟生 著)が出た! ミシマガ編集部
12月18日
第58回 縁食から世界を変える(2) ミシマガ編集部
12月17日
第58回 縁食から世界を変える(1) ミシマガ編集部
11月13日
第57回 『岩とからあげをまちがえる』(大前粟生 著)を刊行します ミシマガ編集部
11月12日
第56回 「おなみだぽいぽい原画展」ニジノ絵本屋さんで開催中です ミシマガ編集部
09月24日
第55回 「ど忘れ大賞」発表します! ミシマガ編集部
09月07日
第54回 『ど忘れ書道』に届いたおはがき ミシマガ編集部
08月29日
第53回 『残念こそ俺のご馳走。――そして、ベストコラム集』刊行直前特集(2) 傷んだ心に染みわたる名フレーズを。 ミシマガ編集部
08月28日
第53回 『残念こそ俺のご馳走。――そして、ベストコラム集』刊行直前特集(1) まえがきを公開します。 ミシマガ編集部
08月20日
第52回 おなみだぽいぽい増刷します!!! ミシマガ編集部
07月26日
第51回 「深、呼、吸、和、書、集」 〜世間の空気、私の心、解きほぐす本〜 ミシマガ編集部
07月18日
第50回 「ど忘れ大賞」開催!? みんなの「ど忘れ」大募集!! ミシマガ編集部
07月17日
第49回 『ど忘れ書道』ついに発刊!!! ミシマガ編集部
07月06日
第48回 MSマルシェ「業界最高値」 出店・タルマーリーさん ミシマガ編集部
06月26日
第47回 『自分と他人の許し方、あるいは愛し方』への熱い声を大特集! ミシマガ編集部
06月18日
第46回 「これからのアナキズム」の話 松村圭一郎×三島邦弘(2) ミシマガ編集部
06月17日
第46回 「これからのアナキズム」の話 松村圭一郎×三島邦弘(1) ミシマガ編集部
05月23日
第45回 『自分と他人の許し方、あるいは愛し方』刊行記念特集 まえがきを公開します。 ミシマガ編集部
05月20日
第44回 パンデミックを生きる構え(2) 藤原辰史×鈴木潤×三島邦弘 ミシマガ編集部
05月19日
第44回 パンデミックを生きる構え(1) 藤原辰史×鈴木潤×三島邦弘 ミシマガ編集部
05月04日
第43回 鎌田裕樹×三島邦弘 トークイベント「本屋と出版社と、読者の『これから』を考える」 ミシマガ編集部
04月21日
第42回 尹雄大×伊藤亜紗 トークイベント「迷い、戸惑う感覚の味わい方」(2) ミシマガ編集部
04月19日
第42回 尹雄大×伊藤亜紗 トークイベント「迷い、戸惑う感覚の味わい方」(1) ミシマガ編集部
04月09日
第41回 「人生最初の小説を書き終えて」『最初の晩餐』常盤司郎さんインタビュー  ミシマガ編集部
03月28日
第40回 教えて、尹さん!―『モヤモヤの正体』その後のはなし。 ミシマガ編集部
03月21日
第39回 『小田嶋隆のコラムの切り口』刊行記念特集(2)武田砂鉄さん寄稿「参考にならない」 ミシマガ編集部
03月20日
第39回 『小田嶋隆のコラムの切り口』刊行記念特集(1)まえがきを公開&『小田嶋隆のコラムの切り口』ラジオ ミシマガ編集部
03月19日
坊さん、本屋で語る。白川密成×辻山良雄(2) ミシマガ編集部
03月18日
第38回 坊さん、本屋で語る。白川密成×辻山良雄(1) ミシマガ編集部
02月20日
第37回 『坊さん、ぼーっとする。』発刊記念! 坊さんと、家族。 ミシマガ編集部
02月01日
第36回 「これからのメディア」を考える ミシマガ編集部
01月30日
第35回 『モヤモヤの正体』刊行記念 尹雄大さんの正体(2) ミシマガ編集部
01月29日
第35回 『モヤモヤの正体』刊行記念 尹雄大さんの正体(1) ミシマガ編集部
01月07日
第34回 小川彩佳さんインタビュー「わたしと日本舞踊」 ミシマガ編集部
12月29日
第33回 みんなちょっと当事者(2)すでに当事者だということに気づいてほしい ミシマガ編集部
12月28日
第33回 みんなちょっと当事者(1) 黒歴史をさらけだす ミシマガ編集部
12月18日
第32回 『今夜 凶暴だから わたし』発刊に寄せて(高橋さん、濱さん、装丁、編集担当のコメント) ミシマガ編集部
12月06日
第31回 冊子「日本舞踊入門の入門」を現在製作中です! ミシマガ編集部
11月23日
第30回 『ほんのちょっと当事者』本日発刊です! 著者の青山ゆみこさんから読者の皆さまへ ミシマガ編集部
11月05日
第30回 展示レポート! 益田ミリ × ブックスキューブリック × BOOKUOKA「本としあわせしりとり展 in 福岡」 ミシマガ編集部
11月01日
第29回 映画『最初の晩餐』公開記念:常盤司郎監督インタビュー ミシマガ編集部
10月15日
第28回 鎌田東二先生にきく! 宇宙の遊び方(2) ミシマガ編集部
10月14日
第28回 鎌田東二先生にきく! 宇宙の遊び方(1) ミシマガ編集部
09月26日
第27回 『クモのイト』本日発刊です!! 中田先生コメント&クモマンガ ミシマガ編集部
09月18日
第26回 クモのイト 刊行記念特集(2)クモの魅力総特集! ミシマガ編集部
09月17日
第26回 クモのイト 刊行記念特集(1) 中田兼介先生インタビュー ミシマガ編集部
09月04日
第25回 「筋トレ」全盛の時代に、「脱・筋トレ思考」のススメ ミシマガ編集部
08月29日
第24回 『脱・筋トレ思考』が発刊しました! ミシマガ編集部
08月20日
第23回 仲野徹と西靖のそろそろ大阪の話をしよう(2) ミシマガ編集部
08月19日
第22回 仲野徹と西靖のそろそろ大阪の話をしよう(1) ミシマガ編集部
07月28日
第21回 ホホホ座とミシマ社の反省会 山下賢二×三島邦弘トークイベント ミシマガ編集部
07月21日
第20回 オクノ修さんインタビュー ミシマガ編集部
07月13日
第19回 「ちいさいミシマ社」 ミシマ社の本屋さんではこう売ります! ミシマガ編集部
07月12日
第18回 ちいさいミシマ社スタート迫る! 推しポイント&ホームページ開設!! ミシマガ編集部
06月21日
第17回 本日、『ホホホ座の反省文』発売日です! ミシマガ編集部
06月16日
第16回 『ホホホ座の反省文』ついに完成しました。(2) ミシマガ編集部
06月15日
第16回 『ホホホ座の反省文』ついに完成しました。(1) ミシマガ編集部
06月13日
第15回 新レーベル「ちいさいミシマ社」第1弾!!(2) 『仲野教授のそろそろ大阪の話をしよう』 ミシマガ編集部
06月12日
第15回 新レーベル「ちいさいミシマ社」第1弾!!(1) 『ランベルマイユコーヒー店』 ミシマガ編集部
06月09日
第14回 父の日に本を贈る(2)いしいひとひくんが父に贈る一冊  ミシマガ編集部
06月08日
第14回 父の日に本を贈る(1)ミシマ社メンバーが父に贈る一冊  ミシマガ編集部
06月05日
第12回 第5弾 心に残った一節は? ~書店員さんのご感想を紹介します!~ ミシマガ編集部
05月19日
第13回 『すごい論語』プロローグ(後半) ミシマガ編集部
05月18日
第13回 『すごい論語』プロローグ(前半) ミシマガ編集部
04月26日
第12回 第4弾『しあわせしりとり』PVをつくりました! ミシマガ編集部
04月24日
第12回 第3弾 本屋さんとつなげる!『しあわせしりとり』 ミシマガ編集部
04月23日
第12回 第2弾「みんなでつなごう! しあわせしりとり展」開催中です! ミシマガ編集部
04月22日
第12回 刊行記念特集第1弾『しあわせしりとり』・デザインの魅力  ミシマガ編集部
04月13日
第11回 フカフカの土が世界を救う!?  学校では教えてくれない「土」のはなし(2) ミシマガ編集部
04月12日
第11回 フカフカの土が世界を救う!? 学校では教えてくれない「土」のはなし(1) ミシマガ編集部
03月20日
第10回 森田真生さんに発刊直前公開インタビューしました。 ミシマガ編集部
03月19日
第10回 『数学の贈り物』ができました! ミシマガ編集部
02月22日
第9回 2.22(ニャーニャーニャー)「猫の日」特別企画! 猫を愛してやまない3人におすすめの猫本を教えていただきました ミシマガ編集部
12月24日
第8回 教えてナカムラさん! 採用のこと、仕事のこと(2) ミシマガ編集部
12月23日
第8回 教えてナカムラさん! 採用のこと、仕事のこと(1) ミシマガ編集部
11月22日
第7回 『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(2) ミシマガ編集部
11月21日
第7回 『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(1) ミシマガ編集部
11月20日
第7回 『銀河鉄道の星』あとがきを掲載します ミシマガ編集部
11月04日
第6回 『うしろめたさの人類学』を読んでみよう(2) ミシマガ編集部
11月03日
第6回 『うしろめたさの人類学』を読んでみよう(1) ミシマガ編集部
09月07日
第5回 町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(2) ミシマガ編集部
09月06日
第5回 町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(1) ミシマガ編集部
07月28日
第4回 夏休み特集(2)バッキー井上さんに訊く、ハッピーな夏の過ごしかた ミシマガ編集部
07月27日
第4回 夏休み特集(1)三浦豊さんに訊く、夏におすすめの木 ミシマガ編集部
07月19日
第3回 『絶対に死ぬ私たちがこれだけは知っておきたい健康の話』実践レポート(2) ミシマガ編集部
07月18日
第3回 『絶対に死ぬ私たちがこれだけは知っておきたい健康の話』実践レポート(1) ミシマガ編集部
06月06日
第2回 「万引き家族」を10倍楽しむための10章(2) ミシマガ編集部
06月05日
第2回 「万引き家族」を10倍楽しむための10章(1) ミシマガ編集部
05月16日
第1回 特別寄稿 医師・佐藤友亮さん「罰するよりも大切なこと」 ミシマガ編集部
05月15日
第1回 小田嶋 隆×仲野 徹 「依存」はすぐとなりに(2) ミシマガ編集部
05月14日
第1回 小田嶋 隆×仲野 徹 「依存」はすぐとなりに(1) ミシマガ編集部
ページトップへ