学生さんに聞きました。京都にふれる、さわる座談会

第71回

学生さんに聞きました。京都にふれる、さわる座談会

2021.06.22更新

TRANSIT52_shoei.jpg

 2021年6月21日に雑誌「TRANSIT」52号「小さな京都の物語を旅して」が発刊されました。京都にゆかりある人たちの暮らしや仕事をめぐりながら、観光地の姿だけではない京都を掘り下げています。実はこの雑誌の中で、ミシマ社代表の三島が6名の街の先輩や友人を訪ねてお話をうがかったインタビュー記事「京都にふれる、さわる」が9ページにわたって掲載されているんです。その番外編として、京都に暮らす、京都に馴染みの深い、学生さん5名と三島による座談会を行いました。

 コロナの時期、学生の目線からの京都とは・・・? えっ! こんな楽しみかたがあるの・・・? 学生たちのリアルな声をおたのしみください。

参加した学生メンバー

大成 京都デッチ。広島出身。大学入学を機に京都へ。現在京都在住2年目。

山本 京都デッチ。三重出身。大学入学を機に京都へ。現在京都在住2年目。

田村 自由が丘デッチ。東京在住。京都へは、旅行で何度も訪れている。

鵜飼 京都デッチ。滋賀出身。小学5年生から京都在住。京都の大学に通っている。

森谷 京都デッチ。生まれも育ちも京都。京都の大学に通っている。

京都のここが好き。ここが嫌い!?

三島 森谷さんは、生まれてからずっと京都に住んでいますが、京都はどうですか?

森谷 めっちゃ好きです。人口規模の割に、インフラが整備されているのが好きですね。それと、街中のすぐ横に鴨川が流れているのが好きです。

三島 インフラが整っている、っていうのは、どんなときにそう感じますか?

森谷 バスとか電車、公共交通機関が多いので、乗りやすいですね。

三島 なるほど。ほかのみんなは、どうですか? 京都のこのあたりがちょっと嫌いやねんっていうこととか、どうかなって思っていることもぜひ。

田村 交通機関の話で言うと、京都はタクシーと自転車の覇権争いがすごくないですか? 僕は中学校のときの修学旅行が京都で、タクシーに乗って街中をいろいろ乗せてもらったことがあるんです。そのタクシーの運転手の方が、なんだか怖い方で、走行も荒くて、大丈夫かなあと思っていたんですけど・・・一番記憶に残っているのは、その方に京都で一番うまいラーメン屋さんに連れて行ってくださいって言ったら、太秦にある「東映太秦映画村」の売店の500円くらいのラーメン屋さんに連れていかれて。運転も荒いし、ラーメンも普通だし、なんだかなあっていう思い出でしたね。

三島 これはすごくいい話ですね〜。京都を物語ってる。

山本 覇権争いはわかります。私は毎日通学で北白川通りを通っているんですけど、お昼頃に通ると、車と人と自転車とバイクが誰も譲らずに走っているんです。それがすっごく危なくて、なんで事故が起きないんだろうっていうくらい押し合いへし合いで、これが京都なのか、と最初の頃は思いました。路駐も多いですし、運転を見ていても、気が強めなのかなと感じますね。

三島 それは僕も思うところです。「インフラが整っている」という意見は新鮮でした。京都はどちらかというと、そこが遅れている場所だと感じていたので。特にバスなんかは使いにくいですよね。生活者と観光者の目線って違いますけど、京都は観光をやたら誘致しながら、観光客にも生活者にも公共交通機関が寄り添っていないというのが特徴で、たとえば京都駅で205番のバスに乗っても、乗り口によっては西と東に行くものがある。そんなの、わかるわけないやろって感じです。絶対にわかりようがないアンフレンドリーが京都にはあって、これまで海外、国内、さまざまな場所を訪れましたが、そんなふうに感じたことはほとんどありません。
 TRANSITの誌面に掲載されたインタビューの中で、千宗屋さんが「田舎の勉強、都の昼寝」という例を出していて、街に行けば昼寝をしていても勉強になるんだっていう話から、京都はそれにあぐらをかいた街になってしまったと批判をされていますが、それがいま随所にある気がするなと思います。
 京都は横断歩道に歩行者がいても止まらない車が多いですよね。でも、車よりも歩行者が優先っていうのは世界中当たり前です。イタリアなんて、空港の税関ついた瞬間に目に入る全部の時計の時間が違う。5:10、5:00、5:30...どれ? ってなったことがあって、入国時間がゲートによって違う。そんな国でさえ、歩行者が端っこに来た瞬間、100キロ近い(と感じるスピード)で飛ばしていてもピッと止まりますよね。そういうのを目の当たりにすると、ヨーロッパがすべて正しいわけじゃないとはいえ、人権とか、ジェンダーの視点とか、ありとあらゆる弱者への目線というものが、そもそも入り口が違う感じがする。その一番ひどい例が京都の交通なんじゃないかって思ってました。でも、実際に住んでいる市民が交通のことをいいと思っているというのは新鮮でよかったですね。聞かないとわからないことがいろいろあるなと思いました。

コロナの時期、京都でなにしてた?

三島 コロナの状況になって、みなさん大学に行ったり行かなかったりと、いろいろだと思うんですが、この一年間の京都の生活ってどんな感じですか?

山本 私はコロナ期間にずっと散歩をしていました。京都の街並みって、火事になったら全部に燃えうつりそうなぐらいの距離感で家や建物がぎゅっとつまっているイメージがあったんですけど、歩いてみると意外と裏路地とか、狭い道があって、住んでいないと見えない部分がけっこう見えたので、意外といい一年でした。

三島 なるほど、京都を歩くと本当におもしろいですよね。

鵜飼 私も散歩はよくします。一日中授業がオンラインになると家にずっとこもることが多いので、外に出る機会があれば、とりあえず散歩しようかな、ということはけっこうありました。

三島 授業はほとんどオンラインですか?

鵜飼 私のところは全部オンラインです。

三島 それはちょっとしんどいね。友だちと会うこともほとんどなくて、大学に所属しているっていう感覚がなくなってきますよね。そういう生活の中で、京都でよかったなって思ったことってありますか?

鵜飼 コロナの時期に京都でよかったなって思ったのは、観光客の人があまりいなくなっって、それはそれで観光業の人とかには影響があると思うんですけど、私としてはお寺とか神社とかに行くと、いつもだったら観光客の人たちが祈るというよりかはただ楽しく写真を撮っていて、本来の神聖な空気がなくなっている感じがあったけど、コロナの期間に一回お寺に行ってみたときに、静寂な空気を感じて。これはコロナでよかったところかなと思いました。

三島 聖地巡礼ですね。

大成 僕は、コロナ以前の一回生のときは遊ぶとなったら河原町に行って、服を見たりラウンドワンに行って遊んだりっていう感じだったんです。それがコロナのせいでなのか、おかげでなのか、趣味が広がったこともあって、出町座とか京都シネマとかそういう映画館に行ったり、美術館にも行くようになって、市バスの1日乗車券を買って一人でぐるぐる回るのが、楽しくて。

三島 それめちゃめちゃええやん。僕もやりたい。羨ましい。

大成 映画と映画のあいだに喫茶店に入ったりとか、そういう意味では、遊びの質が上がったかな、という感じですね。それはよかったことですね。

三島 それ最高ですね。ローマやパリ、京都って、昔の都で、観光客が来るだけのことはあり、見所満載。1週間あってもまわりきれないですよね。京都もいっぱいあるのに、市民はあまり観光しません。今はそういうのを楽しむにはいいですよね。観光客がいないときに、寺、神社、そして美術館めぐり。

森谷 「京都の人観光地に行かない問題」は私もめっちゃ感じていて、自分自身あんまり観光地に行ったことがないなって思って、それこそ去年はけっこう行きましたし、なんなら京都旅行をしました。宿をとって泊まって帰りました。

三島 各地の人たち、みんなそうしたらいいよね。どの場所にも住んでいる人さえ知らないところがあるはずだから、近隣で小さい経済をどんどん回すという、グローバルな流れから抜け出る、ということをしていかないとですね。

歴史は京都だけにあらず

田村 京都に旅をすると、歴史が自分の中に流れてくる感覚がして、京都はやっぱり歴史がそこでの過ごし方に影響を与えることが大きいんじゃないかなって思うんです。東京にも歴史的なものは山ほどあるんですけど、それはそれぞれが散発していますよね。京都は街全体が歴史というか、建物や場所の一つ一つはもちろん歴史的なんだけど、無理して有名なところを回らなくても、たとえば広場とかで寝っ転がっているだけでも、どこかに行かなきゃっていう罪悪感にさいなまれず、京都に来ただけで歴史に包まれているという感じがあります。

三島 京都に限らず、その土地の文化ってどうやってできるのかなあっていつも思います。実をいうと、どこにだって歴史があるはずなんですよね。有史っていう言い方も変な話で、それまで歴史がなかったのかというとそうではない。僕たちはかなり無意識のうちに国家に押し付けられて読んできたものを歴史だと思っている。教科書や本に載っていないことのほうが日本や世界をつくってきていて、そっちを歴史と捉えると、各土地に行ったときに自分に流れ込んできて、それが自分の中の芯になったりすることって、ありますよね。

何もしないも楽しみの一つ

大成 僕は小さい頃から歴史が好きで、京都に来たらお寺とかに行くのかなと思ってたんですが、意外と全然行ってないんです。これからはもっと感じたいと思ったし、座談会をしてみて、京都で何もしないということも楽しみの一つなんだなと感じました。

山本 京都に対する先入観ってそれぞれあると思うんですが、私の京都に対する先入観をつくったきっかけは、森見登美彦さんなんです。高校のときに森見さんの作品を読むまでは、京都って滋賀とか大阪とかと変わらない場所だったんですけど、作品を読んで、目に見えない何かとか、霊的なもの、言い伝えとか伝承から生まれた妖怪とかも文化の一員だと思うんですけど、そういう見えないものがきっといるんだ、ということをずっと思いながら過ごしていたなとあらためて気づきました。自分のフィルター越しの京都も好きなんですけど、座談会の話を聞きながら、もっと突き詰めたり、意識を変えたりするだけで見えかたも変わる気がするな、と思って、それは京都の面白いところだなと思いました。

田村 最近、「つながってないな」という感覚について考えていたんです。歴史の話がでましたけど、自分たちが知っている歴史って、教科書で知った歴史でしかないんですよね。たとえば、伝統工芸の言語化できない技術や知識のように生活のなかで培われて来たものを自分はまったく引き継いでいない。それが寂しいというか、そういう感覚にとらわれることがあって、これまでの昔の日本や歴史とつながるためには、今僕らにできるのは想像力しかないのかなって思います。それが一番はたらくところってどこかなと思った時に、僕は去年原付で東京から徳島まで旅をして、京都ももちろん通ったんですけど、一番昔の人の生活を自分が想像できたのが京都だったので、いろんなことを想像できる土地というのは京都しかないのかなということを、今日の話も聞きながら感じていました。

鵜飼 私も歴史のことをもうちょっと考えていきたいなと思いましたね。教科書で習ったのは勝者の歴史ですが、自分がこうやって生きているのも、勝者も敗者も含めていろんな人の想いや、やってきたことが積み重なった上にいるんだと思います。自分が今まで住んできた土地の歴史とか、自分がどういうところに住んでいて、そこに住んできた人たちのどういう想いを受けて今いるのかっていうことについて、座談会をしてみて、より興味がが強まった感じがします。

森谷 私はずっと京都に住んでいて、京都のことしか知らなくて、他の県と比べられないというところがあって、初めの交通機関が住んでいる人には優しくないっていう話は意外だったんですけど、たしかに観光地であることに安住しているっていうのはめっちゃあって、だからこそ今の時期に変化していかなあかんというか、変化せざるをえないから、なんかできるのは自分たちだなって考えたときに、もっと自分自身が京都のことを知らなければならないんだなと思いました。

***

ぜひ「TRANSIT」を手に、知らなかった京都の姿をたのしんでみてください!

210622-1.jpg

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 特集『三流のすすめ』発刊記念 安田登×平川克美 対談(前編)特集『三流のすすめ』発刊記念 安田登×平川克美 対談(前編)

    特集『三流のすすめ』発刊記念 安田登×平川克美 対談(前編)

    ミシマガ編集部

     7月22日、平川克美さんが店主をされている隣町珈琲のブックレビュー対談に、『三流のすすめ』著者の安田登さんがゲストとして登壇されました。リアルイベントにお客としてうかがったミシマ社のホシノとイケハタが、そのあまりの面白さに、これはもっとたくさんの方に届けたい! と切望し、その一部を公開させていただくこととなりました。 中国の古典から現代の政治まで、止まることなく転がり続けた、“落ち着きがない”お二人の対話、2日間にわたってお届けします。

  • 『辛口サイショーの人生案内DX』刊行記念 最相葉月さんに訊く!「人生案内」の職人技 (前編)『辛口サイショーの人生案内DX』刊行記念 最相葉月さんに訊く!「人生案内」の職人技 (前編)

    『辛口サイショーの人生案内DX』刊行記念 最相葉月さんに訊く!「人生案内」の職人技 (前編)

    ミシマガ編集部

     先日ついに『辛口サイショーの人生案内DX』が発刊しました! 多種多様なお悩みに対する最相さんの回答は、「どうやったらこんな答えを編み出せるのか?」と思ってしまうものばかり。「誰かの悩みに触れつづけると、どんな感覚になるのだろう?」という問いも湧きました。とにかく、舞台裏が気になってしかたがありません。 そこで、新人スミが最相さんご本人にインタビューさせていただきました! 「人生案内」の職人技を垣間見れば、本に収録された回答も一層おもしろく読めること間違いなし。貴重なお話の数々を、2日間にわたってお届けします!

  • あの仲野徹先生による「初」のエッセイ集を刊行します

    あの仲野徹先生による「初」のエッセイ集を刊行します

    ミシマガ編集部

    大阪大学医学部教授の仲野徹先生による、初のエッセイ集『仲野教授の 笑う門には病なし!』を刊行いたします。明日8月21日よりリアル書店先行発売ということで、担当編集による制作裏話を掲載します。

  • 安田登×いとうせいこう 一流めざすの、やめません? ~「三流」頂上対談!(前編)安田登×いとうせいこう 一流めざすの、やめません? ~「三流」頂上対談!(前編)

    安田登×いとうせいこう 一流めざすの、やめません? ~「三流」頂上対談!(前編)

    ミシマガ編集部

    『三流のすすめ』の発刊を記念して、著者の安田登先生×いとうせいこうさんの対談イベントをMSLive!にて開催しました。本書でいう三流とは、多流=いろいろなことができる人のこと。さまざまな分野で活躍し、まさにトップオブ三流=多流であるお二人の対話は、どこかに飛んでいったかと思えば、いつの間にか話の核心に着地していたり、かと思えばまたすぐにどこかへ飛んでいったり、まさに三流的、怒涛の展開でした。目が離せなかった対談の模様の一部を、2回にわたってお届けします!

この記事のバックナンバー

09月16日
第80回 『くらしのアナキズム』(松村圭一郎 著)「はじめに」を公開! ミシマガ編集部
09月14日
第79回 特集『三流のすすめ』発刊記念 安田登×平川克美 対談(後編) ミシマガ編集部
09月13日
第79回 特集『三流のすすめ』発刊記念 安田登×平川克美 対談(前編) ミシマガ編集部
08月24日
第78回 『辛口サイショーの人生案内DX』刊行記念 最相葉月さんに訊く!「人生案内」の職人技 (後編) ミシマガ編集部
08月23日
第78回 『辛口サイショーの人生案内DX』刊行記念 最相葉月さんに訊く!「人生案内」の職人技 (前編) ミシマガ編集部
08月20日
第77回 あの仲野徹先生による「初」のエッセイ集を刊行します ミシマガ編集部
08月13日
第76回 安田登×いとうせいこう 一流めざすの、やめません? ~「三流」頂上対談!(後編) ミシマガ編集部
08月12日
第76回 安田登×いとうせいこう 一流めざすの、やめません? ~「三流」頂上対談!(前編) ミシマガ編集部
07月28日
第75回 特集『菌の声を聴け』発刊記念 タルマーリー(渡邉格・麻里子)×大橋トリオ×ナガオカケンメイ 「パンとビールと音楽と ~長く、深く、ちょっと広く届けるものづくり~」(後編) ミシマガ編集部
07月27日
第75回 『菌の声を聴け』発刊記念 タルマーリー(渡邉格・麻里子)×大橋トリオ×ナガオカケンメイ 「パンとビールと音楽と ~長く、深く、ちょっと広く届けるものづくり~」(前編) ミシマガ編集部
07月24日
第74回 『三流のすすめ』発刊!! ミシマガ編集部
07月22日
『三流のすすめ』POP選手権を開催! ミシマガ編集部
07月08日
第73回 特集『菌の声を聴け』発刊記念 タルマーリー(渡邉格・麻里子)×平川克美対談 「クレイジーで豊かな小商いのはなし」(2) ミシマガ編集部
07月07日
第73回 特集『菌の声を聴け』発刊記念 タルマーリー(渡邉格・麻里子)×平川克美対談 「クレイジーで豊かな小商いのはなし」(1) ミシマガ編集部
07月06日
第73回 光嶋裕介×藤原徹平「自分でつくる」を取り戻す 〜〜映画「サンドラの小さな家」公開記念トークショー〜〜 ミシマガ編集部
06月29日
第72回 「今日の人生」連載100回直前! 記念 益田ミリさんインタビュー ミシマガ編集部
06月22日
第71回 学生さんに聞きました。京都にふれる、さわる座談会 ミシマガ編集部
06月03日
第70回 ヨーロッパ企画・上田誠さんインタビュー 舞台「夜は短し歩けよ乙女」、ここだけの話 ミシマガ編集部
05月27日
第69回 『菌の声を聴け』刊行記念特集 タルマーリーのクレイジーで豊かな新刊をご紹介! ミシマガ編集部
05月06日
第68回 『時代劇聖地巡礼』の聖地巡礼その① ミシマガ編集部
05月05日
第67回 『アンナの土星』にみつける、あの頃の私、いまの私 ミシマガ編集部
04月20日
第66回 『時代劇聖地巡礼』発刊! 春日太一さんインタビュー&本書の一部公開 ミシマガ編集部
03月28日
第65回 コモンのつくり方、ひらき方(2)光嶋裕介×斎藤幸平 ミシマガ編集部
03月27日
第65回 コモンのつくり方、ひらき方(1)光嶋裕介×斎藤幸平 ミシマガ編集部
03月17日
第64回 大前粟生×町屋良平 対談「書きながら生きるふたり、ちょうど5年目のはなし」(2) ミシマガ編集部
03月14日
第64回 大前粟生×町屋良平 対談「書きながら生きるふたり、ちょうど5年目のはなし」(1) ミシマガ編集部
02月28日
第63回 「あいだ」のつくり方、ひらき方(2) 光嶋裕介×藤原辰史 ミシマガ編集部
02月27日
第63回 「あいだ」のつくり方、ひらき方(1) 光嶋裕介×藤原辰史 ミシマガ編集部
02月23日
第62回 『つくるをひらく』、全国書店でパネル展開催中です! ミシマガ編集部
02月11日
第61回 映画『すばらしき世界』公開記念・西川美和監督インタビュー(2) ミシマガ編集部
02月10日
第61回 映画『すばらしき世界』公開記念・西川美和監督インタビュー(1) ミシマガ編集部
01月30日
第60回 『つくるをひらく』(光嶋裕介 著)を刊行しました! ミシマガ編集部
12月20日
第59回 『岩とからあげをまちがえる』(大前粟生 著)が出た! ミシマガ編集部
12月18日
第58回 縁食から世界を変える(2) ミシマガ編集部
12月17日
第58回 縁食から世界を変える(1) ミシマガ編集部
11月13日
第57回 『岩とからあげをまちがえる』(大前粟生 著)を刊行します ミシマガ編集部
11月12日
第56回 「おなみだぽいぽい原画展」ニジノ絵本屋さんで開催中です ミシマガ編集部
09月24日
第55回 「ど忘れ大賞」発表します! ミシマガ編集部
09月07日
第54回 『ど忘れ書道』に届いたおはがき ミシマガ編集部
08月29日
第53回 『残念こそ俺のご馳走。――そして、ベストコラム集』刊行直前特集(2) 傷んだ心に染みわたる名フレーズを。 ミシマガ編集部
08月28日
第53回 『残念こそ俺のご馳走。――そして、ベストコラム集』刊行直前特集(1) まえがきを公開します。 ミシマガ編集部
08月20日
第52回 おなみだぽいぽい増刷します!!! ミシマガ編集部
07月26日
第51回 「深、呼、吸、和、書、集」 〜世間の空気、私の心、解きほぐす本〜 ミシマガ編集部
07月18日
第50回 「ど忘れ大賞」開催!? みんなの「ど忘れ」大募集!! ミシマガ編集部
07月17日
第49回 『ど忘れ書道』ついに発刊!!! ミシマガ編集部
07月06日
第48回 MSマルシェ「業界最高値」 出店・タルマーリーさん ミシマガ編集部
06月26日
第47回 『自分と他人の許し方、あるいは愛し方』への熱い声を大特集! ミシマガ編集部
06月18日
第46回 「これからのアナキズム」の話 松村圭一郎×三島邦弘(2) ミシマガ編集部
06月17日
第46回 「これからのアナキズム」の話 松村圭一郎×三島邦弘(1) ミシマガ編集部
05月23日
第45回 『自分と他人の許し方、あるいは愛し方』刊行記念特集 まえがきを公開します。 ミシマガ編集部
05月20日
第44回 パンデミックを生きる構え(2) 藤原辰史×鈴木潤×三島邦弘 ミシマガ編集部
05月19日
第44回 パンデミックを生きる構え(1) 藤原辰史×鈴木潤×三島邦弘 ミシマガ編集部
05月04日
第43回 鎌田裕樹×三島邦弘 トークイベント「本屋と出版社と、読者の『これから』を考える」 ミシマガ編集部
04月21日
第42回 尹雄大×伊藤亜紗 トークイベント「迷い、戸惑う感覚の味わい方」(2) ミシマガ編集部
04月19日
第42回 尹雄大×伊藤亜紗 トークイベント「迷い、戸惑う感覚の味わい方」(1) ミシマガ編集部
04月09日
第41回 「人生最初の小説を書き終えて」『最初の晩餐』常盤司郎さんインタビュー  ミシマガ編集部
03月28日
第40回 教えて、尹さん!―『モヤモヤの正体』その後のはなし。 ミシマガ編集部
03月21日
第39回 『小田嶋隆のコラムの切り口』刊行記念特集(2)武田砂鉄さん寄稿「参考にならない」 ミシマガ編集部
03月20日
第39回 『小田嶋隆のコラムの切り口』刊行記念特集(1)まえがきを公開&『小田嶋隆のコラムの切り口』ラジオ ミシマガ編集部
03月19日
坊さん、本屋で語る。白川密成×辻山良雄(2) ミシマガ編集部
03月18日
第38回 坊さん、本屋で語る。白川密成×辻山良雄(1) ミシマガ編集部
02月20日
第37回 『坊さん、ぼーっとする。』発刊記念! 坊さんと、家族。 ミシマガ編集部
02月01日
第36回 「これからのメディア」を考える ミシマガ編集部
01月30日
第35回 『モヤモヤの正体』刊行記念 尹雄大さんの正体(2) ミシマガ編集部
01月29日
第35回 『モヤモヤの正体』刊行記念 尹雄大さんの正体(1) ミシマガ編集部
01月07日
第34回 小川彩佳さんインタビュー「わたしと日本舞踊」 ミシマガ編集部
12月29日
第33回 みんなちょっと当事者(2)すでに当事者だということに気づいてほしい ミシマガ編集部
12月28日
第33回 みんなちょっと当事者(1) 黒歴史をさらけだす ミシマガ編集部
12月18日
第32回 『今夜 凶暴だから わたし』発刊に寄せて(高橋さん、濱さん、装丁、編集担当のコメント) ミシマガ編集部
12月06日
第31回 冊子「日本舞踊入門の入門」を現在製作中です! ミシマガ編集部
11月23日
第30回 『ほんのちょっと当事者』本日発刊です! 著者の青山ゆみこさんから読者の皆さまへ ミシマガ編集部
11月05日
第30回 展示レポート! 益田ミリ × ブックスキューブリック × BOOKUOKA「本としあわせしりとり展 in 福岡」 ミシマガ編集部
11月01日
第29回 映画『最初の晩餐』公開記念:常盤司郎監督インタビュー ミシマガ編集部
10月15日
第28回 鎌田東二先生にきく! 宇宙の遊び方(2) ミシマガ編集部
10月14日
第28回 鎌田東二先生にきく! 宇宙の遊び方(1) ミシマガ編集部
09月26日
第27回 『クモのイト』本日発刊です!! 中田先生コメント&クモマンガ ミシマガ編集部
09月18日
第26回 クモのイト 刊行記念特集(2)クモの魅力総特集! ミシマガ編集部
09月17日
第26回 クモのイト 刊行記念特集(1) 中田兼介先生インタビュー ミシマガ編集部
09月04日
第25回 「筋トレ」全盛の時代に、「脱・筋トレ思考」のススメ ミシマガ編集部
08月29日
第24回 『脱・筋トレ思考』が発刊しました! ミシマガ編集部
08月20日
第23回 仲野徹と西靖のそろそろ大阪の話をしよう(2) ミシマガ編集部
08月19日
第22回 仲野徹と西靖のそろそろ大阪の話をしよう(1) ミシマガ編集部
07月28日
第21回 ホホホ座とミシマ社の反省会 山下賢二×三島邦弘トークイベント ミシマガ編集部
07月21日
第20回 オクノ修さんインタビュー ミシマガ編集部
07月13日
第19回 「ちいさいミシマ社」 ミシマ社の本屋さんではこう売ります! ミシマガ編集部
07月12日
第18回 ちいさいミシマ社スタート迫る! 推しポイント&ホームページ開設!! ミシマガ編集部
06月21日
第17回 本日、『ホホホ座の反省文』発売日です! ミシマガ編集部
06月16日
第16回 『ホホホ座の反省文』ついに完成しました。(2) ミシマガ編集部
06月15日
第16回 『ホホホ座の反省文』ついに完成しました。(1) ミシマガ編集部
06月13日
第15回 新レーベル「ちいさいミシマ社」第1弾!!(2) 『仲野教授のそろそろ大阪の話をしよう』 ミシマガ編集部
06月12日
第15回 新レーベル「ちいさいミシマ社」第1弾!!(1) 『ランベルマイユコーヒー店』 ミシマガ編集部
06月09日
第14回 父の日に本を贈る(2)いしいひとひくんが父に贈る一冊  ミシマガ編集部
06月08日
第14回 父の日に本を贈る(1)ミシマ社メンバーが父に贈る一冊  ミシマガ編集部
06月05日
第12回 第5弾 心に残った一節は? ~書店員さんのご感想を紹介します!~ ミシマガ編集部
05月19日
第13回 『すごい論語』プロローグ(後半) ミシマガ編集部
05月18日
第13回 『すごい論語』プロローグ(前半) ミシマガ編集部
04月26日
第12回 第4弾『しあわせしりとり』PVをつくりました! ミシマガ編集部
04月24日
第12回 第3弾 本屋さんとつなげる!『しあわせしりとり』 ミシマガ編集部
04月23日
第12回 第2弾「みんなでつなごう! しあわせしりとり展」開催中です! ミシマガ編集部
04月22日
第12回 刊行記念特集第1弾『しあわせしりとり』・デザインの魅力  ミシマガ編集部
04月13日
第11回 フカフカの土が世界を救う!?  学校では教えてくれない「土」のはなし(2) ミシマガ編集部
04月12日
第11回 フカフカの土が世界を救う!? 学校では教えてくれない「土」のはなし(1) ミシマガ編集部
03月20日
第10回 森田真生さんに発刊直前公開インタビューしました。 ミシマガ編集部
03月19日
第10回 『数学の贈り物』ができました! ミシマガ編集部
02月22日
第9回 2.22(ニャーニャーニャー)「猫の日」特別企画! 猫を愛してやまない3人におすすめの猫本を教えていただきました ミシマガ編集部
12月24日
第8回 教えてナカムラさん! 採用のこと、仕事のこと(2) ミシマガ編集部
12月23日
第8回 教えてナカムラさん! 採用のこと、仕事のこと(1) ミシマガ編集部
11月22日
第7回 『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(2) ミシマガ編集部
11月21日
第7回 『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(1) ミシマガ編集部
11月20日
第7回 『銀河鉄道の星』あとがきを掲載します ミシマガ編集部
11月04日
第6回 『うしろめたさの人類学』を読んでみよう(2) ミシマガ編集部
11月03日
第6回 『うしろめたさの人類学』を読んでみよう(1) ミシマガ編集部
09月07日
第5回 町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(2) ミシマガ編集部
09月06日
第5回 町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(1) ミシマガ編集部
07月28日
第4回 夏休み特集(2)バッキー井上さんに訊く、ハッピーな夏の過ごしかた ミシマガ編集部
07月27日
第4回 夏休み特集(1)三浦豊さんに訊く、夏におすすめの木 ミシマガ編集部
07月19日
第3回 『絶対に死ぬ私たちがこれだけは知っておきたい健康の話』実践レポート(2) ミシマガ編集部
07月18日
第3回 『絶対に死ぬ私たちがこれだけは知っておきたい健康の話』実践レポート(1) ミシマガ編集部
06月06日
第2回 「万引き家族」を10倍楽しむための10章(2) ミシマガ編集部
06月05日
第2回 「万引き家族」を10倍楽しむための10章(1) ミシマガ編集部
05月16日
第1回 特別寄稿 医師・佐藤友亮さん「罰するよりも大切なこと」 ミシマガ編集部
05月15日
第1回 小田嶋 隆×仲野 徹 「依存」はすぐとなりに(2) ミシマガ編集部
05月14日
第1回 小田嶋 隆×仲野 徹 「依存」はすぐとなりに(1) ミシマガ編集部
ページトップへ