『自分と他人の許し方、あるいは愛し方』刊行記念特集 まえがきを公開します。

第45回

『自分と他人の許し方、あるいは愛し方』刊行記念特集 まえがきを公開します。

2020.05.23更新

本日、三砂ちづるさんの著書『自分と他人の許し方、あるいは愛し方』が発売になります。

自分と他人の許し方、あるいは愛し方_書影(帯なし).jpg『自分と他人の許し方、あるいは愛し方』三砂ちづる(ミシマ社)

昨今、何が起こっているのか、これからどうなるのか、誰にもはっきりとはわからない状況が続いています。そして今後も、そんな時間が続きそうです。

情報を追いかけることもある程度必要ですが、そればかりしていてもキリがなく、自分で考えること、自分で感じること、が今までにも増して大切になっていると感じます。

そのために、なにか、日々の暮らしの拠り所となる思想がほしい。
でも、ある立場に固執して敵をつくって攻撃したり、正しさをふりかざしたりはしたくない。
本書は、自分の中にしなやかでタフな思想を育てるための入口になってくれる、そんな一冊になったのではないかと感じています。

生きていると、矛盾も不条理もたくさんあるし、自分を守り育ててくれるはずの親が間違うこともあるし、そして自分もたくさんの間違いをおかしてしまう。
そんな中で、どう許し、許されて、他人とともに同じ時代を生きる喜びを、愛でていくのか。
そのヒントが詰まっています。ぜひお手に取ってみていただけたら嬉しいです。

本書の雰囲気を知っていただくため、『自分と他人の許し方、あるいは愛し方』のまえがき全文を公開します。

まえがき

「魔がさした」という言い方をすることがあるんだけど、「魔」ってなんだろう。
 本当はこう生きていたいのに、本当はこんなに愛していたいのに、本当はこんなつまらないことは忘れていたいのに、本当はこんなことこだわっていないで許していたいのに。
 魔がさすのだ、魔が。
「魔の正体は、自己憐憫と罪悪感です」、今となってはいったいどこからこの言葉を覚えたのか、何かで読んだのか、誰かに聞いたのか、なんだかよく思い出すことができないのだが、魔の正体は自己憐憫と罪悪感である。
 わたしってどうせだめなんだから、どうせわたしなんか・・・これが、自己憐憫。 なにかわるいことしちゃったんじゃないだろうか、いや、ぜったいわたしがわるい ことをしてしまった、わたしがわるい、わたしのせいだ、わたしの存在がよろしくない・・・これが罪悪感。
 闘わなければならないことって本当にそれだけなんじゃないかと思う。自己憐憫と罪悪感。
 生まれてきただけで完璧な存在で、世界に愛されていて、この世に受け止められていて、ここにいていいのだ。人間はみんなそう思って生まれてきて、そう思って育ってゆくことができるような存在のはずなのだけれど、あなたもわたしもいろいろな欠点があるように、あなたとわたしが生まれてきたとき周囲にいた人も欠点だらけだったために、また、生きているこの時代と世界が、けっこう、それなりにめんどくさかったりするために、シンプルに、生まれてきた自分は、この世界に全幅の信頼を置けなくなっちゃったりしているのである。
 誰のせいでもない。誰を責めることもできない。
 そんなふうに素直に育てなかったことに対して、親に文句言ってみたい気持ちはおありかとも思うのだけれど、自分が欠点だらけの人間であるのと同じくらい、自分の親もまちがいだらけで欠点だらけのただの男と女だったから、なんだかいろんなことをまちがっちゃったりもしたのである。もとより生まれてきた時代と世界を責めるわけにもいかぬ。それはまあ、所与の条件だから。
 それでもこの自己憐憫と罪悪感、という「魔」とは、それを「魔」だと意識すれば闘うことができる。
 わたしを先生と呼ぶ若い友人(女子大の先生だから、けっこう、先生と呼ばれる)が「先生! 自己憐憫と罪悪感が諸悪の根源でしたよね!」と言うので、いやいや、諸悪の根源、ってそれは言いすぎですよ、それほどのものじゃない。自己憐憫と罪悪感が魔の正体だって言ったのよ。何が違うんですか、って言われたらうまく答えられない気がしたのだけれど、そのあたりは、この本を読んでいただければひょっとしたらわかるかもしれません。
「自分と他人の許し方、あるいは愛し方」の世界へ、ようこそ。

明日は、内田樹先生をゲストにお迎えして、「自分と他人の許し方」をテーマに、三砂ちづる先生とのオンライン対談イベントも開催します。下記に詳細をご案内しておりますので、ご興味のある方は、奮ってご参加くださいませ。

編集部からのお知らせ

内田樹先生×三砂ちづる先生対談イベント「自分と他人の許し方」
イベント動画を期間限定販売中です!

d68f832954a0642fa1ae.jpg

自分と他人の許し方、あるいは愛し方』の発刊記念として行われた、内田樹先生と三砂ちづる先生のオンライン対談イベント「自分と他人の許し方」。当日は200名以上の方にご参加いただき、「先生方の一言一言が染みるようで、救われる気持ちでした。」といった、たくさんの反響もいただきました。こちらのイベントの録画動画を、6月11日までの期間限定で販売中です!

詳細・ご購入はこちら

三砂ちづる先生の「おせっかい宣言」大好評連載中です

osekkai1366-thumb-autox310-158.png自分と他人の許し方、あるいは愛し方』のもととなった「おせっかい宣言」が、みんなのミシマガジンで、現在も好評連載中です! 最新回では、あまり他では語られていない、コロナによって奪われてしまったことについてお書きくださっています。

「おせっかい宣言」連載ページ

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

この記事のバックナンバー

05月23日
第45回 『自分と他人の許し方、あるいは愛し方』刊行記念特集 まえがきを公開します。 ミシマガ編集部
05月20日
第44回 パンデミックを生きる構え(2) 藤原辰史×鈴木潤×三島邦弘 ミシマガ編集部
05月19日
第44回 パンデミックを生きる構え(1) 藤原辰史×鈴木潤×三島邦弘 ミシマガ編集部
05月04日
第43回 鎌田裕樹×三島邦弘 トークイベント「本屋と出版社と、読者の『これから』を考える」 ミシマガ編集部
04月21日
第42回 尹雄大×伊藤亜紗 トークイベント「迷い、戸惑う感覚の味わい方」(2) ミシマガ編集部
04月19日
第42回 尹雄大×伊藤亜紗 トークイベント「迷い、戸惑う感覚の味わい方」(1) ミシマガ編集部
04月09日
第41回 「人生最初の小説を書き終えて」『最初の晩餐』常盤司郎さんインタビュー  ミシマガ編集部
03月28日
第40回 教えて、尹さん!―『モヤモヤの正体』その後のはなし。 ミシマガ編集部
03月21日
第39回 『小田嶋隆のコラムの切り口』刊行記念特集(2)武田砂鉄さん寄稿「参考にならない」 ミシマガ編集部
03月20日
第39回 『小田嶋隆のコラムの切り口』刊行記念特集(1)まえがきを公開&『小田嶋隆のコラムの切り口』ラジオ ミシマガ編集部
03月19日
坊さん、本屋で語る。白川密成×辻山良雄(2) ミシマガ編集部
03月18日
第38回 坊さん、本屋で語る。白川密成×辻山良雄(1) ミシマガ編集部
02月20日
第37回 『坊さん、ぼーっとする。』発刊記念! 坊さんと、家族。 ミシマガ編集部
02月01日
第36回 「これからのメディア」を考える ミシマガ編集部
01月30日
第35回 『モヤモヤの正体』刊行記念 尹雄大さんの正体(2) ミシマガ編集部
01月29日
第35回 『モヤモヤの正体』刊行記念 尹雄大さんの正体(1) ミシマガ編集部
01月07日
第34回 小川彩佳さんインタビュー「わたしと日本舞踊」 ミシマガ編集部
12月29日
第33回 みんなちょっと当事者(2)すでに当事者だということに気づいてほしい ミシマガ編集部
12月28日
第33回 みんなちょっと当事者(1) 黒歴史をさらけだす ミシマガ編集部
12月18日
第32回 『今夜 凶暴だから わたし』発刊に寄せて(高橋さん、濱さん、装丁、編集担当のコメント) ミシマガ編集部
12月06日
第31回 冊子「日本舞踊入門の入門」を現在製作中です! ミシマガ編集部
11月23日
第30回 『ほんのちょっと当事者』本日発刊です! 著者の青山ゆみこさんから読者の皆さまへ ミシマガ編集部
11月05日
第30回 展示レポート! 益田ミリ × ブックスキューブリック × BOOKUOKA「本としあわせしりとり展 in 福岡」 ミシマガ編集部
11月01日
第29回 映画『最初の晩餐』公開記念:常盤司郎監督インタビュー ミシマガ編集部
10月15日
第28回 鎌田東二先生にきく! 宇宙の遊び方(2) ミシマガ編集部
10月14日
第28回 鎌田東二先生にきく! 宇宙の遊び方(1) ミシマガ編集部
09月26日
第27回 『クモのイト』本日発刊です!! 中田先生コメント&クモマンガ ミシマガ編集部
09月18日
第26回 クモのイト 刊行記念特集(2)クモの魅力総特集! ミシマガ編集部
09月17日
第26回 クモのイト 刊行記念特集(1) 中田兼介先生インタビュー ミシマガ編集部
09月04日
第25回 「筋トレ」全盛の時代に、「脱・筋トレ思考」のススメ ミシマガ編集部
08月29日
第24回 『脱・筋トレ思考』が発刊しました! ミシマガ編集部
08月20日
第23回 仲野徹と西靖のそろそろ大阪の話をしよう(2) ミシマガ編集部
08月19日
第22回 仲野徹と西靖のそろそろ大阪の話をしよう(1) ミシマガ編集部
07月28日
第21回 ホホホ座とミシマ社の反省会 山下賢二×三島邦弘トークイベント ミシマガ編集部
07月21日
第20回 オクノ修さんインタビュー ミシマガ編集部
07月13日
第19回 「ちいさいミシマ社」 ミシマ社の本屋さんではこう売ります! ミシマガ編集部
07月12日
第18回 ちいさいミシマ社スタート迫る! 推しポイント&ホームページ開設!! ミシマガ編集部
06月21日
第17回 本日、『ホホホ座の反省文』発売日です! ミシマガ編集部
06月16日
第16回 『ホホホ座の反省文』ついに完成しました。(2) ミシマガ編集部
06月15日
第16回 『ホホホ座の反省文』ついに完成しました。(1) ミシマガ編集部
06月13日
第15回 新レーベル「ちいさいミシマ社」第1弾!!(2) 『仲野教授のそろそろ大阪の話をしよう』 ミシマガ編集部
06月12日
第15回 新レーベル「ちいさいミシマ社」第1弾!!(1) 『ランベルマイユコーヒー店』 ミシマガ編集部
06月09日
第14回 父の日に本を贈る(2)いしいひとひくんが父に贈る一冊  ミシマガ編集部
06月08日
第14回 父の日に本を贈る(1)ミシマ社メンバーが父に贈る一冊  ミシマガ編集部
06月05日
第12回 第5弾 心に残った一節は? ~書店員さんのご感想を紹介します!~ ミシマガ編集部
05月19日
第13回 『すごい論語』プロローグ(後半) ミシマガ編集部
05月18日
第13回 『すごい論語』プロローグ(前半) ミシマガ編集部
04月26日
第12回 第4弾『しあわせしりとり』PVをつくりました! ミシマガ編集部
04月24日
第12回 第3弾 本屋さんとつなげる!『しあわせしりとり』 ミシマガ編集部
04月23日
第12回 第2弾「みんなでつなごう! しあわせしりとり展」開催中です! ミシマガ編集部
04月22日
第12回 刊行記念特集第1弾『しあわせしりとり』・デザインの魅力  ミシマガ編集部
04月13日
第11回 フカフカの土が世界を救う!?  学校では教えてくれない「土」のはなし(2) ミシマガ編集部
04月12日
第11回 フカフカの土が世界を救う!? 学校では教えてくれない「土」のはなし(1) ミシマガ編集部
03月20日
第10回 森田真生さんに発刊直前公開インタビューしました。 ミシマガ編集部
03月19日
第10回 『数学の贈り物』ができました! ミシマガ編集部
02月22日
第9回 2.22(ニャーニャーニャー)「猫の日」特別企画! 猫を愛してやまない3人におすすめの猫本を教えていただきました ミシマガ編集部
12月24日
第8回 教えてナカムラさん! 採用のこと、仕事のこと(2) ミシマガ編集部
12月23日
第8回 教えてナカムラさん! 採用のこと、仕事のこと(1) ミシマガ編集部
11月22日
第7回 『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(2) ミシマガ編集部
11月21日
第7回 『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(1) ミシマガ編集部
11月20日
第7回 『銀河鉄道の星』あとがきを掲載します ミシマガ編集部
11月04日
第6回 『うしろめたさの人類学』を読んでみよう(2) ミシマガ編集部
11月03日
第6回 『うしろめたさの人類学』を読んでみよう(1) ミシマガ編集部
09月07日
第5回 町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(2) ミシマガ編集部
09月06日
第5回 町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(1) ミシマガ編集部
07月28日
第4回 夏休み特集(2)バッキー井上さんに訊く、ハッピーな夏の過ごしかた ミシマガ編集部
07月27日
第4回 夏休み特集(1)三浦豊さんに訊く、夏におすすめの木 ミシマガ編集部
07月19日
第3回 『絶対に死ぬ私たちがこれだけは知っておきたい健康の話』実践レポート(2) ミシマガ編集部
07月18日
第3回 『絶対に死ぬ私たちがこれだけは知っておきたい健康の話』実践レポート(1) ミシマガ編集部
06月06日
第2回 「万引き家族」を10倍楽しむための10章(2) ミシマガ編集部
06月05日
第2回 「万引き家族」を10倍楽しむための10章(1) ミシマガ編集部
05月16日
第1回 特別寄稿 医師・佐藤友亮さん「罰するよりも大切なこと」 ミシマガ編集部
05月15日
第1回 小田嶋 隆×仲野 徹 「依存」はすぐとなりに(2) ミシマガ編集部
05月14日
第1回 小田嶋 隆×仲野 徹 「依存」はすぐとなりに(1) ミシマガ編集部
ページトップへ