中島岳志×タルマーリー(渡邉格・麻里子)対談 「思いがけず発酵」(2)

第88回

中島岳志×タルマーリー(渡邉格・麻里子)対談 「思いがけず発酵」(2)

2021.11.24更新

 10月29日、『思いがけず利他』著者の中島岳志さんと、『菌の声を聴け』著者のタルマーリーのお二人、渡邉格さん・麻里子さんの対談が、MSLive!で開催されました。

1122_2.jpg『思いがけず利他』中島岳志(ミシマ社)

1122_1.jpg

『菌の声を聴け タルマーリーのクレイジーで豊かな実践と提案』渡邉格・麻里子(ミシマ社)

 「利他」を、「良いことをしよう」と思って作為的に行われるものではなく、不意に思いがけずやってくるものだととらえられている中島先生。そんな「利他」と、野生の菌でパンやビールづくりを行うため、発酵の成功や失敗を直接的な因果ではなく「縁起」でとらえて、施設内にとどまらず里山などの自然まで及ぶタルマーリーさんの「場づくり」のお話が響きあい、考えを深める対談となりました。
 また、当日は衆議院の総選挙を2日前に控えていました。移住先の鳥取の智頭町で環境保全や過疎の問題に取り組むため、行政や周囲の事業者と一緒に町づくりの活動も行うタルマーリーさんと、「永田町だけが政治ではない」と語る中島先生に、今の日本の政治や、「保守」とはなにかについてもお話いただきました。

 昨日と今日の2日にわたり、本対談の一部をお送りします。

(前半の記事はこちら

町づくりと政治

中島 最近(10/29現在)は選挙の報道が増えていますが、私は「永田町」だけが政治だとは思っていないんですね。「投票率上げましょう」と口々に言われていますが、口で言っても上がらない。そのためには日常を整えなければならないんですよ。政治に関与するルートを、自分の身近なところにつくっておくことで、はじめて私たちは政治を自分ごととしてとらえるようになる。それがないと、投票しなさいと言われても「めんどくさい。その日どこかに遊びに行くのに」となってしまうわけです。だがらそこを整えていくことが政治においても重要だと考えるんですけど、今タルマーリーのお二人は鳥取の智頭町で町づくりにも関わっているとお聞きしました。これも「場」の問題とすごくかかわっていると思うのですが、どういう活動をされているのでしょうか?

麻里子 もともと麹菌を採れる環境をつくるために、地域で採れた自然栽培の作物を使うなど、地域内循環を実現できる環境をつくっていけたらいいなと考えていました。でも3年前に大雨で川の護岸が崩れたとき、その後地域住民に全く相談がなく大規模な土木工事が行われ、大事に思っていた生態系や自然環境が激変してしまった。自分たちだけの事業を頑張っていれば麹菌が取れる環境を維持できるわけではないというのを痛切に感じるようになって、地域のほかの事業者、町役場、県などがもっと協力して、環境保全や産業の衰退、空き家の問題などに取り組んでいけるように、町づくり団体を立ち上げました。私たちの指標は菌なので、「麹菌を採り続けることができる町」をコンセプトとして、移住者を増やすことを目指し、まずは間口を広げて、長くとどまってくれる旅人を増やすところからやってみようかと思っています。そこで昨年から空き家を1軒改修して、そこを滞在拠点とするため、宿とカフェにしています。

中島 僕も、北海道大学に勤めていたころ、カフェをつくったことがあります。北海道に行ったのがちょうど小泉内閣の終り頃で、いわゆる新自由主義が押し寄せ、北海道も特に札幌以外の地域はもうボロボロで、私が住んでいた札幌市西区の商店街もシャッター通りになっていたんですね。なんとかしようと思って、その商店街の人たちとカフェをつくりました。なんで政治学者がそんなことをするんだと言われたのですが、これをやることが小泉内閣に対するリアクションだと思っていたんですね。
 普通、町の復興などをするときは何かを誘致することが多いんですね。例えばスーパーだったり。でもそれは違うんだ、「場」をつくらなければと。「場」をつくれば人がやってくる。いろいろな人が来たらその人たちのポテンシャルが引き出されるなかで、思いがけないことが起こってくる。実際そのカフェでは、いろいろな人たちとイベントを開催し、お客さんがたくさん集まったり、想像もできないいろいろなことが勝手に立ち上がって、長い時間をかけながらシャッター通りではなくなっていきました。タルマーリーさんがやろうとされていることも、このこととかなり近いことで、そしてやっぱり菌との向き合い方とも同じ構造にあると思うんですね。

1122_31.jpg

保守するための改革

 もともと自分は左翼だと思っていたのですが、中島先生の本を読み、「あ、自分って保守だったんだ」と気づきました。ここ10年ぐらいの政治を見ていると、種子法廃止法案であったり、TPPだったり、この先本当に恐ろしいことが起きるぞと思います。食の仕事をやっていて、「できるだけ変化しないようにしなければ、いいものがつくれない」と、ある意味すごく保守的な考え方になってきたように感じます。

中島 私はもう右も左もなくなったと思っているんです。左派はもともとフランス革命に表れているように、人間の理性によって進歩した世界の像を描き、その通りにやっていけば世界はうまくいくんだという思想で、人間の力に対する過信だったんですね。対して保守派は、人間の理性は無謬ではなく、不完全な人間で構成されている社会は不完全だ。それで何に依拠するべきなのかというと、時代のふるいにかけられながら残ってきた経験値や慣習のなかに、重要な英知があるのではないかと考えたのが保守なんですね。
 ただ、保守はエドマンド・バークという人が起点にいるのですが、「Reform to Conserve」と言っているんですね。つまり「保守するための改革」が重要である、つまり大切なものを守っていくためには変わっていかなければならないと言っているんです。少し話がかわりますが、大学時代、友人の実家である京都の老舗の和菓子屋に遊びに行ったことがあります。そこのおじさんに「中島くんな、江戸時代からおんなじ味出してるんちゃうで」と言われたんですね。「戦後すぐの日本人の甘さと今の人たちの甘さと全然ちゃうやろ」と。だから味は変えているけども、それをつくる精神や技法、大切なものは変えていないと言うんですね。

 まさにおっしゃる通りで、私たちはすごくストイックに手作業だけでパンをつくっていると思われている方が多くてですね、実際に現地に来ていただくと、「こんなに機械使っているんですか!」と言われるんですね。やっぱり安定してしっかりとしたものをつくっていくために、機械を否定していません。そういう意味で私たちは保守的だけれども、ある程度必要な技術を新しく身につけたり、手に入れることは行っていますね。

中島 「保守」と「反動」という言葉があります。反動は何も変えないことですが、保守は時代と呼吸しながら変わっていくプロセスのなかで、大切なものを残そうと考えていると思うんですね。そういう保守の思考と、左翼的な世界のなかから人間のエゴを反省的に見つめるといった思考、そのふたつが重なるのが現在なんだと思うんです。要するにもう右左というのは意味がなく、違う入り口から入って同じところで出会っているのが今の時代なのかなと。
 今の時代はとっても面白いです。政治の世界でも、保守だからといって自民党に投票するということは全くなく、むしろ共産党の言っていることのほうが保守なのではないかと思っています。地方の中小企業を守れ、農業を守れと一番強く主張しているのは共産党です。自民党は新自由主義でマーケットに任せて自己責任と、保守では到底考えれない人間観なんですよね。これはいったい何なのかを考えてみると、単に変なことが起こっているのではなくすごく重要な世界の切り替わりが起こっているんだと思っています。

自民党は保守ではない

 今回中島先生に聞きたいと思っていたのですが、現在の自民党をどう分析されますか?

中島 政治は何をやっているかと考えた時に、内政面では2つの仕事をしていると考えています。ひとつはお金の問題。もうひとつは価値観の問題。お金の問題は、私たちから集めた税金を何に使うのか。その際、リスクの「個人化」と「社会化」の2つの軸があると思うんです。リスクの個人化は「基本的には自己責任ですので行政に頼らないでくださいね」というもので、これが昨今の考え方です。一方の社会化は、「リスクはいっぱいあるから社会全体で支えあいましょう。だから税金高くなるかもしれないけど、セーフティーネットは強化します」というもの。しかも社会化というのが重要で、行政だけではなく、私たち社会の側でも、ボランティアの方に寄付をしたり、助け合いましょうよというあり方なんですね。
 もう一つは価値観の問題で、例えば選択的夫婦別姓やLGBTQの人たちの婚姻についてどう考えるのかについては、お金の問題ではなく価値観の問題ですよね。価値観の問題を考えるとき、リベラル対パターナルという対立軸があると思います。リベラルは基本的には個人の自由を尊重する。反対にパターナルは父権的と訳しますが、父親が権限を持っている時代には妻や子は権限なかったですよね。強い力を持っているものが、価値の問題に介入していくのがパターナルです。だから選択的夫婦別姓も「そりゃ二人が決めたらいいのではないですか」と考えるのがリベラル。「日本人だったら同姓で家族をつくっていくんだだからそうしなさい」と考えるのがパターナルです。

 縦軸にお金の問題、横軸に価値観の問題をとると4つの組み合わせができます。今の自民党は、リスクの個人化とパターナルの組み合わせなんですよ。それに対して僕自身が考えている「リベラルな保守」はそれの真逆で、リスクは社会みんなで背負いましょう。そして考え方についてはリベラルにやっていく。やはり保守は、「人間は間違えるかもしれない」という人間観なので、考え方の本質はリベラルなんです。間違えているかもしれないので、他の人の意見に耳を傾けようとします。その結果、「なるほど、それも一理あるな」と合意形成するんですよね。どこが落とし所なのか調整し、収まるところに収まるのが保守政治なんです。保守って本来リベラルで、むしろ共産主義とかのほうがリベラルじゃなかった。この思想こそが正しいといって、スターリンや毛沢東は粛清してしまいましたよね。ああいうのは嫌だよねといってきたのは保守の側だったのですが、最近は粛清に入ってしまっています。野党の言い分も国民の言うことも聞かないで、記者会見も開かず、何か強制的なことを閣議決定で全部決めちゃうとか、これは保守じゃないんですよ。だから保守をもう一回リベラルなものに戻したいというのが僕の考えです。

 今日一番聞きたかったことです。ありがとうございました。

1122_4.jpg

編集部からのお知らせ

11月もタルマーリーさんと中島岳志さん出演のイベントを開催します!

【11/25(木)】斎藤幸平×タルマーリー対談 「コモン再生は日本のグローバルサウスで芽吹く」

87268e4ad0959297b818.jpeg

◎開催日時 11月25日(木)19時~21時(休憩を5分ほどはさみます)
※イベント翌日に、申込者全員にアーカイブ動画をお送りします。
◎出演  斎藤幸平 タルマーリー(渡邉格・麻里子)
◎参加費 2,200円(税込)
☆本ライブを含む3イベントがセットになった「ミシマ社15周年記念チケット 第2弾」でもご視聴できます。割引もあります。詳細はこちら

 『人新世の資本論』にて、資本主義を抜け出して本当の豊かさを取り戻すカギは、コモンの再建にあり、それは各自の現場で実現できるものだと記された斎藤幸平氏。そして、経済的成功よりも行動が価値となる時代には、グローバルサウス(途上国と言われてきた地域)が重要になるとも説かれました。

 日本のグローバルサウスとも言える鳥取県智頭町で、人間よりも、発酵を担う菌たちの声に徹底的に耳を傾け、パンとビールづくりを実践してきたタルマーリーは、まさにコモン再生のために行動するトップランナーと言えます。 また、渡邉格さんは、パンとビール職人だからこそ、エッセンシャルワーカーの立場からマルクスの資本論を読み、お金を分解することについても思索を続けてこられており、今回満を持して、斎藤さんとの対談に臨まれます。

 ローカルでのものづくりは、いかにして、閉塞した社会に風穴を開けるのか?? 今後の日本を辺境から占う、小さくて大きな対話がここに。

詳細はこちら


11/29(月)】斎藤幸平×タルマーリー対談 松村圭一郎×中島岳志 
「くらしをよりよくするために、自分たちが「政治」にできること
――アナキズムと利他を手がかりに考える」

ce5964d240b0e9bea93a.jpeg

◎開催日時 11/29(月)19時~20時半(休憩を5分ほどはさみます)
※イベント翌日に、申込者全員にアーカイブ動画をお送りします。
◎出演  松村圭一郎 中島岳志
◎参加費 2,200円(税込)
☆本ライブを含む3イベントがセットになった「ミシマ社15周年記念チケット 第2弾」でもご視聴できます。割引もあります。詳細はこちら

 昨年から続くコロナ禍で、私たちは身をもって知りました。
 ――私たちの国では、政治は機能していないらしい。 では、私たちは国民不在が続くこの政治状況に対し、ただあきらめ放置するしかないのか?
 今、できることは何か?

 一方で、気候変動やジェンダー、地方自治など、私達を取り巻く問題と向き合う中で「政治」は必ず出てくるものの、距離を置きたい人も少なくありません。

 こうした近くて遠い「政治」をテーマに、人類学者・松村圭一郎さんと、政治学者・中島岳志さんのお二人に対談いただきます!

 その際、手がかりになるのは、この秋、ともにミシマ社創業15周年記念企画として発刊されたくらしのアナキズム』(松村)と『思いがけず利他』(中島)で論じた「アナキズム」と「利他」の視点です。
 今回のMSLive!では、政治を遠い世界のことではなく、自分たちの日々のこと、自分ごとだと捉え直し、再び政治が機能する道を探ります。
 政府が機能不全に陥る「アナキズム」的状況で、社会のために行動を変える「利他」が求められる中、必聴の対談!

詳細はこちら


bf7f1d8447fcefaf910a.jpeg

☆上記の2ライブを含む3イベントがセットになった「ミシマ社15周年記念チケット 第2弾」でもご視聴できます。割引もあります。
※高橋久美子さん×中村明珍さん久美子さんとチンさんの「農LIFE、どうLIVE?」はアーカイブ配信となります。

詳しくはこちら


【12/5(日)まで】中島岳志×タルマーリー対談 「思いがけず発酵」アーカイブ配信中

4fba40340ecadda64caf.jpeg 本文で開催の模様を一部お届けした、中島岳志先生とタルマーリーのお二人の対談、現在アーカイブ動画を配信中です。

詳しくはこちら

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

この記事のバックナンバー

11月24日
第88回 中島岳志×タルマーリー(渡邉格・麻里子)対談 「思いがけず発酵」(2) ミシマガ編集部
11月23日
第88回 中島岳志×タルマーリー(渡邉格・麻里子)対談 「思いがけず発酵」(1) ミシマガ編集部
11月18日
第87回 『その農地、私が買います』、多彩な反響が続々!! ミシマガ編集部
11月05日
第86回 タルマーリー×三砂ちづる×竹内正人 『菌の声を聴け』発刊記念トークイベント~発酵、身体、生き方~(後編) ミシマガ編集部
11月04日
第86回 タルマーリー×三砂ちづる×竹内正人 『菌の声を聴け』発刊記念トークイベント~発酵、身体、生き方~(前編) ミシマガ編集部
10月26日
第83回 ドミニク・チェン×安田登「これからのクリエイティブには「三流」がいる!」(2) ミシマガ編集部
10月25日
第83回 ドミニク・チェン×安田登「これからのクリエイティブには「三流」がいる!」(1) ミシマガ編集部
10月20日
第84回 『思いがけず利他』本日発刊します! ミシマガ編集部
10月19日
第83回 『その農地、私が買います 高橋さん家の次女の乱』、いよいよ明日発刊! ミシマガ編集部
09月26日
第82回 最相葉月×仲野徹「笑う門には人生案内!」(2) ミシマガ編集部
09月25日
第82回 最相葉月×仲野徹「笑う門には人生案内!」(1) ミシマガ編集部
09月22日
第81回 『くらしのアナキズム』、いよいよ発売です! ミシマガ編集部
09月16日
第80回 『くらしのアナキズム』(松村圭一郎 著)「はじめに」を公開! ミシマガ編集部
09月14日
第79回 特集『三流のすすめ』発刊記念 安田登×平川克美 対談(後編) ミシマガ編集部
09月13日
第79回 特集『三流のすすめ』発刊記念 安田登×平川克美 対談(前編) ミシマガ編集部
08月24日
第78回 『辛口サイショーの人生案内DX』刊行記念 最相葉月さんに訊く!「人生案内」の職人技 (後編) ミシマガ編集部
08月23日
第78回 『辛口サイショーの人生案内DX』刊行記念 最相葉月さんに訊く!「人生案内」の職人技 (前編) ミシマガ編集部
08月20日
第77回 あの仲野徹先生による「初」のエッセイ集を刊行します ミシマガ編集部
08月13日
第76回 安田登×いとうせいこう 一流めざすの、やめません? ~「三流」頂上対談!(後編) ミシマガ編集部
08月12日
第76回 安田登×いとうせいこう 一流めざすの、やめません? ~「三流」頂上対談!(前編) ミシマガ編集部
07月28日
第75回 特集『菌の声を聴け』発刊記念 タルマーリー(渡邉格・麻里子)×大橋トリオ×ナガオカケンメイ 「パンとビールと音楽と ~長く、深く、ちょっと広く届けるものづくり~」(後編) ミシマガ編集部
07月27日
第75回 『菌の声を聴け』発刊記念 タルマーリー(渡邉格・麻里子)×大橋トリオ×ナガオカケンメイ 「パンとビールと音楽と ~長く、深く、ちょっと広く届けるものづくり~」(前編) ミシマガ編集部
07月24日
第74回 『三流のすすめ』発刊!! ミシマガ編集部
07月22日
『三流のすすめ』POP選手権を開催! ミシマガ編集部
07月08日
第73回 特集『菌の声を聴け』発刊記念 タルマーリー(渡邉格・麻里子)×平川克美対談 「クレイジーで豊かな小商いのはなし」(2) ミシマガ編集部
07月07日
第73回 特集『菌の声を聴け』発刊記念 タルマーリー(渡邉格・麻里子)×平川克美対談 「クレイジーで豊かな小商いのはなし」(1) ミシマガ編集部
07月06日
第73回 光嶋裕介×藤原徹平「自分でつくる」を取り戻す 〜〜映画「サンドラの小さな家」公開記念トークショー〜〜 ミシマガ編集部
06月29日
第72回 「今日の人生」連載100回直前! 記念 益田ミリさんインタビュー ミシマガ編集部
06月22日
第71回 学生さんに聞きました。京都にふれる、さわる座談会 ミシマガ編集部
06月03日
第70回 ヨーロッパ企画・上田誠さんインタビュー 舞台「夜は短し歩けよ乙女」、ここだけの話 ミシマガ編集部
05月27日
第69回 『菌の声を聴け』刊行記念特集 タルマーリーのクレイジーで豊かな新刊をご紹介! ミシマガ編集部
05月06日
第68回 『時代劇聖地巡礼』の聖地巡礼その① ミシマガ編集部
05月05日
第67回 『アンナの土星』にみつける、あの頃の私、いまの私 ミシマガ編集部
04月20日
第66回 『時代劇聖地巡礼』発刊! 春日太一さんインタビュー&本書の一部公開 ミシマガ編集部
03月28日
第65回 コモンのつくり方、ひらき方(2)光嶋裕介×斎藤幸平 ミシマガ編集部
03月27日
第65回 コモンのつくり方、ひらき方(1)光嶋裕介×斎藤幸平 ミシマガ編集部
03月17日
第64回 大前粟生×町屋良平 対談「書きながら生きるふたり、ちょうど5年目のはなし」(2) ミシマガ編集部
03月14日
第64回 大前粟生×町屋良平 対談「書きながら生きるふたり、ちょうど5年目のはなし」(1) ミシマガ編集部
02月28日
第63回 「あいだ」のつくり方、ひらき方(2) 光嶋裕介×藤原辰史 ミシマガ編集部
02月27日
第63回 「あいだ」のつくり方、ひらき方(1) 光嶋裕介×藤原辰史 ミシマガ編集部
02月23日
第62回 『つくるをひらく』、全国書店でパネル展開催中です! ミシマガ編集部
02月11日
第61回 映画『すばらしき世界』公開記念・西川美和監督インタビュー(2) ミシマガ編集部
02月10日
第61回 映画『すばらしき世界』公開記念・西川美和監督インタビュー(1) ミシマガ編集部
01月30日
第60回 『つくるをひらく』(光嶋裕介 著)を刊行しました! ミシマガ編集部
12月20日
第59回 『岩とからあげをまちがえる』(大前粟生 著)が出た! ミシマガ編集部
12月18日
第58回 縁食から世界を変える(2) ミシマガ編集部
12月17日
第58回 縁食から世界を変える(1) ミシマガ編集部
11月13日
第57回 『岩とからあげをまちがえる』(大前粟生 著)を刊行します ミシマガ編集部
11月12日
第56回 「おなみだぽいぽい原画展」ニジノ絵本屋さんで開催中です ミシマガ編集部
09月24日
第55回 「ど忘れ大賞」発表します! ミシマガ編集部
09月07日
第54回 『ど忘れ書道』に届いたおはがき ミシマガ編集部
08月29日
第53回 『残念こそ俺のご馳走。――そして、ベストコラム集』刊行直前特集(2) 傷んだ心に染みわたる名フレーズを。 ミシマガ編集部
08月28日
第53回 『残念こそ俺のご馳走。――そして、ベストコラム集』刊行直前特集(1) まえがきを公開します。 ミシマガ編集部
08月20日
第52回 おなみだぽいぽい増刷します!!! ミシマガ編集部
07月26日
第51回 「深、呼、吸、和、書、集」 〜世間の空気、私の心、解きほぐす本〜 ミシマガ編集部
07月18日
第50回 「ど忘れ大賞」開催!? みんなの「ど忘れ」大募集!! ミシマガ編集部
07月17日
第49回 『ど忘れ書道』ついに発刊!!! ミシマガ編集部
07月06日
第48回 MSマルシェ「業界最高値」 出店・タルマーリーさん ミシマガ編集部
06月26日
第47回 『自分と他人の許し方、あるいは愛し方』への熱い声を大特集! ミシマガ編集部
06月18日
第46回 「これからのアナキズム」の話 松村圭一郎×三島邦弘(2) ミシマガ編集部
06月17日
第46回 「これからのアナキズム」の話 松村圭一郎×三島邦弘(1) ミシマガ編集部
05月23日
第45回 『自分と他人の許し方、あるいは愛し方』刊行記念特集 まえがきを公開します。 ミシマガ編集部
05月20日
第44回 パンデミックを生きる構え(2) 藤原辰史×鈴木潤×三島邦弘 ミシマガ編集部
05月19日
第44回 パンデミックを生きる構え(1) 藤原辰史×鈴木潤×三島邦弘 ミシマガ編集部
05月04日
第43回 鎌田裕樹×三島邦弘 トークイベント「本屋と出版社と、読者の『これから』を考える」 ミシマガ編集部
04月21日
第42回 尹雄大×伊藤亜紗 トークイベント「迷い、戸惑う感覚の味わい方」(2) ミシマガ編集部
04月19日
第42回 尹雄大×伊藤亜紗 トークイベント「迷い、戸惑う感覚の味わい方」(1) ミシマガ編集部
04月09日
第41回 「人生最初の小説を書き終えて」『最初の晩餐』常盤司郎さんインタビュー  ミシマガ編集部
03月28日
第40回 教えて、尹さん!―『モヤモヤの正体』その後のはなし。 ミシマガ編集部
03月21日
第39回 『小田嶋隆のコラムの切り口』刊行記念特集(2)武田砂鉄さん寄稿「参考にならない」 ミシマガ編集部
03月20日
第39回 『小田嶋隆のコラムの切り口』刊行記念特集(1)まえがきを公開&『小田嶋隆のコラムの切り口』ラジオ ミシマガ編集部
03月19日
坊さん、本屋で語る。白川密成×辻山良雄(2) ミシマガ編集部
03月18日
第38回 坊さん、本屋で語る。白川密成×辻山良雄(1) ミシマガ編集部
02月20日
第37回 『坊さん、ぼーっとする。』発刊記念! 坊さんと、家族。 ミシマガ編集部
02月01日
第36回 「これからのメディア」を考える ミシマガ編集部
01月30日
第35回 『モヤモヤの正体』刊行記念 尹雄大さんの正体(2) ミシマガ編集部
01月29日
第35回 『モヤモヤの正体』刊行記念 尹雄大さんの正体(1) ミシマガ編集部
01月07日
第34回 小川彩佳さんインタビュー「わたしと日本舞踊」 ミシマガ編集部
12月29日
第33回 みんなちょっと当事者(2)すでに当事者だということに気づいてほしい ミシマガ編集部
12月28日
第33回 みんなちょっと当事者(1) 黒歴史をさらけだす ミシマガ編集部
12月18日
第32回 『今夜 凶暴だから わたし』発刊に寄せて(高橋さん、濱さん、装丁、編集担当のコメント) ミシマガ編集部
12月06日
第31回 冊子「日本舞踊入門の入門」を現在製作中です! ミシマガ編集部
11月23日
第30回 『ほんのちょっと当事者』本日発刊です! 著者の青山ゆみこさんから読者の皆さまへ ミシマガ編集部
11月05日
第30回 展示レポート! 益田ミリ × ブックスキューブリック × BOOKUOKA「本としあわせしりとり展 in 福岡」 ミシマガ編集部
11月01日
第29回 映画『最初の晩餐』公開記念:常盤司郎監督インタビュー ミシマガ編集部
10月15日
第28回 鎌田東二先生にきく! 宇宙の遊び方(2) ミシマガ編集部
10月14日
第28回 鎌田東二先生にきく! 宇宙の遊び方(1) ミシマガ編集部
09月26日
第27回 『クモのイト』本日発刊です!! 中田先生コメント&クモマンガ ミシマガ編集部
09月18日
第26回 クモのイト 刊行記念特集(2)クモの魅力総特集! ミシマガ編集部
09月17日
第26回 クモのイト 刊行記念特集(1) 中田兼介先生インタビュー ミシマガ編集部
09月04日
第25回 「筋トレ」全盛の時代に、「脱・筋トレ思考」のススメ ミシマガ編集部
08月29日
第24回 『脱・筋トレ思考』が発刊しました! ミシマガ編集部
08月20日
第23回 仲野徹と西靖のそろそろ大阪の話をしよう(2) ミシマガ編集部
08月19日
第22回 仲野徹と西靖のそろそろ大阪の話をしよう(1) ミシマガ編集部
07月28日
第21回 ホホホ座とミシマ社の反省会 山下賢二×三島邦弘トークイベント ミシマガ編集部
07月21日
第20回 オクノ修さんインタビュー ミシマガ編集部
07月13日
第19回 「ちいさいミシマ社」 ミシマ社の本屋さんではこう売ります! ミシマガ編集部
07月12日
第18回 ちいさいミシマ社スタート迫る! 推しポイント&ホームページ開設!! ミシマガ編集部
06月21日
第17回 本日、『ホホホ座の反省文』発売日です! ミシマガ編集部
06月16日
第16回 『ホホホ座の反省文』ついに完成しました。(2) ミシマガ編集部
06月15日
第16回 『ホホホ座の反省文』ついに完成しました。(1) ミシマガ編集部
06月13日
第15回 新レーベル「ちいさいミシマ社」第1弾!!(2) 『仲野教授のそろそろ大阪の話をしよう』 ミシマガ編集部
06月12日
第15回 新レーベル「ちいさいミシマ社」第1弾!!(1) 『ランベルマイユコーヒー店』 ミシマガ編集部
06月09日
第14回 父の日に本を贈る(2)いしいひとひくんが父に贈る一冊  ミシマガ編集部
06月08日
第14回 父の日に本を贈る(1)ミシマ社メンバーが父に贈る一冊  ミシマガ編集部
06月05日
第12回 第5弾 心に残った一節は? ~書店員さんのご感想を紹介します!~ ミシマガ編集部
05月19日
第13回 『すごい論語』プロローグ(後半) ミシマガ編集部
05月18日
第13回 『すごい論語』プロローグ(前半) ミシマガ編集部
04月26日
第12回 第4弾『しあわせしりとり』PVをつくりました! ミシマガ編集部
04月24日
第12回 第3弾 本屋さんとつなげる!『しあわせしりとり』 ミシマガ編集部
04月23日
第12回 第2弾「みんなでつなごう! しあわせしりとり展」開催中です! ミシマガ編集部
04月22日
第12回 刊行記念特集第1弾『しあわせしりとり』・デザインの魅力  ミシマガ編集部
04月13日
第11回 フカフカの土が世界を救う!?  学校では教えてくれない「土」のはなし(2) ミシマガ編集部
04月12日
第11回 フカフカの土が世界を救う!? 学校では教えてくれない「土」のはなし(1) ミシマガ編集部
03月20日
第10回 森田真生さんに発刊直前公開インタビューしました。 ミシマガ編集部
03月19日
第10回 『数学の贈り物』ができました! ミシマガ編集部
02月22日
第9回 2.22(ニャーニャーニャー)「猫の日」特別企画! 猫を愛してやまない3人におすすめの猫本を教えていただきました ミシマガ編集部
12月24日
第8回 教えてナカムラさん! 採用のこと、仕事のこと(2) ミシマガ編集部
12月23日
第8回 教えてナカムラさん! 採用のこと、仕事のこと(1) ミシマガ編集部
11月22日
第7回 『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(2) ミシマガ編集部
11月21日
第7回 『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(1) ミシマガ編集部
11月20日
第7回 『銀河鉄道の星』あとがきを掲載します ミシマガ編集部
11月04日
第6回 『うしろめたさの人類学』を読んでみよう(2) ミシマガ編集部
11月03日
第6回 『うしろめたさの人類学』を読んでみよう(1) ミシマガ編集部
09月07日
第5回 町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(2) ミシマガ編集部
09月06日
第5回 町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(1) ミシマガ編集部
07月28日
第4回 夏休み特集(2)バッキー井上さんに訊く、ハッピーな夏の過ごしかた ミシマガ編集部
07月27日
第4回 夏休み特集(1)三浦豊さんに訊く、夏におすすめの木 ミシマガ編集部
07月19日
第3回 『絶対に死ぬ私たちがこれだけは知っておきたい健康の話』実践レポート(2) ミシマガ編集部
07月18日
第3回 『絶対に死ぬ私たちがこれだけは知っておきたい健康の話』実践レポート(1) ミシマガ編集部
06月06日
第2回 「万引き家族」を10倍楽しむための10章(2) ミシマガ編集部
06月05日
第2回 「万引き家族」を10倍楽しむための10章(1) ミシマガ編集部
05月16日
第1回 特別寄稿 医師・佐藤友亮さん「罰するよりも大切なこと」 ミシマガ編集部
05月15日
第1回 小田嶋 隆×仲野 徹 「依存」はすぐとなりに(2) ミシマガ編集部
05月14日
第1回 小田嶋 隆×仲野 徹 「依存」はすぐとなりに(1) ミシマガ編集部
ページトップへ